IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「コンサル会社」に就職やインターンをする際の平均偏差値目安とは?

更新日:2020年11月09日

ビジネスマナー

毎年多くの学生が就職を希望するコンサル会社。しかし、その関門は狭く難しいものであり、入社するためには偏差値含む、様々な条件をクリアしなければなりません。今回は、コンサル会社に就職するための必要なこと偏差値を中心にをまとめてありますのでどうぞご参考ください。

コンサル会社に就職する人の偏差値

海外においても、日本国内においても有数クラスの業界であるコンサル会社への就職は、そのの高さに比例して、入社するには難易度が相当高く、様々な要素が必要となります。 大手コンサル会社に勤める人のほとんどは高学歴の人たちであり、コンサル会社は一見すると高学歴ではなければ入れない条件があるように見えます。 しかし、インターンや業界内の情報を収集することで、コンサル会社に入るきっかけを作ることができます。まずはコンサル会社とはどういった会社、もしくは業界なのかきちんと把握してから、偏差値などの指数を参考にして、就職対策を行っていきましょう。

コンサル会社とは

コンサル会社は、コンサルティングファームと言い、簡単に行ってしまうと企業における戦略を商品として販売している会社です。 戦略と一口に言っても様々な提案があり、営業戦略から業務の効率化、問題の解決など相手となる企業によっても提案方法が違えば、戦略の捉え方も変化します。 現在では、効率化するためのシステムを開発・管理する業務も、「ITコンサルタント」と呼ばれることから、経営手段や営業戦略だけではなく、実際にシステムを売り物としたコンサル会社も存在することから、その定義は曖昧なものになっています。

コンサル会社の分野

コンサル会社をしっかりと把握するためには、どのような企業を取引先として業務をしているのかをはっきりさせる必要があります。日系コンサル会社の分野を例に挙げると、 「戦略系」 「シンクタンク系」 「組織系」 「ブランド系」 「IT系」 があります。また、以上の分野の他に「監査法人」や「財務系」「人事系」そして、「IT系」に見られるように業務特化したコンサル会社も存在します。 「医療系」などはその最たるもので、傾いた会社を立て直す業務を得意とする「再生系」コンサル会社もあります。

コンサル会社の業務内容

業務内容も分野によって大きく異なり、一概に業務をくくってしまうことはできません。ここでは例として、就活生にのコンサル会社の業務を見ていくことで、業界の動向に目を向けてみましょう。 「三菱総研」は、三菱総合研究所といい、総合シンクタンク系のコンサル会社です。総合コンサルタントという名前からもわかる通り、様々な業務を行っていて、多岐にわたる部門があります。 その中でも大きな事業部門、現在では子会社として目覚ましい成績を上げているのが三菱総研DCSです。三菱総研DCSでは、ITコンサルからシステム設計や開発、運用など金融やカード企業、官公庁を含む一般企業の企画・提案、設計・開発、運用・処理を行っています。 同様にコンサル会社の中でもの高い「DI」、ドリームインキュベータは日系企業でも数少ない「戦略系」コンサル会社です。 業務内容においては成長戦略や新規事業立案など、会社事業に深く関わる部分でのコンサルティングを行い、プロジェクトを推進しています。つまり、会社経営ともとれる重要な役割を果たす業務があるのです。

コンサル会社に就職した人の偏差値

コンサル会社は主に理系学生の就職先として多くの応募がありますが、文系にも就職口はあり、文系の学生でものコンサル会社に入社するチャンスはあります。 しかし、そこで気になってくるのが、学歴によるフィルターでしょう。特に外資系企業ともなれば、明記はされないものの、条件として高学歴であることが必須となってきます。 そこで、有名コンサル会社で働いている人たちは、どのような大学から、またどのような偏差値で入社したのか見てみましょう。

日系コンサルと外資コンサルの偏差値

外資戦略コンサルとして名前が挙がるのは、「マッキンゼー・アンド・カンパニー」ですが、このクラスともなると日本の大学から国内オフィスで東大や京大でも一部のみ、他の大学では難しく、海外MBAに行くしかありません。 そうなると、日系コンサル会社ですが、先程挙げた「野村総研」や「KPMG」「日本総研」は東大から一橋や東工大、早慶でも上位の学部、70~68と言ったところが妥当のラインでしょう。上位総研と呼ばれるコンサルはこの辺の学力が有力です。 65~60程度の偏差値となると、「アクセンチュア」や「みずほ総研・みずほ情報研」、「IBM(コンサル)」等の会社が多くなります。まだまだ有名企業や企業が多く、一般に高学歴と呼ばれる大学出身でも気を抜くことはできません。 60~57程の偏差値でも有名企業はあります。分野にもよりますがここでも「日本総研」や「大和総研」「富士通総研」「日立コンサルティング」などのコンサル会社が名を連ねていて、比較的偏差値の高い国立大学の学歴を持つ学生が入社することもあります。 有名企業となると当然ですが、花形のコンサル会社は世間一般的に見ても入社までの倍率が高く、特に日系企業では少ない戦略系ともなると、学歴だけでは太刀打ちできないことがあります。

コンサル会社の就職偏差値

就職偏差値とは、有志が毎年更新する入社難易度を表にした偏差値による会社のランク付けです。「就職偏差値」と検索すると、2ちゃんねるなどで情報が集められて作成された票が出てきます。 有名企業ほど上位にランクインされていて、入社することが難しくなっています。大学入学の偏差値ともリンクする部分があり、大学のランクや学部と照らし合わせてみることも可能です。 会社によっては学歴に重きをおいて参考とすることがあるので、入りたいと思った会社があっても学歴によって弾かれる場合もあります。 数字に強いことがコンサル会社の新卒に求められる条件ともなるので、文系よりも理系が有利となる場合が多いです。留学経験も大きなポイントとなる場合もあり、語学に強く会話スキルを持っていることが面接で評価されることもあります。

就職偏差値を鵜呑みにしてはいけない

就職偏差値は、その年に入社した学生の大学と照らし合わせた結果での会社のランク付けですので、学力偏差値のようにテストの結果算出されているわけではありません。 あくまで、その年の就活生や新卒などの情報に依っていて、例として票にされているだけなので、参考までにとどめておき、あまり信頼しないようにしましょう。 外資系コンサル会社における学歴は重要ですが、日系コンサルとなると、東大や早慶ではなくとも、上位にランク付けされている企業に就職することは可能です。 特にコンサル会社は、数字に対する勘とプレゼンテーション能力やコミュニケーションスキルを重要視する傾向にあるので、きちんと対策して実力を発揮することができれば、偏差値だけで見れば枠外からの学歴でも上位のコンサル会社を狙うことが可能でしょう。

コンサル会社に就職するためのインターン

次のページ:大手会社のコンサル職に就くためのポイント
初回公開日:2017年07月17日

記載されている内容は2017年07月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング