IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スキンヘッドを自分でするやり方・メリット/デメリット6つ

自己啓発

スキンヘッドにするには勇気が要ります。スキンヘッドにするやり方など、事前によく知っておきたい方も多いのではないでしょうか。この記事ではスキンヘッドの注意点や、スキンヘッドにするやり方を紹介します。スキンヘッドにしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

更新日時:

スキンヘッドにする前に、似合うかどうか確認を

トピック1010514/要素4704181

スキンヘッドにするには勇気が必要です。一度スキンヘッドにすると、元どおりに戻そうとしても時間がかかります。事前にメリット・デメリットをしっかりと踏まえ、納得した上でスキンヘッドにするようにしてください。 スキンヘッドは怖そうな印象があるので、反社会的なイメージに捉えられてしまう可能性があります。自分がなりたいイメージにあっているかどうか、しっかりと見極めることが大切です。

頭の形がいいと似合う

スキンヘッドは頭の形が良くないと似合わないので、気をつけましょう。 スキンヘッドは男らしくてかっこいい髪型ですが、日本人にはなかなか難しいスタイルです。なぜなら、頭の形がキレイでないとスキンヘッドは似合わないからです。 後頭部に膨らみのあるヨーロッパやアフリカの人種とちがい、東洋人は絶壁が多いです。後頭部にある程度の膨らみがないと、スキンヘッドをキレイに仕上げることは難しくなります。

体格が良いと似合う

スキンヘッドは痩せていると貧弱に見えるので、体格が良い人のほうが似合うとされています。 ファッションは人それぞれの感性なので、スキンヘッドがふくよかな人のほうが似合うとは一概にはいえません。しかし、体が大きく頭がスキンヘッドで小さく見えるほうが、スタイル全体のバランスがよく見える傾向にあります。

怖い印象を与えるかも

スキンヘッドにすると「印象が大きく変わる」という点は非常に重要です。実は海外には、「スキンヘッドは反社会的」というイメージを持っている地域があります。日本では、「スキンヘッドはお坊さんのように温厚」というイメージもあれば、「反社会的」というイメージもあります。 温厚なイメージになるか、反社会的なイメージになるかは、その人の性格によります。普段から明るく温厚な性格であれば温厚なイメージになります。

スキンヘッドのメリットとデメリット6つ

トピック1010514/要素4704190

スキンヘッドには、メリットとデメリットがあります。 今から列挙する項目を見て、「思った以上にスキンヘッドにすることは大変だ」と感じる方もいるでしょう。 慣れない内は、スキンヘッドの手入れに時間も神経も使います。ただし、慣れてくることで毎日の手入れがスムーズに行えるようになる方は大勢います。最初はとにかく慎重に、時間をかけてじっくり安全に手入れを行い、満足のできるスキンヘッドを手に入れましょう。

スキンヘッドのメリット3つ

スキンヘッドは毎日手入れをして髪を伸ばさないようにするので、理容店や美容室に散髪しに行く必要がありません。 散髪に行く頻度は人によって違いますが、一回に数千円はかかるので、結構大きな出費です。まめに手入れをする時間や道具が必要ですが、散髪代が浮くのは大きなメリットです。

メリット1:頭を洗うのが楽

スキンヘッドにすることによるメリットとしてよく挙げられるのが、「頭を洗うのが楽」ということです。 スキンヘッドは髪の毛がありませんので、シャンプーで時間をかけて髪を洗う必要がありません。 スキンヘッドをシャンプーで洗う人(シャンプーには頭皮に良い成分も入っているため)もいれば、ボディソープで洗う人(髪の毛がないのでボディソープで十分という考え)もいます。どちらにせよ、髪が無い方が洗うのは楽です。

メリット2:薄毛で悩まなくなる

スキンヘッド最大のメリットともいえるのが、薄毛で悩まなくなるということです。 いちどスキンヘッドにしてしまえば髪の薄さが気にならなくなり、性格も明るくなります。薄毛をカバーするためにヘアスタイルを気にする必要もなくなり、髪のストレスが軽減されます。 スキンヘッドをおしゃれとしてとらえ、スタイリッシュに生活することが可能になります。

メリット3:ワイルドな印象になる

スキンヘッドはとても男らしく、ワイルドな雰囲気になれる髪型です。 強くたくましいイメージがあるスキンヘッドは、いさぎよくかっこいい印象を人に与えることができます。目立ちますし、男性的な個性が発揮できます。 スキンヘッドは男性的な髪型なので、女性にもうけがいいスタイルです。いつの世もワイルドな男性は、皆の憧れの的になります。

スキンヘッドのデメリット3つ

トピック1010514/要素4704202

スキンヘッドには、デメリットもあります。 スキンヘッドで生活をする場合、意外と大変なのが、布が頭に引っかかってしまうことです。タオルで頭を拭くときや、服や帽子を着脱するときなどに、頭皮に布が引っかかり首を痛めてしまう危険性があるため、注意が必要です。 頭皮にばい菌が入り、ニキビができるケースもあります。予防のために、枕カバーや帽子は頻繁に洗濯をして、清潔に保つように心がけてください。

デメリット1:手入れが面倒

スキンヘッドは髪を洗う必要や散髪をする必要がない分、まめに手入れをしなくてはいけません。 スキンヘッドを3日間放置すると、坊主頭になってしまいます。そのため、3日に1度は剃る必要があります。 頭皮が弱い方やもともと頭皮にトラブルがある方の場合は、肌に優しい洗顔フォームなどでスキンヘッドを洗いましょう。髪の毛が無い分、頭皮が痛みやすいので、爪を立てずに指の腹で洗うようにしてください。

デメリット2:頭の保護がなくなる

スキンヘッドは頭が無防備になります。 髪の毛は頭をガードする役割を持っています。そのため、転んだりすると、スキンヘッドの場合は頭皮を切って出血するといったケースがあり得ます。 スキンヘッドにして頭皮が空気にさらされるようになると自然に頭脂が分泌され、保湿されるようになります。そうなるまでの間は、乳液や保湿クリームで保湿すると良いでしょう。

デメリット3:日焼けが気になる

髪の毛が無くなることで直接紫外線が頭皮に注がれるので、通気性の良い帽子などで防ぐ必要があります。紫外線が当たって日焼けをすることで、頭皮が剥がれたり赤くなったり、トラブルが起こりやすくなります。 髪の毛は頭皮を日光から守ってくれています。髪の毛がなくなると頭皮に直接日光が当たるようになるので、余計に暑さを感じます。暑さから頭を守るために、帽子を被る必要があります。冬は逆に、寒さを強く感じます。

ファッション通販サイト(SHOPLIST)は、おしゃれなファッションアイテムがお手頃価格で手に入る画期的なネットショップです。 ファッション通販サイト(SHOPLIST)では、スキンヘッドによく似合う、ワイルドで男らしいファッションアイテムがたくさん販売されています。今シーズンはトレンドのめがねや帽子を新調して、おしゃれ坊主を目指してみませんか。

自分でスキンヘッドにするやり方

トピック1010514/要素4704213

理容室に行く以外の方法でスキンヘッドにするには、自分で行うセルフのやり方があります。 スキンヘッドにする途中で中断することは困難です。しっかりと準備をしてから始めてください。ただし、頭皮のトラブルが見つかったらすぐに中断してください。 自分でスキンヘッドにするやり方は1つではありません。今回は数あるやり方の中からもっとも代表的な、カミソリを使ったスキンヘッドの作り方の手順をご紹介していきます。

手順1:まずはバリカンで坊主にする

スキンヘッドにするために、カミソリでいきなり剃ることはできないので、まずはバリカンで髪を短くします。 カミソリで剃るので、この段階ではそこまで細かく神経を使う必要はありません。 バリカンで剃る際もカミソリで剃る場合も、基本的に逆剃りというやり方で行います。最初に前から頭頂、続いてサイドを下から上へ、最後に後ろ側を下から上に向かって剃ります。

手順2:頭皮を蒸らす

バリカンで髪を短く刈ったら、今度は蒸しタオルで頭皮を蒸します。大体30分くらいが目安です。 頭を蒸らさずに乾燥した状態で剃りはじめると、頭皮を傷つける可能性があります。頭を蒸らして頭皮をやわらかくしてから剃りはじめたほうが、仕上がりもキレイにできます。風呂に入りながら蒸らすなど、工夫をしてください。

手順3:前から頭頂部までを剃る

蒸し終わったらシェービングクリームを塗り、カミソリで頭を剃っていきます。 最初に前側から頭頂までを剃ります。頭皮はつるりとした形のイメージをもちがちですが、実際には凸凹としています。そのため、慎重に剃らないと頭皮を傷つけてしまいます。 上を見て剃ると頭皮に皺が寄り、剃りにくくなり危険です。手で頭皮を触り、感触を頼りに剃れていない箇所を探り、慎重に剃っていくやり方を行ってください。

手順4:サイドを剃る

次にサイドを剃ります。サイドも逆剃りで、下から上へ剃るやり方です。 一度下から上に剃ったあと、耳の周りを再度剃り直します。もっとも剃り残しを起こしやすいのが、耳の後ろ側です。誤って耳たぶを切ってしまわないようにする注意が必要です。 利き手と逆サイドは特に剃りにくいですが、時間をかけて、ゆっくりと慎重に剃っていきましょう。

手順5:後ろ側を剃る

最後に後ろ側の毛を剃りますが、見えない場所のため、もっとも神経を使う箇所になります。 後ろ側を剃るときも、今までと同じように、下から上に逆剃りの方法で行います。このときも手の感触で剃り残しを確認しながら、ゆっくりと進めていきましょう。 初めてのときはカミソリの扱いが大変ですが、慣れてくればラクに、スキンヘッドをセルフで作れるようになれます。

スキンヘッドにするのには勇気がいる

スキンヘッドは特殊な髪型なので、勇気のいるスタイルでもあります。 スキンヘッドは日本ではあまりお目にかかることができない髪型です。頭の形や体格もありますが、お坊さんなど、特殊な職業のイメージがあるからです。 近年は男らしくかっこいいファッションとして、スキンヘッドを取り入れている方も大勢いらっしゃいます。手間もかかりますが、メリットもたくさんあるスキンヘッドで、おしゃれ坊主を目指しましょう。

アクセスランキング