IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

マレーシアの年代別物価情報と上昇率・商品別物価情報

更新日:2020年08月14日

経済

現在、大の移住先でテレビなどのメディアで特集されているマレーシア。マレーシアの物価は、日本の3分の1とも言われますが、本当なのでしょうか。マレーシアの物価について、家賃、食事、タバコ、お酒、年代別など、さまざまな角度からまとめてあります。

マレーシアは喫煙率が見るからに高い。

タバコは、スーパーに売っていて、大体13~14リンギットで統一されていた。日本円で、500円程度だから、あまり日本と変わらない気がする。 それでは、なぜ喫煙率が高いのか?聞いた話では、7リンギット程度のタバコ銘柄もあるそうだ。日本も安いタバコがあるから、恐らく味は落ちるが、その分安いのだろう。 そして更に安さを求めるなら、インドネシアから、密輸入した製品なら、3リンギットからラインアップがあるそうだ。タバコのライセンスを持ったお店では、当然買えないけど、自分なら同じ製品なら、密輸入品を買うと思う。

マレーシアのタバコは、だいたい日本と同じくらいの物価です。一方で、マレーシアでは、密輸入されたタバコが相当破格で売られているということもあるそうで、そういったタバコを吸う人が多いためか、喫煙率が高いです。安い銘柄のタバコはそれなりの味がするということです。

食事

マレーシアの食事は、テレビなどのメディアでもよく紹介されていますが、大衆食堂での食事がとてもリーズナブルです。マレーシアには大衆食堂のようなお店が多くあり、テレビ番組で紹介されていた移住者の若い女性の方も、自炊はほとんどせず、近くにある食堂でご飯を食べていました。 ただし、注意したいのは、東南アジアの「衛生面」です。東南アジアの旅行でつきものなのが、現地の屋台や市場で食べたものでおなかを壊してしまうといったトラブルです。そういった点も含めのお値段ということで、自己責任でお店を探すのが賢明です。

年代別マレーシアの物価情報と上昇率

マレーシアの物価上昇率ですが、外務省の資料によると、2013年~2016年までの物価上昇率は、2014年が3.1%、2015年が2.1%、2016年が2.1%で、年々上昇しているのがわかります。それでは、いったいマレーシアで実際ここ3年間で物価がどのように変化したのか、2015年~2017年物価について見ていきましょう。

2015年のマレーシアの物価

マレーシアでの物価は、日本の3分の1というイメージがありましたが、実際には日本と同等か、もしくは日本からの輸入食材では、かなり割高になる傾向があります。実際にマレーシアの食材を使って年代別に比較しているブログがありましたので、その情報をもとにご紹介します。 2015年時点での為替レート(1RM=34円)で円建てに換算して計算すると、キャベツは3.22RM(日本円でおよそ107円)、トウモロコシは3.2RM(日本円で109円)など、日本と比べてさほど大差がないように思えます。それでは、年々物価が上昇しているマレーシアの翌年の物価はどうなっているのでしょうか。 次に2016年時点での物価をご紹介します。

2016年のマレーシアの物価

2016年のマレーシアの物価はどうなったのでしょうか。 一つ、海外の物価を判断する基準として、為替の換算がありますが、2015年の1RM=34円から2016年の1RM=28円になったことで、「相対的に物価は安くなった」ということになります。 同じ食材で比べてみると、トウモロコシは2.9RMですが、日本円でおよそ81円になり、2015年の物価より低下しています。前年の2015年がトウモロコシで比べてみると3.2RMですので、0.3RMほどお安くはなっていますが、物価の動きより、日本人の私たちからすると為替の値動きから、相対的に安くなっている感覚のほうが大きいです。 もちろん、マレーシア国内での物価の動きもありますが、それ以上に為替の変化が私たち日本人のマレーシアの物価に対する感覚には影響するといえそうです。

2017年のマレーシアの物価

さらに、今年のマレーシアの物価はどうなったのでしょうか。 2017年も、2016年と比べて、為替レートが変動した関係で相対的に物価は安くなっています。しかしながら、物価自体はあまり変わらず、トウモロコシは相変わらず2.9RMで、日本円に換算すると75円です。 こうしてみてみると、マレーシアの物価水準もそうですが、マレーシアに滞在する日本人にとっては、物価水準より為替レートのほうが金銭感覚にダイレクトに反映されそうです。 これからマレーシアに旅行する日本人にとっては、旅行費などを考える際、物価が大切な指 標になるのは間違いないですが、長期滞在で数年間の物価の値動きを考えると、物価の動きに加えて、為替の値動きによって相対的にマレーシアの物価が上がったり、下がったりといった感覚を持つでしょう。

移住者続出の大マレーシアの物価

初回公開日:2017年10月29日

記載されている内容は2017年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング