IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

韓国の物価情報|年代別/上昇率/商品別・韓国の物価比較

更新日:2020年08月14日

経済

今回は韓国の物価について詳しくご紹介していきます。日本より安い商品や高い商品、同等の商品など、あらゆる物価を比較し、旅行の際の基準にして頂けたら幸いです。他にも韓国と日本での料理の似通った部分と魅力的な部分を同時に解説していきます。

服の物価は?

韓国では、革製品や服に使われる素材の質が良いのに、日本と比べて安いと評判です。日本のアパレルショップで売られているシャツやジャケット、パンツ、革製品を使ったほぼ全ての服が、日本とあまり変わらない値段かそれ以下で、より高価な素材を使った服が購入できます。 例えば、トレンチコートが2,600円、ワンピース2,800円、シャツ2,000円程度とお手軽な価格で、質の高い商品が買えるのでな商品です。

焼肉の物価は?

韓国に旅行に行く方の目当てに、焼肉を食べたいからという方も多く、韓国での焼肉の物価についてご紹介していきます。韓国の定番の焼肉店の一人平均セットメニューが4,000円から6,000円程度なっており、日本とあまり変わらない物価と言えます。 しかし、食べ放題という魅力的な部分があり、とにかくたくさん焼肉を食べる方にとってはとても安い物価だと言えます。約6,000円で焼肉を思う存分食べることができ、おかずもお代わり可能なので、満足できる焼肉ライフを韓国なら堪能できるので、焼肉好きには大変です。

韓国の物価比較してご紹介

次は、韓国の物価はどの商品が「高いのか、安いのか、同じくらいなのか」などを詳しくご紹介していき、物価の比較をしていきます。韓国は、上位で述べたように、コスメや服や食事で言えば焼肉が安かったり、質が良かったりでしたが、他の商品が気になる方もおられるでしょう。 そのため、この物価に着目しわかりやすくご紹介していきます。ちなみに韓国の「ウォン」を円に変更して解説していき、お馴染みの4つの商品で日本と韓国の物価を比較していきます。

トイレットペーパーでの物価比較

それでは、日本人が誰でも知っているお馴染みの商品などで比較していき、どのくらい高い、安い、同じかを韓国の物価と比較していきましょう。 お手洗いの際に必要なトイレットペーパーで物価の比較をしていきます。トイレットペーパーは、日本の物価で「200円から400円」となっており、韓国の物価では1,000円から1,500円となっており、韓国はトイレットペーパーが高いことがわかります。 なぜ韓国のトイレットペーパーが高いのかというと、韓国では梱包している個数が多い傾向にあります。韓国では30ロールほどがワンセットになっており、大家族のようになっています。しかし、韓国のティッシュ類は高い傾向にありますので、もし韓国に行かれる際はティッシュ類を持参した方が良いでしょう。

ビニール傘での物価比較

次に、急な雨の際に役にたつことがあるビニール傘の物価を比較していきます。このビニール傘といっても、多種多様ですのでビニール傘の相場を比較していき、韓国との物価と比較していきます。 日本で販売されているビニール傘は約300円前後となっており、韓国で販売されているビニール傘は、200円前後と少し相場が落ち着いている傾向にあります。そのため、日本とはあまり物価が変わらない商品となりますので、折り畳み傘などを持参する必要はないでしょう。

タバコでの物価比較

次に、日本人もよく吸うタバコについて韓国との物価を比較していきます。それでは、日本のタバコの物価ですが、おおよそ400円から500円程度となっており、韓国でのタバコの販売価格は250円前後となっており、日本よりも安い傾向にあります。そのため、タバコ好きの方は韓国の旅行や主張は嬉しい場所となるでしょう。

ガソリンでの物価比較

次は、車を持っていたら必要になってくるガソリンの物価を比較していきます。ガソリンは、価格の中に半分前後の税金が含まれており、これが価格を圧迫している理由にもなったりします。それでは、日本のガソリン価格の相場をご紹介していきます。 日本のガソリン価格は、おおよそ153円となっており、韓国でのガソリンの物価は193円となっており、日本と比較すると高い傾向にありますので、もしレンタカーなどを利用する場合は、あらかじめ韓国でのガソリン価格を確認しておきましょう。

初回公開日:2017年10月23日

記載されている内容は2017年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング