IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スキンヘッドにする方法|やり方/シェーバー/バリカンなど

自己啓発

スキンヘッドにするには勇気が要ります。スキンヘッドにするやり方など、事前によく知っておきたい方も多いのではないでしょうか。この記事ではスキンヘッドの注意点や、スキンヘッドにするやり方を紹介します。スキンヘッドにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

更新日時:

スキンヘッドにするメリットとは?

スキンヘッドにするには勇気が必要です。一度スキンヘッドにすると元通りに戻そうと思っても時間がかかります。そのため、事前にスキンヘッドのメリット・デメリットをしっかり踏まえ、納得した上でスキンヘッドにするようにしましょう。

頭を洗うのが楽

スキンヘッドにすることによるメリットとしてよく挙げられるのが、「頭を洗うのが楽」ということです。スキンヘッドは髪の毛がありませんので、シャンプーで時間をかけて髪を洗う必要がありません。 シャンプーで洗うやり方の人(シャンプーには頭皮に良い成分も入っているため)もいれば、ボディソープで洗うやり方の人(髪の毛がないのでボディソープで十分という考え)もいます。どちらにせよ、髪が無い方が洗うのは楽です。

散髪が必要ないので経済的

毎日手入れをして髪を伸ばさないようにするので、理容店や美容室に散髪しに行く必要がありません。散髪に行く頻度は人によって違いますが、一回に数千円はかかるので、結構大きい出費です。自分でまめに手入れする時間や道具は必要ですが、散髪代が浮くのは大きなメリットと言えます。

スキンヘッドにはデメリットもある?

手入れが大変

スキンヘッドは髪を洗う必要や散髪する必要がない変わり、自分自身でまめに手入れをしなくてはなりません。髪は意外とすぐに伸びるので、最低3日に1度は手入れをする必要があります。

頭が無防備

頭が無防備になります。実は髪の毛は、頭をガードする役割を持っています。そのため、例えば転んだとして、髪の毛があればコブができるだけで済むところを、スキンヘッドの場合には頭皮を切って出血するといったケースもあり得ます。

暑さに弱くなる

スキンヘッドは暑さに弱くなります。「髪がないので夏涼しくていい」と思われがちですが、実は逆です。髪の毛は、頭皮を直射日光から守ってくれています。髪の毛がなくなると、頭皮に直接日光が当たるようになるので、余計に暑く感じます。暑さから頭を守るためには帽子をかぶることなどが必要になります。冬は逆に寒くなります。

服や帽子・タオルが引っかかって危険

スキンヘッドで生活する場合、意外と大変なのが、布が頭に引っかかることです。タオルで頭を拭くとき、服や帽子を着脱するとき、頭皮に引っかかり、首を痛めてしまう危険があるため、注意が必要とされます。

メリットになるかどうかは人次第?

印象が大きく変わる

メリットになるかどうかは人次第ですが、「印象が大きく変わる」という点は非常に重要です。実は海外には、「スキンヘッド=反社会的」というイメージを持っている地域もあります。日本では、「スキンヘッド=お坊さんのように温厚」というイメージもあれば、「反社会的」というイメージもあります。 温厚なイメージになるか、反社会的なイメージになるかは「人によります」。普段から明るく温厚な性格であれば温厚なイメージになりやすく、怖そうな印象があったり暗い性格だったりすると反社会的なイメージに捉えられてしまう可能性があります。自分のイメージがどう変わりそうか、しっかりと見極めることが必要です。

スキンヘッドにする方法は?

理容室でスキンヘッドにしてもらう

スキンヘッドにするやり方の1つとして、理容室でやってもらうという方法があります。ただし、どこの理容室でも受け付けてくれるわけではありません。出かける前に、電話で「スキンヘッドにしてもらうことができるか」を確認しておきましょう。 また、スキンヘッドにするには、通常の散髪以上に時間と神経を使うことになります。そのため、料金も通常の散髪よりも高額になる可能性が高いです。

自分でスキンヘッドにする

理容室に行く以外のやり方としては、自分で行うやり方があります。もちろん、協力してくれる人がいる場合は、安全のために協力してもらうことも可能です。

自分でスキンヘッドにするのに必要な道具は?

カミソリ

髪を剃る道具として、まずカミソリが挙げられます。「ストレート」と「T字」がありますが、おすすめは「T字」です。ストレートのカミソリの場合、頭皮に角度を合わせるのが難しく、事故が起きるリスクが高いです。そのため、時間も神経も多く使うことになります。 T字の場合は、ストレートよりは安全に行うことができます。3枚刃と5枚刃がありますが、慣れない内は、より安全な5枚刃を使用することをおすすめします。ただし5枚刃は刃が目詰まりしやすいので、慣れてきたら日常の手入れから3枚刃に切り替える方もいます。 髪を剃る際も日常の手入れの際も、カミソリを使う頻度が多くなるので、増量パックのものを購入したり、予備の刃を3枚ほどはストックとして購入しておくのがおすすめです。

シェーバー

シェーバーを使うメリットは、頭皮を切ってしまうリスクがほとんど無いことです。ただし、初めて使う場合には髪が長いため、目詰まりを起こしやすくなります。一度スキンヘッドにした後、毎日の手入れに使用するのがおすすめです。 ただし、毎日使用するため故障するリスクは高いです。また、シェーバーは高額なので、故障するたびに買い換えるとなると金銭的な負担が発生します。

自分でスキンヘッドにする前に注意すること

自分でスキンヘッドにする前に注意しておくべきことは、「スキンヘッドにするには神経と時間を多く使う」こと、「準備が不十分だと途中で中断しなくてはならなくなる」こと、「始めてしまったら後戻りはできない」ことです。 中途半端な状態で中断することにならないよう、必ずやり方と必要な道具を十分確認し、準備が整った上で開始してください。 ただし、元々頭皮に何らかのトラブルがあったり髪の毛を剃る際に痛みがあるなど、どうしても中断した方が良い場合もあります。その場合は無理せず中断し、坊主頭の状態で頭皮を数日間慣れさせ、十分に頭皮の健康状態が復活してから剃るようにしましょう。

自分でスキンヘッドにするやり方は?

自分でスキンヘッドにするやり方は1つではありません。今回は数あるやり方の中から最も代表的な、カミソリを使ったやり方の手順を紹介します。

やり方手順その1:バリカンで坊主にする

カミソリでいきなり剃ることはできないので、まずはバリカンで髪を短くします。後でカミソリで剃るので、この段階ではそこまで細かく神経を使う必要はありません。バリカンで剃る際もカミソリで剃る場合も、基本的に逆剃りというやり方で行います。最初に前から頭頂、続いてサイドを下から上へ、最後に後ろ側を下から上に向かって剃ります。

やり方手順その2:頭皮を蒸らす

バリカンが終わったら、今度は蒸しタオルで頭皮を蒸します。大体30分くらいが目安です。

やり方手順その3:前から頭頂までを剃る

蒸し終わったら、今度はシェービングクリームを塗り、カミソリで剃っていきます。最初に前側から頭頂までを剃っていきます。初めての場合や慣れていない場合、頭皮がつるっとした形をしているイメージを持ちがちですが、実際には凸凹しています。 そのため、慎重に剃らないと、頭皮を切ってしまいがちです。慣れない内は特にゆっくりと慎重なやり方で剃るようにしてください。また、上を見て剃るのは非常に危険です。頭皮に皺が寄り、頭皮を切りやすくなり、剃りにくくもなります。慣れるまで大変ですが、手で頭皮を触り、その感触を頼りに剃れていない箇所を探り、剃っていくやり方にしましょう。

やり方手順その4:サイドを剃る

続いてサイドを剃ります。サイドも逆剃りで、下から上へ剃るやり方です。一度下から上に剃った後、耳の周りを再度剃り直します。最もそり残しやすいのが耳の後ろ側です。耳たぶがあるので、謝って耳たぶを切ってしまわないよう、注意が必要です。 利き手と逆サイドは特に剃りにくいですが、時間をかけ、ゆっくりと慎重に剃っていくようにしてください。

やり方手順その5:後ろ側を剃る

最後に後ろ側の毛を剃りますが、見えないために最も神経を使う箇所になります。後ろを剃るときにも今までと同様、下から上に逆剃りのやり方で剃ります。この時も、手の感触で剃り残しを確認しながらゆっくりと進めていきましょう。

【番外編】特殊メイクでスキンヘッドにする方法とは?

ドラマや映画撮影などでスキンヘッドの人物を演じる場合、実際に剃るのでは無く、特殊メイクを使うことがあります。特殊メイクをする際には、まず「ボールドキャップ」と呼ばれるシリコンの被り物をします。坊主キャップはとても薄いため破れやすく、特殊メイクはとても難しいです。 ボールドキャップの上に肌の色をつけていきますが、通常のファンデーションでは弾かれてしまうため、プロスエイドという特殊な接着剤と絵の具を混ぜて肌の色を着色するやり方をします。

スキンヘッドを維持するための方法は?

頭皮を洗う

頭皮を洗うには、ボディソープで洗うやり方とシャンプーで洗うやり方があります。髪の毛が無いため、基本的にシャンプーで洗う必要はありません。スカルプシャンプーなど、頭皮に良い成分が含まれているものであれば、頭皮ケアのために使う場合もあります。 ボディソープでも大丈夫ですが、頭皮が弱い方やもともと頭皮にトラブルがある方の場合、フケなどの原因となる可能性もあります。その場合は肌に優しい洗顔フォームなどで頭皮を洗いましょう。 いずれの場合も、髪の毛が無い分頭皮が痛みやすいので、爪を立てずに指の腹で洗うようにしてください。

保湿する

スキンヘッドにして頭皮が空気にさらされるようになると、自然と頭脂が分泌され、保湿されるようになってきます。そうなるまでの間は、乳液や保湿クリームで保湿すると良いでしょう。 ただ、特に頭皮が乾燥していなければ無理に乳液やクリームを塗る必要はありません。塗ることで毛穴が詰まってしまい、逆にトラブルになるケースもあるので、頭皮の様子を見極めて行いましょう。

枕カバーや帽子を衛生的に

髪の毛が無くなることで、頭皮のトラブルが起こりやすくなります。特に頭皮にばい菌が入り、ニキビができるケースもあります。予防のため、枕カバーや帽子は頻繁に洗濯し、清潔に保つようにしましょう。

紫外線対策

髪の毛が無くなることで直接紫外線が頭皮に注がれるので、通気性の良い帽子などで防ぐ必要があります。紫外線が当たって日焼けすることで、頭皮が剥がれたり赤くなったり、トラブルが起こりやすくなります。

定期的に剃る

スキンヘッドは3日間放置すると坊主頭になってしまうとされます。そのため3日に1度は剃る必要があります。しかし3日ごとに剃っていても、タオルや服などが頭に引っかかりやすくなるため、毎日剃るようにしている方もいます。

安全に慎重にスキンヘッドにしましょう!

トピック1010514/要素1569156

今回は、スキンヘッドのメリット・デメリットと、スキンヘッドにするためのやり方を紹介しました。中には、「思った以上にスキンヘッドにすることは大変だ」と感じた方もいるかもしれません。 確かに、慣れない内はリスクもあり、時間も神経も消費します。ただし、慣れてくることで毎日の手入れもスムーズに行えるようになった方も多いです。とにかく最初は慎重に、時間をかけてじっくり安全に行い、自分で満足のできるスキンヘッドを手に入れましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)