IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

妻に送る結婚記念日プレゼント|花/手作り/指輪など

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

結婚記念日だとわかっていても、プレゼント選びに悩んでしまう男性も多いでしょう。ここでは、結婚記念日のプレゼントを選ぶポイントや1周年から75周年までの結婚記念日の意味やプレゼントの、定番の結婚記念日プレゼントをご紹介します。

みんな送っているの?結婚記念日のプレゼント

結婚記念日は、ふたりが家庭を築き始めた日、ふたりの家庭の誕生日になります。誕生日も毎年訪れますが、結婚記念日はそれよりも節目が多く設定されているのは、夫婦にとって大切な日だからです。年を重ねるほどに、よりその意味が大切に、そして特別になるのが結婚記念日です。 女性は、誰でもよくばり。妻であり、愛する女性を年1回の記念日に、プレゼントで喜んでもらう時間は、贈る側のあなたも幸せな時間になるでしょう。

結婚記念日プレゼントの実際のところは?

気になるのは、他の人たちは結婚記念日のプレゼントをどうしているのかということ。プライベートだし、なんとなく友人、知人には聞きにくいことです。 600人弱を対象に、ぐるなびウェディングが実施した調査結果では、毎年結婚記念日のプレゼントを贈っている人は”38.2%”、思い出した時に贈っている人が”10.6%”、節目の年に贈っている人が”9.0%”とあります。 この数字、多い?少ないと感じますか?

プレゼントの予算も気になる…

これも、なかなか他人には聞けないお財布事情です。  同じ調査では、5,000~10,000円の予算が一番多く、僅差で~5,000円、そして10,000~30,000円と続きます。 予算は、毎年挙げているのか、節目の年だけなのかにもよるでしょうし、節目の年には予算もがんばる人が多いでしょう。 一般的な結婚記念日のプレゼントは、10,000円までの予算で間違いがなさそうです。

妻への結婚記念日プレゼントを選ぶ時のポイントは?

女性と男性では、基本的な価値観が違います。もちろん、それぞれ個人によるところが多いですが、男女別でも傾向があります。 結婚記念日のプレゼントで、妻=女性に喜んでもらうには、どんなことをポイントにプレゼントを選べばいいのでしょう?予算は考えずに、ポイントをあげてみます。

ちょっとした手間で演出できるサプライズ感

結婚記念日のプレゼントだけでなく、プレゼントはサプライズ感が加わると、うれしさもアップします。女性は、大げさな仕掛けのサプライズを求めているわけではありません。 たとえば、レストランで席についた時に、ウェルカムフラワーが置かれていたり、デザートが出てきたときに、デザートに素敵なメッセージが書かれていたりなど、小さなことでいいんです。 わざわざ考えてくれた、手配してくれたと考えて、相手のちょっとした手間がサプライズ感につながります。本当に簡単なことでも、ちょっとした手間だけでサプライズになります。

女性が弱いワード”限定もの”もプレゼントに!

女性が弱いワードに、”限定”という言葉があります。季節限定、限定カラー、店舗限定、他のブランドとのコラボなどなど、他の人とは被らない特別感が好きです。 また、妻の好みを把握しているなら、少数生産やニッチなこだわりブランドから結婚記念日プレゼントを選ぶのもいいでしょう。 普段の何気ない会話や妻が愛読している雑誌などに、ヒントが隠れているのではないでしょうか?

ひとりで特別待遇な時間を過ごすのも大好き!

普段子育てや仕事に忙しい妻にとって、手取り足取りの優雅な時間をひとりで過ごすのは、贅沢な時間です。 たとえば、自分では行かない高級エステや美容室、まつエクサロンやネイルサロンでの時間は、女性にとっては嬉しい時間です。事前に、妻がどんなサロンに行きたいか、把握しておく必要があります。 さらっと「いってきたら?」と結婚記念日でプレゼントされると、かなりうれしいしサプライズ感もあります。

非日常的な時間を一緒に過ごすのもいい

2人でいつもは行かない雰囲気や高級なレストランに、お食事にいくのも女性は大好きです。ちょっとドレスアップできる小物などを、お出かけ前にプレセントしたら、サプライズにもなります。ゆっくりとドライブをする、プチ旅行もいいでしょう。 海外旅行など遠くでなくても、たとえ1泊でも、特別感のある空間で夫婦で過ごす時間は、きっと妻がよろこぶ結婚記念日のプレゼントになります。演出を加えて、非日常感を醸し出しましょう。 美しい夜景がみえるレストラン、プロポーズをした場所を訪ねてからのお食事などもです。

消えるものより”のこるもの”がいいという妻も!

次のページ:結婚何周年?○○婚式はプレゼントに悩んだら参考になる
初回公開日:2017年10月16日

記載されている内容は2017年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング