IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「コンサル会社」に就職やインターンをする際の平均偏差値目安とは?

ビジネスマナー

毎年多くの学生が就職を希望するコンサル会社。しかし、その関門は狭く難しいものであり、入社するためには偏差値含む、様々な条件をクリアしなければなりません。今回は、コンサル会社に就職するための必要なこと偏差値を中心にをまとめてありますのでどうぞご参考ください。

更新日時:

コンサル会社に就職する人の偏差値

海外においても、日本国内においてもトップクラスの人気業界であるコンサル会社への就職は、その人気の高さに比例して、入社するには難易度が相当高く、様々な要素が必要となります。 大手コンサル会社に勤める人のほとんどは高学歴の人たちであり、コンサル会社は一見すると高学歴ではなければ入れない条件があるように見えます。 しかし、インターンや業界内の情報を収集することで、コンサル会社に入るきっかけを作ることができます。まずはコンサル会社とはどういった会社、もしくは業界なのかきちんと把握してから、偏差値などの指数を参考にして、就職対策を行っていきましょう。

コンサル会社とは

コンサル会社は、コンサルティングファームと言い、簡単に行ってしまうと企業における戦略を商品として販売している会社です。 戦略と一口に言っても様々な提案があり、営業戦略から業務の効率化、問題の解決など相手となる企業によっても提案方法が違えば、戦略の捉え方も変化します。 現在では、効率化するためのシステムを開発・管理する業務も、「ITコンサルタント」と呼ばれることから、経営手段や営業戦略だけではなく、実際にシステムを売り物としたコンサル会社も存在することから、その定義は曖昧なものになっています。

コンサル会社の分野

コンサル会社をしっかりと把握するためには、どのような企業を取引先として業務をしているのかをはっきりさせる必要があります。日系コンサル会社の分野を例に挙げると、 「戦略系」 「シンクタンク系」 「組織系」 「ブランド系」 「IT系」 があります。また、以上の分野の他に「監査法人」や「財務系」「人事系」そして、「IT系」に見られるように業務特化したコンサル会社も存在します。 「医療系」などはその最たるもので、傾いた会社を立て直す業務を得意とする「再生系」コンサル会社もあります。

コンサル会社の業務内容

業務内容も分野によって大きく異なり、一概に業務をくくってしまうことはできません。ここでは例として、就活生に人気のコンサル会社の業務を見ていくことで、業界の動向に目を向けてみましょう。 「三菱総研」は、三菱総合研究所といい、総合シンクタンク系のコンサル会社です。総合コンサルタントという名前からもわかる通り、様々な業務を行っていて、多岐にわたる部門があります。 その中でも大きな事業部門、現在では子会社として目覚ましい成績を上げているのが三菱総研DCSです。三菱総研DCSでは、ITコンサルからシステム設計や開発、運用など金融やカード企業、官公庁を含む一般企業の企画・提案、設計・開発、運用・処理を行っています。 同様にコンサル会社の中でも人気の高い「DI」、ドリームインキュベータは日系企業でも数少ない「戦略系」コンサル会社です。 業務内容においては成長戦略や新規事業立案など、会社事業に深く関わる部分でのコンサルティングを行い、プロジェクトを推進しています。つまり、会社経営ともとれる重要な役割を果たす業務があるのです。

コンサル会社に就職した人の偏差値

コンサル会社は主に理系学生の就職先として多くの応募がありますが、文系にも就職口はあり、文系の学生でも人気のコンサル会社に入社するチャンスはあります。 しかし、そこで気になってくるのが、学歴によるフィルターでしょう。特に外資系企業ともなれば、明記はされないものの、条件として高学歴であることが必須となってきます。 そこで、有名コンサル会社で働いている人たちは、どのような大学から、またどのような偏差値で入社したのか見てみましょう。

日系コンサルと外資コンサルの偏差値

外資戦略コンサルとして名前が挙がるのは、「マッキンゼー・アンド・カンパニー」ですが、このクラスともなると日本の大学から国内オフィスで東大や京大でも一部のみ、他の大学では難しく、海外MBAに行くしかありません。 そうなると、日系コンサル会社ですが、先程挙げた「野村総研」や「KPMG」「日本総研」は東大から一橋や東工大、早慶でも上位の学部、70~68と言ったところが妥当のラインでしょう。上位総研と呼ばれるコンサルはこの辺の学力が有力です。 65~60程度の偏差値となると、「アクセンチュア」や「みずほ総研・みずほ情報研」、「IBM(コンサル)」等の会社が多くなります。まだまだ有名企業や人気企業が多く、一般に高学歴と呼ばれる大学出身でも気を抜くことはできません。 60~57程の偏差値でも有名企業はあります。分野にもよりますがここでも「日本総研」や「大和総研」「富士通総研」「日立コンサルティング」などのコンサル会社が名を連ねていて、比較的偏差値の高い国立大学の学歴を持つ学生が入社することもあります。 有名企業となると当然ですが、花形のコンサル会社は世間一般的に見ても入社までの倍率が高く、特に日系企業では少ない戦略系ともなると、学歴だけでは太刀打ちできないことがあります。

コンサル会社の就職偏差値

就職偏差値とは、有志が毎年更新する入社難易度を表にした偏差値による会社のランク付けです。「就職偏差値」と検索すると、2ちゃんねるなどで情報が集められて作成された票が出てきます。 有名企業ほど上位にランクインされていて、入社することが難しくなっています。大学入学の偏差値ともリンクする部分があり、大学のランクや学部と照らし合わせてみることも可能です。 会社によっては学歴に重きをおいて参考とすることがあるので、入りたいと思った会社があっても学歴によって弾かれる場合もあります。 数字に強いことがコンサル会社の新卒に求められる条件ともなるので、文系よりも理系が有利となる場合が多いです。留学経験も大きなポイントとなる場合もあり、語学に強く会話スキルを持っていることが面接で評価されることもあります。

就職偏差値を鵜呑みにしてはいけない

就職偏差値は、その年に入社した学生の大学と照らし合わせた結果での会社のランク付けですので、学力偏差値のようにテストの結果算出されているわけではありません。 あくまで、その年の就活生や新卒などの情報に依っていて、例として票にされているだけなので、参考までにとどめておき、あまり信頼しないようにしましょう。 外資系コンサル会社における学歴は重要ですが、日系コンサルとなると、東大や早慶ではなくとも、上位にランク付けされている企業に就職することは可能です。 特にコンサル会社は、数字に対する勘とプレゼンテーション能力やコミュニケーションスキルを重要視する傾向にあるので、きちんと対策して実力を発揮することができれば、偏差値だけで見れば枠外からの学歴でも上位のコンサル会社を狙うことが可能でしょう。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

コンサル会社に就職するためのインターン

有名コンサル会社に入社しようと考えた時、インターンは重要な要素となります。前項の就職偏差値で狙っている就職先と学歴が釣り合っていなかったとしても、試験や面接でしっかりアピールすることができれば、高学歴のライバルを差し置いて入社まで通ることも可能でしょう。 そのためにはインターンを受けておくことが重要となります。なぜコンサル会社に入るためにインターンをしなければならないのか。実際の面接にも繋がる、就職においての大きなポイントですので、理解しておきましょう。

コンサル会社に入るためのインターンとは

インターンには様々な会社が行っています。コンサル会社に入りたいのであれば、やはりコンサル会社の行っているインターンを受けるべきでしょう。インターンを受けることで、実に多くのことを学ぶことができ、就職に対する新たな視点と、そこに向かう自分の姿勢を客観視することができます。 また、目当てのコンサル会社に入るために、取引のある企業が行っているインターンに参加するというのも悪くない方法ですが、しかし、それよりも業界全体の動向や自分の世代における新卒の市場調査を行う意味でも、コンサルティングファームの行っているインターンに参加することをおすすめします。 インターンに参加するためには、そのインターンの情報を集めておくのも肝心です。インターンは無数にある企業が行っているだけに、インターン内容はそれこそそのまま内定をもらえるような最重要なものから、単純作業や曖昧なグループワークをやらされるものまで多岐にわたります。 当然、単純作業や単調なグループワーク、レクリエーション程度の内容でしかないインターンは参加するだけ時間の無駄ですので、前情報は集めておいて有意義なインターンにしましょう。

有意義なインターンとは

有意義なインターンとは、そのコンサル会社で行っている業務内容を理解できるインターンです。例えインターンに赴いたコンサル会社が狙っている会社でなくとも、同じ業界として動向を窺い知ることが可能ですし、また同じように参加しているインターン生と情報を交換することができます。 具体的な判別点を挙げるとすれば、会社の中でも上役が参加しているといいインターンであることが多いです。話を聞けるのであれば、そこで聞いておくことをおすすめします。 加えて、有意義なインターンとなることの傾向として、ベンチャー企業が行っているインターンが就活をこれから行う大学生にとって良い刺激となる場合が多くあります。 企画・立案などのテーマで実際の業務やディスカッションが行われ、就職に対する観念を鍛え上げてくれるところにはベンチャー企業であることが多く、もしめぼしいインターンがなければベンチャーの行っているインターンも視野に入れて考えましょう。

インターンと偏差値について

インターンに参加する場合、偏差値は重要な要素とはなりませんが、インターン先での目安としては考えることはできます。参考にするのは、先の就職偏差値です。自分の行きたいコンサル会社の偏差値と同じランクの会社が行っているインターンに行くことで、面接で役立つ業界事情を知ることができるでしょう。 インターンには受かったけど、本面接で落ちてしまっては意味がありません。長期インターンに通った人は、面接の結果も悪くないものとなるといった話はよく聞きますが、実際にそれはスキルが向上して、自信がついたからであって、インターンに通ったからではありません。 インターンは自分の興味ある会社、行きたい業界のものに絞って、就活時に役立つ情報やスキルを身に着けましょう。

大手会社のコンサル職に就くためのポイント

実際にコンサル会社、またはコンサル職の部門のある会社に就職した人の経歴から学ぶことで、コンサル会社へ就職するためのポイントを理解していきましょう。数々の意見の耳にすることで、意識すべき点が見えてくるはずです。

日本総研に就職するためのポイント

日本総合研究所は、三井住友フィナンシャルグループのシンクタンク系コンサルティングファームです。 就職偏差値で見るとコンサル会社としては上位の企業にランクインし、働いている社員には理系の東大、京大、早慶の大学院卒の方が多く、全体的な偏差値としてもかなり高ランクの会社です。 大学院卒が多いということで、理系であれば修士課程を卒業しておくのも良いでしょう。面接は比較的穏やかに進みますので、落ち着いて理路整然とした答えを返しましょう。

アクセンチュアに就職するためのポイント

アクセンチュアは、外資系のコンサルタントファームであり、その規模は世界最大級と呼ばれています。就活生にとっても人気が高い企業で、東大、京大、早慶でも偏差値の高い上位学部の院卒生や海外アイビーリーグの卒業生が多く働いています。 偏差値も高く設定されているため、倍率が厳しく、就活生にとっては大変狭き門となるでしょう。年収の平均は、1012万円と高収入もさることながら、成果主義の自由な社風は人気が高いです。 ケース面接もあり、業界に対する柔軟な発想が求められることに加え、落ち着いた受け答えとビジネスマナーの面が細かく見られますので、何度もシュミレーションして面接に挑みましょう。

みずほ総研に就職するためのポイント

みずほ総合研究所は、リサーチ部門とソリューション部門を擁する銀行系シンクタンクのコンサルティングファームです。みずほ銀行との連携が強く、大企業から中小企業までの案件を銀行経由で受注しているのが特徴です。 東大・京大・一橋大・東工大などの高い偏差値を有する学歴ではなくとも、上位国立大学や修士課程ではない卒業生から入社した人も存在し、学歴よりも面接やESで見ることもあります。 みずほ総研への志望理由を推して質問される場合が多く、どの分野でどんな活躍をしたいかなどという質問も出てくることが予想されるため、入社して働いているヴィジョンをしっかり作って面接に挑みましょう。

自分に合ったコンサル会社に挑戦しよう

これまで就職偏差値と企業の難易度の解説を行いましたが、あくまで目安程度の情報として捉えておいて下さい。 就活が始まって実際に面接を受けるのは自分自身なので、強い自信や根拠のある情報に基づいた意見がなくては、合格することは難しくなってきます。 まずは興味のあるコンサル会社から調査していって、業界全体の動向を知り、その中で自分がどんな働き方ができるのか十分考えた上で、理想の会社を定めて、その会社の傾向と対策を練っていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング