IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タイのコンセント情報・タイのホテルのコンセントの形状

更新日:2020年11月17日

おでかけ

日本の電化製品はタイのホテルのコンセントでそのまま使えるの?スマートフォンやカメラの充電器、女子の必須アイテムであるドライヤーやヘアアイロンは?日本とタイのコンセントや電圧の違い、電化製品を使う際の注意点をご紹介します。

少し古い携帯電話

少し古い携帯電話をタイへ持って行き充電する場合は、充電器の対応電圧を確認してください。対応している電圧は、説明書や充電アダプターに表記があります。「110-240v」という表記されていれば、タイの電圧にも対応しています。また、付属品ではない充電アダプタなどを使用する時も、対応電圧を確認してから使用してください。

準備万端でタイへ出発!

普段、海外旅行に慣れているかたでも旅行前には「これは必要かな」「あれはどうするのかな」と何かと気になる点が出てくるでしょう。 中でも、スマートフォンやカメラは旅行中にも大活躍してくれるアイテムです。コンセントの形状や電圧のことを事前に知っておけば、出発前の心配もなくなります。スマートフォンが旅行先で使えると、現地へ行ってから困ることも軽減されるでしょう。 旅行先で必要なものと不必要なものを整理できれば、荷物の準備不足や反対に要らないものまでたくさん持って行く必要もなくなります。旅行上手な人は、事前にリサーチして行きの荷物は極力少なくし、帰りにたくさんの荷物を詰め込めるようにスーツケースのスペースを確保します。しっかり準備を整えたら、タイでの時間を楽しんできてください。

初回公開日:2017年11月11日

記載されている内容は2017年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング