IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

韓国の物価情報|年代別/上昇率/商品別・韓国の物価比較

経済

今回は韓国の物価について詳しくご紹介していきます。日本より安い商品や高い商品、同等の商品など、あらゆる物価を比較し、旅行の際の基準にして頂けたら幸いです。他にも韓国と日本での料理の似通った部分と魅力的な部分を同時に解説していきます。

更新日時:

韓国の情報や年代別物価情報についてご紹介

韓国の情報や年代別物価情報についてご紹介

今回は、韓国のちょっとした事情や年代別の物価の推移「どのくらいの日本円で韓国のお買い物や料理を楽しめるのか」などを詳しくご紹介していき、韓国の旅行や出張の約に立つ情報をわかりやすくご紹介していきます。

韓国についてご紹介

韓国についてご紹介

日本で一番近い海外として、海外旅行に人気な韓国の物価や日本と少し違った食文化もつ魅力的な部分をご紹介していきます。 韓国は、世界の中でもIT化が急速に発展した国で、大企業となった「サムスン」や「LG電子」に、日本でも有名となった自撮りアプリの「SNOW」は韓国が手がけたアプリで、街中でもWiFiが使える場所が多く、ITの国と言っても良いほどに韓国はネット社会として有名です。 そして、韓国の通貨は「ウォン」という通貨であり、おおよそ「1000ウォンで100円の価値」となっており、韓国で買い物をする際は「0を一つ少なく」して考えれば、簡単に価格や物価が予想できます。次の分野では、この韓国の通貨である「ウォン」についてわかりやすくご紹介していきます。

韓国の通貨「ウォン」とは?

韓国の通貨「ウォン」とは?

韓国の通貨である「ウォン」について解説していき、紙幣や硬貨の種類と韓国の人たちのキャッシュ事情について詳しくご紹介していきます。 この「ウォン」には、日本と同様で硬貨と紙幣が発行されており、韓国の「ウォン」紙幣の種類は「1000ウォン札」「5000ウォン札」「10000ウォン札」「50000ウォン札」と4つの紙幣があります。 次に、硬貨の種類は「10ウォン札」「50ウォン」「100ウォン」「500ウォン」と4つの硬貨が発行されております。韓国では、紙幣が「1000ウォン札」で、日本であれば100円程度から紙幣があるということで、韓国の人たちは現金にあまり硬貨を持たない傾向にあり、日本よりも少し財布が軽くなり負担が減るので少し嬉しいことでしょう。

韓国は日本よりキャッシュレスが進んでいる?

韓国は日本よりキャッシュレスが進んでいる?

先ほど通貨の説明をした際に、硬貨を持つ人が少ない理由には、日本よりキャッシュレスが進んでいるからで、少額からのクレジット決済が可能なのと、カード払いを拒否するお店があまりないこと、最先端のスマホをフルに利用したスマホ決済の導入が盛んなのも硬貨を持たない傾向を押し上げている理由になっています。 韓国は、世界に優秀なIT人材を進出させており、韓国の有名企業「サムスン」や「LG電子」の上場が韓国をIT化に導いて言ったとも言えます。この要因が、韓国の物価にも影響している理由の一つにもなっております。

韓国の年代別物価情報をご紹介

韓国の年代別物価情報をご紹介

次は、韓国の物価情報を年代別にしてご紹介していき「物価は上昇しているのか」「下降しているのか」について理解が深まるように解説していき、韓国での物価がどのくらい変動しているのかについてご紹介していきます。

2015の物価

韓国の2015年度の物価は、前年度の2014年度より低く、インフレ率「物価上昇率」は0.71となっており、前年度の1.28より下回る結果なっております。背景の理由には、この頃の韓国の経済位は衰退しており、企業の成長率も悪く消費者があまり商品を買わなかったため、物価が下落したと言えます。 そのため、食事や宿泊費や移動に必要なタクシー代やバスの料金が安くなった傾向にあります。この2015年度は、他の年代と比べて物価が安かった傾向にあります。

2016の物価

次に、韓国の2016年度の物価が他の年代と比較してご紹介していきます。この2016年は、韓国では大変大騒ぎ起きた年であり「韓国危機論」という騒ぎが発生し、簡単に説明すれば、製造業が好景気によって未来投資をせずに現状維持を行なっており、景気は後退しているのを警告するために、韓国政府はこの騒動を掲げました。 これにより、少しは改善したのか2015年度と比べてインフレ率が0.97と上昇し、韓国での物価は少し上昇しました。しかし、体感的には2015年度と変わりなく、国民の生活にはあまり変化はなかったと言われております。

2017の物価

次は、今年度の2017年の物価についてご紹介していきます。前年度の2016年のインフレ率が0.97に対して、2017年は1.80とかなり物価高の傾向にあります。この背景には「スタグフレーション」という景気衰退と共に物価上昇するという国民に負担がのしかかった年で、韓国人のいつもの食事が高騰し、外食産業全体の価格が4〜7%の物価上昇となりました。 韓国人の給料は変わらずか下落しているのに、物価は上がるという災厄の経済状況となっており、商品を買う人たちの財布に直撃し国民の負担が多い年となっております。

韓国の食文化についてご紹介

韓国の食文化についてご紹介

次に、日本と似通った部分もありますが、韓国の食文化をご紹介していきます。少し最初に解説すると、日本で使われている醤油や味噌などが使われていたり、ニンニクやショウガなどの調味料を使ったものまであり、日本でお馴染みの材料が出てきたりして安心することでしょう。 しかし、名称が同じでも味覚や風味が違ったりするので、韓国で料理をいただく際に試していただくのをお勧めします。

韓国料理の特徴は?

韓国料理の特徴は、日本と似通った部分があり、お米を使った料理が普段の食卓に登場します。他にも、日本料理でお馴染みの焼肉や魚を煮たり、野菜を茹でたりとあまり違いが見られません。そのため、旅行に行かれた際は、少しホッとする場面があるのですが、韓国では調味料がそのまま使われたりと、刺激的な料理が多く中国に似通った部分も持ち合わせております。

調味料が魅力的

日本と同じ材料や調味料が使われたする韓国ですが、韓国は調味料に使われる材料の調理の仕方が日本とは違い、そのまま粉末にして使用したり、生のまま利用したりと大変刺激的な利用方法が用いられます。 主に、ニンニクやネギ、生姜や玉ねぎなどの独特な刺激感が堪能できる、少し変わった料理をいただけるので魅力的だと言えます。 この材料の中でも、ニンニクが一番韓国では利用されており、日本人が旅行に行くとスタミナ料理が多いと評判で、お店によってはおかずのお代わりが自由なので、たくさん食べたい人にも魅力的な食文化と言えます。

醤油と味噌が結構使われている

醤油と味噌が結構使われている

韓国での料理には、日本と似通ったもう一つの特徴の醤油や味噌が調味料として使われる傾向にあります。見た目は、日本の醤油や味噌と変わりなく、最初はびっくりすることでしょう。 しかし、料理を口にしてみると味覚や風味が少し違い、日本人からすると少し濃い味に感じる方が多いと言われており、これにすごく辛い唐辛子や大豆を発酵させた納豆に近い調味料があります。日本でも中華料理店に行ったことがある方なら、一度は聞いたことがある「コチュジャン」や「チョングッチョン」という調味料が韓国では主に利用されています。

韓医学が重視された健康的な料理が豊富

日本は長寿国として有名ですが、韓国も世界と比較すると長生きする人が多い傾向にあります。これには理由があり、韓国には「韓医学」という古代中国の医学を参考にした古代の医学が、今もなお受け継がれております。 普段から体に良い食べ物を食べることで、人口的に作り出した薬品よりも良い体を作るという考え方であり、特徴的な医学となっております。韓国での料理はこれを基にした薬膳料理が良く提供され、韓国で料理をいただく際にはいただくことができるでしょう。 この料理を食べることで、普段から自然治癒力を高めていつも元気でいられます。韓国料理の魅力と発展をより早く導いたことが考えられるでしょう。

商品別でみる韓国の物価をご紹介

商品別でみる韓国の物価をご紹介

次は、韓国のコスメやアパレル商品や、韓国と言えば焼肉の商品別に物価をご紹介していき、韓国はどんなものが安いのか高いのかについて詳しく解説していきます。

コスメの物価は?

コスメの物価は?

韓国でのコスメ商品、主に女性が取り扱う化粧品が安いと評判で、安くても物価自体なので質が良くてとにかく可愛いプチプラコスメが大人気と言えます。 マスカラや美容パックなどの全般が安い傾向にあり、日本円でマスカラが600円程度、美容パックは100円、化粧水が1,000円、マニキュアが300円、バラマキ用の美容パックについては、日本と比べて半額の100円程度で購入できてしまいます。とにかく、女性にとって嬉しい商品が安くて質が良いので、旅行の際には購入して帰る方も多くいます。

服の物価は?

服の物価は?

韓国では、革製品や服に使われる素材の質が良いのに、日本と比べて安いと評判です。日本のアパレルショップで売られているシャツやジャケット、パンツ、革製品を使ったほぼ全ての服が、日本とあまり変わらない値段かそれ以下で、より高価な素材を使った服が購入できます。 例えば、トレンチコートが2,600円、ワンピース2,800円、シャツ2,000円程度とお手軽な価格で、質の高い商品が買えるのでおすすめな商品です。

焼肉の物価は?

韓国に旅行に行く方の目当てに、焼肉を食べたいからという方も多く、韓国で人気の焼肉の物価についてご紹介していきます。韓国の定番の焼肉店の一人平均セットメニューが4,000円から6,000円程度なっており、日本とあまり変わらない物価と言えます。 しかし、食べ放題という魅力的な部分があり、とにかくたくさん焼肉を食べる方にとってはとても安い物価だと言えます。約6,000円で焼肉を思う存分食べることができ、おかずもお代わり可能なので、満足できる焼肉ライフを韓国なら堪能できるので、焼肉好きには大変おすすめです。

韓国の物価比較してご紹介

韓国の物価比較してご紹介

次は、韓国の物価はどの商品が「高いのか、安いのか、同じくらいなのか」などを詳しくご紹介していき、物価の比較をしていきます。韓国は、上位で述べたように、コスメや服や食事で言えば焼肉が安かったり、質が良かったりでしたが、他の商品が気になる方もおられるでしょう。 そのため、この物価に着目しわかりやすくご紹介していきます。ちなみに韓国の「ウォン」を円に変更して解説していき、お馴染みの4つの商品で日本と韓国の物価を比較していきます。

トイレットペーパーでの物価比較

トイレットペーパーでの物価比較

それでは、日本人が誰でも知っているお馴染みの商品などで比較していき、どのくらい高い、安い、同じかを韓国の物価と比較していきましょう。 お手洗いの際に必要なトイレットペーパーで物価の比較をしていきます。トイレットペーパーは、日本の物価で「200円から400円」となっており、韓国の物価では1,000円から1,500円となっており、韓国はトイレットペーパーが高いことがわかります。 なぜ韓国のトイレットペーパーが高いのかというと、韓国では梱包している個数が多い傾向にあります。韓国では30ロールほどがワンセットになっており、大家族のようになっています。しかし、韓国のティッシュ類は高い傾向にありますので、もし韓国に行かれる際はティッシュ類を持参した方が良いでしょう。

ビニール傘での物価比較

ビニール傘での物価比較

次に、急な雨の際に役にたつことがあるビニール傘の物価を比較していきます。このビニール傘といっても、多種多様ですのでビニール傘の相場を比較していき、韓国との物価と比較していきます。 日本で販売されているビニール傘は約300円前後となっており、韓国で販売されているビニール傘は、200円前後と少し相場が落ち着いている傾向にあります。そのため、日本とはあまり物価が変わらない商品となりますので、折り畳み傘などを持参する必要はないでしょう。

タバコでの物価比較

タバコでの物価比較

次に、日本人もよく吸うタバコについて韓国との物価を比較していきます。それでは、日本のタバコの物価ですが、おおよそ400円から500円程度となっており、韓国でのタバコの販売価格は250円前後となっており、日本よりも安い傾向にあります。そのため、タバコ好きの方は韓国の旅行や主張は嬉しい場所となるでしょう。

ガソリンでの物価比較

ガソリンでの物価比較

次は、車を持っていたら必要になってくるガソリンの物価を比較していきます。ガソリンは、価格の中に半分前後の税金が含まれており、これが価格を圧迫している理由にもなったりします。それでは、日本のガソリン価格の相場をご紹介していきます。 日本のガソリン価格は、おおよそ153円となっており、韓国でのガソリンの物価は193円となっており、日本と比較すると高い傾向にありますので、もしレンタカーなどを利用する場合は、あらかじめ韓国でのガソリン価格を確認しておきましょう。

初めての海外旅行なら韓国がおすすめ

初めての海外旅行なら韓国がおすすめ

日本と近い国なだけに似通った部分が多くあり、料理から生活用品も言葉が相違しますが、見た目で判断ができるので、旅行の際にもとてもわかりやすく初めての海外への移動に便利です。 物価のことを全般としご紹介してきましたが、女性の方に嬉しいコスメ商品が安くて、服も質がいい商品が日本より多く、韓国に移動の際にはぜひお持ち帰りしたい商品となるでしょう。 そして、韓国料理にも日本と違った魅力的な部分があり、ぜひ旅行や出張の際には料理を楽しみの一つとして出向くのも良いのでおすすめです。

関連タグ

アクセスランキング