IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人を見る目を養う方法・人を見る目がある人に向いている職業

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

人を見る目を養うことは、人生で最も重要な「成功」へのステップです。この記事では、「人を見る目」を養う方法や、実際に人を見る目がある人々が活躍する分野を紹介し、それを身に着けようとする人々にとって落とし穴となる注意点などを紹介しています。成功したい人は必見です。

人を見る目を養う方法

「人を見る目」は、人生を楽しく生きるために必須の能力です。友人選び、恋人選び、職場でのグループ、結婚相手、ママ友関係など、人生のあらゆる場面での人間関係は、個々人の「人を見る目」によって支えられていると言っても過言ではありません。 「人を見る目」がないと、まず騙されやすくなります。損をしやすくなります。人に軽視されやすくなり、人に利用されやすくなっていまいます。 「人を見る目」が無い人は、ずる賢い人にすぐに見抜かれ、カモにされてしまう危険性があります。ここでは人生の諸段階で、いかに「人を見る目」を養い、人生を楽しく有意義に過ごすかを探っていきます。 「人を見る目」さえあれば、他人に騙されなくなり、適正な利益を得ることができ、周りの人から尊重される人生が待っています。

具体的に「人を見る目」はどのようにして養えばいいのでしょうか。人生に置いて出会える人が限られてくるし、どんなに頑張っても一日に100人の人に出会って経験値を積むことは難しいです。 「人を見る目」を養うには、やはり経験値が必要です。できるだけ多くの人に出会い、第一印象を直観で察知しつつこれからのお付き合い方法を考えること、この経験の積み重ねが、あなたの中に蓄積されていくにつれ、「人を見る目」の経験値が上がっていきます。 毎日100人の人の出会う方法が、一つだけあります。それはSNSのような雑多な、怪しげな人が集まっている場所ではなく、活字の中に閉じ込められて、未来永劫そこに存在している人間に触れることにできる「本」に触れることです。 古典から現代文学、純文学、エンタメ作品など、「本」にするだけの価値がある人々が、無数にあなたと出会うのを待ってくれています。SNSに割く時間の半分でも本の中に永遠に存在し続ける人と触れ合い、経験値を上げることは、お金も場所も選ばない優れた「人を見る目」を養う方法の一つです。

経験

「人を見る目」を養うには、経験値を上げることが必要、と述べました。そして、やはりもっとも経験値が上がり、実践的に力になるのが、実体験による経験値の積み重ねです。幼稚園、小学校、中学校、高校と、学校に閉じ込められていた時代、人はみんな「この人には気を付けたほうがいい」「この人は信頼できる」という細かい判断をしつつ周囲と仲良くするすべを学んでいきます。 信頼できる人に裏切られた、嘘をつかれた、噂をばらまかれた、秘密をばらされた、という苦い経験から、「人は見かけによらない」「」無条件に信じたらこちらが馬鹿を見る」などの「人を見る目」の基礎が学生時代に養われる、と断言できるでしょう。 特に学生時代は、損得勘定がほとんどなく、お互いにごまかしようがないほど狭い空間に密着して過ごしているので、「人を見る目」を養うのに適した時期でした。 大学生、社会人になると、自然に周囲には似たような人間が集まってきて、「人を見る目」を養う経験値を上げるには少しずつ適さない環境になってきます。 そういう意味では、高校生までの学生時代が、「人を見る目」を養成する最適時期であり、そこで大いに悩み、苦しみ、成長した人間が、将来的に有利に人生を進むことができると言えそうです。

直観

人と出会ったときの第一印象で、人はお相手のほぼ八割を見抜くと言われています。人によっては、八割も見抜けない人もいるし、ほぼ100%見抜いてしまう人もいるでしょう。 実は、「人を見る目」を語るに置いてこの「直観で相手のある程度を見抜く」というのは、経験値の多少にかかわらず、生まれつき持っている人は持っているし、持てない人は一生持てないものである可能性があるのです。 直観の鋭い人なら、「この人は要注意である」と出会った瞬間に気づくことがあるのに、鈍感な人は「そんなことないよ~」と笑って聞き流して、何年か経つと、笑ってた人が泣きながら、「あのときあなたの直観のほうが正しかった」と訴えるシーンは、誰でも一度は目にしたことがあるでしょう。 これはある種才能に属するものなので、自分には「人を見る目」に必要な直観が備わっているかどうかを見極め、もし備わっていないと思うなら、第一印象をあまり重視しないほうがいいでしょう。 騙されてひどい目に遭うのは、あなたなのですから。

人を見る目がある人に向いている職業

人を見る目がある人にとって、それが天職、と思われる職業が存在します。逆に言うと、その職業についている人は、必ず「人を見る目」がある人である、と断定できるでしょう。 社会人になると、「人を見る目」がそのままダイレクトに、経済的利益や、自分の評価、査定に響いてきます。一度失敗すると再び浮かび上がるのが難しい現代社会で、この職業の人々が命がけで身に着け、磨いてきた「人を見る目」は、一般ピープルににとって、もはや神業としか思えない領域に達しているかも知れません。

ホステス

ホステスは、客が店に入ってきた瞬間から、まず靴を見、服装を見、顔を見、現金をどれくらい所持しているか、どんな職業でどんな地位に就いているか、自分に貢いでくれそうかどうかを一瞬で判断するそうです。 ここで言うホステスとは、キャバ嬢のような、若さと美貌と、若者同士の交際の延長のようなお店とは違います。土地で言えば銀座や六本木のお店に出入りしているような、そんな場所のホステスです。あるいは、京都の祇園のような、一元さんお断りの場所で、舞妓さんや芸妓さんを抱える置屋所属の女性も、広義のホステスと言えるでしょう。 そういった場所に出入りする一流の人は、ホステスにも一流のおもてなしを要求してきます。キャバクラで肉体と華やかさを武器に争いをするのと違い、ホステスは、自分が店を移るたびに自分の顧客リストも一緒に他の店に移します。有能なホステスはお店の間で取り合いになり、「どれだけ筋の良い顧客リストを持つホステスが自分の店に居てくれるか」で、店の隆盛が決まってしまいます。 店の経営者もホステスも、自分のプライドと収入と、これからの人生にすべてをかけて「人を見る目」に磨きをかけている人種で、その眼力は一般人には想像もつきません。一度会った客の名前と顔は即座に覚え、何年たっても忘れないなどは、彼女たちにとっては最も基本的な能力なのです。

経営者

次のページ:面接官
初回公開日:2017年10月06日

記載されている内容は2017年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング