IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

PLSパネルおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

ガジェット

液晶パネルの一つであるPLSパネル。IPSパネルと違って聞きなれない人もいるでしょう。この記事ではPLSパネルの構造や、おすすめの商品について紹介します。画質や省エネにこだわって液晶ディスプレイを探している人は、ぜひ読んでみてください。

更新日時:

PLSパネルとは?

PLSパネルとは?

PLSパネルをご存知でしょうか。PLSパネルは液晶パネルの種類の一つです。液晶パネルといえば、薄型液晶テレビやパソコンに導入されている部材ですので聞いたことがある人も多いでしょう。まずはPLSパネルを含む、液晶パネルについて説明します。

液晶パネルの種類を紹介

液晶パネルは、外部刺激によって向きを変える液晶を使って、駆動させているパネルです。テレビの光は液晶の配列によって進みます。液晶パネルはカラーフィルターなど色を出すための部材と組み合わせて使います。 表示させたい色に対応した液晶のみに刺激を与えてやることで、その部分だけ光がとおり、発色できます。これが液晶パネルの原理です。液晶パネルはTN、VA、IPSの3種類に大きくわけられます。なかでもIPS液晶パネルはディスプレイを横から覗いても見え方に差がでにくいことから注目されています。サムスンの作ったIPS方式のパネルがPLSパネルです。

PLSパネルの構造

PLSパネルの構造について説明します。PLS液晶は、ディスプレイ画面に平行な状態で並んでいます。外部刺激によって、液晶の向きが画面に平行なまま傾きが変わります。液晶によっては、外部刺激により画面に対して垂直方向にも傾くタイプがあります。これがTN、VA方式のパネルです。

PLSパネルの画質・特徴

PLSパネルは基本的にIPSパネルと特徴は同じです。メリットは正面と横から見た際の見え方の差が小さいことです。医療現場やデザインなど、多方向から見やすく色再現性が求められる現場で使われることが多いです。デメリットは、コントラストがやや劣ることと、割高な商品が多いことです。 PLSパネルはIPSよりコストが割高になりますが、透過する光の量をあげられる結果省エネにつながります。画質もIPSパネルと同じくらい優れています。

PLSパネル製品を使った人のレビュー

PLSパネルを使った商品はIPSパネルに使った人よりも少なくはありますが、画質に満足したというレビューが目立ちます。現在はフィリップスなど外国メーカーの商品でPLSパネルを使った商品が販売されています。

PLSパネルの選び方は?

PLSパネルの選び方は?

PLSパネルの商品は少ないですが、どのような人がPLSパネルを選ぶべきか紹介します。PLSパネルは画質がよく視野角に優れています。省エネ効果があるといったメリットもありますが、コストやコントラストが難点です。比較的小型ディスプレイで医療現場やデザイン系など特別な職業の人にはPLSパネルがおすすめです。 般家庭向けにはIPSパネルでも問題ないでしょう。また、PLSパネルを使った液晶ディスプレイは、ほぼ外国の液晶ディスプレイメーカーから販売されています。国産の液晶ディスプレイや商品にこだわりがある人はIPSパネルを選ぶ方が良いでしょう。

PLSパネルのメーカーを紹介

PLSパネルのメーカーを紹介

PLSパネルのメーカーを紹介します。PLSパネルはサムスンで製造されているIPS液晶パネルです。

サムスン

サムスンは自社で作ったPLSパネルを使って、液晶ディスプレイのスマホやタブレットを製造しています。日本でも人気があるギャラクシーシリーズは、サムスンのPLSパネルを使った製品です。

Galaxy Tab A 10.1

docomo GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
docomo GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D

いささか、型が古い ですが、子供達がWi-Fiで動画を見るだけなので十分です。 商品も想像以上に美品でした。

数年前の商品でも、ギャラクシータブレットは人気があり、現在もAmazonなどで販売されています。画質も好評です。

EIZOなど

EIZOやフィリップスなどは、サムスンからPLSパネルを購入し、液晶ディスプレイとして組み立てています。

IPSパネルおすすめ人気ランキングTOP10

IPSパネルおすすめ人気ランキングTOP10

サムスン以外の、PLSパネルを含むIPSパネルを使った液晶モニターのメーカーを、おすすめ順にランキング形式で紹介します。代表的な製品も紹介しますので参考にしてください。

10位: アトランティス(JAPANNEXT)

JAPANNEXT JN-IPS2770UHD 4K 27インチ液晶ディスプレイ 狭額フレーム AMD freesync UHD PCモニター …
JAPANNEXT JN-IPS2770UHD 4K 27インチ液晶ディスプレイ 狭額フレーム AMD freesync UHD PCモニター …

アトランティスはジャパンネクスト製の液晶ディスプレイ商品を販売する会社ですが、聞きなれない人も多いでしょう。4Kテレビや曲面型の商品も販売しており商品の品ぞろえが豊富です。また、LDディスプレイなどコストが売りのメーカーにも引けをとらない割安な商品が揃っています。 代表商品は、JAPANNEXT JN-IPS2770UHDで、割安なわりに4KでIPSパネルモニターが手に入ると人気です。額縁が狭いデザインも好評です。

この価格でIPSパネル4K、正直おっかなびっくりの購入でしたが、いいじゃないですか! ディスプレイポートでの使用。なめらかですね。ただ説明書が不親切すぎですが。

9位: ASUS

ASUS モバイルディスプレイ MB16AC 15.6インチモニター(1,920×1,080 / ブルーライト軽減 / USB Type-C / IPSパネル)
ASUS モバイルディスプレイ MB16AC 15.6インチモニター(1,920×1,080 / ブルーライト軽減 / USB Type-C / IPSパネル)

ASUSは、台湾のメーカーです。世界NO.1のマザーボードメーカーで、ノートパソコンなど多くの液晶ディスプレイを生産販売しています。代表的な商品は MB16AC 15.6インチモニターで、持ち運びにも便利な薄型でスタイリッシュなデザインが好評です。

FullHDではないのですが、セカンドとしては十分です。 コストパフォーマンス的には、こちらの解像度で1万強なら買いですね。 FullHD仕様が2万円を切っていたら、そちらをお勧めいたしますが、 まだ3万円超えのようなので、セカンドディスプレイとして悩まれている方は こちらをお勧めいたします。

第8位: iiyama

iiyama モニター ディスプレイ XU2390HS-B3 (23インチ/フルHD/AH-IPS/HDMI,D-sub,DVI-D/3年保証)
iiyama モニター ディスプレイ XU2390HS-B3 (23インチ/フルHD/AH-IPS/HDMI,D-sub,DVI-D/3年保証)

日本PC向け液晶モニターメーカーです。国産でコストを気にする人ならiiyamaがおすすめです。代表的な商品はモニター ディスプレイ XU2390HS-B3で、画面の映り込みがないノングレアが人気です。また、PLSパネルと同じように、光の透過率にすぐれたAH-IPSパネルを採用することで、色再現性と省エネを実現させています。

PSということで、別角度からでも画面が見やすいし目にもいいのではなかろうか。 仕事に欠かせないお気に入りの一品です*・ω・)ノ

第7位: Acer

Acer 34型ワイド液晶ディスプレイ X34Pbmiphzx (IPS/非光沢/3440x1440/21:9/300cd/4ms/HDMI・DisplayPort/デジタル)
Acer 34型ワイド液晶ディスプレイ X34Pbmiphzx (IPS/非光沢/3440x1440/21:9/300cd/4ms/HDMI・DisplayPort/デジタル)

台湾のメーカーでパソコンディスプレイを中心に売り出しています。モニターの外観が個性的なものが多いです。代表的な商品は、X34Pbmiphzx で、目が疲れにくいAcerVisionCareテクノロジーを採用しています。またFPSゲーマーに人気のGameViewモードや音声にもこだわっている商品です。

まだ、使用して1か月も経っていないので不具合はありませんとはハッキリと言い切れませんが、今のところ問題なくすごく快適にゲームなどができています。 画面の色とかも白っぽかったり黄色っぽかったりってこともないです。 一言でいうと最高。

第6位: BenQ

BenQ デザイナーズ モニター ディスプレイ PD2700Q 27インチ/WQHD/IPS/DisplayPort/sRGB 100% カバー/webデザイン・閲覧用
BenQ デザイナーズ モニター ディスプレイ PD2700Q 27インチ/WQHD/IPS/DisplayPort/sRGB 100% カバー/webデザイン・閲覧用

台湾の液晶ディスプレイを使った電気製品メ―カーです。IPSパネルを使用しており、世界各地に生産工場があります。イメージスキャナやスマホ、パソコンなどを製造しておりゲーム用のモニターとしても人気です。 代表的な商品は、デザイナーズモニター ディスプレイ PD2700Qで画面分割できるので作業性が良く、デザイナーの目をいたわるためブルーライトを軽減しています。

2K/4Kを検討している方は、ご自身のPCに対応してるかしっかり確認の上ご検討下さい。 Full HDの解像度での表示で使用しておりますが、27Inchで作業スペースが広くIPSなのでとても見易く満足です。

第5位: Dell

Dell ディスプレイ モニター U2718Q 27インチ/4K/Dell_HDR/IPS非光沢/5ms/DP,mDP,HDMI/sRGB 99%/USBハブ/フリッカーフリー/3年間保証
Dell ディスプレイ モニター U2718Q 27インチ/4K/Dell_HDR/IPS非光沢/5ms/DP,mDP,HDMI/sRGB 99%/USBハブ/フリッカーフリー/3年間保証

世界でよく親しまれているパソコン、パソコン周辺機器のメーカーです。企業向けに導入されることも多いです。コスパがよいものから高機能なものまでバリエーションが広いところも人気です。 代表的な製品はU2718Qで、動画を見るにも十分と好評です。DellHDRという独自の技術を搭載することで、豊かな色味とコントラストを誇ります。

買った当初は輝度を下げるとフリッカーがチラつき悩まされたが、ファームウェアを上げることによって解決可能になった。 目の負担を考えると、フリッカーという一点に置いて考慮するまでもなかったが、解決したことによって 大型4k、非光沢、IPS液晶、比較的安価点で満足できるものになりました。

第4位: EIZO

EIZO FlexScan 27.0インチ ディスプレイモニター (4K UHD/IPSパネル/ノングレア/ブラック/USB Type-C搭載/5年間保証&無輝点保証) EV2785-BK
EIZO FlexScan 27.0インチ ディスプレイモニター (4K UHD/IPSパネル/ノングレア/ブラック/USB Type-C搭載/5年間保証&無輝点保証) EV2785-BK

元々石川県七尾市の企業で、ナナオという企業名でしたがヨーロッパ向けにEIZOブランドを立ち上げました。2013年には企業名をEIZOに変更しています。 代表的な商品は、FlexScan EV2785-BKです。自動調光機能や、使う人の目線の位置に合わせて画面の高さや傾きをを調整できるフレックススタンドなど、使用者に優しいディスプレイです。

3万円ほどの某有名PCメーカーの4Kモニターを買いましたが、ドット抜けや色味が悪く返品したのちにEIZOのEV2785を購入しました。値段はしますが、安心の日本製・高品質で大変満足しています。デザインも良し、ディスプレイ品質も良し、上下左右の動きもスムーズで、ディスプレイを縦にしても使えます。同じ4Kモニターでもここまで違うのかと思うほど、本当に素晴らしいモニターです。はじめは価格が高くて躊躇していましたが、今度買う機会があれば迷わずEIZOさんのモニターを買います。

第3位: ViewSonic

【正規代理店品】ViewSonic 23インチ IPS 液晶ディスプレイ( 1920x1080 / SuperClear®優れた色再現 / 2ms(GtG)) VX2363Smhl-W
【正規代理店品】ViewSonic 23インチ IPS 液晶ディスプレイ( 1920x1080 / SuperClear®優れた色再現 / 2ms(GtG)) VX2363Smhl-W

日本では聞きなれないメーカーですが、アメリカのメーカーで全米ではNo.1のシェアを誇るメーカーです。 代表的な製品はViewSonic VX2363Smhl-Wで、ViewSonicが独自に開発した技術を使い、ちらつきを防止してスムーズに動画を見たりゲームを楽しむことができます。他のIPSパネルよりもちらつきなどの障害が起きにくいと評判です。

さすがIPS液晶ですね、他社ののディスプレイにくらべきれいです。動きもちらつきが少なく満足です。☆一つ減らしたのは、内臓スピーカーの音ですボリュームを大きくすると(あまり大きくならないが)音が割れます。なので外部スピーカーを付けて使ってます。

第2位: LGエレクトロニクス

LG モニター ディスプレイ 43UD79-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減
LG モニター ディスプレイ 43UD79-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減

コスパがよい液晶ディスプレイとして日本でもおなじみのメーカーです。LGはサムスンとともに韓国の電化製品メーカーとして有名です。IPSパネルを製造し、自社で液晶ディスプレイの商品化もしています。PLSパネルのサムスンがギャラクシーシリーズなどスマホやタブレットなどのシェアが大きいのに対して、LGはテレビのシェアが大きいです。 代表的な製品は43UD79-Bです。最大4つに画面を分割して作業できるので、同時に複数のデバイスを使って作業する人に向いています。画面が大きいので分割してもストレスを感じにくいです。端子数が豊富で、HDMI端子ならば同時に4つまで接続可能です。

4Kなので、豊富な入力端子で同時に4入力を表示できることが魅力で購入。 やはりLGだけのことはあって画面はきれいです。もう一台のSONYのBRAVIA 4Kと比較すると若干負けますがこの価格帯ではとても良く作られていると思います。

第1位: フィリップス

Philips 27型PLSパネル採用 FHD液晶ディスプレイ 5年間フル保証 276E7QDSB/11
Philips 27型PLSパネル採用 FHD液晶ディスプレイ 5年間フル保証 276E7QDSB/11

PLSパネルを使ったメーカーの一つです。オランダの電化製品メーカーでサムスンのPLSパネルを使っで液晶ディスプレイ商品を製造しています。スタイリッシュなデザインが人気のメーカーですが、PLSパネルならではの画質も魅力です。 代表的な製品は、276E7QDSB/11で、左右ほぼ真横からみても高い視認性が得られます。PLSパネルを使っていながらコストを抑えた商品で、画質もよいと評判です。非常に細い額縁のデザインも人気です。

PLSはIPSと同等に視野角が広く発色も良くTNやVAに比べて高画質であり省電力であると一般的に言われています。 その謳い文句どおり画質は満足できるものでした。当初はIPS採用のLG 27MP38VQ-Bを購入し使ってみたのですが 輝度ムラがあまりにも酷く素人でも我慢できないレベルであったため使用を諦め改めてこのPhilipsのモニターを購入しました。

特徴別IPSパネルのおすすめ10選

特徴別IPSパネルのおすすめ10選

PLSパネルを含むIPSパネルを使ったおすすめの製品について、10個紹介します。

1. 画質(PLS): フィリップス

Philips 23.6型ワイド液晶ディスプレイ (PLSパネル/フルHD/5年間フル保証) 246E7QDSB/11
Philips 23.6型ワイド液晶ディスプレイ (PLSパネル/フルHD/5年間フル保証) 246E7QDSB/11

PLSパネルでありながらコストが安いフィリップスのディスプレイは、2台目をリピートするファンもいます。PLSパネルは透過光の量が多いので、明るさの設定を下げることで省エネ効果があります。実際、明るさは少し下げた方がちょうど良いという口コミが見られます。

PLSパネルはIPSパネルの改良版で、基本的な仕組みはIPSと変わらないものの、画質や輝度などの性能が向上しています。動画、静止画、文字すべてをとても滑らかに表現してくれます。ちらつき感もないので、ちらつきのある古いディスプレイにはもう戻れません。

2. 画質(IPS): 東芝REGZA

東芝 43V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 43C310X
東芝 43V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 43C310X

国産の液晶ディスプレイが良いという人には東芝REGZAがおすすめです。同時に二つの番組を録画できる機能など多機能を求めるならREGZAを候補にしてはいかがでしょうか。 2018年に東芝のテレビに関する事業分野などは、中国のハイセンスが親会社になります。ただ、東芝の開発体制はかわらないとされておりコスト面で有利になったとポジティブな意見もあります。

0.83msecというかなりの低延長でゲームなどをやる時は非常に快適であり、STG、音ゲーなどに非常に向いていると言えます。しかしHDRがない分やはりHDR対応のゲーム、BDをHDR対応テレビと見比べると明るさで見劣りしてしまうことは事実です。用途にもよりますが買う前に調べた方がいいです、私は満足できたので星5にしました

3. 画質(IPS): パナソニックVIERA

パナソニック 43V型 4K対応 液晶 テレビ VIERA TH-43EX750 HDR対応 SD再生対応
パナソニック 43V型 4K対応 液晶 テレビ VIERA TH-43EX750 HDR対応 SD再生対応

国産の液晶ディスプレイならば、パナソニックのVIERAも良いでしょう。これも多機能化が優れた製品です。インターネットとテレビ番組を一覧で見られる機能や、過去のテレビ番組表を見ることができるなど、一台のテレビでインターネット機能をストレスなく使えます。 パナソニックというと、プラズマディスプレイの印象が強い人もいますが、IPSパネルを使った液晶ディスプレイも画質・コントラストなど好評です。

画面が綺麗、ビエラリンクも便利です。無線LANの機能もありデータ放送での活用も今までより便利になった。技術の進歩に感謝しています。

4. 画質(スマホ): HUAWEI

HUAWEI 5.9インチ Mate 10 lite SIMフリースマートフォン グラファイトブラック【日本正規代理店品】Mate 10 lite/Graphite Black
HUAWEI 5.9インチ Mate 10 lite SIMフリースマートフォン グラファイトブラック【日本正規代理店品】Mate 10 lite/Graphite Black

格安SIMを購入するのに合わせてスマホ割安に購入したいという人もいるでしょう。Amazonで3万円台で購入できてコスパがいいHUAWEIのMate 10 liteですが、画質など値段のわりに十分だと好評です。バッテリーの持ちも良いです。 また、背面・前面カメラの両方がダブルレンズ使用になっており、背面カメラは1600万画素と200万画素です。最大で1600万画素で写真を撮影する事ができます。コスパがよく画質も妥協したくない人にはおすすめです。

docomo Xperia Z1 が大分くたびれてきたので、購入。いらないアプリが少なく、カメラ、性能、液晶画面も大きくて表示も美しくて感動。コスパもいい。次もHUAWEI買うと思う。

5. 画質 (PC): HP Pavilion

【フルHD液晶/バックライトキーボード搭載】HP Pavilion 15-cc100 Windows10 Home 64bit 第8世代Corei5 8GB SSD 128GB+1TB HDD DVDライター 高速無線LANac Bluetooth webカメラ 日本語バックライトキーボード Bang&Olufsenスピーカー搭載 15.6型フルHD液晶ノートパソコン ロイヤルブルー
【フルHD液晶/バックライトキーボード搭載】HP Pavilion 15-cc100 Windows10 Home 64bit 第8世代Corei5 8GB SSD 128GB+1TB HDD DVDライター 高速無線LANac Bluetooth webカメラ 日本語バックライトキーボード Bang&Olufsenスピーカー搭載 15.6型フルHD液晶ノートパソコン ロイヤルブルー

HPは日本でも広く知られているパソコンメーカーで、Dellと同じくらい多くの企業に導入されています。 この商品は紙を閉じたA4のノートくらい薄いノートパソコンで、スタイリッシュな見た目です。また、キーボードの周囲を光らせることで暗所で作業しやすいという特徴もあります。画質ですが、ゲームをするレベルだと少し物足りないという人もいますが、インターネットの動画を見るレベルだと十分という意見が多いです。

6. コスト(40インチテレビ): maxzen

maxzen JU43SK03 4K 地上・BS・110度CSデジタル 4K対応 液晶テレビ (43V型)
maxzen JU43SK03 4K 地上・BS・110度CSデジタル 4K対応 液晶テレビ (43V型)

maxzenというメーカーを聞きなれない人もいますが、国産家電メーカーの一つです。特別な機能はなくても、日常生活で十分な液晶テレビを購入したい人は、maxzenのテレビがおすすめです。43型のテレビがAmazonで4万円台で購入できます。画質は普通に見る程度には十分で、LED直下型バックライトによる色ムラの少ない綺麗な映像を見ることができます。

画質は予想以上がよい、しかもシンプルで最高。この値段で買えるのが嬉しい。

7. コスト(60インチテレビ): LG

LG 60V型 4K対応 液晶 テレビ UJ6500シリーズ 60UJ6500 HDR対応 IPS4Kパネル スリムボディ Wi-Fi内蔵
LG 60V型 4K対応 液晶 テレビ UJ6500シリーズ 60UJ6500 HDR対応 IPS4Kパネル スリムボディ Wi-Fi内蔵

コストで選ぶときに、LGは外せないメーカーです。IPSパネルを製造し自社で製造することでコストを抑えることが可能になっています。視野角が広く画質がいいIPSパネルを求めるなら、LGがおすすめです。

8. コスパ(パソコン): Dell

Dell ノートパソコン Inspiron 15 Celeronモデル 3552 17Q31/Windows10/15.6インチ/4GB/500GB
Dell ノートパソコン Inspiron 15 Celeronモデル 3552 17Q31/Windows10/15.6インチ/4GB/500GB

多くの企業に導入されていて、コスパに定評があるDellのノートパソコンです。エントリーモデルならば4万円台で購入できます。普通にインターネットを楽しむ程度ならば問題ないという意見が多いです。

ネットサーフィンとか、年賀状の作成などの普通の使い方なら不足ないと思います。 DVDも問題なく視聴できます。家電量販店の店員はCeleronでは動かない。と嘘つかれますが、アクション映画でもブロックノイズは出ませんでした。youtubeも普通に楽しめます。 文字入力で遅延があったり、動作は緩慢で快適とはいきませんが、この値段で割り切って使うのであれば、良い買い物です。

9. バッテリー: ZenFone

ASUS ZenFone Max Plus M1 ZB570TL【日本版】ブラック【正規代理店品】(オクタコア/4GB/32GB/DSDS/4,130mAh) ZB570TL-BK32S4/A ZB570TL-BK32S4/A
ASUS ZenFone Max Plus M1 ZB570TL【日本版】ブラック【正規代理店品】(オクタコア/4GB/32GB/DSDS/4,130mAh) ZB570TL-BK32S4/A ZB570TL-BK32S4/A

スマホを使うときに気になるのがバッテリー容量です。連続待受が最大約28日、連続使用時間は20時間で、一日使いっぱなしでも支障がないレベルのスマホです。

まぁまぁ軽くて使い心地がいい。 バッテリーが長持ちするから安心して使えます。

10. カメラ: ZenFone

ASUS ZenFone4 SIMフリー スマートフォン (ブラック/5.5インチ)【日本正規代理店品】(オクタコアCPU/6GB/64GB/3300mAh) ZE554KL-BK64S6/A
ASUS ZenFone4 SIMフリー スマートフォン (ブラック/5.5インチ)【日本正規代理店品】(オクタコアCPU/6GB/64GB/3300mAh) ZE554KL-BK64S6/A

一般的なスマホカメラの約5倍も光をとりこむことができるセンサーを備えており、スマホでは苦手なことが多い暗いところでもきれいな写真が撮れます。また、120°の広角カメラにワンタッチで切り替えることができます。通常の約2倍の幅で撮影できるので旅先などの記念におすすめです。

前のZenfone 5のカメラ性能が余りにも不出来だったので期待はしていなかったのですが、カメラは結構きれいに映ります。

番外編 液晶ペンタブレット: HUION

HUION GT-220V2 IPS液晶21.5インチ液晶ペンタブレット フルHD液タブ シルバー (V2 シルバー)
HUION GT-220V2 IPS液晶21.5インチ液晶ペンタブレット フルHD液タブ シルバー (V2 シルバー)

直接ペンで書き込めて便利な液晶タブレットですが、視野角で色の見え方がかわらないことが重要です。IPS液晶を使ったHUIONの商品は、コスパがよく視野角も良いのでおすすめです。自然な筆圧で書け、紙に書いているような反応の良さが好評です。

画面がとても綺麗です。 製品の作りもしっかりしています。

PLSパネル製品を実際に見てみよう!

PLSパネル製品を実際に見てみよう!

サムスンで生産しているIPS方式のパネルがPLSパネルです。IPSパネルは視野角にすぐれており、色再現性も評判が良い液晶パネルです。PLSパネルは、IPSパネルよりも輝度が高いことなど省エネ性能と画質の良さが優れています。一方で、割高というデメリットもあります。 PLSパネルを使った製品はまだ少ないですが、フィリップスのようにコスパが良いと評判の液晶ディスプレイメーカーもあります。一度、PLSパネルを電気屋さんでチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング