IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

事なかれ主義とは・事なかれ主義な人の特徴|上司/先生/妻/夫/友人

初回公開日:2017年10月19日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年10月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

日本人の多くは「事なかれ主義」と言われています。事なかれ主義とは、争い事やもめ事などの問題ごとがないことを望んでいる主義です。これは良い意味でとらえていいのでしょうか。今回は「事なかれ主義」について詳しく紹介していきます。

事なかれ主義とは

最近「事なかれ主義」という言葉をよく耳にします。どんな時に耳にするかと言えば、どうも会社の不祥事やいじめ問題などあまり明るい話題ではない時にきかれます。 「事なかれ主義」は日本人に多いと言われていますが、それは日本人のマイナスイメージとしてとらえていった方が良いのでしょうか。それともプラスイメージとしてとらえていった方がよいものでしょうか。今回は「事なかれ主義」について紹介します。

「事なかれ主義」の意味は

三省堂大辞林第3版には以下のとおり書かれています。

他との摩擦を避け、とにかく平穏無事に過ごそうとする消極的な態度

問題を起こしてほしくない主義ということで、とにかく争いごとやもめごとに無駄な労力を注ぐことを避けて平穏無事に過ごすことを第一に考える態度のことです。「その場しのぎ」「責任転嫁」「先送り」などが事なかれ主義の性格です。消極的な意味合いの言葉が多いですが、良い意味では「平和主義」とも言えます。

事なかれ主義の対義語は

「事なかれ主義」の対義語は「事あれ主義」です。「事あれ主義」は造語ですが、周りの話をよく聞き、周囲の状況を見極めて、どうあるべきか言うべき事は意見していく事です。そして失敗を恐れず、問題に対して最適解を提言していく、リスクを負ってでも行動していく姿勢です。 「事なかれ主義」を消極的姿勢ととらえていく場合には、「事あれ主義」は積極的姿勢としてとらえていくと「チャレンジ精神」という言葉にも置き換えられます。

事なかれ主義の類義語は

事なかれ主義の類義語としては、争いごとやもめ事を避ける傾向の意味で「当たらず障らず」「穏便に済ます」「消極的姿勢」などがあります。今までどおり平穏無事に従来どおりの事をするという意味では「前例主義」「形式主義」「前例踏襲」「保守精神」などがあります。

使い方 例文

・週刊誌はA社の一連の事態を「見事なまでの隠ぺい体質と事なかれ主義」と批判した。 ・この会社は、事なかれ主義や前年踏襲などという改革を求めない姿勢の上司ばかりです。 ・彼は何よりも平和を好む、事なかれ主義の人間でした。 ・僕は傷つくことを恐れ、いじめられることを恐れ,ただただ臆病に事なかれ主義でおどおどと学生時代を過ごしてきました。 ・日本の株主総会は、いかにも形式的で事なかれ主義の象徴です。

事なかれ主義の心理

臆病

「事なかれ主義」の人は、じぶんがされたくないことを他人にもしません。つまり、わざわざ喧嘩をする・意見を戦わせるという危ない橋を渡りたくないという臆病な面があります。

自信がない・勇気がない

現在起きている問題に対して、じぶんが対応できる自信があれば問題解決に向けて対応に乗り出すでしょう。しかし、事なかれ主義の人はその自信がありません。「どうしたらよいかわからない」「問題が大きすぎて無理」と自信がないので腰が引けてしまって起こっている事態から目を背けてしまいます。立ち向かう勇気がない場合が多いです。 現在起こっていることを見て見ぬふりをしてやり過ごしていれば安全にいられるでしょう。しかし「おかしい」と感じたことに勇気をもって異議を唱えていくことは非常に大切です。

当事者意識が希薄で危機意識がない

現在起きている問題に対して、解決に向けての経験や知識がなくて、解決していく自信がなくても、責任感がある人は、「解決できるかどうかわからないけれど当事者として責任もって対処にあたる」という心理が働きます。 しかし、事なかれ主義の人は、もともと自信がなく腰が引けていて、できれば目を背けたいという心理が働いてますから「当事者意識が希薄」です。できることなら当事者になりたくないので、間違いなく当事者であっても当事者意識が希薄で、危機意識を持てずに責任転嫁に走ります。

関連タグ

アクセスランキング