IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

季節別北海道のドライブスポットと北海道のおススメスポット

初回公開日:2017年10月03日

更新日:2020年11月16日

記載されている内容は2017年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

おでかけ

北海道の魅力は、季節や道北、道東、道央、道南の方面ごとに大きく違っています。のんびりドライブして北海道を観光してみませんか。季節や方面ごとのドライブコースとスポットをご紹介します。北海道の自然と文化、グルメをドライブで満喫しましょう。

季節別北海道のドライブスポット

季節別北海道のドライブスポット
※画像はイメージです
出典: https://cdn.pixabay.com

春~雪解けの北海道

春の北海道は、気温が低く、4月にみぞれが降ることも珍しくありません。殆どの車がスタッドレス・冬用のタイヤを装着しています。そこで肌寒い日でもドライブを楽しむために、屋内施設に立ち寄る白老・登別方面のドライブプランをご紹介します。 新千歳空港から道央自動車道(高速道路)を利用し、白老インターチェンジで降りると、北海道の先住民族アイヌについて学べる「アイヌ民族博物館」があります。こちらでは、アイヌ民族古式舞踊を見たり、アイヌの楽器ムックリの製作やトンコリの演奏体験をしたりすることができます。普通車の駐車料金は300円で、別途入場料、各体験コースの料金が必要となります。 次に国道36号線を登別方面へ向かってドライブすると、中世のお城のようなレンガ造りの外観が特徴的な「登別マリンパークニクス」水族館が見えてきます。こちらは、イルカショーや遊園地が併設されているので、家族連れにのスポットです。カップルのドライブデートにも素敵です。 水族館を出て登別温泉へ向かうと、クマ牧場や登別伊達時代村といったの観光スポットに到着します。そのまま登別温泉に宿泊しても良いですし、新千歳空港、札幌方面へ戻る場合は、登別東インターチェンジが近くて便利です。登別温泉から空港までは、高速道路を利用すると1時間程度で到着できます。右手に太平洋の海、左手には噴火口から煙の上がる樽前山を眺めながらのドライブを楽しめます。

夏~道北方面

北海道の短い夏になのが、咲き誇る草花が美しい観光庭園です。道北では富良野市のラベンダー、北竜町のひまわり畑、滝川市の菜の花畑に旭川市の上野ファームなど、それぞれの開花時期にあわせて楽しむことができます。 札幌から旭川へは道央道(高速道路)を利用すると約2時間のドライブで到着します。 札幌から滝川を経由して旭川まで、北海道ならではのドライブを楽しむなら、国道12号線からのルートがです。途中の美唄市(びばい)から滝川市までは、「日本で有数まっすぐな道路29.2 km」を通ります。目的地に向かう途中の腹ごしらえに名物「美唄焼き鳥」がです。 美唄を抜けると、北海道の有名スイーツ店「北菓楼」砂川本店が左手に見えてきます。ギャラリースペースと喫茶コーナーでリフレッシュしてからドライブの続きをお楽しみください。

秋と冬の北海道

秋から冬にかけての北海道は、紅葉が美しい秋が終わり、寒さが厳しい冬が始まります。ドライブには、比較的積雪が少ない道東のコースがです。但し、ブラックアイスバーン(道路に氷が張っていることがわかりずらい)など冬の北海道をドライブする際は、運転に十分お気をつけください。 釧路市から出発し、釧路湿原を眺めながら、まりも国道(国道240号線)を通って阿寒湖温泉へ向かいます。途中の鶴居村では、鶴の群れを見ることができます。冬の北海道、白い雪の中で見る鶴の美しさは格別です。早朝や夕方は空を舞う鶴の姿を見ることができます。 阿寒湖温泉までのドライブは、阿寒摩周国立公園の深い森の中を通ります。樹々の間から鹿が飛び出すことが多いので、運転には注意してください。鹿は、先頭の1頭の後に続いて何頭か群れで飛び出してきます。そんな時は、鹿がいなくなるまで待つのが地元の暗黙のルールです。急がずに北海道のドライブを楽しんでください。 新千歳空港から阿寒湖周辺へのドライブは、道東道(高速道路)の阿寒インターチェンジが平成26年にオープンして便利になりました。空港から釧路、阿寒へは高速道路を利用しても4~5時間は要します。釧路市内のホテルや阿寒湖温泉など周辺に宿泊するドライブ旅行をします。

北海道のドライブスポット

北海道のドライブスポット
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

藻岩山観光道路で札幌の夜景を楽しむ

藻岩山観光道路は、藻岩山の中腹駐車場まで約3.5キロの山道をドライブします。藻岩山の夜景は、観光客は勿論、札幌市民にものスポットです。夜景を楽しむためには、暖かい恰好でおでかけしてください。 中腹駐車場は一般乗用車の駐車料金が660円となっています。80台までしか駐車することができないので、満車の場合は、観光道路の入り口で入場ス有数となります。 中腹駐車場からは、「もーりすカー」(ケーブルカー)に乗って約1分40秒で山頂へ到着します。 山頂のレストラン「THE JEWELS」では、本格的なコース料理で北海道の味覚を堪能できます。藻岩山は夜景がですが、北海道の自然を観察したい人には、昼間の藻岩山もです。

小樽運河でアートを楽しむ

札幌から小樽まで国道5号線をドライブすると小樽市の入り口朝里(アサリ)辺りから右手に海が見えます。のんびりドライブすると約1時間で小樽運河に到着します。 小樽運河は、ガラスやお寿司で有名な観光地ですが、2017年9月にオープンした小樽芸術村でアートを楽しむドライブはいかがでしょうか。小樽芸術村は、「似鳥美術館」、「アールヌーヴォー・アールデコグラスギャラリー」(似鳥美術館 地下1階 に併設)、「ステンドグラス美術館」、「旧三井銀行小樽支店」の3つを合わせた名称です。「似鳥美術館」は、ピカソ、東山魁夷、岸田劉生、棟方志功・・・といった画家の作品に加えてガレやドーム兄弟によるガラス作品が展示されています。小樽のレトロな雰囲気を一層盛り上げてくれます。 小樽運河では、写真を撮るだけではなく、約40分間の運河クルーズを楽しむことができます。こちらは夏の繁忙期(8/1~9/30、GW)には事前予約が必要です。夕日が沈む時刻やナイトクルーズも趣があってです。

羊蹄山へは支笏湖を通るコースで

飛行機で北海道へ到着し、そのままレンタカーを借りて羊蹄山へ向かうドライブをするなら、国道276号線を通り約2時間でニセコに到着します。途中右手には、支笏湖が広がります。森の中を通るドライブは、緑が濃い夏、紅葉の秋どちらも北海道の美しい自然を楽しめるドライブコースです。北海道の豊な自然の中をドライブしますので、キツネや鹿など野生動物の道路への飛び出しにお気をつけください。 羊蹄山のふもとニセコでは、大湯沼や五色温泉で温泉成分の泥パックがドライブの疲れを癒してくれます。

関連タグ

アクセスランキング