IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

NASキットおすすめ商品|選び方・口コミ

初回公開日:2018年05月17日

更新日:2020年02月11日

記載されている内容は2018年05月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ガジェット

この記事では、NASキットの概要から、NASキットメーカーの比較、さらに人気のNASキットや特徴別におすすめのNASキットをご紹介します。NASキットがどういうものかわからない方や、これから購入したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

CPUとは、コンピュータ制御や、情報の転送を行う装置のことです。NASキットを見ていると、シンプルコアCPUやデュアルCPUといったワードを見かけますが、シンプルコアCPUは、CPUが1つ、デュアルCPUは、CPUが2つあるという違いがあります。 価格は、シンプルCPUよりも、デュアルCPUのほうが高価です。ただ、データを並行して処理をすることができますので、デュアルCPUのほうが性能は良いということになります。

メモリ

メモリは、データを記録するための部分のことです。このメモリの容量が多ければ多いほど、動作を速く、安定させることができます。 NASキットを見ていると、DD3やDD4メモリといった表記を見かけますが、このDD3やDD4とは、メモリに内蔵されているメモリーチップの世代のことです。

NASキットメーカーはどこがいい?比較結果は?

この項目では、おすすめのNASキットのメーカー紹介と比較した結果をご紹介します。

人気急上昇中のSynology(シノロジー)

Synology (シノロジー)は、NASを専業とした台湾のメーカーで、特にヨーロッパで高い支持を得ています。最新の製品も多く販売しており、高速性、安定性、使いやすさなどに定評があり、日本でも人気が上昇中のNAS・NASキットメーカーです。設定画面なども簡単でわかりやすく、コストパフォーマンスの良さと基本能力の良さをお求めの方向けです。

raidなどに対応可のQNAP(キューナップ)

QNAP (キューナップ)は長年NASキットの開発や販売を行っている老舗メーカーです。デザインがシンプルで分かりやすく、多くのraidなどに対応しているため、使いやすいのが特徴です。また、随時メモリやCPUなどの更新が行われ、最新のものが販売され続けています。 他社製品よりも圧倒的に高速性があるので、パフォーマンスの良さをお求めの方におすすめです。日本においては実績もファンも多いメーカーです。

コスパの良いASUSTOR(アサスター)

ASUSTOR(アサスター)は、NASとビデオの監視システムメーカーで、台湾の巨大パソコンメーカーであるASUSという会社のグループ企業のひとつです。他社製のものに比べて、CPUはコストの高いものを使用し、基本的な性能も維持しているのにもかかわらず、コスパの良い製品を販売しています。

3社の比較結果は?

Synology、QNAP、ASUSTORの3メーカーをご紹介しました。1番目にご紹介したSynologyと2番目にご紹介したQNAPは、さまざまな機能に定評があり、使いやすさにも秀でたメーカーでした。一方で、3番目にご紹介したASUSTORは、内部にコストのかかる高品質のものを使用しているのにもかかわらず、コスパの良い製品の多いメーカーでした。 NASキットをお探しの際は、まずメーカーから絞るのも良いでしょう。

NASキットのおすすめ人気商品

この項目では、おすすめのNASキットをご紹介します。

DiskStation DS118

Synology DiskStation DS118 [クアッドコア 1.4GHz搭載1ベイNASサーバー] CS7087
Synology DiskStation DS118 [クアッドコア 1.4GHz搭載1ベイNASサーバー] CS7087

SynologyのDiskStationDS118です。最新のDDR4メモリを搭載しており、ビジネスにおけるデータの管理に最適なNASキットです。専用アプリを使うことで、モバイル機器を使用して管理を行うこともできます。3.5インチと2.5インチのハードディスクドライブ1台に対応しています。

関連タグ

アクセスランキング