IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ミャンマーの物価情報|年代別/商品別/目的別・物価比較

経済

今回は、ミャンマーの物価について、あらゆる分野で日本と比較などを行い、物価が高いのか、安いのかについて、詳しくご紹介していきます。旅行の際には、とても参考となる内容のため、ミャンマーに出向く際におすすめであり、ミャンマーに興味がある方にもおすすめです。

更新日時:

年代別のミャンマーの物価情報をご紹介

今回は、ミャンマーの物価について詳しくご紹介していきます。ミャンマーといえば、タイに比較的近い国であり、日本に比べて物価が安い国となっております。しかし、地方と都市では大きく物価に開きがあります。ショッピングなどを楽しむ際には覚えておきましょう。 それでは、ミャンマーの物価について、年代別に物価に変動が起きているのか、日本の商品とどのくらい物価に差があるのか、ホテルや食事に移動手段などの、価格もご紹介していきますので、一緒に見ていきましょう。

ミャンマーの通貨「チャット」

ミャンマーの通貨を「チャット」と言い、発行されている通貨の種類は「50ピャー、1、5、10、20、50、100、200、500、1,000、5,000、10,000チャット」と12種類の紙幣及び、硬貨があります。 しかし「50ピャー、1、5、10、20チャット」については、2015年以降、インフレーションが大きく起きているため、出回っていない通貨もあります。  日本円とチャットをレートで表すとおおよそ「100円=1000チャット」で長い期間安定していますので、単位が一つ多いと感じて頂けたら「いくらぐらいなのか」を予測することができます。

2017年の物価

それでは、ミャンマーの2017年の物価をみていきますが、全体的にミャンマーの統計を見て物価はあまり変化していない様子となっており「インフレ率6.50」となっております。 前年度である2016年は、「インフレ率6.77」と統計されており、少し市民の財布に優しい環境となったようで、海外の観光客が落ち着いて来たのも、物価に少し影響している背景にあります。

2015の物価

2015年は、物価が高い傾向にあり「インフレ率10.04」と2014年の「インフレ率5.11」よりも大きく全体的に物価が上昇している傾向にあります。 この年は、海外からの観光客が多かったため、物価が上昇してしまったミャンマーの市民には、経済的に負担のかかる年代になったと言えるでしょう。

ミャンマーとの物価を比較してみよう!

ミャンマーとの物価を比較してみよう!

世界のほとんどで販売されている「ミネラルウォーター500ml」を日本とタイ、そしてミャンマーにて物価を比較していきます。 ちなみに、ミャンマーのミネラルウォーター500mlの価格は、「おおよそ20円」となっており、とても安い傾向にありますので、たくさん買うこともできますし、安い物価にて購入することができます。

日本の価格

私たちが住んでいる日本のミネラルウォーターの価格などをご紹介していき、ミャンマーとどのくらい物価に差があるのかを詳しく解説していきます。 日本での「ミネラルウォーター500ml」の価格は、おおよそ「120円」となっており、ミャンマーよりも6倍の物価となっており、ミャンマーのミネラルウォーターの物価が安いことがわかります。 「20円」のミネラルウォーターは、ミャンマーで売られている商品の価格であり、ミャンマー以外の海外産ミネラルウォーターであれば、少し高いこともありますが、ミャンマーでは、比較的にミネラルウォーターを安く購入できることがわかります。

タイの価格

次に、ミャンマーのお隣さんのタイの、ミネラルウォーターの価格の物価をご紹介していきます。タイのミネラルウォーターの物価は「おおよそ38円」となっております。 ミャンマーよりも、産業などが発展しており、海外からの観光客がミャンマーよりも多いため、比較的にミャンマーよりも、物価が高い結果となりました。 しかし、物価に大きく差があるミャンマーでは、日本よりもミネラルウォーターが安いことがわかります。

商品別でのミャンマーの物価をご紹介

商品別でのミャンマーの物価をご紹介

次の分野は、商品別でミャンマーと日本の物価を比較していき「コーラ、ビール、タバコ」は「どのくらい価格に差があるのか」についてわかりやすくご紹介していきます。 商品別で、物価を見て行くことで、その国の物価がよくわかり、どんな商品が高いのか、安いのかについて知ることができます。 それでは、ミャンマーと日本の商品別に、物価をご紹介していきます。

コーラ

コーラ

世界中で人気のある「コーラ」で日本とミャンマーの物価を比較していき、どのくらい価格に差があるのかについて見ていきましょう。 日本で一般的に購入できる「コーラは一本あたり約100円」となっており、ミャンマーで購入できる「コーラは一本あたり約38円」と半額以上の価格です。 これだけ、コーラの価格に差があると、コーラ好きにとってはミャンマーが凄い良い国に思えてくるでしょう。 ぜひ、コーラ好きの方は、ミャンマーに旅行で行った際に、たくさん購入して見てはどうでしょうか。

ビール

ビール

次に、日本ではたくさんの種類が販売されて、魅力のあるアルコール飲料である「ビール」の価格を見ていき、ミャンマーとの物価を確認して見ましょう。 日本で一般的に販売されているビールは、「一本あたり約150円」となっており、ミャンマーで販売されているビールの価格は「一本あたり約75円」と約半額で購入できる結果になっています。 ミャンマーの方にとっては、この価格が普通だと感じているのでしょう。しかし、日本人からするといつもの一本の価格で、2本も購入できてしまいます。 ビール好きな方にとっても、ミャンマーはとても魅力的な国となるでしょう。

タバコ

タバコ

日本でも、あらゆる種類が販売されている「タバコ」の価格も、日本とミャンマーでくらべていき「どのくらい価格に差があるのか」について見ていきましょう。 日本で一般的に販売されているタバコ一箱の価格は「約440円」となっており、ミャンマーのタバコ一箱の価格は、「約140円」とまたまた安い結果となりました。 タバコ好きの方にとっては、たくさん購入できるのでメリットを感じますが、健康面を考えると、少し不安にも感じる方もおられるでしょう。 ミャンマーは全体的に日本に比べて物価が安いので、旅行に向かう際は、たくさん購入できたり、節約できたりするので、とても魅力のある国だと言えます。

目的別のミャンマーの物価情報をご紹介

目的別のミャンマーの物価情報をご紹介

次の分野では、日常で利用する物価がどのくらいなのかについて見ていきます。ホテルやアパート、タクシーなどの移動手段などや、一日の食費などをわかりやすくご紹介していきます。

アパートやホテルの価格

アパートやホテルの価格

賃貸アパートやマンション月5万円程度からあり「ミャンマー最大の都市のヤンゴンでは4000円」地方では800円から2500円程度で一泊することができます。 なので、日本に比べて宿泊費が安いので、ワンランク上のホテルやアパートを選択することができるでしょう。

おおよその旅行費用は?

おおよその旅行費用は?

ミャンマー旅行の際にかかる旅行費で大きくかかるのが、飛行機などの移動関連の価格です。 それ以外は、比較的に物価が安いため、費用を抑えることができます。 10日間程度のミャンマー旅行であれば「10万円から15万円」で、出向くことができ、十分楽しめる旅行に出ることができます。

一日の食事の価格

ミャンマーの食費であれば「一日あたり1000円程度」で思う存分食事をすることができます。 食事に関しても、ほぼ日本の価格で、倍の量の食事を堪能することができ、驚く方もおられるようで、たくさん食べることができて、とても満足したとの評判もあります。

移動手段の価格

移動手段の価格

ミャンマーの移動手段を利用した場合の、物価を見ていきましょう。 タクシーであれば「約95円から」乗ることができ、とても安い傾向にあります。他にも、移動の際に欠かせない、電車やバスの料金はとても安く、「9円から」乗車することができ、驚くほど安い傾向にあり、気軽に交通手段を利用することができます。 しかし、乗車環境は日本よりもあまり良くないため、少し負担がかかる可能性はあります。

ミャンマーは物価が安い!

ミャンマーは物価が安い!

これまで、ミャンマーの物価を見てきましたが、日本よりもほぼ全ての物が安く、日々利用する環境であっても安い価格で、使用することができますので、初めての海外旅行に選んでみるのもいいでしょう。 そして、食事なども安くたくさん食べることができ、グルメを楽しむのも費用があまりかからないので、とても楽しむことができるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング