IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ミャンマーの物価情報|年代別/商品別/目的別・物価比較

更新日:2020年08月14日

経済

今回は、ミャンマーの物価について、あらゆる分野で日本と比較などを行い、物価が高いのか、安いのかについて、詳しくご紹介していきます。旅行の際には、とても参考となる内容のため、ミャンマーに出向く際にであり、ミャンマーに興味がある方にもです。

年代別のミャンマーの物価情報をご紹介

今回は、ミャンマーの物価について詳しくご紹介していきます。ミャンマーといえば、タイに比較的近い国であり、日本に比べて物価が安い国となっております。しかし、地方と都市では大きく物価に開きがあります。ショッピングなどを楽しむ際には覚えておきましょう。 それでは、ミャンマーの物価について、年代別に物価に変動が起きているのか、日本の商品とどのくらい物価に差があるのか、ホテルや食事に移動手段などの、価格もご紹介していきますので、一緒に見ていきましょう。

ミャンマーの通貨「チャット」

ミャンマーの通貨を「チャット」と言い、発行されている通貨の種類は「50ピャー、1、5、10、20、50、100、200、500、1,000、5,000、10,000チャット」と12種類の紙幣及び、硬貨があります。 しかし「50ピャー、1、5、10、20チャット」については、2015年以降、インフレーションが大きく起きているため、出回っていない通貨もあります。  日本円とチャットをレートで表すとおおよそ「100円=1000チャット」で長い期間安定していますので、単位が一つ多いと感じて頂けたら「いくらぐらいなのか」を予測することができます。

2017年の物価

それでは、ミャンマーの2017年の物価をみていきますが、全体的にミャンマーの統計を見て物価はあまり変化していない様子となっており「インフレ率6.50」となっております。 前年度である2016年は、「インフレ率6.77」と統計されており、少し市民の財布に優しい環境となったようで、海外の観光客が落ち着いて来たのも、物価に少し影響している背景にあります。

2015の物価

2015年は、物価が高い傾向にあり「インフレ率10.04」と2014年の「インフレ率5.11」よりも大きく全体的に物価が上昇している傾向にあります。 この年は、海外からの観光客が多かったため、物価が上昇してしまったミャンマーの市民には、経済的に負担のかかる年代になったと言えるでしょう。

ミャンマーとの物価を比較してみよう!

世界のほとんどで販売されている「ミネラルウォーター500ml」を日本とタイ、そしてミャンマーにて物価を比較していきます。 ちなみに、ミャンマーのミネラルウォーター500mlの価格は、「おおよそ20円」となっており、とても安い傾向にありますので、たくさん買うこともできますし、安い物価にて購入することができます。

日本の価格

私たちが住んでいる日本のミネラルウォーターの価格などをご紹介していき、ミャンマーとどのくらい物価に差があるのかを詳しく解説していきます。 日本での「ミネラルウォーター500ml」の価格は、おおよそ「120円」となっており、ミャンマーよりも6倍の物価となっており、ミャンマーのミネラルウォーターの物価が安いことがわかります。 「20円」のミネラルウォーターは、ミャンマーで売られている商品の価格であり、ミャンマー以外の海外産ミネラルウォーターであれば、少し高いこともありますが、ミャンマーでは、比較的にミネラルウォーターを安く購入できることがわかります。

タイの価格

次に、ミャンマーのお隣さんのタイの、ミネラルウォーターの価格の物価をご紹介していきます。タイのミネラルウォーターの物価は「おおよそ38円」となっております。 ミャンマーよりも、産業などが発展しており、海外からの観光客がミャンマーよりも多いため、比較的にミャンマーよりも、物価が高い結果となりました。 しかし、物価に大きく差があるミャンマーでは、日本よりもミネラルウォーターが安いことがわかります。

商品別でのミャンマーの物価をご紹介

次の分野は、商品別でミャンマーと日本の物価を比較していき「コーラ、ビール、タバコ」は「どのくらい価格に差があるのか」についてわかりやすくご紹介していきます。 商品別で、物価を見て行くことで、その国の物価がよくわかり、どんな商品が高いのか、安いのかについて知ることができます。 それでは、ミャンマーと日本の商品別に、物価をご紹介していきます。

コーラ

初回公開日:2017年11月09日

記載されている内容は2017年11月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング