IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

トルクレンチの使い方|車/自転車/バイク・メーカー別の使い方

車&バイク

「自転車を修理中、つい力を入れ過ぎて、ボルトを折ってしまった」「ナットを外そうとして、角をなめてしまった」こんな失敗を防ぐために、ボルト・ナットを締める力を指定できる便利な工具、「トルクレンチ」の特長と使い方をご紹介します。

更新日時:

トルクレンチとは

トルクレンチというのはさまざまな工業目的によって使用される工具のことで、「あらかじめ決められた力によってボルトを所定の位置に締め付ける工具」を意味します。この「締め付ける力」というのは基本的に「ネジを回す回転数」と「ボルト(ネジ)のサイズ」によって割り出され、「トルク(torque)=force(力)×length(長さ)」という数式で示されます。

トルクレンチの使い方

先述しましたトルクレンチですが、このトルクレンチというのは基本的に「工具用道具」として扱われるため、工業用道具としてだけではなく、日曜大工などでも普通に扱われています。特に「所定の位置にボルト・ネジを取り付け、棚や机、また車の備品や自転車の部品を作る場合」でもこのトルクレンチの性能は発揮され、実際に多くの場面において使われています。 まずトルクレンチを使う際には、締め付ける(取り付ける)ボルト・ネジのサイズや、そのボルト・ネジを「どのていどの力をもって取り付けるか」という「ボルトを取り付ける際に示す力量調整」をしっかり把握しておかなければなりません。 このトルクレンチの大きな特徴は、「所定の位置にボルト・ネジを取り付ける際に、あらかじめ決められた適切な力量・ボルトの回転数を調整して取り付けることができる」という利点です。

プリセットトルクレンチの使い方

トルクレンチにはいろいろな種類があり、そのうちにプリセット型トルクレンチという物があります。このプリセットトルクレンチというのは一般的に最も使用されているトルクレンチで、ボルトのサイズにレンチの幅を合わせる際に「カチッ」と音がなる、あのよく見るトルクレンチの種類です。 このトルク値を示す場合に「デジタル式」や「ビーム式」などによって示すトルクレンチもありますが、このプリセットトルクレンチは従来のアナログ型のトルクレンチであり、つまり誰でも簡単に使える手頃なトルクレンチの種類となります。 このプリセットトルクレンチには主目盛りと副目盛りとがあらかじめ設定されていて、この2つの目盛りを使用してボルトを締め付ける際の力量とボルトのサイズに適するように調整します。この主目盛りと副目盛りは「Nm」という記号によって示され、簡単に力量調節を行なえます。

ビーム式やダイヤル式のトルクレンチの使い方

この「ビーム式やダイヤル式のトルクレンチ」というのは、柄(つか:手で持つ部分)とトルクレンチの先端部分から見て中央のところに「指針計」が取り付けられてあり、この指針計の数値によって「トルクレンチの締め付け具合(力量)」を調整することができます。 基本的にビーム式・ダイヤル式のトルクレンチの使い方も、先述のプリセットトルクレンチの使い方と同じで、ボルトを所定の力量と位置に取り付けることを目的とします。このビーム式・ダイヤル式のトルクレンチの利点としてあげられるのは、「いまボルトをどのていどの力量によって取り付けているか」ということがリアルタイムでわかる点です。

デジタル式トルクレンチの使い方

このデジタル式トルクレンチの特徴はちょうど「大きい匙」の形をしていることであり、先述でご紹介しましたビーム式・ダイヤル式のトルクレンチと同じく、柄先に指針計がついており、ただデジタル式トルクレンチの使い方の場合はこの指針計が文字どおり「デジタル式の指針計」になっていることです。 アナログ型の指針計では微妙なブレによって、なかなかトルクレンチの力量が定まらないこともあるため、その微妙なブレを適度に抑えてくれるデジタル式のトルクレンチの効果としては、より正確な力量調節をもってボルトを取り付けることが可能となります。 またこのデジタル式トルクレンチの場合は、先述のプリセットトルクレンチを使用する場合と違い、ボルトに合わせたトルク値に合わせた際に「カチッ」という音は鳴らず、代わりにデジタル音と照明の点滅、またはバイブレーション振動によって伝えられます。

単能式トルクレンチの使い方

単能式トルクレンチの特徴はその名前が示すとおりに、「1つのトルク値」でしかボルトを締め付けることができず、あらかじめ製造時に決められたトルク値のみを使って所定サイズのボルトを取り付ける場合に使われます。 単能式トルクレンチの役割は主に、「その規定サイズのボルトを取り付ける場合」と「あらかじめ決められた力量だけによってボルトを所定位置に締め付けること」を目的としているため、「毎回同じサイズのボルトを利用すること」と「そのボルトを締め付ける力量が同一であること」が基準となります。 トルクレンチそのものの使い方・用途は従来のトルクレンチの場合と同じく、「単一サイズのボルトを既定の力量によって所定位置に取り付けること」になります。

自動車の場合のトルクレンチの使い方

自動車の場合のトルクレンチの使い方というのは主に「車のタイヤ交換をする場合のホイール交換時」に使うことを指し、ホイール交換時にはあらかじめ所定の位置に取り付けられたボルトの取り付け・取り外しをしなければなりません。 このホイールのボルトを取り付ける際にも一般的に「ボルトの既定サイズとトルクレンチの力量設定」がされており、この場合は主に十字レンチというトルクレンチが使用されます。そのため、ホイール交換をする際にはこの十字レンチの使い方をマスターしておくことが大切です。特にサイズが大きなボルトを取り外す場合には非常に役立つレンチです。 この十字レンチの使い方を把握する場合は、主に(後述しますが)エマーソンEM-29型のトルクレンチを使用することが多く、その所定のトルクレンチの使い方を覚えることが先決となるでしょう。

