IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ベトナムのコンセントタイプ・主要都市のコンセントタイプ

更新日:2020年11月17日

おでかけ

ベトナムと日本では電圧が違いますし、コンセントの形状も違います。ベトナム旅行に電子器具を持っていく時に気をつけることや、電子器具を充電するのに、どの様に対処したらいいのかご紹介します。また主要都市ごとのコンセント事情もご紹介します。

のベトナム旅行

比較的安い値段で行くことができる東南アジアは海外旅行にの場所です。ベトナムのその1つです。美味しいベトナム料理、可愛いベトナム雑貨、素敵な街並みなど、ベトナムにはたくさんの魅力が詰まっています。そんなベトナムに一度行ってみたいと思う人も多いのです。

海外旅行に行く準備はワクワクするものの、何を準備したらいいのか不安になるという方も多いのも事実です。どんなものをスーツケースに詰めたらいいのかというのはもちろんのこと、コンセント事情も気になるところです。 髭剃り、カメラ、スマートフォンの充電を海外でするのことは可能なのかということについて不安に思う方も多いのではないでしょうか。国によって使用するコンセントのタイプ、アンペアは違います。 ちゃんと確認せずに旅行してしまうと、スマートフォンの充電ができなかったという悲惨な状況になりかねません。ではベトナムはどうでしょうか。ここではベトナム主要都市のコンセントタイプを詳しく紹介します。ベトナム旅行の前にチェックしてみましょう。

ベトナムのコンセントタイプってどうなっているの?

ベトナムはAタイプとCタイプのコンセントプラグが一般的です。そして多くの場合、Aタイプのものも、Cタイプのものも両方使える様に設定されたコンセントプラグが設置されています。また、稀にですが、BFタイプのものと、SEタイプのものがあります。 つまり地域によって違うということです。自分がベトナムのどの都市に行くのか、その都市ではどのコンセントのタイプが使われているのかを、よく調べることが大切です。

ベトナムのコンセント形状

先ほども少し触れましたが、ベトナムのコンセントの形状はAタイプとCタイプです。そしてBFタイプとSEタイプです。

Aタイプのコンセントって?

Aタイプのコンセントは日本と同じ形状です。コンセントの差し込み口には長方形の穴が2つ付いています。そしてコンセント電源プラグには長方形のピンが2つ付いています。日本と同じコンセントの形状なので、ホテルなど滞在先がこの形状のコンセント差し込み口の場合、変換プラグを使わずに、日本のものをそのまま使うことができます。

Cタイプのコンセントって?

Cタイプのコンセントの差し込み口にも穴が2つ付いていますが、差し込み口の穴は丸くなっています。そして、コンセント電源プラグも同じ様に丸い形をしたピンが2つ付いています。

BFタイプのコンセントって?

BFタイプのコンセントの差し込み口には長方形の穴が3つ付いています。1つは縦方向に、2つは横方向に並んだ状態で設置されています。上から見ると三角形の様になっています。コンセントの電源プラグには3つもしくは2つのピンが付いています。

SEタイプのコンセントって?

SEタイプは一見、Cタイプにの形状に似ています。しかしよくみて見ると、2つの穴の上にもう1つ小さな穴が付いています。これはアースピンです。またCタイプの穴に比べ、SEタイプの穴は大きいので、差し込む時に間違えない様に注意する必要があります。

ベトナムの一般的な電圧

ベトナムの電圧は地域によって違います。ほとんどの地域は220Vです。そして稀に、100Vの地域も見られます。 ここで注意したいのは、日本の電圧と、ベトナムの電圧は違うということです。日本の電圧は100Vです。日本で作られる電化製品は100Vの電圧に対応して作られているのです。 コンセントプラグの形式が一緒なので、忘れがちになりますが、220Vのものに対応していない電化製品の場合、コンセントに差し込んだ途端、ショートしてしまい電気製品が壊れます。それで、電圧にはくれぐれも注意しましょう。 自分の持っている電化製品がどの範囲の電圧に耐えられるのかは、電化製品のACアダプターに書かれています。例えば「100V〜240V」と書かれている電化製品の場合、変圧器なしでベトナムのコンセントに挿して使用することができますが、「100V」となっている場合、ベトナムのコンセントに挿して使用することはできません。 使用したい場合、変圧器を利用する必要があります。たいていの場合、パソコン、電気剃刀、スマートフォンなどは「100V〜240V」に対応しています。ヘアアイロンは、対応しているものとないものがあります。使用する前によく確認し、コンセントに差し込む様にしましょう。

初回公開日:2017年10月06日

記載されている内容は2017年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング