IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タープテントおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

アウトドア・スポーツ

アウトドアでキャンプやBBQ、海水浴やイベントや運動会などで日よけや風よけとして大活躍のタープテントには、色々な種類があって重宝します。より快適なアウトドアを楽しむために、ここでは用途に合わせたタープテントの人気商品やおすすめの選び方や口コミをご紹介します。

更新日時:

タープテントの選び方・種類は?

あたたかくなって海や山にアウトドアが楽しくなってくるこの季節、休日にキャンプやBBQやハイキングの計画を立ている方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんなキャンプやアウトドアで日よけや風よけとして重宝するタープテントの種類やおすすめの選び方、使い方をご紹介します。

ヘキサタープ

ヘキサタープとは、六角形(ヘキサゴン)の形をした1枚布のタープテントのことを言います。ヘキサタープには、左右対称、非対称、変形ヘキサタープなど色々な形のタープがあり、張り方は2本のメインポールを使用し、サイドの角は張り網でペグを打ち込みます。2人で設営するのがベストですが、慣れてくれば1人でも設営できます。 おしゃれで開放感のあるデザインで、ニーズに合わせた自由自在な張り方でテントと連結したり、メインポールの片側だけを短くして傾斜をつけて張ったり、工夫次第で自分流の張り方が楽しめるおすすめのタープテントです。

スクエアタープ

スクエアタープは、別名レクタングラー型とも言われる四角い形をしたタープテントのことです。スクエアタープは、6本のポールを使用し高さが出やすいことや構造がシンプルなことから、テントと組み合わせて広いリビングを作ったり、キャンプやBBQで大人数でわいわいするのに最適な多目的に使えて便利なタープテントです。

自立式タープ

最近、グルメフェスタなどでよく見かける自立式のタープテントは、組み立てが簡単にできて便利なので初心者の方にもおすすめのタープテントです。キャンプやBBQの他、庭での日よけ対策や屋外でのフリーマーケットなどのイベントに人気があります。 ただ自立式タープテントは、手軽に設営ができる分、他のタープテントと比べるとやや強度が不足したり風に弱かったりするので注意が必要です。天候をチェックしたり、ペグでしっかり固定したり、ペグが使えない場所ではウェイトでしっかり固定するようにしましょう。

スクリーンタープ

夏の虫対策と風通しを確保してくれたり、冬はクローズにすれば風を防いでくれて快適なプライベート空間を確保できるスクリーンタイプのタープテントも人気があります。スクリーンタープをテントと組み合わせて使うことで日差しや雨から身を守り、リビングとしても活躍するおすすめのタープテントです。

タープテントのおすすめ人気ランキングTOP10

タープテントおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

お天気がいい日に自然の中に囲まれてBBQしたり、アウトドアで食べるごはんは最高です。屋外で快適に過ごすためにもグッズ選びも機能性はもちろん、自分のニーズに合っているかどうかなど失敗したくないところです。ここでは人気のタープテントおすすめランキングを10位までご紹介します。

10位 FIELDOOR ワンタッチタープテント

キャンプやイベント、スポーツ大会などで大活躍のワンタッチタープテントは、2人いれば簡単に取り付けがげできて、やや重さがある分、風にも強いので簡単に日よけ風よけができて重宝するのでおすすめです。

2人できちんと建てられます ・メリット 四角で部屋のように使えるのがいいです。高さもあり圧迫感がありません。かなりくつろげます。 別売りでメッシュのサイドパネルもあり、蚊帳のように使えて便利です。 嫁と二人で無理せず建てられます。 ・デメリット 説明書が若干雑です。ちょっと戸惑いましたがなんとかなりました。 ペグとロープは付属していますが、使い物にならないのでオマケです。別に丈夫なものを買う必要があると思います。 重いです。ええ重いです。ケースごとリュックのように背負えるので頑張って運べます。女性はカート必須です。 ちなみに、スチール脚根本のペグ穴はちょっと小さく、s社e社の30cm、28cmソリッドステークは入りません。付属or他の固定具がいいです、

9位 キャプテンスタッグ メッシュ タープ

全面にメッシュを使用したメッシュタープは、虫の侵入や日差しをカットしてくれたり、メッシュ部分を巻き上げればスクエアタープとして開放感のあるリビングを作ることもできます。夏の蚊対策やお子さん連れの方や虫が苦手な方、日よけをしたい女性、BBQの時などあるととても重宝するのでおすすめです。

キャンプで使ってます 設営は2人は必要です。メッシュで虫はある程度防げます。 ほんとに買ってよかったです。

8位 BUNDOK ミニ ヘキサゴン タープ

簡単に日よけができて何よりコンパクトに収納できるのがうれしいミニヘキサゴンタープは、天幕の角度を調節すれば色んな形にして紫外線カットや目隠しをすることが可能な持ち運びも便利な人気のタープです。こちらは山岳用や常設には向かないので、日帰りレジャーや海水浴などにおすすめします。

驚愕のコストパフォーマンス まずはその価格と品質のバランスに感謝! ポール?鉄製で重いですが、頼りないなんてことはありません。 ロープ?値段相当かそれ以上ですよ。 ペグ?どうせ消耗品ですからこんなものでしょう。 3〜4人用となっていましたが、張り方と荷物を入れすぎなければ(テーブルと椅子のみ、その他はテントか車に)大人5人でも余裕で食事できましたよ。 天幕の品質は言うことなしです。 ポールを刺すホールも10箇所あるので、張り方のバリエーションも色々楽しめそうです。

7位 Coleman インスタントバイザー

簡単に設置できるコールマンのワンタッチタープテントで、お子さんの運動会やBBQや海水浴に簡単に日よけができる人気のタープです。やや重いことを除けば、価格もリーズナブルで見た目もおしゃれ、使い勝手のいいおすすめのタープテントです。

収納時サイズ、重量がネック 本当にワンタッチ!かなりいい!自宅屋上でのバーベキューに使用しましたが1分かからずに設営完了。オシャレだし雰囲気もとてもいいです。ただ収納時サイズがスノーボードしに行くの?ぐらいの大きなバッグとそれなりの重量なので外で使用する際は毎度車への積載が可能か、車から設置場所への移動はどうするか、多少悩みそうです。笑。

6位 YUEDGE 防水日除けUVカットタープ

防水性、耐久性に優れ紫外線も大幅にカットしてくれるので、急な雨にも対応可能でシェルターとしての役割もしてくれる機能性ばっちりなヘキサゴンタープです。 一人で簡単に取り付け可能で、コンパクトで持ち運び便利なコストパフォーマンスもいい、テントと連結してリビングスペースを作ることができたり、全てのアウトドアシーンにおいて活躍する一枚持ってると重宝するおすすめの人気タープです。

しっかりと日を防いでいると思います 前のターフは使っていても肌がヒリヒリしたのでUVカット機能は無くなったと判断して買い換えました。 これは上が緑、下が銀色と二重になっているような感じです。遮蔽効果は高くて、しっかりと日陰になります。 使った感じ、横の長さがちょっと短めな感じがしたので☆4つにしました。 あと、Dリングが6カ所に付いていますがこれは使ってると伸びてしまって意味ありません。全部取りました。ポールとヒモは直接タグ部に付けるようにしています。 また、付属のヒモはナイロンで滑りやすく、ダルマが滑ってしまいピンとした場所を保持できません。ヒモは全部破棄して今まで使っていた物と交換しました。

5位 クイックキャンプ スクリーンタープ

複雑な組み立てが要らないワンタッチで設営できるスクリーンタープテントで、収納がやや難しいようですが、設営や撤収は比較的簡単にできます。広さも十分あり風通しもよく、全面幕を下ろして泊まりにも使えて便利です。

2回目で収納の要領つかめました。夏なら泊まれますよ(^-^)v 組み立ては、本当に簡単です。 広さも十分ありますし、4面ネットにしたら風も通って涼しいです。 日を遮りたい部分だけ黄色の幕を下ろすことも出来るし、、もちろんフルクローズも出来るので、夏なら泊まることも出来そう。 ただ、収納が分かりにくかったです。袋に付いているイラスト解説を見ても、理解出来ずに悩みました。 傘をたたむようにと言っても、脚をどういう風に折れば良いのか・・・ 何回か試行錯誤して、ようやく畳めましたが、次に出した時にはシワシワになっていることでしょう(~_~;) それ以外は、文句ないです。 追記 2回目で要領がつかめました。 それと、このスクリーンタープをテントがわりに泊まりましたが、気温18℃まで下がってもシュラフを使えば問題なく泊まれました。 風が強ければ難しいでしょうが、晴れて風が無ければ、泊まりも充分ありです(^-^)v

4位 ロゴス タープ ナバホラウンドタープ

かわいいデザインが人気のローズタイルのタープテントです。設置も簡単、軽量コンパクトで持ち運びも便利なので、お子さんの運動会や海水浴、バイクに積めるソロキャンプなどに活躍します。

ロースタイルのソロキャンプ向けです。デイキャンプやタープ泊で使用しました。 デイキャンプの時は問題ないですがタープ泊の時は風が心配。張り綱があれば良かったですね。

3位 Coleman タフスクリーン2ルーム

ぱっと一目をひくおしゃれなデザインのコールマンのタープテントは、2部屋作れて強度もあり居住スペースを確保できるので、家族で利用される方にも安心して使うことができるタープテントです。

コストパフォーマンスは最強です 子供も大きくなったので、大きいテントに買い換えでコールマン タフスクリーン2ルームハウスを選びました。 到着すぐ、近くの河川敷で設営しましたが、一人で問題無く設営できました。 慎重に説明書見ながらの設営で30分位なので、次回は、15分~20分で大丈夫かな? このコストパフォーマンスは、最強です。 早く、キャンプ行きたい。

2位 アクアクエスト Defenderタープ

防水性抜群です。これさえあれば天候を気にせずどこでも使えるデザインもシンプルでクールなタープテントです。丈夫で長持ちし、雨に濡れる心配はなく日よけや防風、雪の日でも安心して使えてシェルターやハンモックタープとしても使えるおすすめのタープテントです。

丈夫そう 厚いので丈夫そう。車に積んで使うにはOKです。長く使うつもりです。 3度使用しての感想。 丈夫で、取り扱いに気遣い不要な感じ。但し、焚火のときは距離を取っています。 設営すると、派手な色と違い、風景になじみ、風が強めでもタープの強度で中は 安心感があります。 ペグやポール、ロープも合わせて丈夫なものを使っています。

1位 テンマクデザイン ムササビウイングタープ

焚火でのキャンプの際に舞う火の粉からの穴あきを防ぐために設計された美しいカーブが素敵なデザインのタープテントです。最近、焚火スタイルやソロキャンプに人気が集まる中、絶版となっていた伝説のウイングタープ「ムササビウイング」がtent‐Mark DESIGNSとのコラボレーションで蘇った人気のタープテントです。 このタープテントで満点の星空の中、焚火の炎を眺めながらのキャンプは、最高に雰囲気のある至福の時間をもたらしてくれるでしょう。

とってもよい 焚き火キャンプでの使用を想定して購入。 一般のタープに比べると多少重くてかさばるが、そんなことは気にならないほどの風情の良さに感動。 そばで焚き火をしても、火の粉を気にせずにくつろぐことができた。 ただ、朝の乾燥撤収には若干乾きにくいので、さっとたたんで家に帰ってから干し直す方が良いでしょう。

特徴別タープテントのおすすめ10選

タープテントは日よけや目隠し、雨風を防いでくれたり、リビングにしたりと色んな使い方ができる便利アイテム、どのようなものがあるのか気になります。ここでは色んな特徴のあるおすすめタープテントを10個ご紹介します。

ワンタッチ式

ワンタッチで簡単に設営ができるタープテントは、運動会や海水浴、イベントなどあまり時間をかけたくないシチュエーションや女性でも簡単に設営できることから人気があります。ここではそんなワンタッチ式テントのおすすめをご紹介します。

クイックキャンプ ワンタッチタープ

女性一人でも簡単に設置できるワンタッチタープで、UVカット加工がしてあり簡単に日よけができて、BBQ、運動会、海水浴、イベントなどに大活躍します。また、コンパクトで軽量なのもうれしいおすすめのタープテントです。

最初は悩んだが、2度目からは本当に「クイック、ワンタッチ」 妻の希望で購入しました。妻が「まず自分でやってみる」と設置を始めましたが、コツが分かるまでは10分程度考え込んでいたようです。 一度要領が分かれば2度目から楽勝でした。袋から出して5分位でタープは出来上がります。 BBQにもう3度使用していますが、我が家の楽しい野外活動に一役買っています。

DOD(ディーオーディ)ワンタッチタープ

フレームを広げてテント生地をかぶせるだけで、誰でも簡単に設営できるワンタッチタープです。デザインもかわいいので女性にも人気があります。

比較的簡単に設営できますし、高さも十分あります。雨も漏ることはありませんでした。値段の割に軽くて便利です。設営は独りででも出来ます。撤収はやっぱ二人のほうが早いですが。

価格がリーズナブル

お値段はお安い方がいいにこしたことはないのですが、アウトドアでは何があるか分からないので機能性や耐久性は外したくないところです。ここでは、機能性や耐久性に優れた価格がリーズナブルでお値段以上なおすすめ商品をご紹介します。

Unigear 防水タープ

しっかりした素材で、高精度の防水加工がしてあり土砂降りの雨が降っても大丈夫、日差しもしっかりカットしてくれるシェルターや家の日よけにも使えるスクエア型のタープです。軽量でコンパクトなので、持ち運びも便利でリーズナブルなので一枚あると重宝するおすすめの人気タープテントです。

コスパ、デザイン最高でした。 我が家での使い方は少々変わってますが、テラスの雨除けと日よけに使用してます。 軒に付けたカーテンレールに取付普段はたたんだ状態で片づけており雨が降りそうな天気には引っ張り出してタープのように使用してます。 週の半ばに届いて週末には春の嵐の雨でした。新品なのですが超撥水で雨漏りもなく良好でした。これから夏の向けて日よけとして 活躍してくれるのを楽しみにしています。色も我が家にはマッチしてますが、ダークグリーンがあればもっと良かったかな.

FLYFLYGO 天幕シェード 防水タープ

お値段もお手頃なスクエアタープで、生地が薄いのに丈夫で裏側の銀色のシートが紫外線や熱もカットしてくれたり、大雨や強風にも耐えれます。コンパクトで軽量、お手入れも楽、自由自在に色んな張り方ができる持ってて損はないおすすめのタープテントです。

3×4購入 北海道からです 先日こちらの商品でタープ泊をしてきました。 当日は寒波と時折突風が吹き荒れる中でのキャンプでしたが、友人のテントが吹き飛ばされる中このタープは何事もなく耐え信頼性の高さを感じさせました。 ただ付属のペグ等に関してはアルミ製故にやや強度に劣り、締まった硬い雪や氷等に使用したら見事に曲がりました。 遮熱性ですがタープ内側にアルミが蒸着されてる為なのか-10℃を下回る中でも充分に暖かさを保ち快適に睡眠をとる事ができました。 サイズはパップテントの様に立てるにはやや小さいです。 中でハイコットを使用しましたが流石に窮屈でした。 同じような使用を考えている方にはもう少し大きいサイズを購入される事をお勧めします。 全体的には満足のいくものです。 まだ一度の使用でのレビューと言うことで星4つとさせて頂きます。

おしゃれなタープテント

アウトドアグッズも今はカラフルでおしゃれなテンションがあがるものがたくさんあって迷ってしまいます。ここでは、そんなぱっと目をひくおしゃれなデザインが人気のタープテントをご紹介します。

Coleman タフスクリーンタープ/400

おしゃれな外観だけじゃなく居住性も高く風にも強い、広くて設営もしやすい虫の侵入を防げる快適な人気ブランド、コールマンのタープテントです。ただ防水性がやや低めなので撥水スプレーをされた方がいいでしょう。

天井を除けば四面のメッシュになるのでヘキサタープで外にいるよりかもスクリーンタープの中に居たほうが蚊に刺されずに居られるので購入しました。またテントの下の方はスカートを全面に履いているので虫の心配もある程度解消されるので。

スノーピーク テントタープ トルテュライト

独特なデザインで使う人の目線で考えられた品質、機能性ともに定評があるキャンパーの憧れでもあるアウトドアブランド「スノーピーク」のタープテントです。 寝室とリビングを作ることができて、4人家族を想定したファミリーサイズ、コンパクトで初心者の方にも扱いやすくなっていて、横からの出入口があったり、インナールームも取り外しが可能なので1部屋として広く使うこともできるおしゃれなタープテントです。

海外の友人から頼まれて購入しました。最初のくみたてに手間取っていたら、知らない方々が手伝ってくれて、良い製品だ、何処で買った?と質問攻めに会って嬉しかったと連絡が来ました。良い製品は笑顔で繋がります。 リピートオーダーが来ましたが自分で買うようにサイトを教えてあげた所買い物リストが送られて来ました。 購入者の正直なコメントです。

車に連結が可能なタープテント

タープテントおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

車に直接連結できる便利なタープテントはあると、BBQやピクニックなどでテントなど重たい荷物を別の場所に運ばなくても、車に乗ったまま気軽にアウトドアを楽しめてかなり重宝するので人気があります。ここでは車に連結できるおすすめのタープテントをご紹介します。

ロゴス(LOGOS)タープ

ロゴス(LOGOS)のテントスクリーンと連結が可能だったり、別売りのポールとロープで車と連結してカーサイドリビングとしても使用できる便利でおしゃれなタープテントです。

良いです。 パンダのリヤゲートに使用しました。 軽いのでゲートも下がらず具合がよいです。 ピクニックのお供に使ってます。 好みの問題ですがオレンジ色があると良いです。

KingCamp(キングキャンプ)タープテント

車との一体感を感じられて奥行があり、広くて簡単に設置できて吸盤を使って車のボディーと連結するので傷がつかなくて安心な人気のタープテントです。

大きくて 色々なパターンで使えて便利 ジムニーにもかなりいい感じでした。

ロゴス(LOGOS)タープ 1BOX・ミニバン用

ユニークなデザインでワンボックスやミニバンに簡単に装着できる人気のロゴスのタープテント、3方向から出入りできて車からタープへの行き来がスムーズなタイプです。雨水や泥除け防止、湾曲部分が広く見えることや水たまりができない作りになっていて、お値段もお手頃でかなり使えると口コミも高評価のおすすめ商品です。

車中泊キャンプの充実感がアップしました、 1部屋増えることで車外での着替えやだいじな遊具置場にもなるし自立式ハンモックがあれば夜間寝れます、タープ側の窓全開でなんの心配なく熟睡、説明書に1人での設営のコツがあれば満点なんだけど。 メインの支柱、アルミ製品交換しました、設営労力が大幅に軽減しました。

ロゴス(LOGOS)タープ ミニバン リビング

こちらもロゴス(LOGOS)のタープテントで、車のバックドアに簡単に吸盤で取り付けるだけでリビング、日よけ、着替えスペースが簡単にできる便利で人気のタープテントです。収納もA4辞書サイズという驚きのコンパクトさで場所をとらないのがありがたいです。

とても気に入ってます。 スズキハスラーで使用してます。 ハスラーには少々大きめなサイズ感ですが、スッポリ収まるので良かったです。 ファスナーの位置は、吸盤とロープの長さを調整すれば問題ありませんでした。 あと、ペグが使えない場所での設置の為の、ウェイト(重し)の購入を考えています。

おすすめのアウトドアメーカーの紹介と比較

タープテントおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

アウトドアでBBQやキャンプを楽しんだりする遊びは、都会の喧騒を離れて開放的になったり自然を満喫できたり、癒しになったりパワーチャージできたり思い出作りには最高です。そんなアウトドアにおすすめの人気メーカーのご紹介とその特徴を比較します。

ロゴス

ロゴスは、創業80年を超える老舗アウトドアブランドで、「Enjoy Outing」をモットーに高機能なのに気軽にキャンプに行ってみようという気持ちになるような、カラフルで親しみやすいデザインの商品が多いのが特徴です。 ロゴスのテントやタープは、最低限の機能を備えた使いやすさ重視の女性でも一人で設営できるテントや初心者にもうれしいリーズナブルな価格で愛されています。ロゴスの定番「ナバホ」シリーズは人気があります。

コールマン

コールマンはアメリカの有名なアウトドア老舗メーカーで、日本に「キャンプ」という文化を浸透させたと言ってもいいくらい知名度の高いメーカーです。オーソドックスな品揃えが特徴で、色々迷ったけど結局コールマンにしたという方が多く、買って大幅に失敗することがないという声が多いブランドです。

スノーピーク

スノーピークは、日本のアウトドアメーカーの中でもトップレベルの品質を誇る新潟県三条市にあるアウトドア総合メーカーで、初心者からベテランまでキャンパーが憧れるブランドです。 創業者が金物問屋をはじめとするオリジナルの登山用品したことが原点となり、世界に先駆けて「オートキャンプ」のスタイルを生み出し「人生に野遊びを。」をテーマに使う人の目線で考えられたハイスペックな商品作り続けている、デザインも高い商品を生み出し続けている人気ブランドです。

タープテントの張り方・連結方法

アウトドアシーンで、テントとタープがあると工夫次第で色んな使い方が楽しめます。ここでは、タープテントの張り方やテントとの連結方法を紹介します。

まずレイアウトを考える

テントやタープを設営する際にはまずテント、タープ、キッチン、車の4つのレイアウトを決めてから設置するといいでしょう。車がない場合はそれ以外の3つをどこに配置するか、隣のキャンパーとの距離間を考慮に入れながらレイアウトを考えましょう。 また、オートキャンプ場の場合、車を乗り入れ可能かどうかで荷物を運ぶ距離も変わってくるので、荷物が運びやすいか撤収しやすいかなどを合わせてシュミレーションしてみましょう。

タープとテントどっちから張る?

キャンプ初心者だとタープとテントをどっちから張ればいいのか分からない場合もありますが、まず最初はタープから張りましょう。タープの位置を決めてしまうことでテントやキッチン、車がある場合は車の位置が決まってきます。 その際に、風が効率よくタープを抜けていくことを考えて設置することがポイントになります。

小川張りとは?

小川張りとは、キャンパルジャパンのシステムタープに付属しているセッティングテープを利用したテントとタープの境目をなくした便利な連結方法です。 小川張りは、限られたスペースを広く見せたり、テントと高精度の連結ができて、雨に濡れずにテントから出られることでキャンバーから不動の人気を誇っています。ただ強風には弱いので注意が必要です。

一般的なテントとタープテントの違いとは?

一般的にテントは、膜で囲まれた床がある寝る場所のことで、入口のチャックを閉めれば虫の侵入を防げる構造なのに対し、タープテントは床が無く主にダイニングやリビングとして使用し、日よけや風よけに使用するものを指します。 ただ、テントのような商品でもタープテントとしてある場合もあるので、その場合はその表示にしたがいましょう。

素敵なキャンプの思い出をたくさん作ろう

タープテントおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

タープテントのおすすめの人気商品や選び方、口コミを色々ご紹介しましたが、お探しの気になるテントは見つかりましたでしょうか。 アウトドアは自然の中に身を置くことリフレッシュできたり、美味しいものを食べたり飲んだり、童心に返ってみたり、癒される時間を誰かと共有したり、一人ぼーっと焚火の炎を見て癒されたり、今年もアウトドアを楽しんで素敵な思い出をたくさん作りましょう。

アクセスランキング