IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

直下型LEDおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

ガジェット

「直下型LED」を選ぶ際、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。また、「エッジ型LED」との違いはどこにあるのでしょうか。このぺージでは、「直下型LED」について、選び方やおすすめの商品、エッジ型LEDとの違いなどを、考察・ご紹介しています。

更新日時:

覚えておきたい!直下型LEDの選び方・ランキング

覚えておきたい!直下型LEDの選び方・ランキング

テレビやスマートフォンなどの液晶画面は、日々進化していると言われています。色鮮やかで見やすい画面や、よりリアルで鮮明な映像を映すことができる画面などが続々と登場しており、さらなる画質やクリアさを求めて、現在も液晶画面などの研究は進んでいます。 近年は、テレビなどの画面の種類の1つとして、「直下型LED」という名称を、よく耳にするようになりました。しかし、直下型LEDがどのようなものなのか、よくわからないという方も少なくないでしょう。 そこで今回は、「直下型LED」をテーマにして、直下型LEDの選び方やエッジ型LEDとの違い、おすすめの直下型LEDのランキングなどを、考察・ご紹介していきます。直下型LEDに興味があるという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

直下型LEDの選び方

直下型LEDの選び方

まずは、直下型LEDを探したり選んだりする際、どのような基準で選べば良いのか、選び方のポイントやコツについて考察していきます。

選び方1:サイズ

直下型LEDと一言で表現しても、さまざまなバリエーションやサイズ展開があります。直下型LEDに限らず、テレビを選ぶ場合は、サイズに注意する必要があります。 小さなテレビは、コンパクトで置きやすいというメリットがありますが、画面も小さいため、映像が見づらいというデメリットも存在しています。一方大型のテレビの場合は、画面が大きいため、リアルで鮮明かつ大迫力な映像を楽しむことができますが、部屋に置くにはスペースが必要となります。 ですから、自分の生活や目的、部屋の広さなどに合った直下型LEDを選ぶようにしましょう。

選び方2:価格

直下型LEDを購入する際、多くの人が真っ先に意識するのが、価格だと予想できます。消費者としては、少しでも安く購入したいと考えるのが自然です。しかし安さだけを意識しすぎると、購入後に「思っていたのと違かった」などと、後悔することになる危険性があります。 直下型LEDを購入する際は、単に価格が安いかどうかを見るのではなく、性能に対して納得できる価格かどうか確認することが大切です。多少高くとも、性能を考えるとお買い得と言える商品もあれば、一見安く見えても性能的には割高であることもあります。

エッジ型LEDとの違い

エッジ型LEDとの違い

「直下型LED」とともに、よく耳にすることがあるのが、「エッジ型LED」という言葉です。 そこで続いては、「直下型LED」と「エッジ型LED」の違いについて、考察していきます。テレビの買い換えなどを検討している方は、ぜひ良いテレビ探しの参考にしてみて下さい。

直下型LEDとは

そもそも、今回のテーマである「直下型LED」とはどのようなものなのかも、気になるところです。そこでまずは、直下型LEDとはどのようなものなのか、考察していきます。 直下型LEDの定義や仕組みについて、「日経トレンディネット」では、以下の引用のように解説しています。引用の内容から、直下型LEDとは液晶のタイプの1つで、LEDを液晶画面の裏側に、たくさん敷き詰めている仕組みのことを指すと読み取れます。

直下型は液晶の裏側にLEDを敷き詰めたもの

エッジ型LEDとは

続いては、「直下型LED」とともに耳にすることが多い、「エッジ型LED」とはどのようなものなのか、考えていきましょう。 「日経トレンディネット」では、「エッジ型LED」の仕組みについて、以下の引用のように説明しています。引用した解説から、エッジ型LEDとは、液晶の上下にLEDを設置している仕組みを指す言葉だと読み取れます。

エッジ型は液晶の裏側ではなく上下などに配置したものだ。

違いはLEDの数

上記でご紹介した、「直下型LED」「エッジ型LED」の言葉の意味をもとにして、それぞれの違いについて考察していきます。 結論から言うと、直下型LEDとエッジ型LEDの違いは、配置されているLEDの数にあると言えそうです。画面の裏側にLEDを敷き詰めて設置している直下型LEDと、上下などにLEDを配置しているエッジ型LEDでは、直下型LEDの方がLEDの数が多いと言われています。そのため、直下型LEDの液晶画面の方が、より高輝度になりやすいと考えられます。

直下型LEDおすすめ人気ランキングTOP10

直下型LEDおすすめ人気ランキングTOP10

直下型LEDがどのようなものか理解したところで、続いては直下型LEDのおすすめランキングをご紹介していきます。数ある直下型LEDの商品の中でも、特に性能が良かったり価格がリーズナブルであったりするものをご紹介していくので、ぜひ直下型LED選びの参考にしてみて下さい。

おすすめランキング10位

ハイセンス 43V型 4K対応 液晶 テレビ HJ43N3000 外付けHDD 録画 裏番組録画 メーカー3年保証
ハイセンス 43V型 4K対応 液晶 テレビ HJ43N3000 外付けHDD 録画 裏番組録画 メーカー3年保証

「ハイセンス 43V型」は、アマゾンでも高い人気を誇る、直下型LEDの商品の1つです。「ハイセンス 43V型」の魅力は、やはり価格がリーズナブルな点だと言えるでしょう。そのため、直下型LEDを試してみたいという方にもおすすめです。 しかし、中には、「白っぽさが若干強いため、思うようなコントラストにならない」「速い映像はちらつくことがある」といったレビューも見られました。そのため、とことん映像にこだわりたい方には、物足りない可能性があります。 価格や総合的な性能の高さが良いものの、本当にこだわりたい人には物足りない可能性があるため、今回は10位という順位になりました。

映像が綺麗。接続も簡単。視野角も問題なし。彩度などの調整もわかりやすくて良い。ただPS4 Proの出力時とPCからの出力時に、速い映像だとちらつきがあります。戦闘シーンなど動きが激しい映像だとちょっと気になります。これは設定でどうにかなるのかしら。

おすすめランキング9位

TCL 32V型 ハイビジョン 液晶 テレビ 外付けHDD対応/裏番組録画対応/HDMI4端子対応32D2900
TCL 32V型 ハイビジョン 液晶 テレビ 外付けHDD対応/裏番組録画対応/HDMI4端子対応32D2900

「TCL 32V型 ハイビジョン」もまた、直下型LEDでありながら、価格が大変リーズナブルな商品の1つです。 「TCL 32V型 ハイビジョン」は、2017年5月22日現在、21800円で購入可能となっています。2万円前後で直下型LEDの映像を見ることができるため、直下型LEDに興味があるという方に、おすすめの商品だと言えるでしょう。また、上記のようなリーズナブルな価格ながらも、録画機能などの便利な機能も揃っています。 画質に関しては、アマゾンのレビューでも高評価を得ていましたが、一方で音質があまり良くないという声も見られました。そのため、映像だけでなく音質にもこだわりたい方には、やや物足りない可能性があります。

画質がキレイでいい感じです。内臓のスピーカーが安価な物のようで、音質は良くありません。リモコンの受信反応があまり良くない気がします。

おすすめランキング8位

LG 49V型 4K 液晶 テレビ HDR対応 IPS Wi-Fi内蔵 2倍速相当 外付けHDD録画対応(裏番組録画) 49UJ630A
LG 49V型 4K 液晶 テレビ HDR対応 IPS Wi-Fi内蔵 2倍速相当 外付けHDD録画対応(裏番組録画) 49UJ630A

「LG 49V型」は、直下型LEDな上に、「ダイナミックカラーエハンサー」という性能も備わっている、画質にこだわった1品です。 「ダイナミックカラーエハンサー」とは、コントラストをより緻密に調整・コントロールする性能のことを指します。そのため、よりリアリティに溢れる鮮明な映像が楽しめると言われています。 サイズも大きく、迫力の映像が楽しめるというレビューが多く見られましたが、四隅のバックライトがやや暗いという声も見られ、ゲームなどよりもテレビ番組を視聴するのに向いているとするレビューもありました。

引っ越しに合わせて大きいテレビが欲しく購入しました。この値段で4Kの49インチが購入できるということでコストパフォーマンスは最高です。ただ、やはり値段相応の点もあり、バックライトの四隅がとても暗いです。番組視聴にはまぁ気にならない程度なのですが、ゲーム機やPCを接続して色の変化の少ない画面を表示させると、映像関係のどんな設定、バックライトの省エネ設定を切ったりコントラスト調整したりバックライト調整をしたり何をしても四隅の暗さが目立ちます。10万切りの値段ということで文句を言ってはいけないところなのでしょうが。ですので、テレビ番組を見るだけという方にはおすすめします。それ以外、ゲーム等のモニター用途にはお勧めできません。

おすすめランキング7位

TCL  43V型 フルハイビジョン液晶 テレビ 裏録画/3波対応 43D2900F
TCL 43V型 フルハイビジョン液晶 テレビ 裏録画/3波対応 43D2900F

「TCL 43V型 フルハイビジョン」は、画面のサイズと価格のリーズナブルさのバランスが良い、直下型LEDだと考えられます。 「TCL 43V型 フルハイビジョン」は、直下型LEDで映像が美しいだけでなく、録画再生機能なども充実しています。 しかし、暗いシーンなどでは、画面が暗くなり、見づらくなるという意見も存在しているため、細かい所までこだわる方には、向いていない可能性もあると考えられます。

テレビ、リモコン、脚が付いてきます まずないとは思いますが一応「アンテナ線のご準備を!!」 深夜アニメのリアタイ視聴を自室でということとゲームのために購入しました。2018年冬アニメのヴァイオレットエヴァーガーデンのヴァイオレットと少佐の深夜テントでの会話を見ていて気づいたのですが、画面のシーンが暗い場面だと見辛くなります。突出してマイナス点はこれだけです。あとは概ね満足。あえていうなら電子番組表の機能がもう少し充実していたらなあって感じです。

おすすめランキング6位

シャープ 40V型 フルハイビジョン 液晶 テレビ AQUOS LC-40W35-B 外付HDD対応(裏番組録画) Wi-Fi内蔵 ブラック
シャープ 40V型 フルハイビジョン 液晶 テレビ AQUOS LC-40W35-B 外付HDD対応(裏番組録画) Wi-Fi内蔵 ブラック

「シャープ 40V型」は、日本が誇る液晶画面の開発・製造技術によって作られた、直下型LEDの1つです。「シャープ 40V型」は、「AQUOS」シリーズでもあり、画質の良さや品質は、確かなものだと言えるでしょう。 しかし、海外のメーカーによって開発・販売されている直下型LEDと比較すると、少しだけ価格が高くなっています。そのため、品質よりも価格を重視する人にとっては、やや高い商品だと言えるでしょう。 とはいえ、レビューでも高い評価を得ており、アマゾンでは高評価が多数見られます。

父の傘寿にプレゼント。ムラが出来ていた詠唱テレビからの買い換えだったので、鮮明画像に感動。デザインもスッキリしていてGOOD。頑張れシャープ!

おすすめランキング5位

maxzen JU55SK03 [4K対応 液晶テレビ 55V型 地上・BS・110度CSデジタル] 1000日保証
maxzen JU55SK03 [4K対応 液晶テレビ 55V型 地上・BS・110度CSデジタル] 1000日保証

直下型LEDによる鮮やかな画面を楽しみたいという方の中には、できるだけ大画面で迫力ある映像を楽しみたいという方も、少なくないと予想できます。そのような方には、「maxzen JU55SK03」も、おすすめできる直下型LEDの1つだと言えるでしょう。 「maxzen JU55SK03」は、大画面でありながら、大変リーズナブルな価格で購入できる点が魅力的な1品です。 アマゾンのレビューでも、出い画面の直下型LEDを、リーズナブルな価格で購入できたことを喜ぶ声が、多数見られます。

画質は予想以上がよい、しかもシンプルで最高。この値段で買えるのが嬉しい。

おすすめランキング4位

ソニー SONY 49V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-49X9000E   (2017年モデル)
ソニー SONY 49V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-49X9000E (2017年モデル)

「ソニー SONY 49V型」は、日本が世界に誇る企業・ソニーが開発・販売している、直下型LEDのテレビです。「ソニー SONY 49V型」は、ソニーの技術と直下型LEDならではの鮮明さにより、ワンランク上の鮮やかな映像を、大画面で楽しむことができます。 価格は海外のメーカーの直下型LEDよりも、高額だと言えるでしょう。しかし、ソニーのブランド力を考えれば納得の価格であり、性能を考えれば、「高い買い物」ではないと考えられます。

ps4proのために購入しました。相性は抜群だと思います。遅延対策がされておりFPSゲームなど全然違います。!画質もよくて4kHDRがよく発揮できてると思います。チャンネル範囲が狭いのが星マイナス1です!あとは申し分ないですね!ゲームにオススメですよ!さすが高画質モデルですね(^.^)

おすすめランキング3位

SANSUI 32型 液晶 テレビ  SCM32-B11 ハイビジョン 直下型LEDバックライト 外付けHDD録画対応
SANSUI 32型 液晶 テレビ SCM32-B11 ハイビジョン 直下型LEDバックライト 外付けHDD録画対応

「SANSUI 32型」は、価格と画面の大きさ、性能などから考えると、価格が大変リーズナブルな直下型LEDテレビだと言えるでしょう。 「SANSUI 32型」には、映像などを見る際に気になる、ブルーライトをカットする機能などがついており、直下型LEDによる美しい映像に加えて、便利な機能が充実しています。 アマゾンのレビューにおいても、価格の安さや価格に対する性能の高さを評価する口コミが、多数見られました。

低価格で機能が充実しています。市販のリモコンに対応していない点が難点かな?

おすすめランキング2位

東芝 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 32S21
東芝 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 32S21

「東芝 32V型」は、東芝の直下型LEDテレビです。東芝もまた、世界に通用する高い液晶などの技術を持つ企業です。そのため、映像の美しさなどは、期待できると考えられます。 速い映像などにも、遅延しないよう対策されているため、ゲームなどを迫力のある画面で楽しみたい方にも、おすすめと言えるでしょう。 アマゾンのレビューでも、たくさんの高評価を得ています。

画像がきれいですし、設置も操作も簡単です。外枠は変わらず、画面だけが大きくなっていて、省スペースになって便利です。

おすすめランキング1位

シャープ 70V型 4K対応液晶テレビ AQUOS HDR対応 低反射「N-Blackパネル」搭載 4T-C70AU1
シャープ 70V型 4K対応液晶テレビ AQUOS HDR対応 低反射「N-Blackパネル」搭載 4T-C70AU1

「シャープ 70V型」は、かなり大型の直下型LEDテレビです。上記でも、シャープの直下型LEDはご紹介していますが、液晶に関しては世界でもトップクラスの技術を持つシャープ大型の商品です。そのため、映像にとことんこだわりたいという方も、満足できる画質や映像の美しさだと考えられます。 大型ということもあり、価格もかなり高額ですが、AIなどが搭載されていることを考えると、価格に対する性能も十分高いと言えそうです。 アマゾンでは、レビューは見られませんでした。しかし、シャープの直下型LEDがいずれも高評価や良いレビューばかりであったことを考えると、1位にふさわしい商品だと考えられます。

特徴別直下型LEDおすすめ10選

特徴別直下型LEDおすすめ10選

続いては、各商品の特徴別に、おすすめの直下型LEDをご紹介していきます。目的や希望に合わせて直下型LEDを探したい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめ1:全面直下

IRIE アイリー 43型 フルハイビジョン液晶テレビ HDD録画対応 裏番組録画 留守録機能 東芝基盤採用 ホワイト MARSHAL MAL-FWTV43WH
IRIE アイリー 43型 フルハイビジョン液晶テレビ HDD録画対応 裏番組録画 留守録機能 東芝基盤採用 ホワイト MARSHAL MAL-FWTV43WH

「IRIE アイリー 43型」は、全面直下タイプの直下型LEDの1つです。基盤には、東芝製のものを使用しているため、品質も安心できると考えられます。 「IRIE アイリー 43型」は、テレビなどを視聴するのに十分な大きさと言える商品なので、映像にこだわりたい方でも、満足して使用できる可能性が高いでしょう。また、壁掛けにも対応しており、よりインテリアにフィットした配置が実現できる点も、おすすめの理由と言えます。

今回43型を購入しました。私的には画質もキレイだと思います。HDD の特典も画質がキレイです。今のところ問題ないです。

おすすめ2:バックライトLED1

SANSUI 39型 液晶 テレビ  SCM39-B11 ハイビジョン 直下型LEDバックライト 外付けHDD録画対応
SANSUI 39型 液晶 テレビ SCM39-B11 ハイビジョン 直下型LEDバックライト 外付けHDD録画対応

「SANSUI」の直下型LEDテレビは、上記のランキングでもご紹介しましたが、「SANSUI 39型」は上記でご紹介したものよりも、大きいサイズとなっています。 そのため、ブルーライトカット機能や直下型LEDならではの鮮明な映像をそのままにしつつ、より迫力がある映像を楽しむことができるでしょう。

この製品が4万円程度で買えるとは恐るべしです。映像は以前使っていたシャープ・アクオスに見劣りしません。惜しむらくは、音声。若干の音ズレが気になりました。5年もてば御の字です。

おすすめ3:バックライトLED2

シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶 テレビ AQUOS LC-32H40 リッチカラ―テクノロジー搭載 外付HDD対応(裏番組録画)
シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶 テレビ AQUOS LC-32H40 リッチカラ―テクノロジー搭載 外付HDD対応(裏番組録画)

シャープの直下型LEDテレビは、上記でご紹介したランキングでも、いくつか取り上げました。今回ご紹介する「シャープ 32V型」は、さまざまなサイズバリエーションがあるシャープの直下型LEDの中でも、程良いサイズと価格が特徴的です。 画面の大きさなどにはこだわりがないものの、直下型LEDの画質やシャープの技術力を実感してみたいという方には、おすすめの1品だと言えそうです。

2011年製からの買い替えですが、時の流れを感じました。性能自体は変わらないですが、軽くてスリム、そして安い。当時は倍以上の値段がしましたし、今のは縁がほとんどなくて、スピーカーも見えるところにないのにちゃんと聞こえます。テレビは少し高くても日本製を選んだ方がいいと思います。

おすすめ4:4K対応1

LG 49V型 4K 液晶 テレビ HDR対応 IPS Wi-Fi内蔵 2倍速相当 外付けHDD録画対応(裏番組録画) 49UJ630A
LG 49V型 4K 液晶 テレビ HDR対応 IPS Wi-Fi内蔵 2倍速相当 外付けHDD録画対応(裏番組録画) 49UJ630A

「LG 49V型」は、4K対応の直下型LEDテレビです。 4K対応の性能を備えながらも、映像の美しさだけでなく、音質にもこだわった1品なので、映像だけでなく音質にもこだわりたいという方にもおすすめです。 価格としては高額ですが、サイズも大きいので、性能やサイズを考えると、コストパフォーマンスも良いと言えそうです。

Amazon プライムビデオも対応してます。本体すごく軽いのでびっくりしました。

おすすめ5:4K対応2

ハイセンス 50V型 4K対応 液晶 テレビ  HJ50K323U
ハイセンス 50V型 4K対応 液晶 テレビ HJ50K323U

「ハイセンス 50V型」もまた、4K対応の直下型LEDテレビです。「ハイセンス 50V型」の特徴は、価格の安さだと言えるでしょう。かなり大きいサイズの直下型LEDが、2017年5月22日現在63980円で購入できるというのは、大変リーズナブルだと言えます。 また、音質にもこだわっており、ワンランク上のサウンドオーディオ技術を採用しているとされています。

デカイ、綺麗、安い、ハイセンスのファンになりそうです。(笑) 追記 D端子があるのでレトロゲームのプレステ2がクリアに楽しめます。

おすすめ6:4K対応LED3

シャープ 60V型 4K対応液晶テレビ AQUOS LC-60UH5
シャープ 60V型 4K対応液晶テレビ AQUOS LC-60UH5

「シャープ 60V型」は、かなり大型と言えるサイズの、4K対応直下型LEDテレビです。「AQUOS」というブランド力の知名度や技術力の高さからも、「シャープ 60V型」の性能などは安心して使えるものだと予想できます。 「シャープ 60V型」は、映像の美しさに定評があるシャープのLED直下型テレビの中でも、大型サイズのため、大迫力の映像が自宅で楽しめると考えられます。

4k対応で、PS4やSwitchなどゲームもヌルヌル動きめちゃくちゃ綺麗でビックリしました。もちろんテレビも綺麗です。

おすすめ7:4K対応LED4

東芝 58V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 58M510X
東芝 58V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 58M510X

「東芝 58V型」も、かなり大型の4K対応LED直下型テレビだと言えます。 東芝の液晶画面の技術は、世界的にも評価されています。その東芝の技術を駆使して作られた「東芝 58V型」は、大画面で鮮明な映像を楽しみたい方に、おすすめの1品だと言えるでしょう。

よい品です。なかなかデカイ画面なのに細かい描写も綺麗にうつります。

おすすめ8:4K対応LED5

ソニー SONY 55V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-55X9000F (2018年モデル)
ソニー SONY 55V型 4K対応 液晶 テレビ ブラビア KJ-55X9000F (2018年モデル)

「ソニー SONY 55V型」は、日本が世界に誇る企業の1つでもあるソニーが開発・販売している、大型の4K対応直下型LEDテレビの1つです。 世界的にも人気が高いブランド「ブラビア」のシリーズで、ソニーの最先端の技術によって開発されています。そのため、なめらかさとくっきりとした鮮明さが両立した映像を楽しむことができると言われています。

おすすめ9:寿命1

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 40V31
東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) REGZA 40V31

テレビは、日常的に使用するアイテムの1つです。そのため、長く使えるかどうかも、直下型LEDの商品を購入する際の、大切な判断基準だと言えるでしょう。 寿命を考えるならば、世界的に品質の高さが認められている、日本のメーカーやブランドの商品がおすすめです。その1つである、「東芝 40V型」は、程良いサイズと高い品質の直下型LEDだと考えられます。

凄まじい映像、これが「息をのむほど」というものでしょうか。J10Xシリーズの機能限定版という位置づけでしょうがこれ以上、何を求めるのか、と言いたくなります。これ見たら、もう前には戻れません。それほど凄まじいです。40インチと言う手ごろサイズなので、是非ともお勧めします。

おすすめ10:寿命2

パナソニック 40V型 液晶 テレビ VIERA TH-40AX700 4K対応
パナソニック 40V型 液晶 テレビ VIERA TH-40AX700 4K対応

パナソニックもまた、世界に通用する液晶画面の画面の開発技術を持つ、日本企業の1つです。そのため、「パナソニック 40V型」もまた、高い技術による美しい映像と、長持ちする性能が期待できる直下型LEDの1つだと言えるでしょう。 国産であることと、「パナソニック」という企業のこれまでの実績から、「パナソニック 40V型」は品質が高く、寿命が長いと予想できます。

4kの放送がまだ少なくて本領発揮していませんがデザイン、画像美しいです。

おすすめの直下型LEDのメーカー

おすすめの直下型LEDのメーカー

最後に、直下型LEDテレビのおすすめのメーカーをご紹介していきます。メーカーやブランドから、直下型LEDの商品を探したり購入したりするのも、おすすめの探し方の1つと言えます。

パナソニック

パナソニックでは、「ビエラ」などのブランドを展開しており、映像と音質にこだわった直下型LEDを多数開発しています。 パナソニックでは、画面の明るさにこだわって、直下型LEDを開発・生産しており、部屋の照明などに負けない明るさと鮮やかさを兼ね備えた映像を楽しむことができます。 音質に関しても、最新技術を駆使しています。そのため、パナソニックの直下型LEDを購入することで、視覚的にも聴覚的にも、最高品質の映像と音楽を自宅で楽しむことが可能になると考えられます。

直下型LEDはさまざまな視点から選ぼう

直下型LEDはさまざまな視点から選ぼう

いかがでしたでしょうか?今回は、「直下型LED」をテーマにして、選び方やエッジ型LEDとの違い、おすすめの直下型LEDなどを考察・ご紹介しました。 メーカーや価格、性能や品質、サイズなど、直下型LEDを選ぶ際の判断基準は、たくさんあります。ぜひ、さまざまな視点から確認して、自分にぴったりの直下型LEDテレビを見つけて下さい。

関連タグ

アクセスランキング