IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

色が人の心理に与える影響(注意喚起)と好きな色別性格診断

初回公開日:2017年09月29日

更新日:2020年11月13日

記載されている内容は2017年09月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自己啓発

何気なく生活している時にふと目に付く色はありませんか。買い物をする時でもどの色にしようか迷った経験もあるでしょう。色が人に与えている心理的影響は思っているよりも大きいです。好きな色からその人の心理や性格まで分かってしまいます。

青が好きな人は?

心理的に落ち着いた印象を受ける青が好きな人には、冷静に物事をおらえられる人が多いようです。思い付きで行動することは少なく、じっくり精査してから動き出します。整理整頓が得意で、デスクや部屋が片付いているのも特徴です。 自分は正しいという自信があるため、自信家や頑固とうマイナスなイメージにつながることもあります。

オレンジ色が好きな人は?

暖色系のオレンジ色は、心理的に明るい印象を受けます。その印象のように、オレンジ色が好きな人は陽気で社交的です。人懐っこくおしゃべりが大好きなので、にぎやかな場でも会話の中心にいることが多いです。

紫色が好きな人は?

紫色が好きな人にはロマンチストが多いです。繊細で感受性豊かという心理的特徴を持ち、美術や神秘的なものに関心があります。 紫は赤と青の中間色なので、赤の心理的特徴と青の心理的特徴を持ちます。二面性があるために不思議な人。変わっている人と思われることもあります。

茶色が好きな人は?

自己主張の強すぎない茶色は、責任感が強い人が好む色です。自分の成果や力に注目してほしいというよりは、周りの人を立てることができます。

黒が好きな人は?

プライドが高いので、命令されたり指示されることを嫌います。自分の考えを曲げることはなく、頑固な性格と言えます。そのため意見の異なる相手と衝突することもあるでしょう。。大人な自分でいたいという心理を持ち、理想の自分であろうとします。 強さを感じる黒を身にまとうことで、自分を強く見せたいという心理も隠れています。実際には度胸があるわけではなく、強くなりたいという願望のあらわれともとれます。

白が好きな人は?

純白や潔白と言うような言葉があるように、白を好む人は完璧主義者が多いです。理想が高すぎて、周りの人に疎まれることもあるので注意が必要です。 他の色に染まりやすい白が好きな人は、他人の影響を受けやすいという心理的特徴も持っています。理想が高い反面、影響を受けやすく騙されやすいタイプです。

グレーが好きな人は?

白でも黒でもないグレーは、優柔不断な心理状態を示します。自分の主張はしない人が多いのが特徴です。自分のプライベートやテリトリーを守りたいという思いが強いです。感情的になることはありません。

心理的影響を知って色を上手に使おう!

心理的影響を知って色を上手に使おう!
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

いかがでしょうか。色が人に与える心理的影響は、数多くあるということがお分かりいただけたと思います。どのような効果があるか分かったうえで、ファッションやインテリアに取り入れてください。人の第一印象は見た目でほとんど決まってしまうとも言われています。それほど人間の視覚からの情報が重要だということです。 服の色に少し気を使うだけで相手に良い印象を持ってもらえるのなら、プライベートでもビジネスでもこの知識は利用したいものです。 ビジネスなら信頼してもらえるような落ち着いた色、プライベートなら可愛らしい印象を与えられるパステルカラーやピンクを選ぶだけでよいのです。少しの工夫で人間関係を円滑に保ったり、過ごしやすい環境が作れます。もちろん色だけの力ではなく、自分の努力も必要ですが、時には色の力を借りてみるのも良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング