IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

PCオーディオおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

ガジェット

あなたのスピーカーさらに上のステージにステップアップしたり、PCオーディオのおすすめランキングについて気になる人はいませんか。PCオーディオは様々な種類があるのでどれがおすすめなのか悩んでしまいます。今回は、PCオーディオの選び方やメーカーの紹介をします。

更新日時:

PCオーディオの選び方は?

PCオーディオの選び方は?

PCオーディオの選び方について気になる人はいませんか。現在、PCオーディオはいろいろな種類があるのでどれを選べばいいのか悩んでしまう人も多くいます。そのため、ここではPCオーディオの選び方についての紹介をします。 PCオーディオの選び方は、PCオーディオのタイプで選ぶ方法です。PCオーディオは、スピーカーとPCの組み合わせが基本的ですが、アンプやUSB DACなどと組み合わせると、より充実したオーディオの環境を構築することができます。PCオーディオの構成は「USB DACとスピーカー」「アクティブスピーカー」などがあります。 また、PCオーディオのおすすめの選び方は、自分の求める音質によって選ぶ方法です。PCオーディオは選んだ機器によって音源などの質が変わります。音質にこだわってPCオーディオを選ぶ場合には、基本的な用語について理解していると便利です。

PCオーディオ用のおすすめランキングTOP10

PCオーディオのおすすめ人気ランキングについて気になる人はいませんか。どのPCオーディオにも良い点がいろいろあるので、自分が使いたい機能を持っているPCオーディオを選ぶことが重要になります。そのため、ここではPCオーディオのおすすめ人気ランキングについての紹介をします。 PCオーディオにはいくつもの種類があり、それぞれ得意な分野があります。そのため、PCオーディオを買いたいと考えたときには、それぞれの機器の違いは何かというところを調べなければなりません。事前に調べておくことで、自分の希望に当てはまったPCオーディオを買うことができます。

10位 ヤマハ パワードスピーカー NX-50

ヤマハ パワードスピーカー NX-50 (左右1組) オレンジ NX-50(D)
ヤマハ パワードスピーカー NX-50 (左右1組) オレンジ NX-50(D)

ヤマハ パワードスピーカー NX-50は、非常にお手頃な価格でバスレフ構造を堪能することができる本格的なスピーカーとなります。さらにパソコンやテレビの電源が消えるとスピーカーも消えるオートスタンバイ機能などもついているので機能面でも非常に充実しています。 しかし、ヤマハ パワードスピーカー NX-50にはラウンドネスコントロール機能が搭載されていますが、この機能はユーザーの意思でONとOFFの切り替えができないため、強調された低音が好きでない人はストレスに感じてしまう可能性があります。

小さなボディーながら低音もほどよく出ていますし中高音域もバランスのよい音と思います。 低音はBOSEの方がブーストされてるようですが、私はこちらのほうがバランスがよいと感じました。 流石に数メートルはなれた距離でボリュームを上げて聞くには苦しいようですが、茶の間などで1~2メートルぐらいではなかなかのものです。 買って正解でした。

9位 YAMAHA パワードモニタースピーカー

ヤマハ(YAMAHA) (AATJO) パワードモニタースピーカー MS101-3
ヤマハ(YAMAHA) (AATJO) パワードモニタースピーカー MS101-3

YAMAHA パワードモニタースピーカーはサイズが非常にコンパクトなので、持ち運びやすいです。また、YAMAHA パワードモニタースピーカーにはマイクが実装されているので、ライブ会場や公園などのイベントで使用するスピーカーとしても使用ができます。 YAMAHA パワードモニタースピーカーが一台あれば、音楽の作成や視聴などをすることができます。価格は10000円ほどになるので買いやすい値段となっています。

音は抜群です。コストパフォーマンスとしては、問題なし。 音合わせ用に使っています。本来の使い方とは違う使い方です。 アクティブベースはそのまま、パッシブベースは、VOX ベースアンプ amPlug2 Bassのヘッドフォン出力をLINEへ送っています。 6畳の広さでの音合わせにちょうど良く、それなりに良い音がします。どこまで耐えられるかはわかりませんので音量に要注意です。 なお、ベースアンプ代わりしているため、持ち運びに不便で100均のスーツケース用ベルトを巻いて持ち運んでいます。 安いベースアンプよりはるかに音が良く、当然、様々な機器、楽器が接続できるため、「あくまで小さい音量での使用」ならお勧めです。 PC用スピーカとして贅沢に使う方法もオススメです。部屋で使うタイプですね。

8位 ONKYO プリメインアンプ

ONKYO プリメインアンプ 100W+100W(8Ω) シルバー A-9050(S)
ONKYO プリメインアンプ 100W+100W(8Ω) シルバー A-9050(S)

ONKYO プリメインアンプは入出力端子を豊富に選ぶことができ、高い解析度のサウンドを持つプリメインアンプです。スイッチ操作で8Ωから4Ωに変換することができるので非常に便利なものになっています。また、イコライザ変更や電力過多による機器の劣化などを防ぐことができるので、ONKYO プリメインアンプ一台でマルチな使い方ができます。

良いね!そもそもオーディオなんてものは自分で『良い』と思えばいいんで、この価格でこの音は優れものです。 遠い昔、 LUXMANのアンプを使っていましたが、若かりし日にそれまで使っていたパイオニアのアンプに比較して明らかに『良い』と思いました。 その時の音感を思い起こしながら今このアンプで聴いていますが、音の解像度はこちらのアンプのほうが上じゃないかな。 高音の抜け、繊細さはちょっと足りないと感じるのは、当時MCカートリッジを使っていたからだと思う。 アナログの柔らかい優しい音で、学生時代に買いあさったレコードを聴きあさっています。主にクラシックを聴いていますが、十分に聴かせてくれています。 目の前でオケがなっているように感じさせてくれています。奥行きがちょっと足りない気もしますが、でもこの価格でこの音は十分すぎます。 大変良い買い物でした。お勧めです。

7位 ヤマハ プリメインアンプ

ヤマハ プリメインアンプ A-S301 192kHz/24bit ハイレゾ音源対応 シルバー A-S301(S)
ヤマハ プリメインアンプ A-S301 192kHz/24bit ハイレゾ音源対応 シルバー A-S301(S)

ヤマハ プリメインアンプには多彩な接続端子が付いているので、使用状況に応じた機器の切り替えが可能になります。また、自分の好きなタイミングで再生機器を使い分けることができます。 デメリットとしてはサイズがやや大きめなので、邪魔だと感じてしまう可能性もあります。しかし、機能としては非常に優れているので、満足できるアイテムです。

この値段で、なかなかいいアンプです。DACも、i-mac 2013 lateで使っているんですけど、 光出力で、伝送ロスがないみたいな感じです。I-MACで、同軸出力は、ちょっとやっやかしいので、あまりお勧めできません。 USB-DACは、AMLECHのAL-9228Dを使ってるんですけど、こちらの方が、内臓DACより、音圧、重厚感が上です。

6位 Teshony USBスピーカー

Teshony USBスピーカー 小型 サウンドバー 持ち運びに便利 音の立体感を感じる USB接続 コンセント不要 (ホワイト)
Teshony USBスピーカー 小型 サウンドバー 持ち運びに便利 音の立体感を感じる USB接続 コンセント不要 (ホワイト)

Teshony USBスピーカーはUSB接続タイプのPCオーディオです。持ち運びに特化しているので、どこでもオーディオ環境を整えることができます。

USBに差し込無だけのお手軽スピーカー 個人的にモニターの上に置くのは不安があったので下に設置しました 音質もUSBから電源とってこのサイズを考えれば十分納得できるものだった

5位 LOGICOOL ステレオスピーカー

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

LOGICOOL ステレオスピーカーは安定感とバランスが良く、非常に人気の高いアイテムです。LOGICOOL ステレオスピーカーはコンパクトサイズとなっているので、場所を取りません。また、ミニのイヤホンジャックが搭載されていたり、USBから電力を供給してくれるスピーカーです。

パソコンから出る携帯ラジオみたいな音質にストレスを感じ、安くてそこそこのものをさがしてましたが、これは大当たりでした。 本体にスイッチ兼音量調整があり、USB電源で動作します。とても便利です。 音質はちょいといかしたテレビ並みという感想です。重低音、切れのある高音とか期待しちゃダメです。すんなり耳に入ってくる聞きやすい音だと思います。 ちょいと座りが悪いので転がることもありますが、この価格でこの性能は自分的に大当たりをひいた気分です。パソコンの色にあわせて真っ赤に塗装してやろうと画策してます。

4位 マランツ プリメインアンプ

marantz プリメインアンプ エントリークラス シルバーゴールド PM-5005/FN
marantz プリメインアンプ エントリークラス シルバーゴールド PM-5005/FN

マランツ プリメインアンプにはデジタル端子がありません。しかし、入力端子のメッキや回路の部材など、音をよくするために必要なところを細部まで磨き上げてるアイテムです。価格も20000円ほどで買いやすい値段なので、非常におすすめです。

昔々は高価でなかなか手が出なかった「憧れのmarantz」がこの程度の価格で買える時代になった事、それに昔と変わらぬ左右対称のデザイン、前パネル左右の品の良いウエーブデザインが気に入ってPM-5005/FNに決定しました。 低音から高音までフラットで素直な音です、音源がCD専用デッキでは無く今一なのですが、明らかに以前のアンプとは格が違います。 テレビの音源でも試してみましたが、こちらは音源がさらに今一なので、以前とあまり違いが判りませんでした。 2万数千円にしては、かなり上出来と感じました。

3位 Denon Professional

Denon Professional アンプ内蔵 モニタースピーカー  DN-304S
Denon Professional アンプ内蔵 モニタースピーカー DN-304S

Denon ProfessionalはあらゆるPCオーディオの用途に対応しています。非常にコンパクトなサイズで、使用状況に応じた音質を提供してくれるという優れもののアイテムです。

音色は全体的にウォーム。低域もしっかりと出る。 高音の表現力が物足りないと感じるユーザーもいそうだが、個人的には嫌いじゃない。 聴き疲れしなくてよい。 前面の入出力はやっぱり便利。 音量をしぼっても、きれいに音が出る。 モニター用として使い勝手が良い。 便利で手軽で音質も良いので、もう一台欲しくなる。 ちなみに、デノンとあるがOEM。 気になる点は1つだけ。 接続する機器によって、音楽停止時にノイズが発生する。 ケーブルを抜くと止まる。背面からの入力だと出ないときもある。 このあたり、ちょっと相性があるのかもしれない

2位 デノン プリメインアンプ

DENON プリメインアンプ Bluetooth対応/ヘッドホンアンプ搭載 プレミアムシルバー PMA-30-SP
DENON プリメインアンプ Bluetooth対応/ヘッドホンアンプ搭載 プレミアムシルバー PMA-30-SP

デノン プリメインアンプにはデジタル・アイソレーターが採用されているので、PCスピーカーに送られるノイズを軽減してくれます。非常にスリムな設計になっているので、おすすめのアンプになります。

1位 Bose Companion 20

Bose Companion 20 multimedia speaker system PCスピーカー【国内正規品】
Bose Companion 20 multimedia speaker system PCスピーカー【国内正規品】

Bose Companion 20はPCオーディオの音質を良くしたいと考えているけど、デスクの周りは身軽にしておきたいという人向けのスピーカーになります。ディスプレイの両サイドに置いても違和感がないです。非常にコンパクトなサイズですが、迫力満点のサウンドを聴くことができます。

さすがBOSE、重低音がお腹にズンズンきます。 僕の場合、家ではなく、仕事柄マンションの集会室などで映画鑑賞会を行う際にもっていくのですが、参加者全員が[こんなに小さいのにものすごい迫力]と驚かれます・ 気に入って3セット買いました

特徴別PCオーディオのおすすめ10選

特徴別PCオーディオのおすすめについて気になる人はいませんか。PCオーディオのおすすめについて気になる人は、自分がどのようなPCオーディオにしたいのかを考える必要があります。例えば、パソコンで音質が良い音楽を聴きたいのならば、USB-DACがおすすめです。今回は、特徴別PCオーディオのおすすめについて紹介をします。 特徴別PCオーディオには、dacやアンプ、スピーカー、ソフト、インターフェース、音質、構成、macがあります。どれを選ぶかによって、音質を上げたりすることができるので見極めが重要です。このようにPCオーディオには特徴別のおすすめがあるので、自分にとって何が一番重要なポイントであるのかを把握するようにしましょう。

dac

[Signstek]Audio USB-DAC ヘッドフォンアンプ/ コンパクトでUSBケーブル付き
[Signstek]Audio USB-DAC ヘッドフォンアンプ/ コンパクトでUSBケーブル付き

おすすめのdacは、USB-DACになります。USB-DACとは、パソコンとUSB接続をすることによって、パソコンの中に入っている音声ファイルを再生するdacのことです。普通はdacがパソコンにも内蔵されていますが、音楽専用のものではないので高品質ではありません。USB-DACは高品質で音楽を聴くことができるので非常におすすめです。 USB-DACはノイズ源からの分離を施せるので、ノイズを少なくすることもできます。しかし、USB-DACがあっても音声ソフトがなければ音楽を聴くことができません。そのため、必ず音楽ソフトも買うようにしましょう。

DACとしてではなく、44.1KHz/48KHzのDDCとして使用しています。 QNAP製NASでKODIによるメディア再生を行う際にオーディオをHDMI経由ではなく光デジタルのステレオでプリメインアンプに出したかったので購入しました。標準的な48KHzまでの出力で良かったためハイレゾ性能は不要だったのですが、低価格で光デジタルで出力できるDDCは案外少ないのでこの商品は大変良い買い物でした。

アンプ

Bluetoothアンプ ELEGIANT ステレオ スピーカー パワーアンプ デジタルアンプ ベース 増幅器 HI-FI 音質 100W 大出力 超小型
Bluetoothアンプ ELEGIANT ステレオ スピーカー パワーアンプ デジタルアンプ ベース 増幅器 HI-FI 音質 100W 大出力 超小型

アンプは音楽の音量を増幅させるためのものだけではなく、音質の調整もすることができます。アンプは音質を調整することができるので、高品質化することができますが、dacでも高品質化ができます。そのため、高品質化をしたいのならばどちらを買っても大丈夫です。

古いスマホをiPod代わりに曲を大量に入れている為、そちらで聴くことにしています。 いままでイヤホンだけで聴く事が多く、音質も気にしていませんでしたが、安かったので試しに購入。 Bluetooth接続はホント便利ですよね。 音も特に劣化している印象は無く良くなっていました。元々そんな良いイヤホンではないですが、それでも良くなったと感じたので、良いイヤホンで聴くとどうなっちゃうのか…。気になります。 見た目は値段の割に高級感を感じました。箱開けた瞬間、アレ?ちょっと高そう。って笑 コンパクトな所もとても気に入ってます。 低予算ながらも良い買い物が出来ました!

スピーカー

Creative 2.1ch ステレオ スピーカー SBS A120 ブラック SP-SBS-A12R2
Creative 2.1ch ステレオ スピーカー SBS A120 ブラック SP-SBS-A12R2

スピーカーというとアンプを内蔵していないものが普通で、通常はアンプを別途用意してからオーディオシステムを構築していかなければなりません。スピーカーの種類には、2chスピーカーや2.1chスピーカー、5.1chスピーカーがあります。 2chスピーカーは立体感のある音を楽しむことができ、小さい部屋で音楽を聴きたい人向けのスピーカーです。2.1chスピーカーは迫力のある低音を演出することに特化しているスピーカーになります。5.1chスピーカーは全方位から音楽を聴けるので、臨場感を楽しみたい人はぜひ買ってみてください。

旧モデルを選びました。テレビ用に使っています。低音がしっかり響きます。 全体的にモコモコしていますが、イコライザーでいじってやれば結構いい音も出ます。 ただし、価格相応。解像度は低く、音楽鑑賞には不向きです。 ですが、低音はちゃんと出ているので、迫力が全然違います。テレビのスピーカーと同時出力させるとちょうどいいです。 テレビの音が2000円でグレードアップできるのはうれしいです。

ソフト

MediaMonkey 4: Der ultimative Musikmanager
MediaMonkey 4: Der ultimative Musikmanager

パソコンで音源を再生したいのならば、何らかの再生ソフトが必要になります。再生ソフトを購入するときに重要な点があります。一つは、自分のライブラリとの整合性です。ソフトに対応しているものでなければライブラリを構築することができません。 そのため、お気に入りのソフトと合わせてライブラリを構築するにしても、音源には普遍性を持たせるようにしましょう。つまり、使用するソフトを変えてもしっかりと機能するだけの柔軟性を持たせるようにしましょう。

構成

ヤマハ(YAMAHA) (AATJO) パワードモニタースピーカー MS101-3
ヤマハ(YAMAHA) (AATJO) パワードモニタースピーカー MS101-3

PCオーディオのおすすめの構成として、PC+USB DAC付パワードスピーカーがあります。この構成は、USBスピーカーを接続するだけで終わりの簡単な構成で、比較的安くPCオーディオを楽しむことができます。 スピーカーの中には、Wi-Fi内蔵でワイヤレス音楽を再生できるものもあります。Bluetooth機能も搭載されていて、スマホからもワイヤレスでオーディオ再生することができるので非常におすすめの構成になります。

音は抜群です。コストパフォーマンスとしては、問題なし。 音合わせ用に使っています。本来の使い方とは違う使い方です。 アクティブベースはそのまま、パッシブベースは、VOX ベースアンプ amPlug2 Bassのヘッドフォン出力をLINEへ送っています。 6畳の広さでの音合わせにちょうど良く、それなりに良い音がします。どこまで耐えられるかはわかりませんので音量に要注意です。 なお、ベースアンプ代わりしているため、持ち運びに不便で100均のスーツケース用ベルトを巻いて持ち運んでいます。 安いベースアンプよりはるかに音が良く、当然、様々な機器、楽器が接続できるため、「あくまで小さい音量での使用」ならお勧めです。 PC用スピーカとして贅沢に使う方法もオススメです。部屋で使うタイプですね。

インターフェース

Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12
Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12

インターフェースにはオーディオインターフェースというものがあります。オーディオインターフェースがあることで、音楽の遅れや入出力数、音質の改善をすることができます。しかし、オーディオインターフェースはいろいろな種類があるので、どれを選べばいいのか悩んでしまう人も多くいます。 そこで、オーディオインターフェースのおすすめの選び方は入出力数・端子や音質、パソコンとの接続方式についてです。これらの要素をチェックしておけば大丈夫なので、ぜひ購入してみましょう。

真空管アンプHT5RHのヘッドフォン・アウトと繋いでオーディオ・インターフェースとして使用しつつ、PCとUSBで繋ぎヘッドフォン・アンプとしても使用しています。一万円強でこの音質・機能が楽しめれば十分満足です。

mac

APPLE MacBook Air 1.7GHz Core i5/11.6/4GB/128GB MD224J/A
APPLE MacBook Air 1.7GHz Core i5/11.6/4GB/128GB MD224J/A

macでのパソコンの音質はWindowsでのパソコンの音質と比べると非常に良いです。Windowsでは聞き取りにくい音だどしても、macで聴くと正確に聴き取ることができます。そのため、高音質で音楽を聴きたいのならば、macのパソコンが非常におすすめです。 他にも、Macよりも使いやすく音質にも優れているAIRBOWの「音楽専用PC」というものもあるので、自分の好きなものを買いましょう。

状態良好、特A品です。の触れ込み通り素晴らしかったです!正直に真面目に仕事をされてるREDさんに感謝です‼︎これからもユーザーの皆さんにクオリティの高い品をよろしくお願いいたします。

ヘッドホン

audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x
audio-technica プロフェッショナルモニターヘッドホン ATH-M20x

ヘッドホンは手軽に自分の好きな音質で音楽を楽しむことができます。周りを気にしないで音楽に没頭することができるので、ぜひ買ってみましょう。

細かいスペックとか詳しくないんですが、これ以上の性能の必要性も全く感じないです。個人的にはエレキの練習にも使えますし最高です。低音も悪くないと思いますよ。軽い装着感も長い使用にはありがたいですね。買って正解!

ノイズ

MacLab. フェライトコア ノイズフィルター パッチンコア 5.0mm 10個 セット ブラック ヒンジ式 ( 返品保証 付)【MacLab.ロゴ入りフェライトコア2個入り】 車 高周波 ノイズ カット 低減 アマチュア 無線 アンテナ 干渉 除去 シールド 効果 対策 カー オーディオ 音質 向上 延長 モジュラー フィルタリング コモン モード コア 電源 タップ 電磁波 吸収 電話 lan ac dc
MacLab. フェライトコア ノイズフィルター パッチンコア 5.0mm 10個 セット ブラック ヒンジ式 ( 返品保証 付)【MacLab.ロゴ入りフェライトコア2個入り】 車 高周波 ノイズ カット 低減 アマチュア 無線 アンテナ 干渉 除去 シールド 効果 対策 カー オーディオ 音質 向上 延長 モジュラー フィルタリング コモン モード コア 電源 タップ 電磁波 吸収 電話 lan ac dc

ノイズが発生した場合には、フィルターをするようにしましょう。フィルターは電線を磁性体に通してノイズをなくしてくれます。また、シールドという方法もノイズをなくしてくれるので、ぜひ試してみてください。

PCスピーカーのノイズ(ブツ、ブツという不連続音)対策に、まじない札のつもりで買ったが意外にも低減の効果があった。 電源(USB)ケーブルのコンセント(PC)側・SP側、LineケーブルPC側・SP側(SP Lと2本まとめ)、SP LケーブルSP側と5個装着で2セットのSPで10個消費。 環境は人それぞれだから、購入するにしても「まじない札」と割り切って買うのが良いかと。電源はSPとは別系統とするべき(私は出来てないがw)。

音質など

F-FACTORY スピーカーケーブル ピンプラグ-先バラ 5m×2本/C-078
F-FACTORY スピーカーケーブル ピンプラグ-先バラ 5m×2本/C-078

音質をより良くしたいのならば、スピーカーケーブルを質のよいものに交換しましょう。コストは若干かかってしまいますが、本体そのものと交換するよりは非常に格安で、確実に音質を向上させることができます。家庭用の機器ならば1000円程度のケーブルでも音質を改善することができるので、ぜひ試してみてください。 また、すぐにでもできる音質改善の方法としてはケーブルや機器の本体などについているホコリや汚れをきれいに掃除したり、配線が束にならないようにするなどがあります。このようなことをするだけでも音質が改善する場合があるので、ぜひ実践してみましょう。

他社製の同RCAプラグタイプのスピーカーシステムで使用出来ますので、代替品として使用可能です。 本製品は5メートル長なので上記タイプの延長用にも流用できます。 ケーブルの材質や線抵抗、周波数特性は期待出来ませんので、音質を重視するスピーカーシステムには不向きです。

おすすめのPCオーディオのメーカーの紹介

おすすめのPCオーディオのメーカーについて気になる人はいませんか。PCオーディオのメーカーはいろいろあるので、どのメーカーを選べばいいのか悩んでしまう人も多くいます。そのため、ここではおすすめのPCオーディオのメーカーについての紹介をします。 おすすめのPCオーディオのメーカーは、ボーズです。ボーズは高い知名度があり、これまでのノウハウや高い技術を背景としてオーディオ業界を牽引しているようなメーカーとなります。ボーズが提供しているPCオーディオは、コンパクト化を重視しており、非常に使いやすいです。 他にも、ヤマハやDenon ProfessionalなどのPCオーディオは非常に有名なので、ぜひ買ってみてください。

Denon Professionalなど

Denon ProfessionalのPCオーディオは非常に有名です。DN-500BD MKIIは音声ファイルなどを再生することができ、幅広いディスクやファイルフォーマットの再生能力を誇ります。また、DN-300Hはいろいろなシステムに組み込みが可能という優れもののPCオーディオもあります。

PCオーディオを買ってみよう

PCオーディオの選び方としては、自分の好み次第になるので、人からおすすめされても最終的には自分で決めることが重要になります。どのPCオーディオを選ぶにしても重要なことは、事前に買いたいPCオーディオについてを調べておくことです。調べることで知識も増えるので、どれがいいのかを見極めやすくなります。 PCオーディオのメーカーはいろいろありますが、おすすめなメーカーはDenon Professionになります。どのメーカーがおすすめなのか分からなく、悩んでしまったときにはこのメーカーのPCオーディオを買うようにしましょう。 PCオーディオを買うことで、ディスクが管理しやすくなったり、高音質で音楽を聴くことが可能になるので、ぜひ買ってみてください。

関連タグ

アクセスランキング