IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アメリカのコンセント情報|形状/規格/アース・地域別

更新日:2020年11月17日

おでかけ

アメリカのコンセントは日本と同じAタイプが主流です。電圧は日本が100Vに対し、アメリカは110Vか120Vと高いので、変圧器が必要になります。最近の電化製品であれば、110V以上の電圧に対応しているものもあるのでご確認ください。

アメリカのコンセント情報

アメリカのコンセント情報をご紹介します。アメリカは日本からもツーリストが多く、また移住する人もとても多いです。親戚や家族がアメリカに住んでおり、遊びに行く際やアメリカに旅行に行く際に必要なのでが電化製品です。 特に、携帯やデジカメの充電が気になります。女性であれば、ヘアアイロンやドライヤーなど普段身支度をする際に必要なものを持っていくにしても使えるかが心配になります。事前にアメリカのコンセント情報をきちんと理解しておけば、日本のどんな電化製品もアメリカで使うことができます。

日本のコンセントとは?

まずは、日本のコンセントを知っておく必要があります。比べる対象を知らなければ、アメリカのコンセントを使って良いかの判断がつきません。日本のコンセントの形状はAタイプと呼ばれる形です。日本の電圧は100Vです。また、日本にはアース線がないコンセントばかりなので、電化製品のアースという言葉を耳にしたことがない方が多いでしょう。

形状

アメリカのコンセントの形状は、日本と同じ二つ穴のAタイプとBタイプになります。これらの二つ穴にアースが加わり、三つ穴であるタイプもあります。アメリカでは、ほとんどのコンセントの形状が日本と同じAタイプが使用されており、日本の電化製品を変換プラグなしに差し込むことができます。アメリカの電化製品を購入してもほぼAタイプの形状となっております。

規格

アメリカの電圧は120Vで周波数は60Hzです。アメリカに比べて日本の電圧は100Vなので、日本の電化製品をアメリカで使用する際は、変圧器が必要になります。 最近のスマホやIphoneの充電器には、変圧器が内臓されている充電器が多くなり、Aタイプの形状であれば、アメリカでもそのまま使用することができるものもあります。使用する前は、必ずご確認ください。対応していないものであれば、故障の原因になります。

アース

日本では、滅多に見られないアースがあるコンセントがアメリカにはあります。アースとは、漏電を防ぐ役割のもので通常はコンセントが二つ穴の場合であれば、アースが加わり三つ穴タイプとなっております。アースに対応していない電化製品であれば、コンセントの二つ穴のみを使用して製品を使用することもできます。 日本の電化製品は、とても性能が良いので漏電することはほとんどなく、アースが必要ありません。海外では、電化製品の事情が異なるのでアースが必要な地域もあります。

種類

アメリカのコンセントはAタイプ、Bタイプでありますが、その他にも世界には、Cタイプ、BFタイプ、B3タイプ、Oタイプ、SEタイプが存在します。日本以外の電化製品を海外で使用する場合も、コンセントの形状は変換プラグを使用するとアメリカでも電化製品を利用できます。また、電圧はその国のものを調べ、アメリカと同じ120Vであればそのまま使用することができます。

日本製の家電品をアメリカのコンセントで使う時の注意点と対処法

多くの日本人がアメリカでコンセントを使う場合の電化製品といえば、携帯やスマホIphoneやドライヤーなど旅行で必要なものです。日本の電化製品をアメリカで使う場合の注意点をご紹介します。ポイントさえ押さえてしまえばとても簡単なので、どのアイテムでも使用することができます。アメリカでよく使用される電化製品を中心にご紹介します。

iphone

iphoneは、デジカメのかわりに写メを撮ったり、wi-fiを使用して旅行のマップを使ったり、アメリカでも大活躍する電化製品です。まずは、コンセントはAタイプで同じであればそのまま使用できます。次に、確認しないといけないポイントが充電器の電圧です。 Iphoneは、全世界でもの電化製品なので、最近の充電器であれば「100-240V」まで対応の充電器があります。この「100-240V」とは100Vから240Vの地域に対応をしているという意味なので、120Vのアメリカでは変圧器なしにそのまま使用することができます。もし、この表記がないもので充電するとiphoneも充電器も故障してしうことがあります。

スマホ

初回公開日:2017年10月26日

記載されている内容は2017年10月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング