IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

韓国の物価情報|年代別/上昇率/商品別・韓国の物価比較

更新日:2020年08月14日

経済

今回は韓国の物価について詳しくご紹介していきます。日本より安い商品や高い商品、同等の商品など、あらゆる物価を比較し、旅行の際の基準にして頂けたら幸いです。他にも韓国と日本での料理の似通った部分と魅力的な部分を同時に解説していきます。

2017の物価

次は、今年度の2017年の物価についてご紹介していきます。前年度の2016年のインフレ率が0.97に対して、2017年は1.80とかなり物価高の傾向にあります。この背景には「スタグフレーション」という景気衰退と共に物価上昇するという国民に負担がのしかかった年で、韓国人のいつもの食事が高騰し、外食産業全体の価格が4〜7%の物価上昇となりました。 韓国人の給料は変わらずか下落しているのに、物価は上がるという災厄の経済状況となっており、商品を買う人たちの財布に直撃し国民の負担が多い年となっております。

韓国の食文化についてご紹介

次に、日本と似通った部分もありますが、韓国の食文化をご紹介していきます。少し最初に解説すると、日本で使われている醤油や味噌などが使われていたり、ニンニクやショウガなどの調味料を使ったものまであり、日本でお馴染みの材料が出てきたりして安心することでしょう。 しかし、名称が同じでも味覚や風味が違ったりするので、韓国で料理をいただく際に試していただくのをお勧めします。

韓国料理の特徴は?

韓国料理の特徴は、日本と似通った部分があり、お米を使った料理が普段の食卓に登場します。他にも、日本料理でお馴染みの焼肉や魚を煮たり、野菜を茹でたりとあまり違いが見られません。そのため、旅行に行かれた際は、少しホッとする場面があるのですが、韓国では調味料がそのまま使われたりと、刺激的な料理が多く中国に似通った部分も持ち合わせております。

調味料が魅力的

日本と同じ材料や調味料が使われたする韓国ですが、韓国は調味料に使われる材料の調理の仕方が日本とは違い、そのまま粉末にして使用したり、生のまま利用したりと大変刺激的な利用方法が用いられます。 主に、ニンニクやネギ、生姜や玉ねぎなどの独特な刺激感が堪能できる、少し変わった料理をいただけるので魅力的だと言えます。 この材料の中でも、ニンニクが一番韓国では利用されており、日本人が旅行に行くとスタミナ料理が多いと評判で、お店によってはおかずのお代わりが自由なので、たくさん食べたい人にも魅力的な食文化と言えます。

醤油と味噌が結構使われている

韓国での料理には、日本と似通ったもう一つの特徴の醤油や味噌が調味料として使われる傾向にあります。見た目は、日本の醤油や味噌と変わりなく、最初はびっくりすることでしょう。 しかし、料理を口にしてみると味覚や風味が少し違い、日本人からすると少し濃い味に感じる方が多いと言われており、これにすごく辛い唐辛子や大豆を発酵させた納豆に近い調味料があります。日本でも中華料理店に行ったことがある方なら、一度は聞いたことがある「コチュジャン」や「チョングッチョン」という調味料が韓国では主に利用されています。

韓医学が重視された健康的な料理が豊富

日本は長寿国として有名ですが、韓国も世界と比較すると長生きする人が多い傾向にあります。これには理由があり、韓国には「韓医学」という古代中国の医学を参考にした古代の医学が、今もなお受け継がれております。 普段から体に良い食べ物を食べることで、人口的に作り出した薬品よりも良い体を作るという考え方であり、特徴的な医学となっております。韓国での料理はこれを基にした薬膳料理が良く提供され、韓国で料理をいただく際にはいただくことができるでしょう。 この料理を食べることで、普段から自然治癒力を高めていつも元気でいられます。韓国料理の魅力と発展をより早く導いたことが考えられるでしょう。

商品別でみる韓国の物価をご紹介

次は、韓国のコスメやアパレル商品や、韓国と言えば焼肉の商品別に物価をご紹介していき、韓国はどんなものが安いのか高いのかについて詳しく解説していきます。

コスメの物価は?

韓国でのコスメ商品、主に女性が取り扱う化粧品が安いと評判で、安くても物価自体なので質が良くてとにかく可愛いプチプラコスメが大と言えます。 マスカラや美容パックなどの全般が安い傾向にあり、日本円でマスカラが600円程度、美容パックは100円、化粧水が1,000円、マニキュアが300円、バラマキ用の美容パックについては、日本と比べて半額の100円程度で購入できてしまいます。とにかく、女性にとって嬉しい商品が安くて質が良いので、旅行の際には購入して帰る方も多くいます。

初回公開日:2017年10月23日

記載されている内容は2017年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング