IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ベトナムの物価情報|年代別/商品別・ベトナムとの物価比較

更新日:2020年08月14日

経済

今回は、ベトナムの物価について詳しくご紹介して行きます。あらゆる分野に分けてご紹介していくので、ベトナムのおおよその物価が全て掴める内容となっておりますので、ぜひベトナムへ行って見たいと言う方やこれからベトナムへ行こうと計画している方に便利な内容です。

商品別で見るベトナムの物価をご紹介

最後に分野として、日本でも普通に販売されていたり、利用したりする環境設備の物価をご紹介して行きますので、一緒に見て行きましょう。 ベトナムと日本の物価の違い、物価が高いもの、物価が安いものがあるのかについても見て行き、ベトナムの本格的な物価に迫って行きます。

インスタント麺

ベトナムで販売されている「インスタント麺」の物価は日本の約半分の物価となっており、ベトナムのインスタント麺は「一袋20円」という日本人からしたら破格な物価と言えるでしょう。 しかも、あらゆる味のするインスタント麺や麺の種類も豊富で、日本のインスタント麺にひけを取らないレベルの商品となっているものが多く、ぜひベトナムに行った際は、おみあげに購入して見たはいかがですか。

コーヒー

次に、ベトナムで飲むことができる「コーヒー」の物価について触れて行き、日本とどんな違いがあるのかについて詳しくご紹介して行きます。 ベトナムの「コーヒー1杯」の物価で「市場で飲めるコーヒーが約150円」「スターバックスなどのチェーン店で約300円」「コーヒー専門高級店で約400円」とベトナムのコーヒーの物価となっており、日本と比べてたくさんの量で、ベトナムコーヒーを楽しむことができるので、コーヒー好きにとっては、物価の安いベトナムはとてっも魅力的に感じるでしょう。 ベトナムにも、アメリカシアトル発祥の「スターバックスコーヒー」の店舗があるので、ぜひベトナムのスターバックスコーヒーを堪能して見てはいかがですか。

ミネラルウォーター

どこの国であっても、販売されている商品として「ミネラルウォーター」が候補に上がってくるでしょう。 今回は、ベトナムで販売されているミネラルウォーターの物価を見て行き、どのくらい安いのかについて物価に触れて行きます。 ベトナムで販売されている「ミネラルウォーター」には、ベトナムメーカーと輸入メーカーのミネラルウォーターが流通しておりますので、この2種類の物価を見て行きましょう。 ベトナムで販売されている「ベトナムメーカーの500mlペットボトルのミネラルウォーターがおおよそ34円〜」「輸入メーカーエビアンの500mlペットボトルのミネラルウォーターで141円〜」となっており、輸入製品は物価が高いことがわかり、これは他の製品であっても言うことができますので、ベトナムで輸入製品を購入する場合は、物価が高いと覚えておきましょう。

ビール

次に、日本でも余暇の際に飲んだり楽しんだりすることのの多い「ビール」の物価をみていき、日本とのビールの物価の比較をして行きますので、一緒に見ていきましょう。 ベトナムで、多く販売されているのが「缶ビール型」ですが「びんに入ったビール」も販売されており、ベトナムの「一般的な350ml缶ビールでおおよそ70円前後」となっており、日本よりも少し物価が安いと感じる程度でしょうか。 ベトナムのビールは、日本と少し違った風味やキレを感じると日本人にも大きく好評で、ベトナムに行った際には、ぜひ飲んで見たいベトナムビールとなっております。

コーラ

みなさん知らない人はいないと言える「コカコーラ」についての、物価を見て行き、日本と比べて高いのか安いのかの真相に迫って行きます。 ベトナムにて一般的に販売されているもので「350mlコカコーラでおおよそ51円」となっており、日本と比べるとあまり価格は変わらないことがわかります。 ベトナムは輸入製品が高い傾向にあるので、これが響いているのでしょう。ベトナムメーカーのコーラなどであれば、日本よりも安い物価にて、炭酸飲料のコーラをたくさん楽しむことができるでしょう。

タバコ

日本人もよく好む、タバコについてベトナムの物価をみていき、輸入製品のタバコとベトナム産のタバコの価格を見て行きます。 ベトナムで販売されている「輸入製品マルボロのタバコで一箱130円〜」であり、「ベトナムメーカーのタバコで一箱67円〜」となっており、やはり輸入製品であるタバコの方が、物価が大きく高いことがわかります。 しかし、ベトナムのタバコの物価は、日本と比べて安く半額以上の値段で販売されているので、タバコが好きな方にとっては、とてもベトナムが魅力的に感じるでしょう。

レストラン

中華料理店

ベトナムのレストランの物価を見て行き、あらゆる分野の料理がどのくらいの相場なのかを見て行きましょう。 例えば、ベトナムの中華料理店にて食事を楽しんだ場合に「エビチリ、チャーハン、ギョウザ」などを堪能した場合にかかる食事代金はおおよそ「1750円」となっております。価格は高いように見えますが、ひとつひとつの品の料理の量が多く、この料金で、2人前ほどの料理が楽しめる店舗が多いので、食通に方にとってはとてもなレストランと言えます。

日系の和食店

初回公開日:2017年11月11日

記載されている内容は2017年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング