IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

台北や台湾のコンセント事情|WiFiが無料で使えるスポットご紹介

更新日:2020年11月17日

おでかけ

日本で普通に使っている電化製品でも、海外に行くとコンセントや送電されている電気の規格が違うため、そのまま利用することができない場合があります。台北の場合、規格や形状、送電規格はどのようになっているのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

台北と台湾のコンセントの電圧・周波数

電圧や送電の周波数は国によって違いがあります。日本であれば、「西日本で60ヘルツ」「東日本で50ヘルツ」になっています。そのため、日本国内でも西日本から東日本へ引越しする場合は、持って行く既存家電製品の周波数が対応しているか調べておく必要があります。 では、台湾や台北では変圧器は必要なのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

変圧器は必要なのか?

台湾や台北の電圧は日本より少し高い110Vで、周波数は60㎐となっているため、台湾や台北でも同じように日本の家電製品を変圧器なしで使用することが出来ます。 しかし、古い建物などでは電圧が110V 以上のところもありますので、やはり変圧器を持って行った方が無難でしょう。

日本の家電製品は台北や台湾でも使えるのか?

日本で製造され販売されている家電製品は、日本国内で送電される電気に適合されて作られています。台湾や台北では110V で送電されるため、ACアタブターや一体型の家電製品の場合は、対応電圧が記載されている電圧が、110Vに対応しているのか確認する必要があります。 ですが、基本的にはコンセントは日本と変わらないAタイプなので、通常の家電製品であれば問題なく使用することができます。

iphone

Appleが販売しているiphoneは、世界中を対象に製造されているため、さまざまな国のコンセントの規格に適合することが出来ます。では、台湾や台北でも日本で買ったApple社のiphoneなどは充電することが可能なのでしょうか。 Apple社の純正電源アダプターの場合、iphone5以降の互換性があります。電源アダプターはアメリカ、カナダ、日本、台湾、一部の南米諸国用に設計されているので、普段使用しているアダプターを台湾に持っていっても、そのまま使用することが可能です。

スマホ

スマホ用の電源アダプターは、キャリア純正のものから市販のものまで、色々な製品が販売されています。電源アダプターはAC100V~240V、周波数は50Hz~60Hzで設計されている場合がほとんどですので、台湾の110V60Hzに適応しています。 そのため、電源アダプターがスマホの本体規格に適合しているものであれば、台北や台湾でも使用することが可能です。

ドライアー

日本製のドライヤーを台北に持って行って使用することは可能ではありますが、壊れてしまうこともあります。日本製の家電製品は100Vが主になりますが、台北や台湾などでは110Vが主になるため、電圧の違いから故障する原因となる可能性もあります。 ですので、ドライヤーを使用する場合は240V対応までしているものか、海外使用と書いてあるものを持って行くと良いでしょう。

台北コンセントの注意点

台北のコンセントの形状は、日本と変わらない2穴式のものがほとんどのため、そのまま使用することが可能です。しかし、古い建物などではコンセントが使えない場合もあるため、変換プラグが必要になってきます。 また、3穴式の物もありますが、2穴式同様にそのまま差し込んで使用することが可能です。

台北でコンセントが使えるカフェ

初回公開日:2017年10月19日

記載されている内容は2017年10月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング