IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

タイの物価情報|2017/2016/2015・他の国との物価比較

更新日:2020年08月14日

経済

タイの物価は外食費、交通費、宿泊費を見てみると安いことがわかります。その要因の一つとして、人件費が世界的にも安いことが挙げられます。人件費によってタイの物価が安くなっているため、人件費が今後上がれば、物価も上昇すると考えられます。

年代別のタイの物価情報

タイは日本と比べると物価が安く、家賃もおてごろで、日本のように夏と冬の差が激しくなく一年を通して住みやすいので、老後をタイで暮らそうと考えている人も多くいます。では、実際のところ、本当にタイは日本と比べると、住みやすいところなのか紹介していきます。 まず、紹介する前提として、タイの中でもバンコクやプーケットやその他地方では物価が大きく異なってきます。東京に住むのと、過疎化が進んでいる地方に住むことを想像するとわかりやすいですが、タイも日本と同じ物価状況です。そこで、以下では年代別かつ都市部と地方で分けて、物価情報をお届けします。

2017年の物価 バンコク

タイの都市部の中でもバンコクの物価をここでは紹介します。他にも主要都市はありますが、一般的にタイというとバンコクが取り上げられることが多々あるため、ほかの主要地域は後程まとめてご紹介いたします。 また、ここで挙げられている物価は一例ですので、実際店舗等によって異なることがあることはご了承ください。

2017年の物価 バンコク 交通費

まず交通費です。主な金額はタクシーの初乗り運賃35バーツ、バス(エアコンなし)8バーツ~、バス(エアコンあり)15バーツ~、地下鉄15バーツ~、トゥクトゥク50バーツ~です。トゥクトゥクは交渉次第では、さらに安くすることもできます。 これを日本円に換算すると、1バーツあたり約3.3円なので、タクシーの初乗り運賃115.5円、バス(エアコンなし)26.4円~、バス(エアコンあり)49.5円、地下鉄49.5円、トゥクトゥク165円となります。

2017年の物価 バンコク 外食費

次にタイ料理です。料理に関しては屋台とレストランでは値段が大きく異なってくるため、ここでは両方を紹介していきます。最初は屋台相場です。 ラーメン35バーツ、トムヤムクンスープ40バーツ、パパイヤサラダ30バーツ、焼き鳥10バーツ、フルーツ(パイナップル)20バーツです。日本円に換算すると、ラーメン115.5円、トムヤムクンスープ132円、パパイヤサラダ99円、焼き鳥33円、フルーツ(パイナップル)66円となります。 一方レストランの相場は次のようになります。ラーメン70バーツ、トムヤムクンスープ100バーツ、パパイヤサラダ95バーツ、焼き鳥40バーツ、フルーツ(パイナップル)50バーツです。日本円に換算すると、ラーメン231円、トムヤムクンスープ330円、パパイヤサラダ313.5円、焼き鳥132円、フルーツ(パイナップル)165円です。 屋台と比較してもはっきりとわかる通り、レストランでは屋台の少なくとも2倍以上の価格相場になります。ここで挙げたのはほんの一例のため、店舗によって価格設定は異なりますが、参考までにこれだけ違うということが分かっていただけると思います。 ここで世界各国とも比較しやすいので、世界チェーンのファストフードの金額を紹介していきます。一店目はマクドナルドです。ビッグマックセット165バーツ、フィレオフィッシュセット146バーツ、チキンマックナゲット126バーツです。日本円に換算すると、ビッグマックセット544.5円、フィレオセット481.8円、チキンマックナゲット415.8円となります。 もう一店はケンタッキー・フライド・チキンです。チキン大1本、チキン小2本のセットで69バーツ、チキン1本、チキン中1本のセットで79バーツです。日本円に換算すると、チキン大1本、チキン小2本のセットで227.7円、チキン大1本、チキン中1本のセットで260.7円となります。世界チェーンのため、国によってそれほど価格設定に差がないようです。

2017年の物価 バンコク 宿泊費

最後に宿泊費を紹介していきます。ゲストハウス200バーツ~、エコノミーホテル1000バーツ~、ランクが中ぐらいのホテル2000バーツ~、高級ホテル3000バーツ~です。日本円に換算すると、ゲストハウス660円~、エコノミーホテル3300円、ランクが中ぐらいのホテル6600円~、高級ホテル9900円~となります。

2017年の物価 プーケット

では、次にリゾート地としてのあるプーケットの物価を簡単に紹介していきます。先ほど紹介してきたバンコクと比較するとわかりやすいため、ここではバンコクとの比較をざっくりとまとめてみます。 交通費 約5倍 外食費 約2倍 宿泊費 約1.5倍 すべてバンコクの平均的な物価との比較です。 やはり、南国リゾートビーチとして、のある観光地のため、金額設定もそれに合わせて吊り上がっています。外国人観光客が多いこともあり、タイの物価ではなく、外国の物価に合わせた金額設定になっているようです。

2017年の物価 チェンマイ

もう一つ、タイの観光地としてのあるチェンマイの物価を紹介していきます。プーケットと同じように、バンコクの平均的な物価と比べたものを簡単にまとめていきます。 交通費 約0.9倍 外食費 約0.9倍 宿泊費 約0.9倍 バンコクと比べると、ほんの少し物価が安くなるくらいで、プーケットのように大きく異なるということはありません。 ここまで、2017年の主な物価を紹介していきました。

2016年の物価

初回公開日:2017年10月05日

記載されている内容は2017年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング