IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

灯油ランタンおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

家事

灯油ランタンは、ガスやホワイトガソリンに比べて燃料コストを抑えられ、ロマンティックな雰囲気を演出してくれるキャンプに欠かせないアイテム。圧力式とフェアーハンド式を考慮しながらトップ10アイテムを紹介していきます。あなたにピッタリのアイテムを見つけましょう!

更新日時:

灯油ランタンの種類と選び方とは

灯油ランタンの種類と選び方とは

加圧式とフェアーハンド式がある

灯油ランタンには主に二種類の構造があります。一つ目は明るさに定評がある加圧式ランタンで、燃料となる灯油に圧力をかけてガスを燃焼させます。灯油は常温では気化しにくく引火しないので、バーナーで余熱をするプレヒートという手順が必要になります。 もう一方はフェアーハンド式という構造で、ハリケーンランタンと呼ばれることもあります。灯油がバーナーの中央にある灯芯に吸い上げられ、燃焼する仕組みです。加圧式よりも構造がシンプルで手入れが簡単な上、安定した明かりを供給できるのが強みです。

ポジションによって明るさを決めよう

灯油ランタンを購入する際には、どんなポジションで使用するのかが一つのポイントになってきます。例えばポールに提げて全体を照らす「メインランタン」として使用するなら、もっとも明るいものを選ぶと良いでしょう。燃費が良いものの方が灯芯や燃料を替える手間も省けます。 調理や食事など机の上で使用する「テーブルランタン」なら、メインランタンよりも少し暗めのものを選ぶのがコツです。テーブルランタンに寄ってくる虫の数を減らすことができます。

灯油ランタンの使い道って?

灯油ランタンの使い道って?

灯油ランタンは、テントを張ってキャンプをしたりなどアウトドアで大活躍するイメージが大きいですが、そのほかにも役立つ場面があります。例えば災害時に電気やガスが使えなくなった時、明かりや暖を取るアイテムとしてとても重宝します。灯油ランタンの熱を利用して、お湯を沸かすことができるものもあります。 またクリスマスシーズンには、イルミネーションとしても使用できます。炎の揺らめきにはリラックス効果があることが分かっていて、雰囲気ある空間で会話を楽しむことができると人気を集めています。

灯油ランタンで暖は取れる?

灯油ランタンで暖は取れる?

灯油ランタンは燃焼させて炎の明かりを得るので、周囲はとても暖かくなります。屋外で作業をする際には、周囲を照らしながら暖を取れるので一石二鳥です。特にフェアーハンド式は天候に左右されにくいので、風の強い日には重宝します。 しかし、燃焼させた時に二酸化炭素が発生するため、狭い空間で長時間使用するのにはあまり向いていません。テント内で使用するのはLEDランタンの方が向いているでしょう。灯油ランタンで暖を取る場合は、こまめに換気するように気をつけましょう。

これがおすすめ!灯油ランタンの人気ランキングTOP10

これがおすすめ!灯油ランタンの人気ランキングTOP10

キャンプの時に使いやすい灯油ランタンとは、一体どんなものなのでしょうか。今回は灯油ランタンを長年愛用している方から寄せられたレビューとともに、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ購入の際に参考にしてみてください。

【第10位】インテリアとしておすすめな灯油ランタン

CAPTAIN STAG ランタン 中 ブロンズ M-8356

キャプテンスタッグ キャンプ 防災用 ライト 照明 ランタン 中 ブロンズM-8356
キャプテンスタッグ キャンプ 防災用 ライト 照明 ランタン 中 ブロンズM-8356

明かりを得るための本格的な灯油ランタンではなく、インテリアとして炎の揺らぎを楽しみたいという方におすすめの商品です。値段もとてもリーズナブルで、クリスマスやパーティーなどで大活躍します。 本物の火を扱うのでもちろん暖かさは伝わってきます。いつも生活している家でも、照明を落として灯油ランタンに火を灯せば、ロマンチックな空間に早変わりします。あなたもリラックスできる非日常を体験して、肩の力を抜いてみませんか。

10数年前に同社のランタンを購入したのですがその買い替えをしました。ちょっとした暖房具として使っています。

【第9位】ブロンズの見た目がおしゃれを演出

LOGOS ブロンズランタンL

ロゴス(LOGOS) ブロンズランタン L 白灯油・アロマランプオイル 使用
ロゴス(LOGOS) ブロンズランタン L 白灯油・アロマランプオイル 使用

家族向けにキャンプ用品を展開しているロゴスの、雰囲気たっぷりの灯油ランタンです。値段が2,000円ほどと手頃で、キャンプ初心者にもおすすめできます。30cmに満たない高さと700gという軽さで、持ち運びが簡単です。小さいながらも20時間という長い燃焼時間を誇ります。 明るさはそれほどないので、テーブルランタンとして使用するのが適しています。ブロンズの見た目がアンティークのようで、雰囲気ある空間を演出します。キャンプのほかにも、クリスマスのイルミネーションとして楽しんでいる方もいらっしゃいます。

キャンプで加圧式ケロシンランタンがトラブルしやすいので、予備として使いたいです。 明るいLEDランタンと迷いましたが火を使うランタンは愛着が沸きますね ほのかな明るさですが手軽で雰囲気も良いです

【第8位】使い込むたびに愛着が湧く!真鍮製ランタン

VAPALUX ランタン E41 ポリッシュドブラス vapx-001

(ヴェイパラックス)Vapalux ランタン E41 ポリッシュドブラス vapx-001
(ヴェイパラックス)Vapalux ランタン E41 ポリッシュドブラス vapx-001

20世紀前半から受け継がれてきたイギリスの技術を用い、一つひとつ丁寧に作られたヴェイパラックスの加圧式灯油ランタンです。プレヒートが必要ですが、簡単に点火できるように作られています。 真鍮製の見た目は使い込むことで色が変化し、愛着が湧くアイテムになります。テーブルランタンとして手元を明るく照らすのに向いていますが、左右に1つずつ提げてメインランタンにするのも、雰囲気が出ておすすめです。燃焼時間は10時間ほどです。

真鍮の優雅さといい、デザインといいい、云う事なしですね! 明かりを見てると、大人の雰囲気が伝わる明かりでとても気持ちがよくなります。 ワンランク上のキャンプが出来そうです。

【第7位】扱いが簡単!片手で持てる小柄なランプ

PETROMAX HL1ストームランタン 12322-PEHL

Petromax(ペトロマックス) HL1ストームランタン 12322-PEHL
Petromax(ペトロマックス) HL1ストームランタン 12322-PEHL

フェアーハンド式の灯油ランタンは、強風や気温の低い場所でも安定した光を提供できるのが特徴です。ペトロマックスが展開するこのストームランタンも、気候にあまり左右されることなく使用することができます。 高さ約22cm、重さ460gで小柄なフォルムとは反対に、150mlの燃料で20時間近く使用できるという燃費の良さを誇っています。明るさはあまりないので、手元を照らしたりインテリアとして使用するのに適しています。

これまでコールマンのホワイトガソリン仕様のランタンを使っていましたが、ひじょうに明るいのですが、ゴーゴーと音がします。それに比べ、これは明るさはかなり落ちますが、燃焼がとっても静か。単純な着火方法ですから、気楽に扱うことが出来ます。構えずに使えるので、日頃はベッドサイドにずっと置いて、ときどき使っています。

【第6位】災害時にも役立つ日本製ランタン

武井バーナー 301A

武井バーナー 301Aセット 301A
武井バーナー 301Aセット 301A

日本で製造し販売している、加圧式の灯油ランタンです。この商品の面白いところは、ランタン上部の熱を利用してお湯を沸かせることです。少しコツが必要ですが、慣れれば炊飯などにも活用ができて災害時にはとても役立ちます。 火力が充分にあるので、メインランタンやテーブルランタンとしてはもちろん、屋外で暖を取るための道具としても使用できます。加圧式はフェアーハンド式よりも構造が複雑なので、快適に使うために手入れを怠らないようにしましょう。

キャンプに限らず アウトドア一般など災害時にも役立ちます。初心者の場合は 初めは怖いのですが慣れてしまえば 結構癖になります。 現在では 寒くも無いのに時折 着けては楽しんでいます。 デザインもとても気に入っております。

【第5位】フォルムがシックでかっこいい!アメリカンランプ

DIETZ ハリケーンランタン BEL052-BK

デイツ社(DIETZ) BEL052-BK ハリケーンランタ大型-デイツ80 黒芯0.5M
デイツ社(DIETZ) BEL052-BK ハリケーンランタ大型-デイツ80 黒芯0.5M

1840年にアメリカで創業した、デイツ社のシックなフェアーハンド式灯油ランタンです。アメリカンクラシックのかっこいい見た目から、ファンも多い商品となっています。大きなホヤが特徴的で、より安定した炎を楽しむことができます。 930mlの灯油で、26時間程度も燃焼し続ける燃費の良さが人気の一つとなっています。灯芯が燃焼した時に出るススが、フレームのブラックとあいまっていい味が出ます。アンティークのものが好きな方にもおすすめです。

大きさは結構大きいがその分明るいです。ハリケーンランタンは灯油の持ちが素晴らしいです。一晩付けっ放しでも余裕で余ります。

【第4位】天候悪化に強いドイツのランタン

FEUER HAND ハリケーンランタン中型

ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製
ハリケーンランタン中型 フュアーハンド ドイツ フュアーハンド社製

屋外で使用することを考えるなら、このフェアーハンド社の灯油ランタンがおすすめです。2013年に灯油ランタンの素材の見直しがなされ、ある程度の雨や夜露でも錆びにくいように改良されました。ヒマラヤ遠征や世界各国の軍隊で使用されるなど、その品質は折り紙付きです。 灯油ランタンは二酸化炭素を発生させるため、テント内での長期間の使用は避けた方が良いですが、このランタンは熱の発生量が少ないので比較的安全に使用できます。換気はこまめにするように心がけましょう。

いいですね。 これは、燃費も雰囲気も明るさも問題ないです。 このランタンを囲んでのキャンプの夜は 大人の時間って感じでいい雰囲気です。 永く使いたい一品です。

【第3位】初心者にも扱いやすい加圧式ランタン

PETROMAX ランタン HK150

PETROMAX(ペトロマックス) 灯油ランタン HK150 ニッケル 【日本正規品】 12201
PETROMAX(ペトロマックス) 灯油ランタン HK150 ニッケル 【日本正規品】 12201

加圧式の灯油ランタンはプレヒートが必要なので、初心者には難しいイメージがあります。しかしこのペトロマックスのランタンは、コツが掴みやすく初心者にも扱いやすいと高い評価を受けています。 比較的明るい光を放つので、テーブルランタンとしてはもちろん、メインランタンとしても使用できます。ペトロマックスはプレヒートや点灯時の音に味があり、キャンプならではの楽しい経験ができるアイテムです。

値段は少々高いですが、値段の分仕事をしてくれてます、テントの周りを結構明るく照らしてくれる、キャンプを楽しくしてくれるアイテムの一つではないでしょうか、キャンプにインテリアに良い商品だとおもいます。

【第2位】高い品質を誇るコールマンのランプ

Coleman ケロシンランタン 12022-L

Coleman(コールマン) ケロシン(灯油) ランタン 12022-L [並行輸入品]
Coleman(コールマン) ケロシン(灯油) ランタン 12022-L [並行輸入品]

アウトドア用品を扱っていることでおなじみのコールマンは、灯油ランタンも高い品質を誇っています。サイズは46cmと大きめで、メインランタンとして充分な明るさの光を灯します。真っ暗なキャンプ地では、とても頼りになる心強いアイテムです。 コールマンのランタンで有名なのはホワイトガソリンを使ったものですが、それに比べてランニングコストが安いのが魅力となっています。プレヒートは気持ち長めにするのが上手く点火するコツです。

大型です。明るいです。焦らなければ炎上する気配はありません。プレヒートのアルコールは、少しカップからこぼすと、火がつけやすいです。 ジェネレーターが汚れるので光量調整は控えた方がという書き込みを見ますが、その時はメンテすればいいこと、避ける必要なしです。ランニングコストが安いのは永く使う上で重要と思うならオススメです。丸いグローブが好きならば。

【第1位】とても明るい!メインランタンに適したランプ

PETROMAX ランタン HK500

PETROMAX(ペトロマックス) 灯油ランタン HK500 ニッケル 【日本正規品】 2150
PETROMAX(ペトロマックス) 灯油ランタン HK500 ニッケル 【日本正規品】 2150

ペトロマックスの灯油ランタンとしてもっとも有名なのが、このHK500というタイプです。ほかのランタンの明かりが10wから200wほどなのに対して、この灯油ランタンは400wもの明るさを誇ります。 HK150よりも一回り大きく、高さは40cmほどで存在感があります。点火には少しコツがいるので慣れが必要ですが、キャンプらしさをより一層楽しめるアイテムです。

雰囲気に憧れて購入しましたが期待通りの結果です。 キャンプに持っていくのが毎回楽しみです。

灯油ランタンのおすすめメーカーをご紹介!

灯油ランタンのおすすめメーカーをご紹介!

確かな品質を提供するコールマン

さまざまなアウトドア用品を手がけるコールマンは、キャンプという「遊び」をサポートするために、高い品質の商品を生み出し続けているアメリカの会社です。ホワイトガソリンを使用したランタンが有名で人気ですが、扱いやすい灯油ランタンも展開しています。

美しいフォルムのペトロマックス

20世紀前半にドイツで創業した歴史あるブランドです。灯油ランタンのデザインやフォルムは創業当時からほとんど変わりがなく、ファンを集めている理由の一つとなっています。加圧式灯油ランタンの代表とも言える「HK500」は、充分な明るさと美しいデザインから世界中のキャンパーから愛されています。

フェアーハンドは燃費が良く長く愛用できる

元々はニャーと呼ばれていたドイツの会社で、2003年にフェアーハンドという名前に変更されました。ドイツの職人が一つひとつ丁寧に作っているフェアーハンド式灯油ランタンは、丈夫で長く愛用できます。少ない灯油で長時間燃焼し続ける燃費の良さも人気の理由です。

灯油ランタンは作れるの?

灯油ランタンは作れるの?

実は、灯油ランタンは身近にあるもので作ることができます。使うものはアルミ缶2つとジーンズ生地の布、灯油です。早速作り方を見ていきましょう。 1. 片方のアルミ缶から、アルミ板を2つ切り取ります。アルミ板の大きさは大体1cm×3cmくらいを目安にしてください。 2. もう片方のアルミ缶のフタの部分に穴を開けます。アルミ板2枚と、ジーンズの布が縦に挿せるくらいが目安です。 3.細く切ったジーンズの布の端をアルミ板で挟み、先ほど開けた穴に差し込みます。アルミ缶に灯油を注いで、フタを閉めれば完成です。 空気を取り込める作りのホヤも自作すれば、より安定した光を得ることができます。ほかにも作り方はいろいろあるので、興味がある方はぜひ作ってみてください。

灯油ランタンの光に癒されよう!

灯油ランタンの光に癒されよう!

いかがでしたか。今回はおすすめの灯油ランタンについてご紹介しました。加圧式は明るい光で周囲を照らしてくれますし、フェアーハンド式のものは取り扱いが簡単です。自分の好みや目的にあったランタンを選びましょう。 最近ではLEDを使ったランタンも多く発売されていますが、本物の炎の明かりはあたたかくリラックス効果があり、普段は体験できない心地よい空間を楽しむことができます。あなたもお気に入りの灯油ランタンに明かりを灯して、大事な人とゆったりとした時間を過ごしてみませんか。

関連タグ

アクセスランキング