IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

中国のコンセント情報・中国の地域別でのコンセントの形状

更新日:2020年11月17日

おでかけ

中国は私たち日本人にとってビジネスでも観光でもパートナーとして不可欠な国の1つです。現地に渡航・滞在するに際し気になるのがコンセントの形状や電圧にまつわる事情です。今回は中国でビジネスや観光で滞在する予定のある方向けに中国のコンセント事情をご紹介します。

上海のコンセントの形状は?

外灘や豫園、中国版ディズニーランドなど、夜景がきれいな観光地が多い上海への旅行には、デジタルカメラが欠かせません。カメラを充電するのにもコンセントが必要です。また、中国経済の中心地でもあるため、ビジネスで上海を訪れる方も多く、ノートパソコンは不可欠な家電といえます。ここでは、上海のコンセントの形状について紹介します。 上海のコンセントについても、大陸で普及している2つ穴と3つ穴、2タイプの形状が並んだタイプです。一般的なホテルにはほぼ必ずこちらのタイプのコンセントが設置されているので、変換プラグは不要の場合がほとんどです。

大連のコンセントの形状は?

中国の都市の中でも多くの日系企業が進出しビジネスが盛んな大連には、長期出張や短期出張に行く人も多いのではないでしょうか。ここでは、大連のコンセントの形状について紹介します。 大連でも上海と同じように、2つ穴と3つ穴の2タイプの形状が並んだコンセントがあります。2つ穴の方は日本の製品をそのまま使うことができます。電圧も220Vと、日本のほとんどの製品、特にノートパソコンなどが対応している形状です。 出張中はノートパソコンやタブレット、スマートフォンなど、仕事で多くの電子機器を使います。これらの機器の充電や電源の環境は万全に整えておきたいところです。

西安のコンセントの形状は?

古くから歴代王朝の都として繁栄してきた歴史を持っているため、中国有数の観光都市である西安には歴史的な観光地を見ようと世界中から多くの観光客がやってきます。当然ながら、観光にはデジカメやスマートフォンが欠かせません。ここでは西安のコンセントの形状を見ていきましょう。 西安も中国大陸のやや奥側、陝西省にある関係からホテルであっても、また食堂や住宅であっても北京や上海と同じ2つ穴と3つ穴とが縦に並んだコンセントが採用されています。

成都のコンセントの形状とは?

三国志でおなじみの劉備玄徳が建てた蜀の首都であった成都には、三国志ゆかりの観光地がたくさんあります。また三国志以外にも、日本では見るところが限られているジャイアントパンダを見たり、四川料理を食べたりもできるところとしても有名です。ここでは、成都のコンセントの形状を見ていきましょう。 中国大陸の南西部に位置する四川省の中心都市であるためか、こちらも他の大陸各都市と同じように2つ穴と3つ穴が縦に並んだコンセントが採用されています。このため、観光地巡りに不可欠なデジカメやスマートフォンの充電、また滞在先で観光地を巡ってきたことをノートパソコン経由でSNSなどにアップすることも可能です。

深センのコンセントの形状は?

中国国内でも指折りの大都市の1つで、経済特区として繁栄している深センは、世界でも有数の金融都市です。そのため、ビジネス目的に訪れる方が非常に多く、商談や取引のために現地に行ったという読者の方も少なくないのではないでしょうか?ここでは、深センのコンセントの形状について見ていきましょう。 深センは広東省という中国大陸でも比較的南の方に位置しており、一応本土にありますが、コンセントの形状は大陸で普及しているそれとは少し違います。上半分側に丸い穴が4つ、それぞれの丸い穴と隣り合う形で横長の穴が2つ(日本の家電のプラグに対応したもの)あり、下半分は3つ穴のものがあるという特徴です。 これは、もともと深センがイギリスの租借地(その国の政府から借りた土地)であったことや経済特区として世界中から注目されている事情があり、世界中の何種類ものプラグに対応しているためです。

広州のコンセントの形状は?

中国南部の広東省の中心都市である広州も深センと同じく中国のめまぐるしい経済的な発展とともに発展している都市です。日本人のビジネスマンも多く駐在しており、またビジネスのために広州に出張するという方も多くいます。ここでは、広州のコンセントの形状について見ていきましょう。 広州でも大陸で普及している2つ穴と3つ穴の並んだコンセントが一般的です。ホテルでももちろんこのコンセントが設置されているため、ホテルで商談用の資料を作ったり、またその際にインターネットで調べ物をしたりするうえでノートパソコンを使うのも苦労しません。

香港のコンセントの形状は?

日本人にとってなじみのある観光地で、なおかつその夜景は「100万ドルの夜景」と呼ばれ、見どころも非常に多いのが香港の魅力的なところです。ここでは、香港のコンセントの形状について見ていきましょう。 ここでも、中国本土でおなじみの2つ穴と3つ穴が縦に並んだ形のコンセントなのかと思いきや、香港の場合は少し事情が違ってきます。香港のコンセントは細長い形の穴が三角形を描くような形に3ヶ所に施されているのが特徴です。 これは、もともと香港が19世紀から20世紀(1997年)にかけてイギリスの植民地だったことが大きく関係しています。イギリスの領土であったため、使われる電化製品もイギリスのものでした。イギリスの電化製品のプラグも3つのピンでできているため、それに対応したコンセントが設置されています。このため変換プラグは必須です。 なお、香港であっても電圧は中国本土と同じ220Vですので、ほとんどの場合変圧器も必要です。

マカオのコンセントの形状は?

マカオといえば、アジアでも有数のカジノがある都市で有名で、日本人でも日本国内では到底遊べない生のカジノを堪能するために多くの観光客が足を運んでいます。ここでは、マカオのコンセントの形状について見ていきましょう。 マカオもまた、香港と同じ3つのピンのプラグに対応するコンセントとなっています。マカオも1999年までポルトガルの領地でしたが、その事情もあって大陸とは異なるコンセントを採用してきました。 このため、日本の家電を使うには変換プラグが必要であることに加え、パソコンやスマートフォンといった100~240Vの電圧に対応した家電以外の場合は変圧器が不可欠です。

中国のコンセント事情を知ることは、快適な中国滞在に不可欠

初回公開日:2017年11月19日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング