IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

NASキットおすすめ商品|選び方・口コミ

初回公開日:2018年05月17日

更新日:2020年02月11日

記載されている内容は2018年05月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ガジェット

この記事では、NASキットの概要から、NASキットメーカーの比較、さらに人気のNASキットや特徴別におすすめのNASキットをご紹介します。NASキットがどういうものかわからない方や、これから購入したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもNASキットのNASってなに?

NASとは、LANを利用してネットワークに接続して使用する接続ストレージに、ハードディスクが入った製品です。大量のデータを安全に管理したり、会社や家庭でデータを他の人とも共有したいという方にぴったりです。 また、あらかじめNASにデータを保存しておけば、パソコン以外のテレビや、スマホなど別の機器でもデータを確認することができます。この機能を利用すれば、音楽や写真などのデータをNASに入れておくことで、家族でそれぞれ楽しむこともできますので、家庭でもNASは大活躍します。

NASと一般的なハードディスクの違いって?

NASと一般的なハードディスクには、さまざまな違いがあります。NASの方が便利な点も多いので、確認してみましょう。

一度にアクセスできる人数が違う!

一般的なハードディスクドライブは、USBなどでパソコンに直接接続して使うものが多く、一度に1人しかドライブ内のデータにアクセスすることができません。しかし、NASなら、LANを経由してデータにアクセスしますので、一度に複数の人が異なる場所でデータにアクセスすることができるという違いがあります。

NASなら各ユーザーごとにアクセス権限の設定も!

NASを使えば、共有しているデータに対して、アクセス権限を各ユーザーに設定することもできます。この機能を利用すると、会社で利用する場合に、部署や社員ごとに1つのデータに対して、閲覧のみ可能にしたり、編集まで可能にするなど、それぞれにできることを設定することができますので、便利です。

NASキットとは

NASキットは、ネットワークを通じてハードディスクにデータを保存する時に必要になる製品のことです。 まず、NASを導入するにあたっては、2つの導入方法があります。1つ目は、ハードディスクが内蔵されたNASの完成品を購入するパターンです。2つ目は、今回ご紹介するNASキットを使用するパターンです。この場合は、NASキット購入後、ご自身のニーズにあったハードディスクを購入してNASを完成させて使用することになります。

NASキットを使ってNASを導入するメリットは?

NASキットを使ってのNASの導入は、ハードディスクを別途購入し接続が必要になるので、完成品を購入する場合よりも手間はかかります。しかし、完成品を購入するよりは選べるハードディスクの範囲が広いので、よりご自身のニーズに合ったNASにすることができます。 また、購入されるハードディスクによっては、同じ容量の完成品を購入する場合よりも、コストをかなり削減できる場合もあります。

NASキットはどうやって選べばいいの?

この項目では、NASキット購入への流れと、NASキットを購入する際にチェックすべき項目についてご紹介します。

NASキット購入への流れ

NASキットを使ってNASを導入する場合は、まずご自身のニーズに合ったハードディスクを購入し、その後に購入したハードディスクに合ったNASキットを選ぶという流れになります。

NASキットを選ぶ時にチェックすべき項目

この項目では、実際にNASキットを選ぶときにチェックすべき項目をご紹介します。特に初めて購入される方は、この項目を参考に選んでみましょう。

関連タグ

アクセスランキング