IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

クーペおすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

家事

クーペを選ぶ場合にどのようなことにポイントをおけばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。クーペの「運転の楽しさ」や燃費・維持費などの「コスパ」の観点や居住性といった「快適さ」も気になるところです。クーペおすすめメーカーとランキングTOP10をご紹介します。

更新日時:

おすすめクーペの種類や選び方

街で見かけるスポーティーな車といえば、クーペを思い浮かべる人も多いでしょう。クーペには、どのような特徴があるのでしょうか。クーペという言葉は、フランス語の馬車を意味する「coupe」(クペ)からきています。 「coupe」(クペ)とは、「切られた、切ること」という意味を表しています。クーペおすすめランキングTOP10とともにクーペの選び方や口コミをご紹介します。

おすすめクーペの種類 『ドア』

クーペとは、もともと2ドアのボディタイプの車のことをいいます。乗降用のドアが、両サイド1枚ずつになっているということです。車体に対してドアが大きくデザインされていることが多く、乗り降りがスムーズにできることが特徴です。 現在では、4ドアのボディタイプのクーペも主流になりつつあります。2つのドアタイプと4ドアタイプのクーペは、それぞれにメリットやデメリットがありますので比較してお気に入りの車を見つけてましょう。

おすすめクーペの種類 『2~4人乗り』

クーペは、基本的に2人乗りが主流です。最近では、4人~5人乗れるように後部座席を設けているクーペも人気になってきてます。しかし、クーペは、普通の乗用車と比べると居住空間がやや狭いという特徴があります。クーペは、外観のデザインを重視して作られています。乗り降りという点でも実際のクーぺの試乗をおすすめします。

おすすめクーペの種類 『車体全体が低い』

クーペといえば、「車体全体の高さが低い」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。一般的に、1400mm以下の車は、かっこよくスタイリッシュに見えるという特徴があります。クーペと同じ2ドアのセダンの乗用車もありますが、クーペの方が屋根が小さめにデザインされており、車体全体が低く設計されています。

おすすめのクーペ『選び方』

クーペを購入する時に考えたいポイントは、デザイン性・コスパ・維持費の3点を考えるといいでしょう。クーペは、スポーティーなデザインが大きな特徴でもあります。外観のデザインと車内の居住空間でも快適さがあるクーペを重視することがポイントです。また、コストパーフォーマンスも重要です。 クーペを購入するというのは、とても大きな買い物になります。価格に見合った自分のお気に入りポイントをぜひ見つけてみましょう。維持費や毎月のガソリン代・駐車場代・保険料など考えると車には、お金がかかります。月々の車への出費や年間の維持費を計算して車の出費を把握しシミレーションすることをおすすめします。

おすすめのクーペのメーカーご紹介と比較

いざ、クーペを購入しようと考えていてもクーペのメーカーをもっと知りたいという人も多いでしょう。国産車・輸入車おすすめのクーぺのメーカーを比較、ご紹介します。

国産車クーペ

おすすめの国産車クーペを4種類ご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかかでしょうか。

86 ・BRZ

車の日本の国内メーカーといえば、トヨタが挙げられます。トヨタの中でおすすめしたいクーペは、86(ハチロク)です。SUBARU(スバル)と共同開発した水平対向エンジンのスポーツカーでとても人気があります。SUBARUからも姉妹車のBRZが出ており、こちらもおすすめです。どちらとも、2012年から販売を開始しています。

ロードスター

マツダ(MAZDA)のおすすめのクーペは、ロードスターです。初代は、1989年から販売を開始しています。現在、新車購入できるのは、2015年にモデルチェンジをしている4代目のロードスターです。女性にもとても人気のクーペのひとつです。

S660

ホンダ(HONDA)のおすすめのクーペは、S660(エスロクロクマル)です。こちらは、軽自動車規格のクーペになっています。ホンダが1996年まで販売していたビートという車種も軽自動車規格の車でした。そのビート以来の軽自動車のクーペということもあり、S660の発表・販売は大きな話題を集めました。

フェアレディZ

日産(NISSAN)のおすすめのクーペとしてご紹介したいのは、フェアレディZです。初代モデルは、1969年から販売を開始しています。フェアレディZはダットサン・フェアレディの後継型として発売されています。初代のフェアレディZは、北米市場で大ヒットしました。

輸入車クーペ

おすすめの輸入車のクーペを3種類ご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかかでしょうか。

C-Class Coupé

おすすめしたい輸入車のクーペは、誰もが知るドイツの有名な自動車メーカー、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)のクーペです。Cクラスのクーペで2011年から発売されました。しかし、日本での導入は、2014年からとやや遅めでした。

TT

TTは、ドイツの自動車メーカーアウディ(Audi)のクーペです。もともとは、1995年にアウディが発表した【TT デザイン・スタディ・モデル】をそのままの形で販売し始めたのが、このTTになります。モデルチェンジをして現在は、3代目が販売中です。日本でも人気の高いアウディのクーペなのでとてもおすすめです。

The Beetle

こちらもドイツの自動車メーカーになりますが、フォルクスワーゲン(Volkswagen)のビートルです。通称「ビートル」の初代は、1938年〜2003年と半世紀以上に渡って生産が続いて国際的に大ヒットしました。 また、四輪駆動車としては、世界最高の累計生産台数の記録を作った伝説の車です。日本では現在3代目のザ・ビートルが販売されていてスポーツタイプではないクーペとして人気を集めています。

クーペのランキング TOP10

おすすめのクーペランキングTOP10をご紹介します。国産車の人気のクーペや輸入車のクーペも多くランクインしています。ぜひ、参考にしてみてはいかかでしょうか。

10位 LEXUS LC500

10位は、レクサスのLC500です。レクサスから2017年から販売されているクーペです。レクサスの中では、2車種目のクーペモデルです。 SC以来の2ドアクーペになります。おすすめしたいグレードのLC500hは、ハイブリッドモデルになります。 乗車定員は4人で平均燃費は、7.8km〜・総排気量は4968ccです。メーカー希望の小売価格は1300万円〜になります。

9位 Chevrolet Corvette

9位は、アメリカの自動車メーカーゼネラルモーターズ(General Motors)のシボレーのコルベットです。初代は、1954年から販売されています。現在新車購入できるのは、7代目のコルベットです。おすすめのポイントは、特徴的なヘッドライトです。 乗車定員は2人で平均燃費は6.1km〜・総排気量は5665~6997ccです。メーカー希望の小売価格は994万円〜になります。

8位 Ford Mustang

8位は、アメリカの自動車メーカーフォードモーター(Ford)のマスタング(Mustang)です。日本では、ムスタングとも呼ばれていました。1964年から7代のモデルが販売されています。文献によっては、1964年〜1973年までのモデルを初代とする場合と1971年〜1973年までを3代目とする場合もあります。 街中であまり目にすることは少ないですが、アメリカの車特有の存在感がおすすめのポイントです。乗車定員は4人で平均燃費は6.8km〜・総排気量は2260~4951ccです。メーカー希望の小売価格は1050万円〜になります。

7位 MINI CONVERTIBLE

7位 は、2001年にBMWが設立したドイツの自動車メーカーミニ(MINI)のコンバーチブル(CONVERTIBLE)です。2004年から発売されています。屋根がオープンタイプになっていてスイッチで開閉できます。とても簡単ですぐオープンカーになるところがおすすめしたい特徴です。 乗車定員は2〜4名で平均燃費は16.7km〜・総排気量は1498~1998ccです。メーカー希望の小売価格は348万円〜になります。

6位 日産 フェアレディZ

6位は、日本の自動車メーカー日産のフェアレディZです。ミュージカル「マイ・フェアレディ」から名前が取られました。このロマンチックな名前は、女性にもおすすめできるクーペの魅力のひとつです。また、フェアレディZの初代は、北米で大きな人気を集め大ヒットしました。 乗車定員は2〜4名で平均燃費は9.1km〜・総排気量は3969ccです。メーカー希望の小売価格は390万円〜になります。

5位 BMW 2シリーズクーペ

5位 は、ドイツの自動車メーカーBMW(ビーエムダブリュー)の2シリーズのクーペです。セダンという部類からBMWは、このクーペ・スポーツカーを生み出しました。クーペですのでスポーツモードはもちろんのことエコモードでの走行も可能です。おすすめは2014年から販売されているモデルで新車購入できます。 乗車定員は4名で平均燃費は12km〜・総排気量は1997~2997ccです。メーカー希望の小売価格は515万円〜となります。

4位 HONDA S660

4位は、日本の自動車メーカーホンダが2015年から販売しているクーペです。軽自動車規格のクーペのため小回りが効き日本の狭い道路事情に合った非常に運転しやすいおすすめの車です。2015年〜2016年の日本カーオブザイヤーでは、見事2位に輝きました。 乗車定員は2名で平均燃費は21.2km〜・総排気量は685ccです。メーカー希望の小売価格は198万円〜となります。

3位 MAZDA ロードスター

3位は、日本の自動車メーカーマツダのロードスターです。おすすめのポイントはエンジン、ボデー、サスペンションなどがすべてベストな状態になるよう開発されているところです。気持ちの良いハンドリングと加速を実現していることも魅力のクーペです。 乗車定員は2名で平均燃費は17.2km〜・総排気量は1496ccです。メーカー希望の小売価格は249万円〜となります。

2位 Mercedes-Benz C-Class

2位は、 ドイツの自動車メーカーメルセゼスベンツ(Mercedes-Benz)のCクラスクーペです。セダンという安定感と2ドアのベンツの良さを贅沢に使ったおすすめのクーペです。外観は、メルセゼスベンツの通常のセダンと似ていますが、Cクラスクーペは、車体の高さが低めにデザインされています。 乗車定員は4名で平均燃費は14.4km〜・総排気量は1595~1991ccです。メーカーの小売価格は504万円〜となります。

1位 TOYOTA 86

1位は、トヨタとスバルが共同開発した日本車の代表的なおすすめのクーペです。スバルの大きな特徴である、水平対向エンジンを採用しています。また、トヨタのこれまでの技術を細かなところまで再現されているクーペです。 車体の大きさやスタイリッシュな外観からとても人気の高いクーペです。2016年にマイナーチェンジしています。走りの楽しさを存分に味わえるおすすめの1台になっています。乗車定員は4名で平均燃費は11.8km〜・総排気量は1998ccです。メーカー希望の小売価格は262万円〜となります。

特徴別のクーペのおすすめ10選

特徴別のクーペのおすすめ10選をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかかでしょうか。

クーペの車としての乗り心地で選ぶならマツダのロードスターがおすすめです。足回りは硬すぎずに、段差などもいい感じに乗り越えてくれます。小さな車体ながら加速もグングンして本当に楽しいおすすめのクーペです。

新車

マツダのロードスターは、2015年〜2016年の日本カーオブザイヤーを受賞しています。「人馬一体」というコンセプトの元でライトに乗りこなせるスポーツカー、クーペとしてのできばえが評価されました。ドライビングも小さめの車体から生み出される、走りの楽しさを十分に感じることができます。おすすめの評価の高いクーペです。

スポーツ

BMWの2シリーズクーペは、2016年〜2017年の(カーオブザイヤー)エモーショナル部門賞を受賞しています。コンパクトなスポーツモデルとして完成度が高いことが評価されています。BMWの「駆け抜ける歓び」がとてもよく表現されているおすすめのクーペになっています。

初心者

誰もが乗りたいと憧れるクーペですが、クーペにもデメリットはあります。主にクーペは、2ドアが主流になっているます。後部座席への乗り降りのしやすさという点で目的を意識して、購入することをおすすめします。また天井が低く作られているので車内の居住空間は、狭く感じることでしょう。その分、デザインがカッコイイので妥協できると思われる人も多いのではないでしょうか。

タイヤ

クーペに合ったタイヤがあります。車が安全に走行する上で重要なのはタイヤです。自動車メーカーを調べてみるとそれぞれが承認したおすすめのタイヤメーカーがあります。その承認タイヤの中からクーペに合ったタイヤを選ぶことをおすすめします。

マニュアル

クーペやスポーツカーに乗るなら断然マニュアルをおすすめします。加速していく時の楽しさを存分に味わえます。何よりも自分が運転しているという意識がドライビングの面白みを引き出してくれます。マニュアル車のクーペを購入して本格的なスポーツ走行をぜひ、楽しみましょう。

4人乗り

ミニクーパーのクーペがおすすめです。ミニは、おしゃれなファッションカーで4人乗車できます。とてもお得感があるのではないでしょうか。クーペは、どうしても2ドアタイプのものが多いので、居住空間について満足度に得られないでしょう。 でも、このミニクーパーのクーペの実用性は、最大限の評価ができます。2ドアタイプなのに、4人乗車できるというのはおすすめできるポイントです。

維持費

クーペの特徴として排気量が多いことをイメージされる人は、多いのではないでしょうか。実際に燃費が良いとはいえないのでガソリン代がかかることは、考えておいた方がいいでしょう。日本車で燃費が良くおすすめできるのは、ホンダのS660です。国土交通省の審査ですと平均燃費は21.2km〜となっています。

居住性

クーペは、2ドアが多く、デザイン性を重視して屋根が低くワイドな特徴があります。居住性が犠牲になってしまうことがデメリットです。しかし、最近では、後席座席の居住空間が十分に確保できるクーペも登場しています。BMW(ビーエムダブリュー)の4シリーズのクーペなどがおすすめです。

エンジン

クーペで乗り心地やエンジンにこだわりたいという人もいるでしょう。ロータリーエンジン車のマツダが2012年6月まで生産されていたRX-8(アールエックス-エイト)があります。しかし、残念ながら生産が終了してしまっています。 中古市場では、お手頃価格のクーペとして購入が可能です。クーペは、どうしてもお値段が高いというデメリットがありますが、自分に合ったポイントでクーペを選ぶことも楽しみのひとつではないでしょうか。

自分に合ったクーペを選びドライブを楽しみましょう

今回、ご紹介したクーペの他にもさまざまなクーペの種類やメーカーがあります。おすすめしたいクーペは、外観のデザインがとてもかっこいいおしゃれなクーペです。また、クーペは、走ることの楽しさや快適なドライブを思う存分味わうことができます。それぞれの特徴を比較検討しながら、自分にとってぴったりの最高のクーペを選んでドライビングを楽しみましょう。

アクセスランキング