IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日本と比較フィリピンの物価と旅行の予算・安いものと高いもの

更新日:2020年08月14日

経済

成田から約4時間30分できれいな海のあるフィリピンは、物価が安く過ごしやすい国と言われています。フィリピンで人々の親切さを感じながら旅行を楽しんでみませんか。物価が安いので、普段なかなか体験できないマリンスポーツやエステを受けるのも良い経験になるでしょう。

空港や観光地だと少し高くなりますが、現地のスーパーマーケットや市場など地元の人と近い生活をするとかなり予算を抑えることができます。例えば日本でミネラルウォーターを購入すると、1本80円程ですが、現地だと30ペソで購入ができます。日本円で考えると約67円です。 フィリピン旅行は3泊4日で組んでいることが多く、4日×10,000円で40,000円となります。マッサージ付きのプランやオプションがつくと、最低でも120,000円~250,000円程必要になりますが、往復航空券とホテルのみのフリープランの場合は、150,000円あれば十分に楽しむことができるでしょう。

定番のアクティビティは?

セブで定番のアクティビティは、「アイランドホッピング」と呼ばれるセブ島近海をボートをレンタルして遊びに行くアクテイビティです。セブ島にはいくつか離島がありエメラルドグリーンの海を見られるということで、となっています。 アイランドホッピングは2,000円で体験することができます。

フィリピンの安い物は?

食事

物価率の低いフィリピンでは、食事、洋服、マッサージなど普段良く使うものが、安く利用できます。フィリピンはお米の消費量が世界第7位と言われるほど、お米が大好きです。お米はパサパサとした触感でチャーハンやスープの中に入れて食べるのに向いています。箸では掴めないので、手またはスプーンですくって食べます。

お米の販売

フィリピンでは、ラーメンやスパゲッティーなどの麺類を食べるときも、お米をメインにして食べます。そのため日本では考えられませんが、お米が50㎏単位の袋で販売しています。日本人もお米が好きな方が多いですが、お米の消費量が第50位と言われているので、その差に驚かれる方も多いのではないでしょうか。また、計り売りも行っており、1㎏当たりが約160円の販売となっています。

フィリピンのローカルフードは?

フィリピンはお米とお肉好きで知られていますが、有名なローカルフードはカレカレ、シシグ、アドボです。一食100円程度で食べることができます。日本では100円ですと、おにぎり1個か菓子パンを少し食べられないので、物価が安い国ならではです。

洋服

フィリピンでは洋服も安いです。1着が100円ほどなので、ブランドにこだわらない方ならたくさん洋服を買うことができます。電車や飛行機などの交通機関ではエアコンが利いているので、羽織るものがあると良いですが、家の中や外にいるときは、一年中半袖1枚で過ごすことができます。

エステ

フィリピンでも日本と同じでホテルや空港など観光客がたくさん行く場所は、1時間で2,500円以上しますが、地元にあるサロンは1時間で1,000円以下で利用できるところもあり、手頃なので、留学中に毎日のように通う人もいると言われています。

マッサージ

フィリピンの伝統的なマッサージの一つに「ヒロット」というのがあります。普通のマッサージは筋肉に対して垂直に押しますが、ヒロットは平行に押します。そのため、施術後の揉み返しが少ないという特徴があります。ホテルで受けても75分で約2,500円です。日本ではマッサージを受けると2倍以上するので、物価が安い国ならではです。

初回公開日:2017年10月19日

記載されている内容は2017年10月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング