IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

シンガポールのコンセント情報・各ホテルでのコンセントの形状

更新日:2020年11月17日

おでかけ

日本からシンガポールへ行く時、荷物の中に少なくとも一つは電化製品が入っているでしょう。日本の電化製品をそのままシンガポールのコンセントで使用するためには必要なものがあることをご存知でしょうか。シンガポールのコンセントや電圧、必要なものについてご紹介します。

フォーシーズンズホテル

「フォーシーズンズホテル」は2014年に改装された客室数255部屋のホテルです。オーチャードロードと金融街から数分という中心部にあるホテルですが、ホテルは緑に囲まれており、とても落ち着いた静かな環境です。 アジアの美術品が1,500点以上飾られており、客室はアースカラーでまとめられているので、現代風で上品、落ち着いた雰囲気のホテルです。

コンセントと客室設備

フォーシーズンズホテルのコンセントタイプはBFタイプです。変換プラグが必要です。ホテルの客室にはポット、ドライヤー、アイロンがあります。ホテルでは数に限りはありますが、変圧器の貸し出しがあります。

変圧器や変換プラグの購入場所

変換器や変換プラグはホテルによって貸出を行っているところもありますが、数に限りがある場合がほとんどです。ご自身で準備する場合、どこで購入できるのでしょうか。 旅行用品を扱っているお店であれば大抵の店舗で購入することができます。旅行用品を取り扱っているお店が近くにない場合などはこちらをご参考ください。

ダイソー・100均

ダイソーなど100均のお店では変圧器はありませんが変換プラグは購入することができます。変圧器は必要な人、不要な人と分かれますが、シンガポールのコンセントを使用する上で変換プラグはマストアイテムです。 しかし、海外旅行の時しか使わない変換プラグにあまりお金を掛けたくない、と思われる方も多いでしょう。なるべくお金をかけずに変換プラグを準備したい方は100均の商品も検討してみてください。 実際に購入される際は、購入する変換プラグがシンガポールのコンセントに一番多いBFタイプに対応しているかの確認を忘れずにしてください。

amazon

ヤザワ 海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応

ヤザワ 電源変換プラグセット(Aタイプ→A/B/C/O/BFタイプ)HPS5-WH 海外で日本の電気製品が使える(世界主要国対応タイプ)
ヤザワ 電源変換プラグセット(Aタイプ→A/B/C/O/BFタイプ)HPS5-WH 海外で日本の電気製品が使える(世界主要国対応タイプ)

世界でも使用頻度の高いプラグ、Aタイプ・Bタイプ・Cタイプ・BFタイプ・Oタイプがセットになっています。変圧器ではなく変換プラグなので、ユニバーサルタイプではない電化製品を使用する場合は、これとは別に変圧器が必要です。 シンガポールのコンセントに対応していますが、このセットを持っておけば、シンガポール以外の国へ旅行する際にもその渡航先にあったプラグを持って行くことができます。

EU向けのスマホ急速充電器用に買いました。入力電圧はAC85~264Vなので日本のコンセントに変換です。 元々変換プラグは付属していましたが外れやすかったです、こちらの商品はシッカリ勘合して安心感があります、ただ充電器がそこそこ重いので直接コンセントからではなくテーブルタップ経由が良いです。

海外旅行用変圧器 Poweradd 電源タップ 200W 90V-240V to 100V-110V 変換プラグ付き

海外旅行用変圧器 Poweradd 電源タップ 200W 90V-240V to 100V-110V 変換プラグ付き Quick Charge 3.0 4つのUSBのポート 変換器 変圧 最大出力6A 軽量 旅行/出張
海外旅行用変圧器 Poweradd 電源タップ 200W 90V-240V to 100V-110V 変換プラグ付き Quick Charge 3.0 4つのUSBのポート 変換器 変圧 最大出力6A 軽量 旅行/出張

シンガポールへ行く際に、変換プラグと変圧器の両方が必要な方にする商品です。これ一台で、変圧器、変換プラグ、電源タップ、USB充電器、アダプターの5つの役割を担ってくれます。 スマホ、カメラ、パソコンなど充電が必要なものがたくさんある方にもです。コンパクトに収納できるケースが付属されているのも大変ありがたいです。

旅行用として購入しました。 ACアダプタとUSBポートの両方が搭載されているものを探していて、見つけた瞬間これだ!と即決しました。 実物は商品ページの写真の通りで、頑丈そうなので気に入りました。 ACコンセント3口とUSBポート4つがあるので、かなり便利です。

楽天

初回公開日:2017年11月27日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング