IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

淡白とは・淡泊な性格の人の特徴・淡泊な人との付き合い方

コミュニケーション

淡白な性格をしている人は、どちらかといえばあまり良いイメージを持たれない事が多いです。しかし、周囲にそんな人がいた場合、関わらざるをえないならば接し方を考えなければなりません。この記事では、「淡白」について様々な面から解説していきます。

更新日時:

「淡白」って?

「淡白」って?

世の中には様々な性格の人たちがいます。その中には「淡白」な性格をしている人も一定数いらっしゃいます。そもそも淡白とはなんでしょう。普段何気なく使っている言葉でも、改めて考えてみると意味を上手く説明しづらい言葉であることが分かります。この記事では、淡白の意味と類語、そして対義語についてご説明いたします。

淡白の意味

淡白の意味

淡白とは淡く白いという漢字が示すように、性格などがさっぱりしていて何かにしつこくこだわらない様子を指してそういいます。淡白な人は物事にこだわりやしつこさを発揮せず、いつも飾り気のない雰囲気を持っています。このことから淡白な人は金銭面や物、出来事などへの執着が薄い傾向にあります。

淡白の類語

淡白の類語をいくつかグループ分けにしたのが以下の言葉になります。 ・細かいことであまり悩まない様子を表した類語 サッパリとした、サバサバした、恬淡とした、悩みのない、小事にこだわらない、物事に囚われない、大らかな、プラス思考、くよくよしない、あっさりした、うじうじしない ・情に欠けている様子を表した類語 希薄、冷めた、淡々と、冷淡な、冷たい、白けた、白々しい、よそよそしい、無愛想な、クール、冷ややか、無関心、無頓着

淡白の対義語

淡白の対義語は濃厚、濃密といったようなこってりとした意味合いの言葉が挙げられます。他にも執拗、執着といったような淡白な性格の人にはない、しつこさやこだわりが強く出ている意味の言葉が対義語としてあります。

淡白な性格の人が持つ特徴には何がある?

淡白な性格の人が持つ特徴には何がある?

例えば誰かと話していて「この人は淡白だな」と感じたら、周囲にいる他の人と話している時も同じ感覚なるか、意識して会話をしてみて下さい。もしも複数人に対し、同じような気持ちになったならその人たちも淡白な性格をしている可能性が高いです。そして淡白だと思える人たちには、共通していくつかの特徴があります。 それは一体なんでしょうか。この項目では、淡白な性格の人が持っている特徴を5つに絞ってご紹介いたします。

そっけない

そっけない

特徴の1つ目はそっけない態度です。淡白な人は誰かとどんな会話をしていても特に目立つリアクションをすることはなく、いつもそっけない態度ばかりとっています。話す相手にしてみれば会話をして何かしら反応がなければ楽しくありませんし、人によっては「会話の途中で怒らせてしまったんじゃないだろうか」と不安になる場合もあるでしょう。 淡白な人にしてみれば、相手を不快にさせたり、不安にさせたりするつもりはありません。ただ感情を表に出すことが不得手な為、表情がどうしても乏しくなりがちなのです。ですが、相手を負の気持ちにさせやすいという自覚のある人は多く、相手に対する罪悪感から淡白な自分の性格を気にしてしまいます。

つまらない

特徴の2つ目はつまらないと思われやすいという所です。淡白な人は感情表現に乏しいだけではなく、人に対する関心の度合いが低いです。その為、誰かと話していてもあまり突っ込んだ話をすることはせず、当たり障りのない話題ばかりを選び、会話を楽しもうとする気があまり起きません。 したがって、話し相手の方も会話は出来るけれど、話していて楽しいとは思えず、つまらない人という印象を持たれてしまいます。 ですが、人への関心が低いからか交友関係は浅いものの広い場合が多いです。相手に深く踏み込むような質問をしない為、丁度良い距離感を保った話しやすい友達未満の人といった風に思われるのです。その状態にお互い満足しているなら問題ありませんが、もっと仲良くなりたいと思っている人にしてみれば、話の内容よりも淡白な人の態度そのものをつまらないと感じてしまいます。

冷たい・クール

特徴の3つ目は冷たい、またはクールという風に思われやすいという所です。冷たいはマイナスの意味で使われる言葉ですが、クールはカッコいいという意味合いで使われている言葉です。この真逆ともいえる2つの言葉が淡白な人に対して言われているのは何故でしょうか。 クールと思うのは、淡白な人の性格をよく知らない場合や淡白さを良い方にとらえている人たちです。冷たいと思うのは、淡白な人の性格を知っているからこその反応、その淡白さを良いと思えない人たちです。 淡白な性格をあまり知らなければ、冷静な部分やそっけなさがカッコよく見えます。知っていたとしても丁度良い距離感で話してくれたり、物事にあまりこだわらなかったりするなど人によってはそういった態度こそが好印象につながります。逆に冷たいと思う人たちは態度がよそよそしい、見下されているように感じるなど、あまり良いとは感じないものに映ります。

気分の浮き沈みが少ない

特徴の4つ目は気分の浮き沈みが少ない所です。例えば、何か嬉しいことがあったり、腹の立つことがあったりしたら、喜びや怒りで気分が上下するのはごく自然なことといえます。そしてその場合、通常よりも気分の浮き沈みが大きい為、その感情が表に出やすくなり、他者に気付かれることもあるでしょう。 淡白な人は普段から気分の浮き沈みが少なく、一緒にいて安心感があります。常に態度が安定している為、どのような場面においても慌てず、騒がず、冷静な対処をします。そういった姿は他者から見て、何も感じていないように見えることがあります。 勿論、感情はありますから人並みに喜びや怒りなどは感じています。ですが、先述したように淡白な人は感情があまり表に出ることはなく、気分の浮き沈みも控えめです。その為、表情や雰囲気から気持ちを読み取ることが難しく、他者から誤解を受けてしまいがちなのです。

論理的

論理的

特徴の5つ目は論理的な話し方です。話していて何を言いたいのかよく分からない人が、職場の同僚や友人の中にいて困った経験はありませんか。その人たちは物事を論理的に考えて、それを他者に伝えることが苦手な為、会話の途中で時々相手を混乱させてしまうのです。 ですが、論理的な人は物事を論理的に考えて整理し、自分が相手に何を伝えたいのか、どうすれば伝わるのかを心得ています。例えば、まず最初に結論から話したり、相手の理解力に合わせた話し方をしたりするなど、分かりやすく話そうとする為、言葉にも説得力があります。 ですが、人によってはこのような話し方を理屈っぽいととらえて、イライラする人もいます。淡白な人はこの論理的思考や話し方をしている人が多く、その影響により感情論で話す人は苦手な傾向が強いです。そういった人は論理よりも感情を優先して話すので、建設的な話し合いがしにくく、論理的特徴を持つ淡白な人はそっと距離を置いてしまいます。

淡白な人と相性が良いのは?

人と関わっていく上で大切なことの1つが、相手との相性の良さです。いくら話が上手い人でも相手との相性が最低だった場合、気持ち良く会話したり、物事をスムーズに進めたりすることは難しくなっていきます。それは相手が恋人でも、友人でも、仕事関係の人でも同じことです。 その相手が淡白な性格の人だった場合、どんな人となら相性が良いのでしょうか。それを知る為にはまず自分がどんな性格なのか、どんなことを考えているのかをはっきりとさせておく必要があります。この項目では、淡白な人と相性が良いのはどんな人なのかを3つに絞ってご紹介いたします。

同じく淡白な性格の人

自分が相手と同じくらい淡白な性格をしているなら、かなり話が合うことでしょう。淡白な人はその淡々とした態度や感情を表へ出しにくい所などから、誤解を受けやすい性質を持っています。その為、相手によっては話していて不快に感じる人もいるのです。 ですが、相手と同じく淡白な性格をしている人ならば、話していて相手がどんな対応をしたとしても、誤解からくる諍いや衝突などが生まれる可能性は低いです。 例えば、話の中で相手が言った言葉を悪い方に受け止めてしまったり、相手の消極的ともいえる行動が理解出来なかったりといったことが、他の人よりも少なくなります。付き合いが短いとしてもまるで昔から一緒にいるかのように、息の合う2人となれるでしょう。

悩みを抱えている人

悩みを抱えている人

悩みを抱えていない人の方が珍しいと感じるほど、人にとって悩みは常に尽きないものです。中には悩みを誰にも相談出来ず、苦しい気持ちを抱えている人も多いです。ですが、淡白な人はそっけなかったり、距離を感じやすい為、悩みを抱えている人との相性はむしろ悪いのではと考える人もいらっしゃることでしょう。 ですが、淡白な人は執着やこだわりなどといったしつこさがない為、目の前の物事をありのままに受け入れるという特徴があります。その為、相手の人間性に関してもこだわらずに受け入れ、結果的に「この人ならば信頼出来る」として相手から悩みを打ち明けやすくなります。 更に淡白な人は論理的なので、どこに悩んでいるのか、自分は何がしたいのか、どうやって悩みを解決すれば良いのかなど、問題の整理をしてくれます。そして話している内、徐々に答えがはっきりと見えてくるようになるのです。

考えすぎてしまう人

例えば日常のちょっとした出来事や人との会話の途中で言われた何気ない一言など、些細なことがいつまでも引っかかっていつも考えすぎてしまう人というのは意外に多いです。また考えることは結構エネルギーが必要な行為なので、考えすぎてしまう人はいつも疲れ気味です。 中には、自分でも些細なことだと分かっているのに、思考が止まらず、考えすぎてしまう癖を何とかしたいと思っている人もいます。 その点、淡白な人は気分の浮き沈みが少ない為、考えすぎて昂っている感情を抑えてくれます。また、淡白な人の方もひたすら何かにこだわって考えすぎる相手の影響を受けて、一緒に色々考えてくれるようになります。 更に論理的である淡白な人は相手の考えていることを整理し、「いつまでも考えすぎてしまうのは論点が定まっていないから」などといった答えを導き出してくれます。

恋愛面での淡白な性格の人との付き合い方とは

恋愛面での淡白な性格の人との付き合い方とは

何かのきっかけや一方からの告白などで、人と付き合うことになるのは一般的なことです。そして相手の性格を知った上で付き合うのか、それとも知らないうちから付き合い始めるのかも人それぞれでしょう。 しかし、恋人が淡白な性格であった場合、その性格を考慮に入れて付き合い方を工夫する必要があります。この項目では、淡白な性格の恋人との付き合い方について、5つのシチュエーション別に分けてご紹介いたします。

連絡

恋人とは常に一緒にいたい、いくら話しても話したりないと感じるのは自然なことでしょう。遠距離恋愛をしているなど物理的に距離が遠いのであれば、相手をつなぎとめておけるのか不安になる気持ちもそれだけ強くなります。 ですが、その気持ちをストレートにそのまま相手へ伝えて、連絡を頻繁にするように要求するのはよくありません。淡白な人は自分の時間を大事にしている人が多い為、その時間を邪魔されることを極端に嫌います。それでも恋人の頼みだからと連絡をする時間を多くとる人もいらっしゃいますが、自分の意に沿わない行動をしている内に連絡が義務化してしまう危険性があります。 したがって、もっと連絡をしてほしいという気持ちは控えめに伝えるにとどめて、相手の意思を尊重する姿勢を見せましょう。恋人の時間やペースを乱すような行動をしなければ、相手もこちらの気持ちを尊重して、回数は少ないまでも連絡はきちんとしてくれるようになります。

メール

先述しましたように、淡白な人は自分の時間を邪魔されることに抵抗があり、それは恋人も例外ではありません。それでも一緒にいる時は出来る限りかまってくれますし、電話もしょっちゅうではないにしろ時間を作ってかけてくれることでしょう。 ですが、それだけではやはり足りずに人知れず不満がじわじわと溜まっていく場合、どうすれば良いのでしょうか。そこで電話をかけるのではなく、メールを送ってみましょう。メールは電話と違って相手の声を聞くことは出来ませんが、その分落ち着いて話したい文章をじっくり考えてまとめることが出来ますし、相手の都合が良い時に見られます。 例えば、職場でトラブルにあって収まらない怒りを聞いてもらいたい時、そのまま電話で話をした方がすっきりするでしょう。ですが、恋人に怒りをぶつけて喧嘩になってしまう可能性もあります。メールなら文章を打ちこまなければいけない時間があり、相手にちゃんと伝わる文章を考えなければならないので、その間に頭が冷えていくという効果が期待できます。

LINE

昔と違って現代は連絡手段が沢山存在します。いつでも連絡出来るという安心感から、却ってあまり使わなくなったという話もあるくらいです。いくら淡白な人でも電話やメールを全くしない訳ではありませんが、やはりただの連絡ツールという意味合いが強いです。 そんな淡白な人との連絡手段としてLINEを使っているという人は多いです。淡白な人にしてみると、電話は話しが始まればいつ終わるのか分からず、自分の時間がどんどんなくなっていきます。メールは相手がいつ返してくるか分からない為、やはりいつ終わるのか、メールのやりとりを止めるタイミングがつかめなくなっていきます。 しかし、LINEなら直接その場で会話をしているような気分になれますので、自分の都合を切り出しやすいです。それでも淡白な人にとっては、LINEも数ある連絡ツールのうちの1つになっています。したがって、LINEは次にいつ会うかなどの必要事項を確認する為のものという程度の認識でいるのが良いでしょう。

結婚

結婚

淡白な人と結婚することになった場合、一番重要なのは自分が淡白な相手の性格を受け入れているかどうかという点です。結婚をするというのは、これから毎日同じ生活空間で一緒に過ごしていくということです。恋人として付き合っている間に同棲をしていなかったなら、なおさら淡白な人と同じ家で暮らすことにピンとこない人もいらっしゃることでしょう。 結婚生活が始まっていつも一緒にいたとしても、相手の淡白な性格が変わる訳ではありません。愛情表現が乏しいなど、以前と変わらずあっさりしている可能性の方が高いです。むしろ結婚したことにより安心して、以前よりも淡白になることすらありえるのです。 したがって、結婚生活が始まったなら相手の淡白な性格を気にせず、むしろ一緒に楽しもうという気持ちで接して下さい。淡白さのマイナス面ばかり気にしていると、相手も気にしてせっかくの結婚生活がぎくしゃくしたものになってしまいます。それでも何かしらのきっかけで衝突してしまった時は、手紙を書いてみるというのも手です。

別れ

互いに歩み寄る努力を続けたものの、相手の淡白な性格を受け止めきれず、残念ながら別れたという結果になってしまったカップルもいらっしゃいます。この場合、恋人関係ならばただ別れるだけですが、結婚していたなら離婚となるので多少手続きが必要となります。いずれにしても相手と話し合う必要が出てきます。 淡白な恋人と別れたいと思う一番の理由としては、「相手からの愛情を感じられない」です。普段から優しいけれど愛情表現をもっとしてほしいと伝えても全くしてもらえず、改善がされない状況が長引いて別れることにしたというケースが多いです。中には相手への愛情が残っているにも関わらず、相手からの愛情を感じられないことで一緒にいるのが辛いから別れたという人もいます。 したがって、別れを切り出す時はそういった気持ちを感情的にならず、具体的に説明して話し合って下さい。それでも無理そうだと判断したならお互いの為にも別れた方が良いでしょう。

淡白な性格を改善する方法とは

淡白な性格を改善する方法とは

淡白な性格は誤解されやすいタイプであるものの、そのさっぱりとした性格を好ましいと感じる人もいれば、よそよそしいと嫌う人もいます。全ての人に好かれる訳ではありませんから、他者からの評価が分かれてしまうのは致し方ないことといえましょう。 ですが、淡白な性格をしている人自身が気にしている場合、話は違ってきます。誰かに面と向かって淡白さを批判された、直接言われなくとも相手の反応で段々気にするようになったなど、きっかけはどうあれ自分の淡白さを改善したいと思っている人もまたいるのです。 ですが、どのようにしてその性格を直していけば良いのでしょうか。この項目では、淡白な性格を改善する為の方法を5つに絞ってご紹介いたします。

淡白な性格を認める

現在、淡白な性格の改善方法の項目をご覧になっている人の大半は身近な人、あるいはご自身の淡白さを改善したいと考えている人たちでしょう。ですが、中にはご自身の淡白な性格を自覚していない、もしくは薄々気付いているものの認めたくないという人もいらっしゃることでしょう。 ですが、淡白さの改善方法の1つとして、ご自身の淡白な性格を認めるというものがあります。認めることで初めてどこが原因なのか、どこを直せば良くなるかなど淡白な性格と向き合うことが出来て、改善のスピードも比較的早くなります。

イメージトレーニングをする

淡白さを改善する方法として、過去の記憶をもとにイメージトレーニングをするというものがあります。例えば、相手が自分の言葉で不安そうな表情をしたという状況をイメージします。自分の淡白な言葉のせいでそうなったので、その後にフォローの言葉を入れて安心させます。ですが、そもそも淡白な言葉を言わなければそこまでしなくても済んだのです。それなら、どんな言葉を選べば良かったのだろうと考える、といった流れを繰り返します。

新しいことを始めてみる

淡白な性格の人は物事へのこだわりや興味・関心が薄いです。それらを改善する為には、今よりも周りへのこだわりや興味・関心を増やす必要があります。 そこで改善案として、これから新しいことを始めてみるというのはいかがでしょうか。理由は興味が薄い状態でそのまま何もしなければ、今よりも更に周りへの興味が低くなっていく可能性が高いからです。 新しい趣味などを本格的に始めるのも良いですが、いきなりはハードルが高いという人もいることでしょう。そういった人は、日常生活の中でいつもやっていることとは違うやり方を試すというのもお勧めです。

紙に書いて1日の振り返りをする

淡白な性格を改善するには、まず自分が具体的にどのような言動、行動をしたら淡白に見えるのかを知っておく必要があります。ですが、淡白な人に限らず、他者から自分がどう見えるのかという点については、相手に直接聞かないとはっきりしたことは分かりません。 そこで紙に自分の1日の言動・行動とそれに対する相手の反応を思い出せる限り、書き出すことをお勧めします。書くのはメモ用紙でも、ノートでも、ワードでも構いません。そして書き出した自分の振る舞いを読み直し、具体的にどこが淡白なのかを洗い出しましょう。

言葉で感情表現する

淡白な人は自身の感情を表に出すことが得意ではありません。しかし、淡白さを改善したいからと無理に感情表現をしようとすれば、無理していることが周囲に伝わってしまって気まずくなります。 そこでお勧めなのが、顔や態度で感情表現をするのではなく、言葉に絞ってみることです。周囲にとって淡白な人の感情は分かりにくい為、顔や態度に出ないのであれば言葉で判断するしかありません。ですが、その言葉すら淡白だと周囲は相手の感情をどうやって読みとれば良いのか分からないのです。したがって、言葉だけでも淡々と述べるのではなく、感情を乗せて話すように意識してみましょう。

淡白な性格を受け入れましょう。

淡白な性格を受け入れましょう。

いかがでしょうか。この記事では、淡白さについて様々な角度からご説明いたしました。淡白な性格の人は、そのそっけなさやこだわりのなさから誤解されやすいです。特に感情的な人からの評価は低くなります。また、淡白さを改善したいと考えている人の多くは、ご自身の淡白さを良くとらえていない場合がほとんどでしょう。 ですが、先述したように、論理的な面や丁度良い距離感を保って接するなどの淡白さを好ましく思う人がいることもまた事実です。淡白さを改善するにせよ、しないにせよ、まずは当人や周囲の人たちがその性格を受け入れることが一番必要で大切なことです。

関連タグ

アクセスランキング