IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ジャングルモックおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

家事

メリルのジャングルモックをご存知ですか。その履き心地の良さや着脱が簡単なことなど、さまざまな特色を持ち、大変人気のあるアウトドアシューズです。今回はジャングルモックにスポットをあてて、おすすめのジャングルモックの選び方からコーデ、人気ランキングの紹介をします。

更新日時:

ジャングルモックってなに?

ジャングルモックとは、世界で1200万足以上売れ続けているアウトドアグッズメーカーの「メレル」の大ヒット商品のことです。スリッポンタイプのシューズで、1998年以来、ロングセラーとなっていて、リピーターが多いのも特徴です。

ジャングルモックの人気の理由ってなに?

世界中で愛され続けているジャングルモックですが、なぜそんなに人気があるのでしょうか。ジャングルモックの人気の理由、魅力を見てみましょう。

ジャングルモックの人気の理由と魅力

ジャングルモックの人気の理由には、機能性の高さと抜群の履き心地があります。ジャングルモックの人気の理由、ジャングルモックの魅力のポイントを紹介します。 ジャングルモックの人気の理由はまず、着脱が簡単であることがあげられます。靴の脱ぎ履きは一日に何度もあります。ジャングルモックはひもなしのスリッポンタイプなので簡単です。 履くときは足をスポッといれるだけで履け、脱ぐときは片方の足でかかとを踏むようにして脱げば簡単に脱げます。アッパーに伸縮性のあるゴムの切れ込みがり、かかとにループを装備してあり、着脱が楽になる工夫がしてあります。

ジャングルモックの人気の理由と魅力その2

ジャングルモックの人気の理由と魅力は着脱が簡単であることの次には、抜群の履き心地であることです。足にピッタリとフィットすることです。足を包み込むように設計されている両サイドのソールがフィット感を感じさせ、高いグリップ力を備えているソールはデコボコのある場所でも快適に歩けます。

ジャングルモックの人気の理由と魅力その3

次に、ジャングルモックは軽量であることです。ジャングルモックの片方の重さはリンゴ1個分です。シューズ自体の重みがないので、疲れにくくなっています。また、中敷きには耐衝撃性に優れたものを採用し、クッション性が高くなっています。 そして、常にドライ感がキープされているので心地よく、長時間の歩行をサポートしてくれます。

ジャングルモックの人気の理由と魅力その4

ジャングルモックの人気の理由と魅力のポイントの最後に紹介しますのは、ゴアテックス素材を利用したシューズがあることです。特徴別での紹介でも詳しくお話ししますが、ゴアテックスは防水や透湿性に優れた素材で、雨の日でも快適に履くことができます。 ジャングルモックの人気の理由と魅力はわかっていただけたでしょうか。次に、ジャングルモックのおすすめの人気アイテムをランキング形式で紹介していきます。

ジャングルモックおすすめ人気ランキングTOP10

メレルの代名詞ともいえるジャングルモックですが、ジャングルモック以外のジャングルシリーズも色んなタイプがあり、人気です。ジャングルモックを中心としたジャングルシリーズの人気ランキングを紹介します。

第10位カメレオン5ストームゴアテックス数量限定

日本の路面状態に合わせて開発されたカメレオンシリーズの代表ともいえるトレッキングシューズのレディースが人気ランキング第10位です。カラフルで、野外フェスなどにも人気があるモデルです。

軽いのにしっかりしており、歩きやすいです。全体にシックな色目、質感で、仕事にも気兼ねなく使えます。写真で見る以上にオリーブ色感が薄く、ほぼグレーの印象です。5カ月ほど毎日履いていますが、特にヘタレなどの変形の不具合はありません。

第9位 カメレオン5ストームゴアテックス メンズ

第10位の日本の路面状態に合わせて開発されたカメレオンシリーズのメンズが第9位です。メイン素材はナイロンで、ソールと裏地素材はゴムです。

包み込まれているような快適さ、ゴアテックスで雨でも安心。山坂道を歩いても歩きやすく疲れにくい。

第8位は モアブ ミッド ゴアテックス

モアブシリーズは柔らかく快適な履き心地で、トレッキングからタウンまで幅広いシーンで活躍するマルチなスポーツシューズです。現在ではメレルの定番アイテムとなっています。

他の方がおっしゃる通り、通常サイズより0.5cm大きいサイズを選んで私には正解でした。 ・冬季用ではないハイキングシューズであるものの雪上は概ね問題ありません。・同系統他社製品に比べ脱ぎ履きが容易です。

第7位は パスウェイメンズモック

メレルの代表である、ジャングルモックをルーツとした、カジュアルに履けるコンフォートシューズです。長時間歩いても疲れにくいミッドソールのクッション性、フラットで歩きやすいメリル独自のアウトソールを採用しています。

よくネットで言われてる、足を入れた時のフィット感と言うか、包まれた感じはとても良く感じました。中敷を外して見てみると、つま先までが平坦で、足を包み込む様な形で作られてます。足の裏がなるべく全体的に、地面と平坦になる様に作られているんですかね

第6位は カプラ ボルト ミッド ゴアテックス

この商品は軽量で通気性の良いメッシュを使用していて、汗を逃しやすいゴアテックスを採用しています。防水性、透湿性に優れているので、雨の日や暑い季節でも靴内を爽やかに保ちます。ハイキングやトレッキングなどあらゆるシーンに履くことができます。

第5位はウォーキングシューズ ムートピアレース

ムートピアレースはレザーが上質で、最初は硬いと感じますが履いていくうちになじんできます。アウトソールにおしゃれな波の絵がかかれていて、アメリカのメーカーのデザインであるにも関わらず、日本語で「波」と書かれています。

憧れとも言えるシューズが、割引セールで購入できて良かったです。軽快で履き心地も良く購入して良かったです。サイズはUK/GB 7.5。他のレビューを参考にしつつ、ぴったりよりは若干、余裕狙いで想定通り。靴下やや厚めで若干のゆとりあり。

第4位はカメレオン5ストームゴアテックス メンズ

第10位、9位に続き第4位にもカメレオン5ストームゴアテックスがランクインしています。この商品はカメレオン5の次世代のカメレオンです。アッパーに高級な高級なレザーを採用し、従来のカメレオンシリーズより高級感を増しています。履き口が柔らかく履きやすいです。ゴアテックスがついているので防水性が高く、ピプラムソールなのでグリップ力が強いです。

メレルの靴はもう一足持っており、そちらはワンサイズ大きめを購入していましたが、 こちらは普段どおりのサイズで大丈夫でした。狭い感じもありません。 深さもあるので、踵が出てしまう事もありません。GORE-TEXなので完全防水で雨でも問題なく、マンホールやグレーチングで滑るというコメントもありますが、そんな感じは今の所ありません。総合的にはなかなか快適です。

第3位はモアブ2ゴアテックス メンズ

スタンダードなモアブシリーズのシューズです。ゴアテックスとビブラムソールを用いながらコスパの良さが人気ランキング上位の理由でしょう。使い勝手の良さとコスパの高さが高評価を得ています。トレッキングにハイキングに、またデイリーユースにも幅広く利用できます。

期待していた以上の性能でした。足によくフィットし、流石はゴアテックスと言うべきかムレにくく防水性も十分。路上のみならず大小様々な石の上や砂利、険しい磯場でのグリップ力は満点。濡れたマンホールや金網のうえではよく滑りますが、そこは承知の上での購入。アウトドア派の自分にはもってこいの靴です。これは良い。

第2位は パスウェイレース メンズ

パスウェイモックの紐付きタイプです。履きやすくてデザインの良さが人気です。ジャングルモックの履きやすさにカジュアルさをプラスしたシューズです。

ドライブ先で散歩。 アクセルワークがやりやすく、歩きやすい靴を探してました。 そのため、ソールが柔らかく薄くて、踵が角ばってなく曲面になっているもの、それでいて歩きやすい。なかなかないのですが、やっと見つけたという感じ。底が減ってきたので2足目も購入しました。

第1位はジャングルレースエアークッションプラス

2017年秋冬のモデルです。ジャングルモックシリーズの初めてのレースタイプです。エアークッションの採用でさらにクッション性が良くなっています。また、ジャングルモックよりもフィット感とホールド感が増しています。デザインも従来のジャングルモックよりもおしゃれになっています。

モックタイプでは若干余裕がのこってしまったりしますが、レースタイプなので自分で紐を締めて調整できるため、フィット感がすばらしいです。クッションもよく、とにかく履き心地が満点です。長く履けると思いますが、次もこの靴を選ぶと思います。

ジャングルモックの特徴別おすすめ10選

トピック1013320/要素4478571

ジャングルモックには、アッパーにレザーやゴアテックスを使用したモデルなど、いくつかの種類があります。また、日本の路面状態に合わせて開発されたものなどもあります。さまざまなシーンに合わせた特徴別におすすめのポイントを紹介します。

定番のおすすめモデル

ジャングルモックの定番はアッパーはスエード素材で落ち着いた色合いになっています。サイズは少し小さめなので、0.5cmほど大き目のものを選ぶと良いでしょう。グリップ力が高いので、未舗装の道路やキャンプなどのアウトドアレジャーにおすすめです。メンズ、レディース共にカジュアルなコーデに相性がいい一足です。 着脱しやすく、フィット感が心地よく、長時間歩くときも疲れを軽減します。

非常に履きやすく、歩きやすい日々の使用に最適なシューズだと思います。グリップ部があったとしても滑りやすいので注意です。ただ、それを補って余りある履き心地です。底面がすり減った際、ShoeGooを使って裏面を補強して履いています。

メッシュのタウンユースにおすすめジャングルモック

タウンユースにおすすめのジャングルモックは、アッパーがメッシュ素材でできている物です。履き心地の良さはそのままで、おしゃれな色合いが人気のモデルです。 アッパーにメッシュ素材を使用した通気性抜群のジャングルモックです。長時間歩いても疲れにくく、タウンユースにピッタリの一足です。

この靴は 三促目です。重すぎず、軽すぎず 足にピッタリです。春夏秋冬にあった色が欲しいです。価格は15千円以内でお願いします。

防水で雨でも安心なジャングルモック

雨の日の作業や通勤などにピッタリのゴアテックス素材のジャングルモックがおすすめです。完全防水なので、急な天候の変化に対応でき、キャンプやアウトドアレジャーにおすすめです。 防湿性、透湿性に優れ、雨の日でも快適に履けます。メレル独自の抗菌テクノロジーや、高いグリップ力の高いアウトソール装備で雨の日のタウン履きなどにおすすめです。

3年近くダークアースを履き続け、靴裏に穴が空きかけてきたので、今度は黒を購入。1ヶ月で固さも取れて馴染んできました。通勤/休日どちらでも履いています。濡れたタイル面だけスリップ注意。夏場特に蒸れは感じません。雨でも履ける安心感は最高。通常26.0~26.5cmで、26.5cmでぴったりです。

通勤時におすすめのジャングルモック

通勤時におすすめのジャングルモックはアッパーにレザーを採用したモデルです。艶のある上質な質感で、キャンプやアウトドアレジャーなどだけではなく、さまざまなシーンで活躍できます。ジャングルモックのゴアテックスのレザーは最初は硬く感じることがあっても徐々に足にフィットしていきます。 艶やかなフルグインレザーで仕上げた上質なジャングルモックです。伸縮性のある切れ込みでフィット感と着脱のしやすさを両立させています。衝撃吸収性や耐久性にもすぐれています。

4足目のジャングルモックです。これ以外にスエードとゴアテックスと履いています。 いずれも26cmですが、スエードを基準にすると、ゴアテックスがややキツイ感じ、レザーは若干余裕がある感じです。履き込んでいくと一番伸びる(?)のかもしれません。 通勤用に晴れの日はレザー、雨の日はゴアテックスと使い分けています。

カジュアルシーンにおすすめのジャングルモック

カジュアルシーンにおすすめのジャングルモックはジャングルモックをさらに軽量化し、アウトソールにエアクッションをプラスしたモデルになります。足裏全体にもっクッションを敷き詰めてあり、ふぃっと感とクッション性が向上しています。カラーリングも従来のジャングルモックに比べてポップで可愛らしいです。 ジャングルモックにのスタイリッシュで軽やかなニューモデルです。エアークッションをプラスすることで、かかと部分の衝撃を吸収し、足裏全体を快適にしています。また、ラバーの比率を最小限にすることで、軽量化を図っています。

フィット感重視の方におすすめのジャングルモック

シューズにフィット感を求める方におすすめのジャングルモックはシューレースを配したモデルです。軽量化にも成功しており、ホールド感が増しています。ジャングルモックはすぐ脱げるのではと心配な方におすすめです。アウトドアレジャーをはじめ、見た目がカジュアルシーンにもピッタリですのでタウンユースにおすすめします。 エアークッションをプラスすることで、軽量化し、スタイリッシュになったモデルです。エアークッションが足裏全体のクッション性能を高め、軽量化したジャングルモックです。ジャングルモックのフォルムやフィット感を残しつつホールド性を増したシューレースタイプに仕上げ、さらにしっかり歩けるようになりました。

紐で結ぶのでモックより歩きやすい。それに何と言っても軽い。色も落ち着いた赤で グレーとのコンビネーションが良い。ゴアテックスのモックは雨の日は滑りやすいが これは大丈夫みたい。紐を結ぶ手間はあるけど やっぱりメレルは歩きやすい。黒も購入予定。

冬用のジャングルモック

ジャングルモックの弱点である、雨天での滑りやすさを解消したモデルです。冬用のジャングルモックは履きやすさのほかにも冷気を遮断する暖かさも兼ね備えています。どんなコーデにも合わせやすくなっています。 履きやすさやフィット感はそのままに、突然の悪天候などで冬の変わりやすい路面状態にも安心のグリップ力を誇り、寒冷地だけでなく、カジュアルなコーデに合わせたタウンユースもおすすめします。

Vibramソールのジャングルモックは希少なので、冬の凍結路面用、雨用として購入しました。まだ履いていませんが、防滑性能に期待。

夏用のおすすめのジャングルモック

夏用のジャングルモックはアッパーの素材がメッシュになったジャングルベンチモーターモックというモデルです。通気性が高く夏も快適に利用できます。 通気性に優れ、爽やかに使えるジャングルモックです。靴内にもサラッとした感触のエアーメッシュライニングを使用しています。履き口は柔らかいネオプレーン素材で足あたりをよくしています。

すでに4代目になるほど愛用してます。メッシュなので蒸れなくて、普段履きには最高です。実測26cmですが、メレルは26.5cmにしてます。偏平なので・・・

自転車などのアウタースポーツに

ジャングルモックはアフタースポーツの快適性を追求した人気モデルで、スッと履けるフィット感の心地よさ、長時間歩くときの疲れの軽減してくれるシューズです。運動後の疲れた時にジャングルモックの履き心地の良さは重宝します。自転車のロングライドの後の車の運転時にもおすすめです。 スポーツの後の疲れた足にスッと履けるフィット感が心地よくホールド感もあり、癒されるシューズです。長時間歩く時にも疲れが軽減され、撥水性にも優れています。汚れに強いピッグスキンレザーが採用されています。

スェード調の生地に惹かれ購入。ジャングルモックは履き心地が良いと高評判だったので、自分のサイズより0.5上乗せで購入してみましたが、ドンピシャでした。サイドからのホールド感が気持ち強いですが、履いているうちに伸びてくるのかと。いい商品でした!

裸足に近い感覚ののジャングルモック

ジャングルモックに裸足に近い感覚のベアフット機能を搭載したモデルです。つま先とかかとの高低差をなくし、足の前部で着地するようにしてあるので、関節への負担が軽減され足の筋肉のバランスが鍛えられます。 ジャングルモックのアッパーとベアフットのソールを融合させたモデルです。履き心地の良さと大地をつかみながら歩く感覚を両立しています。靴内は蒸れにくく、独自の抗菌テクノロジーで臭いを防ぎます。

前が広くて、指が動くので楽です。軽いです。底が少し薄いのか、地面の凹凸を感じるように思います。痛くなるようなことはありません。色も茶色の明るいかんじのオレンジですので、かわいく履いています。

おすすめのジャングルモックのメーカー紹介と比較

ジャングルモックはメレルの世界中で1200万足以上を売り上げた大ヒットしている自信作です。今から17年前に誕生しました。疲れた足にも楽に履けて、歩き心地がいいという従来のコンフォートシューズの流れを変えたメレルの代表的なシューズです。

メレルというジャングルモックのメーカーとは?

ジャングルモックのメーカーであるメレルは、1970年代に、アメリカユタ州で、ランディ・メレルがオーダーブーツの制作をスタートさせたことから始まりました。履き心地とフィット感が高評価を得て、評判が全米に広がりました。1981年には北米で最も機能的で快適な靴に選ばれ、運命的な出会いを果たした二人の仲間と「MERRELL」を設立しました。 それから、次々とアウトドアシューズを展開していき、現在では世界160カ国で販売され、その数は1700万足を超えています。

アウトドアシューズのメーカー比較

メレルのジャングルモックをはじめとするアウトドアシューズのメーカーの紹介とそれぞれのメーカーの特徴などを比較してみましょう。 メリルの紹介は前述しました。メリル以外のアウトドアシューズの紹介をします。まず、KeeN(キーン)は、アメリカで創業の新しいブランドで、つま先を守る機能を兼ね備えたサンダルから進化したシューズを展開しています。都会でも山でも用途はさまざまで、ファッションと機能性を融合させたブランドです。 次に紹介するのは、DANNER(ダナー)です。1932年の創業で、大量生産の単純作業を避けて厳選された素材を手作業で作り上げるブーツのブランドです。10以上も大切に履くファンもいます。

ゴアテックスとは?

ゴアテックスとは、WLゴア&アソシエイツ社が作る防水透湿性素材の名称です。ゴアテックスの特色は、雨の侵入を防ぎ、風も防ぎます。そして蒸れません。しかし、ゴアテックスは防水透過せ素材ですが、ゴアテックス以外にも防水透過素材はあり、モンベルのドライテックシリーズやコロンビアのオムニテックシリーズなどがあります。 ただ、ゴアテックスと呼ぶのはWLゴア&アソシエイツ社の防水透過素材だけです。

ジャングルモックの選び方

今回の記事の最初の方でも紹介しましたジャングルモックの選び方をおさらいしておきましょう。 シーンや特徴別におすすめのジャングルモックを紹介しました。種類によっておすすめのポイントがそれぞれありましたので、もう一度チェックしておくことをおすすめします。次に、シューズを選ぶのに重要なポイントであるサイズの選び方を紹介します。

ジャングルモックのサイズの選び方

ジャングルモックは総体して小さめです。サイズを選ぶ際は少し余裕をもったワンサイズ上のものを選ぶと良いでしょう。ジャングルモックのゴアテックスとレザーは最初は少しきつく感じますが、徐々になじんできますが、やはり0.5cmほど大き目のサイズを選ぶことをおすすめします。

ジャングルモックの滑り対策と手入れ方法を教えて

トピック1013320/要素4480638

メレルのジャングルモックの特徴には、お手入れが簡単という点もあります。まず、柔らかい豚毛などのブラシを使って、表面の形を起こすようにしながら汚れやほこりを落とします。落ちにくい場合は専用のゴムやクリーナーを使って落とします。汚れを落としたら専用の防水スプレーで素材を起こして風合いを保ちましょう。 アッパーにゴアテックスを使用してあるジャングルモックはゴアテックス用のクリーナーで洗浄します。ゴアテックス用の撥水剤をまんべんなく噴射して、風通しの良い日陰で乾燥します。特にキャンプ場や雨の日に履いて汚れたギャングるモックはきちんと手入れをすることにより長持ちします。 ジャングルモックの滑り対策としては、世界的に有名なアウトソールのブランド、ヴィブラム社が開発したアークティックグリップを搭載したメリルの冬用シューズをおすすめします。履き心地も快適で、温かく履きやすいです。

おすすめのジャングルモックのコーディネートは?

ジャングルモックのコーディネートはカラーバリエーションが豊富で、ゴアテックスやレザータイプもあり、選択肢が多いのでコーデの幅も広がります。ここでは、ジャングルモックのおすすめのコーデを紹介します。

おすすめのメンズコーデ

ジャングルモックのレザーを合わせるとカジュアルでもドレスアップして見えます。ビジネスシーンでも履けるでしょう。

レディースにおすすめのコーデ

豊富なサイズやカラーを選ぶことで、カジュアルなファッションからスカートスタイル、ドレスアップする際にも合わせられます。

ジャングルモックでアウトドアやタウンに出かけよう

メレルのジャングルモックについて、色んな角度から紹介してきましたが、ジャングルモックをおすすめする理由や人気の理由をわかっていただけたでしょうか。世界中で愛され続けるジャングルモックの良さは着脱が簡単で、なんといっても履き心地の快適さでしょう。 長時間歩いても疲れにくいのはトレッキングやハイキング、街歩きなどにも最適です。また、スポーツの後の疲れた足にも癒しを与えてくれるようなシューズは重宝します。メレルのジャングルモックを履いて、山にタウンにお出掛けしましょう。

アクセスランキング