IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「メーカー営業」の仕事内容と履歴書の志望動機と自己PR例文

就活ノウハウ

営業職と言えばメーカー営業を思い浮かべる人も多いです。メーカーの商品を売るという仕事内容が分かりやすいのも人気の秘密でしょう。しかしメーカー営業の仕事はそれだけではありません。今回はメーカー営業の仕事内容や就職するときのお役立ち情報をご紹介します。

更新日時:

メーカー営業の仕事内容

メーカー営業は営業職というからには何かを売る仕事、営業をかける仕事だということが分かります。そもそもメーカーはどんな会社なのかをご存知でしょうか。メーカー自体の仕事内容を知れば、メーカー営業についても理解が深まります。

メーカーの仕事は?

メーカーのは英語のmakerから来ており、直訳すれば作る人という訳になります。つまり、メーカーの会社としての仕事はもの作りの仕事ということになります。 世の中には様々な商品やサービスがありますが、メーカーが作っているものは主に有形のものになります。メーカーの仕事は形ある商品を作り出して世の中を豊かにすることです。

メーカー営業の仕事は?

メーカーの仕事はもの作りなので、メーカー営業の仕事はその作ったものを販売していくということになります。個人に販売することはほとんどなく、基本的には他社に商品を売り込んでいくということになります。メーカー営業と似た職業として商社というものがあります。 商社はメーカーが作ったものを広く世に売り出していくのが仕事です。メーカー営業と同じに感じますが、厳密には違っていて、商社は流通はしても生産はしません。 メーカーも自社の営業だけでは商品が広く売り出せないときに商社を利用し、代わりに売り出しをお願いします。ただ商社は中間手数料が必要になるので、いかに自社のメーカー営業だけで多くの商品を売っていけるのかが、会社の成長に関わると言えます。

メーカー営業の営業スタイルは?

営業職の営業スタイルは大きく分けて2種類で、以前から取引のある会社に継続して契約をお願いするルート営業と販売ルートを新たに開拓する飛び込み営業があります。 メーカー営業の場合はルート営業の割合が高いと言えます。もちろん販売ルートの新規開拓も大切なので全くないというわけではありませんが、常に安定した販売ルートを確保しておく必要があるので、ルート営業が重要視される場合が多いです。

メーカー営業の就職・転職

メーカー営業への就職や転職は依然人気が高いです。大手のメーカーであれば多くの商品が世に流通しているので、一つの商品の売り上げが悪くても他の商品でカバーし会社の利益を保つことができます。 爆発的な人気商品がなくても、長く愛されているロングセラー商品があれば、会社も安泰ですし認知度も高いので社会的にも信用される立場と言えます。 ただ社会的な信用が高いだけに個人としての振る舞いにも気をつけなければなりません。メーカーのイメージは商品のイメージでもあるので、個人の振る舞いによってメーカーだけではなく、商品にも悪いイメージがついてしまう可能性もあります。 一度ついたイメージを払拭するのは難しいので、社会的な信用がある分それだけ日々の行動や言動には注意が必要な職業だと言えます。

メーカー営業の新卒採用

メーカー営業の新卒での就職の場合は礼儀正しさはもちろん元気のよさや体力が必要になります。メーカー営業は自社のイメージがそのまま商品のイメージになるので、社員のイメージにも気をつけなければなりません。 取引先に行ってもそれは同じことなので、なるべく印象のいいように礼儀正しく元気な社員が好まれます。またどの営業にも言えることですが、営業職は体力を必要とすることも多く、新卒での採用でも求められる能力だと言えます。

メーカー営業への転職

新卒は即戦力としてではなく、今後の成長を見込んで採用するので人柄重視の採用になりますが、転職などの中途採用の場合は即戦力が求められます。 メーカー営業は形のある商品を売るので、高いプレゼンテーション能力や商品の良さを観察する鋭い洞察力が求められます。コミュニケーション能力が高いことも求められますが、あくまでそれは大前提の話で、転職の場合は特に高い営業スキルが求められると言えます。

履歴書の志望動機と自己PR

どの職業でも就職するには志望動機や自己PRが必要になり、メーカー営業の場合もそれは同じです。自分の書きたいように書くのではなく、それぞれ就職する業界や企業に合わせて、そこで働くのに適した人間であることをPRするために書き方を工夫する必要があります。

志望動機例

メーカーの特徴としては自社で商品を作っているということです。自分がいかにその会社の商品が好きなのか、それを世に広めていきたいと思っているのかを書きましょう。いくつもの商品に言及する必要はなく、1つか多くても2つに絞って書きましょう。 【例】私は貴社の○○という商品を子供の頃から使っていました。使い心地もよく気に入っているので今でも使っているのですが、最も記憶に残っているのはそれを初めて買ってもらったときです。 私が小学生の頃、学校では○○が流行っていて、ほとんどの人が持っていました。私も欲しくて両親に相談したのですが、買ってもらえず、祖母に相談すると両親に内緒で買ってくれました。 初めて手にしたときはそれ自体というよりもそれを買ってもらったという事実の方が嬉しく、商品というのはその機能だけでなく、それがあるだけでもこんなにも心が豊かになるのだと思いました。 私も商品を世に広げる仕事がしたいと思い、それなら○○を扱っている貴社だと思い志望しました。

自己PR例

営業職の自己PRはコミュニケーション能力が高いことに加え、プレゼンテーション能力の高さも評価の対象になります。メーカー営業の場合は特に特定の商品を売っていくので、その能力は必須になります。 【例】私は物事を多角的に捉え様々な提案をすることができます。私はアルバイトでアパレルショップで働いていました。 お客様が手に取った服を畳んだり、悩んでいるお客様にはお声がけをして商品のどんなところが特徴的なのか、コーディネートのアドバイスなどをしていました。 商品をただ勧めるだけではなく、どんな時期に使えるのかなども伝え、会話を通してお客様の普段の服装や持っている服を知りそれに合わせた提案もしました。 ただ店内にある他の商品と合わせて勧めるだけでなく、お客様がすでに持っているものと合わせた提案をすることで、より買ってくれるお客様が増え、私のコーディネートが気に入ってくれ来店する度に相談してくれるようになりました。 一つの考え方に固執せず、色々な方法を試し提案していけることが私の強みです。

メーカー営業の年収や給料

働く上では年収や給料は気になります。メーカー営業の場合も他の営業職と同じで歩合制とはいかないまでも、契約数に応じたインセンティブ報酬がある場合も多く、実績に応じて給料が変化すると言えます。また扱う商品の単価によっても給料には差が出てきます。 基本的には月収で25から30万程度が相場だと言えます。もちろん年齢を重ねれば月収も上がっていきます。平均的な年収は500万程度で、そこからさらにインセンティブ報酬が加わりますので、頑張り次第では高い給料を目指すことも可能な職業だと言えます。

メーカー営業の「やりがい」とは?

営業職のやりがいとしてはやはり契約が取れたときに大きな達成感を感じます。またメーカー営業では日々の生活の中で自社の商品を目にすることも多く、それを買っているお客様を見たときにやりがいを感じます。扱う商品が日常の生活に近いものであればそれだけやりがいを感じやすい職業だと言えます。

メーカー営業にノルマはあるのか?

メーカー営業の場合は企業によってノルマの有無が変わります。ノルマを課している企業もあればほとんどノルマのない企業もあります。 商社に営業の大部分を任せている場合はノルマはそれほど高くないと言え、自社の営業マンだけで営業を行っている場合はその分ノルマが高くなっていると言えます。 しかし、他の営業に比べてノルマが厳しいという話を聞かないのがメーカー営業で、平均すると営業職の中ではひかくてきノルマの厳しくない職業だと言えます。

メーカー営業は世の中を豊かにする職業である

営業職と言っても無形のものを売る場合もありますので、仕事の内容は様々です。メーカー営業の場合は自社の商品、それも有形のものを売っていく仕事なので売れたという実感や世の中に出回って役に立っていることを感じやすい職業です。 自分が頑張って売った分だけ世の中に商品が出回り豊かになっていく仕事ですので、やりがいや達成感を感じやすい仕事だと言えます。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング