IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年別の中国の物価・地域別の中国の物価・目的別の中国の物価

更新日:2020年08月14日

経済

中国は物価が安いと思われている方が多いですが、現在では、中国の都心部の物価は東京と同じくらいだと言われています。しかし、内陸部など地方によっては、物価がまだまだ安い地域もあるので、旅行で中国に行かれる際はぜひ参考にされてみてください。

お土産を買う

購入する場所によります。特に旅行で中国に来た場合は、デパートや市場で購入する事がほとんどですが、デパートは同じものでも市場と比べると10倍近く値段が高かったりします。その場合、値切るための交渉術が必要になりますが、市場のほうが安く買えます。デパートは、値段チェックのために利用するだけにしておいた方がいいでしょう。

中国への旅行はツアーが

中国の物価は一昔前と違い、かなり高くなっています。個人で、ホテルを予約しないで行ってみると驚くような金額がかかる場合もあります。ツアーではなくても事前の予約は大事です。長期滞在では自炊することもあるでしょう。自分の体のことを考えると多少高くても市場などよりスーパーのほうが安心できます。 これから中国に住む方は不動産も気になるところでしょう。ご紹介したどおり、不動産はとても高いです。収入の半分近くが家賃ということになりかねません。家電などは、安いものもありますが、安いものはすぐに壊れることが多いです。安い家電を購入する場合は、そういうものだと割り切りましょう。

旅行に行くなら物価は気にしすぎないで

中国の物価について、「安ければ衛生面的に気になる事が多い」「直ぐに壊れる」など、どちらかというとマイナスなイメージが多いでしょう。しかし、中国には、世界遺産や美しい景色がたくさんあります。お金のことばかり考えてしまうと楽しめないので、「少しくらい奮発してしまおう」くらいの気持ちで中国に行くと、きっと良い旅行になるでしょう。

初回公開日:2017年10月17日

記載されている内容は2017年10月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング