IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

トルクレンチの使い方|車/自転車/バイク・メーカー別の使い方

更新日:2020年08月28日

車&バイク

「自転車を修理中、つい力を入れ過ぎて、ボルトを折ってしまった」「ナットを外そうとして、角をなめてしまった」こんな失敗を防ぐために、ボルト・ナットを締める力を指定できる便利な工具、「トルクレンチ」の特長と使い方をご紹介します。

エマーソン製品のトルクレンチで最も使用されているポピュラーなトルクレンチは、トルクレンチEM-29という種類のレンチでしょうか。これは市販されているエマーソン製のトルクレンチの中でも最も簡単な使い方で有名で、特に自動車のタイヤ交換を行なう際に使われます。 エマーソン製のトルクレンチの場合はこのように、「比較的、強いトルクレンチの力量を必要とする場合の使用」が多く、そのため市販されているエマーソン製のトルクレンチを購入する際には「タイヤ交換に必要な工具」が付属品としてついている場合がほとんどです。 トルクレンチそのものの使い方は先述のトルクレンチの使い方と同じく、主目盛りと副目盛りに合わせた上で「既定サイズのボルトとレンチの力量」を計り、その上でボルトを所定の位置に打ち込む・取り外すという形になります。

東日製品のトルクレンチの使い方

東日製品のトルクレンチの使い方を把握する際には、まず東日製品のトルクレンチの用途が主に「締め付け用」として設計されている場合が多いことを念頭に置くことが大切です。つまり東日製のトルクレンチはプリセット型トルクレンチ、デジタル式トルクレンチ、ビーム式トルクレンチのどれにしても、ラチェットレバーの構造に定評があります。 東日製のトルクレンチの使い方も、先述と同じく従来のトルクレンチの使い方にしがたい、規定サイズのボルトを所定の位置に打ち込む際に、あらかじめ決められたトルクレンチを回す力量によって取り付ける・取り外すという使い方になります。 またトルクレンチの先端部分(レンチの部分)を簡単に取り外しできる点も魅力であり、一般的にSHやRHの呼び方で知られるインチサイズのレンチを接続したり、あるいはボルトサイズに合わせた特注のヘッド(レンチ)と交換することも可能です。

トルクレンチの使い方におけるスナップオン

トルクレンチの使い方におけるスナップオンというのは、数多あるトルクレンチの中でも「バイブレーション機能を搭載したトルクレンチ」を意味し、先述しました「デジタル式トルクレンチ」の場合と同じく、「いまどれくらいの力量によってボルトを締め付けているか」ということをリアルタイムで伝えてくれる指標を伝えます。 このスナップオン搭載のトルクレンチの特徴としては、各種メーカーによって異なるため、前もってメーカー別でトルクレンチの使い方をマスターしておくことが大切です。このスナップオントルクレンチの大きな特徴は、左右のどちらに回してもトルクレンチの力量を伝える機能がついている点で、さらにトルク値を示す測定度がより正確なところでしょう。

大橋産業製品のトルクレンチの使い方

大橋産業製品のトルクレンチの使い方を把握する際にも、まず大橋産業製のトルクレンチにどんな種類の物が目立っているかを前もって覚えておくことが大切です。大橋産業製のトルクレンチの特徴は「プリセット型トルクレンチの生産・性能の向上」がはっきり目立っている点で、さらに十字レンチやデジタル式トルクレンチの性能も非常に良いことです。 つまり、トルクレンチの使い方としては「非常に広い分野でトルクレンチを扱うことができる」という分野の広さが特徴としてあり、自動車のホイール交換から机のネジ付けの場合も含め、トルク値を設定する際でも非常に詳細な値設定が簡単にできてしまうという利点があります。 トルクレンチそのものの使い方は先述しました従来の使い方と同じく、「既定サイズのボルトを決められたトルクレンチの力量(回転数)に応じて所定位置に打ち込む・取り外す」という形になります。

トルクレンチの使い方の注意点

トルクレンチを使用する場合は、必ずトルクレンチの種別によってその注意点を把握しておくことが大切です。 トルクレンチを使用する最大の目的は、まず「安全性を高めること・維持すること」、「日用品や交響の建造物の利用に際してさらに利便性を持たせること」などで、その目的に際してトルクレンチを使用する場合には「トルクレンチを使う側の安全性」にも配慮しなければなりません。

二度締めはダメ

トルクレンチの使い方を覚える際によく言われる注意点の1つですが、トルクレンチを使用してボルトを所定の位置に打ち込む・取り外す場合、トルク値によって設定された力量点に達した際に「カチッ」と鳴った際を起点として、なおそのボルトを締め付けたり緩めたりしないことが大切です。 一度「カチッ」と鳴って適切なトルク値で締め付けられたボルトを、「もう少し締めておこう」や「いや、まだきちんと締め付けられていない」などと主観的に判断し、さらに締め付けたり逆に緩めてしまったりする人が中にはいます。 これは主に「二度締め」と言われ、せっかく正確な(規定の)ボルト値で取り付けられたボルトをあえて規定値の力量から離れさせてしまったり、あるいは緩めすぎる結果となって、正確にボルトを所定位置に取り付けられなくしてしまう場合がよくあります。

トルクレンチの回転方向を確認すること

一般的に使用されているトルクレンチには「ラチェットヘッド」が主に使用されているため、左右のどちらの芳香でも回転させることができるようになっています。 しかし稀にこのラチェットヘッドが取り付けられていないトルクレンチもあり、その場合のトルクレンチの使い方では必ず「規定の方法(あらかじめ決められている方向)にトルクレンチを回すこと」が自然な使い方になります。

初回公開日:2018年05月01日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング