IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おしゃれなラベルシールの作り方|調味料/キッチン/シャンプー

初回公開日:2017年09月18日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2017年09月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

おしゃれなものに囲まれていると気分が上がってきませんか。今回は身近なものをラベルシールを使っておしゃれにする方法を紹介します。パソコンやスマホ、専門サイトを使ったラベルシールの作り方を解説します。自分らしいオリジナルのラベルシールの作り方をマスターしましょう。

ラベルシールって?

日用品や身近なものが、おしゃれなデザインだと気分が上がる人も多いでしょう。普段使っているものでも、好きなデザインやロゴ、文字などを入れて簡単におしゃれにできるのがラベルシールです。 ラベルシールを使うと、見た目がおしゃれになるだけでなく、整理整頓がしやすくなります。調味料ボトルや小物入れなどにラベルシールを貼れば、使いやすくなり見た目もスッキリします。また、オリジナルのデザインにすると愛着がわき、大切に使う心も芽生えるものです。ラベルシールの様々な用途、作り方を見ていきましょう。

おしゃれなラベルシールの作り方

ラベルシールは、デザインによって貼ったものをおしゃれに見せてくれます。色や形、文字の書体をオリジナルで作れるのも手作りのラベルシールの醍醐味です。オリジナルのデザインで、アイテムに合ったものを作っていきましょう。様々なアイテムを例に作り方を紹介します。

調味料

砂糖、塩、油、お酢、ハーブなど、調味料にはたくさんの種類があります。種類ごとに瓶やボトルを統一してラベルシールを貼ると、おしゃれで使いやすくなるでしょう。 調味料用ラベルシールの作り方のポイントは、色の統一とシンプルなデザインにすることです。調味料によって中身の色が様々なので、ラベルシールはシンプルにすると見た目がすっきりするでしょう。カロリーなどを載せておくと、調理するときの目安になります。また、「I like cooking」などの文言を入れるとよりおしゃれに見えるでしょう。

キッチン

キッチンには、調味料だけでなく、ストック食品、ナプキン、コースター、ウエス、ラップなどを置くでしょう。それらを綺麗にまとめるのに活躍するのがラベルシールです。 キッチン用ラベルシールの作り方のポイントは、収納場所ごとにデザインを統一することです。ラベルの色や大きさを揃えることで、大きさや形がバラバラのキッチン用品も整って見えるでしょう。小物入れにはロゴやイラストを入れると、何が入っているか一目瞭然です。小物のブランド名を入れておくのも良いでしょう。

シャンプー

好きなボトルに詰め替えてシャンプーを使っている人もいるでしょう。中身がわかるようにするためにラベルシールを使いましょう。 シャンプー用ラベルシールの作り方のポイントは、防水のラベルシールを使うことです。通常のラベルシールでは、せっかく作っても水で滲んでしまいます。長持ちさせるためにも防水のラベルシールは必須でしょう。シャンプーだけでなく、コンディショナー、ボディーソープ、洗顔料、クレンジングなども統一したデザインで作るとおしゃれになります。

キスチョコ

キスチョコは、ハーシーという会社のチョコレートです。一口サイズのチョコが銀紙に包まれ、底が丸いスタンプのようになっています。キスチョコの底面部分にシールを貼り、メッセージを書いてパーティーやプチギフトとして用いられています。 キスチョコ用のラベルシールの作り方のポイントは、丸型に型抜きされたラベル用紙を使うことです。キスチョコの底面の大きさに合わせて、直径20mm以下のサイズを選びましょう。記念日などに用いる場合には、日付や感謝の気持ちを一言入れると喜ばれるでしょう。パーティーなどでは丸い形を活かしたイラストやロゴでカラフルにすると華やかになります。

モノトーン

様々なシーンで活躍するラベルシールは、収納や整理整頓をするときに統一感を出すと、より見た目が綺麗になりおしゃれに見えます。特にモノトーンにするとどんなものにも合い、スタイリッシュに見えるでしょう。 ラベルシールのデザインに迷ったら、モノトーンで作ってみると良いでしょう。白地のラベルに黒色の枠を作り、英字を並べてみましょう。それだけで外国風でおしゃれになります。格好良くするためには、黒地に白文字を入れてみたり、枠のデザインや文字の書体にもこだわってみましょう。色は白と黒しか使っていなくても、オリジナル性は無限大にあります。使いやすいモノトーンでラベルシール作りを楽しみましょう。

宛名

ハガキや手紙の宛名書きにラベルシールを使うと便利です。会社や業者などで良く使われる宛名シールは、自宅でもおしゃれに活用することができます。宛名のラベルシールの作り方は、宛名のデータを用意して印刷する方法と、枠組みだけを印刷して宛名を手書きにする方法があります。ハガキや封筒の大きさに合わせて、型抜きされたラベル用紙を選びましょう。 宛名ラベルをおしゃれに作るには、デザインを工夫すると良いでしょう。花模様の枠を使ったり、イラストを入れたり、クラフトタイプの用紙を使うのも一つの方法です。送る相手やシーンによって様々なデザインが考えられるでしょう。

防水ラベルシールの作り方

水回りの用品にラベルシールを使いたい場合は、防水用のものを用意しましょう。様々なメーカーで耐水性のラベルシール用紙が販売されています。もし用意できない場合は、自作することもできます。 自作の防水ラベルシールの作り方は、まずラベル用のデータ、通常のラベル用紙、透明ガムテープ、カッターかハサミを用意します。ラベルにデータを印刷したら、透明ガムテーブを印刷した上から空気が入らないように貼ります。カッターかハサミで切り取って完成です。ただし、自作の防水ラベルシールは完全防水ではないので、水が大量にかかるバスルームでの使用は避けましょう。

パソコンを使って作る

ラベルシールや宛名ラベルはパソコンを使って簡単に作ることができます。パソコンを使ったラベルシールの作り方を見てみましょう。

テンプレート

自作でデザインを作るのが難しい場合は、テンプレートを使うと良いでしょう。web上には様々なテンプレートを無料で提供しているものや、テンプレートを使ったラベルの作り方を提案しているサイトがあります。 テンプレートによるラベルシールの作り方は、テンプレート画像をダウンロードしてプリンターで印刷するというシンプルなものです。必要ならばパソコンや手書きでの書き込みをすると良いでしょう。また、貼りたいものによってサイズを調整しましょう。

スマホを使って作る

オリジナルのデザインを作るには、スマホも活躍します。様々な画像加工アプリを使って、おしゃれなデザインのラベルシールを作りましょう。

アプリ

スマホでラベルシールを作成するには、画像加工や文字入れなどができるアプリを使います。テンプレートに好きな書体の文字を入れていきましょう。パソコンやプリンターがなくても、自分で作成したラベルをシールにして届けてくれるサービスもあります。

iPhone

iPhoneでも「pages」というアプリを使って、パソコンと同じようにラベルを作ることができます。iPhoneで撮影した画像や、他のアプリで加工したデータも活用し、オリジナルのラベルシールが作れます。

専用サイトでのラベルシールの作り方

デザインや紙の材質にこだわりたい人は、ラベルの専門サイトを利用してみてはいかがですか。あなたが使いたい理想のラベルシールを見つけることができるでしょう。

A-one

A-oneでは、お名前シール、ファイル用、収納表示用など様々な用途で使えるラベル用紙を展開しています。また、サイズで探せるコンテンツもあるので貼りたいサイズに合わせてピンポイントで検索、購入が可能です。 A-oneサイト内の「ラベル屋さん.com」では、レイアウトやデザイン選びから印刷までをサポートしています。また、様々なラベルシールの作り方についても提案しています。詳しくはサイトページを参考にしてください。

自分らしいラベルシールを作ろう

ラベルシールの作り方を様々な角度から見てきましたが、いかがでしたでしょうか。普段使い慣れている日用品も、ラベルシールを使えばあなただけのオリジナルのアイテムにすることができます。ラベルシールを使って身近な用品をオリジナルのインテリアに変えてみましょう。

さっそく自作してみよう!

エーワン ラベルシール プリンタ兼用 12面 22枚 72312
エーワン ラベルシール プリンタ兼用 12面 22枚 72312

関連タグ

アクセスランキング