IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

USB-DACおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

ガジェット

この記事を読んで頂けた方は、USB-DACの内容や素晴らしい魅力を知ったことで、実際にUSB-DACで音楽を試聴してみたくなったことでしょう。お店のオーディオコーナーで、試聴することをおすすめします。きっと素晴らしい世界が待っていることでしょう。

更新日時:

USB-DACの選び方

USB-DACで音楽を聴くと、高品質の極上の音楽を楽しめると言われています。そんなにすごいなら、ぜひ試してみたいと思われるでしょう。まずは、USB-DACの内容から紹介します。

USB-DACとは?

USB-DACを一言で表すと、「パソコンやスマホで再生した音楽をデジタルデータのままで取り出して、パソコンやスマホの外で、人が聴くことのできるアナログデータへと変換する装置のことです。」 ここで、USBは「Universal Serial Bus」の頭文字をとったもので、さまざまな周辺機器をパソコンやスマホに接続するためのインターフェイスのことです。そして、DACは「Digital to Analog Converter」の頭文字で、デジタル信号をアナログ信号に変換する回路のことを示しています。

USB-DACはなぜ高音質なの?

オーディオが趣味の人にはわかるでしょうが、パソコンやスマホでインターネットで配信された音楽を再生した音楽を、パソコンなどの標準的な内蔵サウンド機能やスピーカーで聴いたのでは、高音質は期待できないでしょう。 しかし、USB-DACは、高性能なアナログ/デジタル変換回路を内蔵していて、パソコンやスマホから伝えられたデジタル信号を、オーディオ機器用の音質でアナログ変換してくれます。そのため、USB-DACからの高音質の出力信号はオーディオアンプ、スピーカー、ヘッドフォンなどに伝わって、本格的な音楽が出力されることになります。

USB-DACのおすすめ人気ランキングTOP10

それでは、おすすめのUSB-DACの人気ランキングTOP10を紹介します。

10位 SB-DM-PHDR2

クリエイティブ・メディアのSB-DM-PHDR2は、とてもコンパクトなボディーのUSB-DACですが、24bit/96kHzのハイレゾ再生ができるだけでなく、付属ソフトを使うことで、ハイレゾ音源で録音できます。音質劣化の少ない金メッキ端子を用いたアナログ入出力は、ユーザーが多いRCA端子を使っています。 コンパクトですが、高音質の録音、再生を手軽にできる優れた製品です。

アナログ出力では44.1khzが出ないなどと報告されているようですが、デジタル出力は44.1khzも出ます。 画像はWindows10の標準ドライバでのものです。アップスキャンなどを考えていなければ24bit/44.1khz、48khz、96khzが使えれば十分でしょう。(一部抜粋)

9位 PC100USB-HR2

FOSTEXのPC100USB-HR2は、小さな据え置きタイプのUSB-DACです。WindowsやMac OSのパソコンとUSB接続するだけで、高品質の音源を楽しむことができます。どんな音楽分野にも対応しているため、ハイレゾ音源を手軽に楽しみたい人にはぴったりの製品です。

PC音源をAUDIOで視聴に使用。D/A変換とプリアンプの増幅機能のみのシンプルな点が良い、PCの外部ディバイスの設定のみで利用でき、簡単です。個人差はありますが普通に視聴するには十分な音質です。

8位 DAC-1000(S)

ONKYOのUSB-DAC、DAC-1000(S)は、高性能32bit/192kHz対応のデジタル・アナログ変換回路が左右のチャンネルに搭載されていて、信号の伝送ロスやノイズ干渉を抑える工夫が講じられています。 また、DAC-1000(S)は、堅牢な筐体で不要な共振を抑え込むなど、ハイグレードなD/A変換を実現する製品です。

ONKYO DAC1000にONKYO CR-555を接続して主にヘッドホンで聴いています。 パソコンで動画を見るときなどに使いますが、遅延は全くないです。(一部抜粋)

7位 HD-DAC1/FN

このUSB-DAC製品は、DSD形式にも対応していて、再生する音源を選びません。また、音質の良さは音域全域をカバーしていて偏りがありません。まさに老舗ブランドのマランツ社の製品です。

名前の誘惑に勝てず購入しました リレー?のカチカチ音以外はモンク無し アンプを選ぶ楽しみも 残りました。

6位 HP-A4

このUSB-DACは、FOSTEXが開発した「HP-A4」です。コンパクトな筐体ですが据え置きタイプで、ハイレゾ音源や、DSDに対応しています。音像がしっかりした鮮やかな音質を奏でます。低音域に対して十分な駆動力を持っています。

フォステックスの中堅機種ですが、価格の割には性能のよいヘッドフォンアンプです。 満足しています。

5位 AT-HA40USB

オーディオテクニカのAT-HA40USBは、USBをつなぐ簡単設定で、お手頃な価格でハイレゾ音楽が楽しめる人気製品です。カップリングコンデンサを使用していないため、深みのある素晴らしい低音を奏でます。

アップサンプリングの良さを実感でき コストパフォーマンスも高いと思います。

4位 DAC AL-9628D

アムレックのAL-9628Dは、小型の筐体ですが、据え置き型のUSB-DACで、高音質のDACチップ(PCM5102A)を搭載した製品です。 ハイレゾ音源に対応したPCM 96kHz/32bitの高音質製品で、コストパフォーマンス抜群の評判の製品です。

パソコンから曲出しやボリュームコントロールが出来るので、大変便利です。音質も良いと思います。単品オーディオと比較すると酷ですが、普段使いとして軽く聞いたり、聞き流す分には十分な音質だと思います。快適な音楽環境が出来ました。(一部抜粋)

3位 バスパワードスピーカー USB/DAC内蔵

これは、タイヤのように見える外観をしていますが、USB-DACを内蔵しているスピーカーです。ドライバのインストールは不要で、USBをパソコンに接続するだけで直ぐに使用できます。ケーブル類も、タイヤのような本体に収納できて、ちょっとおしゃれなコンパクト製品です。

高音から低音までしっかりと出ています。数千円から数万円まで様々なアクティブスピーカーがありますが、全価格帯の中でも上位の音質です。コスパを考えるなら音質を妥協せずにこれ一択です。私はPCではなく、Bluetoothレシーバーに繋いで使っています。ただ、ステレオミニの入力端子位置が使い辛いのが難点です。縦置きだとL字プラグでないと厳しいです(L字の延長ケーブル使用中)。加えて光入力があれば完璧でした。

2位 UDA-1/B

この製品はソニーのUSB-DAC製品で、プリメインアンプ回路が搭載されていますが、コンパクトサイズに納まっています。透明感のある高音領域、重量感のある低音部、そして心地よい中音領域と、とても聴きやすい音楽を奏でます。

TEAC A-H01と比較し、こちらを購入しました。 どちらも試聴ではいい音でしたが、こちらのほうが より骨太の音がしました。(一部抜粋)

1位 DA-10-SP

このUSB-DACは、DENONが初めて作ったポータブルヘッドフォンアンプで、「USB-DAC」端子、「iPod/iPhone」端子、「AUX」端子の3つの入力端子を持っています。小さな筐体ですが、DENONの最新技術が搭載された本格派です。

このヘッドフォンアンプは音がとてもいいのに少しもったいない気がしますね。 音質はとてもキメが細かいところまで鳴らせていて低音から超高音までとてもバランスよく鳴らせてくれます。(一部抜粋)

特徴別USB-DACのおすすめ10選

USB-DACはさまざまな特徴のある製品がありますので、場合分けをして、おすすめの製品をピックアップしてみましょう。

おすすめの自作キット

WP-UDAC9018は、高音質のDAC-IC(ES9018)を搭載したUSB-DACの基板完成品で、専用のガラス・カラーのアクリルが高級感を出してくれます。パソコンから出る音を高音質のオーディオ機器に変貌させてくれます。対応OSは、Windows7/8.1/10、Mac OS X、Linuxに対応しています。

アンプ機能

ONKYO社のDAC-HA200は、パソコンやスマートフォンと接続するUSB端子だけでなく、光ミニ端子やステレオミニ端子とも接続できるさまざまな入力端子を装備していて、ハイレゾ音源も再生するポータブルヘッドフォンアンプとして機能します。ポータブルタイプながらオンキョーが目指している音質を追求した製品です。

iPhoneで音量を無理に上げると発生する、サーッというノイズが消えます。 クラシックのオーケストラを聴く時は必須でしょう。

ハイレゾ対応

パイオニアのU-05は、ヘッドフォンアンプ内蔵のハイレゾ音源対応製品です。高解像度の音質で、中低音域の太さには定評があります。ジャンルを問わずに幅広い音楽を楽しむことができます。ハイレゾは、PCM形式、DSD形式の両方に対応しています。

とてもコスパのいい複合機です。DACもESSのDACなので解像度も良く、この価格帯では大変いいものだと思います。 試聴で購入候補の中にはマランツのHD-DAC1、TEACのUD-503、FostexのHP-A8がありました。

スピーカー接続だけで本格的なハイレゾへ

オラソニック社の「NANOCOMPO」シリーズのNANO-UA1aは、CDケース3枚分ほどの小さな筐体ですが、まさにUSB-DACを内蔵しているプリメインアンプです。つまり、これにスピーカーを接続するだけで、本格的な極上の音楽の世界が待っています。

PCのUSBに接続して使用しております。 様々な音源フォーマットにも対応していてなかなかパワフルにSPKを鳴らせてくれます。 ただSPK端子の間が狭く出来ればYラグではなくバナナ端子の使用をお勧めします。 後はサブウーハーの出力端子があればさらに良かったですが。

DSDタイプ

主に高音質録音で活用されるDSD方式の音楽を聴いてみたい時には、USB-DACもDSD方式に対応している機種でなければなりません。コルグのDS-DAC-10Rは、まさにDSD方式に対応したUSB-DACです。 コルグのUSB-DACの実力は言うまでもありませんが、DS-DAC-10Rは、アナログレコードの音源をDSDの音源にできる特徴を持っています。

LPレコードをDSD録音して聞いてます。 非常に重宝してます。

アンドロイド接続タイプ

エレコムのハイレゾ DAC for Android microUSB オーディオアダプター ゴールド EHP-AHR192GDは、Android 4.3以降で動作するスマートフォンに対応しています。荷物と感じさせない小さなサイズのため、スマホユーザーには最適な製品です。

Windows10のデスクトップPCで使用。使用イヤホンはKZ ZS5です。古いPCというのもあるでしょうが、オンボとは比べものにならない高音質になりました。(一部抜粋)

簡単接続タイプ

Signstek社のAudio USB-DAC ヘッドフォンアンプは、コンパクトでUSBケーブル付きUSB端子に繋ぐだけで使えて充電も可能です。変換プラグ接続で、アンドロイド端末でも使用できます。 ハイレゾには対応できませんが、コストパフォーマンス大の製品です。プラグアンドプレイに対応していて、取り付ければ直ぐに使えます。とても簡単に高品位の音楽を堪能できますが、パソコンやOTG機能付きの携帯のみの対応のため、互換性には注意が必要です。

ネットの音声をusb-dacで変換、スピーカーで聞いています。雑音もなくクリアーな音で、満足です。 昔のコンポ復活です。

最先端タイプ

このUSB-DACは、DENONのDA-310USB-SPです。最新技術によって、入力されたデジタル信号は劣化しないで忠実に音源を再現することができます。 DENON製品は、音質については言うまでもありません。アルミダイカストの密閉型筐体は、品質の安心感を醸し出しています。

da300より全面的に良い。私のDA300は直ぐ退役、HD 660 Sと一緒に使っています。DSD256までは素晴らしいです。

ヘッドフォンアンプ内蔵タイプ

このUSB-DACは、パイオニアのU-05で、ヘッドフォンアンプ内蔵のハイレゾ音源対応製品です。高解像度の音質で、中低音域の太さには定評があります。ジャンルを問わずに幅広い音楽を楽しむことができます。ハイレゾは、PCM形式、DSD形式の両方に対応しています。

高CPの極み。 音は解像度が高く極めてクリア。筐体の質感も高いです。 入出力豊富で、ないのはアナログ入力位。それもデジアナ変換かませば良いだけなので 大した問題ではありません。光入力だけで4系統もありますから。(一部抜粋)

長時間聴きたいUSB-DAC

FOSTEXのHP-A8は、据え置き型のハイレゾ対応製品です。多くの入力端子を持っている本格的なハイクオリティー製品です。 長い時間聴いていても疲れないクリアな音は、久しぶりの休日を終日音楽を聴いてすごしたい人にも、安心してゆったりとくつろげる製品です。

思った以上にきれいな音で感動しました。 発売時より約40%オフですのでコスパもとても良いと思います。 音質とか機能など上を見ればそりゃきりがないとは思いますが・・・ HD598の自分にはこれで十二分に満足です

おすすめのUSB-DACのメーカーの紹介

USB-DACは、多くの会社が作っていて素晴らしい製品が次々に販売されていますが、特におすすめのメーカーをピックアップして次に紹介します。

ASUS

ASUSは、ASUSTec Computer Inc.のことで、台湾に本社のあるパソコンやスマートフォン、およびその周辺機器を製造して、マザーボード市場では世界でトップクラスを誇ります。日本法人はASUSJAPAN株式会社で、社名はギリシャ神話に登場する羽のある白馬のPegasusの後ろ4文字のasusに由来しています。 ASUSは、全ての製品に高い品質と独創性を吹き込むことを社名に込めていて、独創性に富んだ製品開発を目指しています。USB-DACの代表製品には、クリアなサウンドを楽しめるXonar Essence STUがあります。

Pioneer

Pioneerは、純国産のダイナミックスピーカーを開発した会社で、オーディオファンには「スピーカーのパイオニア」として知られています。パイオニアのブランド名は残りましたが、2015年3月には、オンキョーの機能子会社に移管されています。 代表的なUSB-DACには、D/A変換技術の精度を追求した「U-05」があります。「U-05」は、技術力の高さと人気を誇るUSB-DACです。

DENON

DENONは、日本電気音響株式会社が最初の社名で、その社名の通称の「電音」からデンオンと呼ばれていました。その後の音響製品の事業不況から、事業譲渡や合併などの経過をたどりましたが、現在は、「株式会社デノンコンシューマーマーケティング」に落ちついています。 現在、社名ブランド名はデノンと呼んでいますが、これはデノンが世界に向かって羽ばたくように、DENONを欧米読みにしたものでしょう。いずれにしてもDENONは、音響製品の老舗ブランドとして、日本を代表する音響機器メーカーです。 DENONブランドのUSB-DACは、高級機種からハンディタイプのものまでさまざまな製品がありますが、全て素晴らしい音質で、音響機器メーカーのこだわりを感じさせてくれます。

FOSTEX

FOSTEXは、東京都昭島市に本社のあるフォスター電機株式会社の自社ブランド品です。フォスター電機は、音響機器メーカーですが、主にOEM受託をしています。 FOSTEXのHP-A8は、USB-DACとしての十分な実力を備えていて、長時間聴いていても純粋な音は飽きることがありません。

KORG

USB-DAC製品を2012年から発売したKORGは電子ピアノ、シンセサイザーなどの電子楽器の開発、製造、販売などを行っている日本の会社で、DSD方式を生み出したことでも知られています。 もともと楽器を製造していた会社のためか、音楽を知りつくした会社なのでしょう。電機メーカーが作る機器と違い、音の芯がしっかりしているように感じられます。 KORGのUSB-DACは、普段聴いている楽曲を、より鮮やかに彩りを添えて響かせてくれることでしょう。

USB-DACで音楽を大いに楽しみましょう

USB-DACおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

USB-DACを紹介してきましたが、さまざま種類があって驚かれたことでしょう。これ程多くのUSB-DAC製品がある理由は、世の中の音楽好きが高音質のハイレゾの世界を求めているからにちがいありません。 もしもまだ、ハイレゾで音楽を聴いたことがないのなら、聴きなれた曲を選んで、ハイレゾ仕様で聴いてみてください。別の鮮やかな音楽に編曲されてしまったかのように感じることでしょう。 USB-DAC製品は、据え置きタイプで、じっくり部屋の中で音楽を楽しむのもいいし、外出してスマホでハイレゾ音楽を楽しむこともできます。技術の進化に感謝してハイレゾを大いに楽しんでしまいましょう。 ただし、この記事で推奨しているUSB-DAC製品があなたの耳を満足させるとは限りません。USB-DACの最も良い選び方は、製品のスペックで決めるのではなく、自分自身の耳で聴いてみて、心地よく感じるかどうかでしょう。

アクセスランキング