自転車の場合のトルクレンチの使い方

自動車の場合と同じく、自転車の各部位のメンテナンスを行なう際でもトルクレンチが使用されることが多いです。この自転車の部品や備品を取り付け・取り外す際に使われるトルクレンチとしては、主にデジタル式トルクレンチが使われます。そのため自転車の部品を取り付ける・取り外す際にはまず、このデジタル式トルクレンチの使い方を覚えておきましょう。 自転車の部品・備品というのは自動車の場合と違って、各部位にボルト・ネジを取り付ける際にかかるトルクレンチの力量に耐え切れず、すぐに破損してしまうことがあります。つまり自転車の部品取り付けの際には「さらに適切な力量で、適切なサイズのボルトを使用すること」が大切となるため、自動車の場合とは違ったトルクレンチの使い方を覚えなければなりません。

バイクの場合のトルクレンチの使い方

バイクの場合のトルクレンチの使い方を把握する際には、自動車の場合のトルクレンチの使い方と同じ用法でマスターしておくとよいでしょう。バイクのメンテナンスの場合でも「ホイール交換」を行なう際にトルクレンチが使われ、この場合も十字レンチやデジタル式トルクレンチの使い方を覚えておくとベターです。 バイクの場合は自転車の場合と違ってホイールの部分をはじめ各部位が丈夫にできているため、ちょっとやそっとのレンチの力量で破損することはありません。一般的にバイクの場合のトルクレンチの使い方としても、トルク値を決める際にはkg―m(キログラムメートル)とN-m(ニュートンメートル)とが使われます。 トルクレンチの柄の部分には「基準線」という目盛り線があり、その基準線に利き手の中指を這わせる形で握ります。そしてボルトを片手で垂直に引く・押すことを繰り返し、ボルトの取り付け・取り外しがなされます。

トルクレンチの使い方と設定方法

先で少し触れましたが、現代において扱われている一般的なトルクレンチの値はすべてkg―m(キログラムメートル)とN-m(ニュートンメートル)が採用されています。この主目盛りと副目盛りの使い方を覚えた上で、既定サイズボルトにレンチ幅を合わせ、さらにボルトの締め付け具合を調整する形でボルトの取り付け・取り外しが行なわれます。 そしてこのkg―m(キログラムメートル)とN-m(ニュートンメートル)を決めることによって「ボルトを適切な位置での取り付け完了」を図ることができ、これはたとえば建築時に所定の位置にボルトやネジを打ち込む際に用いられます。一般的に1キログラムの力量を示すトルク値は「10Nm」となり、このトルク値を基準にしてボルトの打ち込みに合わせるとよいでしょう。

トルクレンチの使い方と目盛の合わせ方

トルクレンチの目盛りを設定する場合は、「トルクレンチの柄の部分(手で持つ部分)からボルトまでの長さ」と、「ボルトを打ち込む力量」との割合によって設定されます。つまり、柄の部分からトルクレンチの先端部分(ボルトの部分)までが15cmだった場合に、ボルトを打ち込む力量を20Nmとしたい場合は、170Nmの目盛りに合わせることになります。

トルク値について

基本的にトルクレンチに設定されているトルク値というのは、その使用しているトルクレンチと打ち込むボルトの既定サイズによって換算されるもので、所定の位置に規定の力量(トルクレンチを回す力量)を正確に設定するための目盛りになります。 「決められたトルク値でボルトを打ち込む・締め付ける」というフレーズを聞いてもピンとこない人もいるでしょうが、一般的にボルトやネジを所定の位置に打ち込む場合、そのどんな場合でも「打ち込む際に使う力量の規定量」という設定値があります。 この「力量の設定値」にしたがってトルクレンチを使い、ボルトを取り付け・取り外しを行なわなければそのトルクレンチの力量に負けてしまい、ボルトそのものや周辺部位が破損することにつながります。そのため、設計書や図面に記載された企業行程どおりに作業を行ないたい場合は、必ずトルクレンチの使い方をマスターしておく必要があります。

メーカー別でのトルクレンチの使い方や特徴

トルクレンチの使い方を覚える場合、先述しましたように「トルクレンチの種類によって把握すること」がまず大切です。トルクレンチの使い方にはそのレンチの種別によって大きく変わる点もあるため、各種のトルクレンチの使い方を覚えることによって「より正確に作業を行なうことができる」という利点がついてきます。

エマーソン製品のトルクレンチの使い方

エマーソン製品のトルクレンチで最も使用されているポピュラーなトルクレンチは、トルクレンチEM-29という種類のレンチでしょうか。これは市販されているエマーソン製のトルクレンチの中でも最も簡単な使い方で有名で、特に自動車のタイヤ交換を行なう際に使われます。 エマーソン製のトルクレンチの場合はこのように、「比較的、強いトルクレンチの力量を必要とする場合の使用」が多く、そのため市販されているエマーソン製のトルクレンチを購入する際には「タイヤ交換に必要な工具」が付属品としてついている場合がほとんどです。 トルクレンチそのものの使い方は先述のトルクレンチの使い方と同じく、主目盛りと副目盛りに合わせた上で「既定サイズのボルトとレンチの力量」を計り、その上でボルトを所定の位置に打ち込む・取り外すという形になります。

東日製品のトルクレンチの使い方

東日製品のトルクレンチの使い方を把握する際には、まず東日製品のトルクレンチの用途が主に「締め付け用」として設計されている場合が多いことを念頭に置くことが大切です。つまり東日製のトルクレンチはプリセット型トルクレンチ、デジタル式トルクレンチ、ビーム式トルクレンチのどれにしても、ラチェットレバーの構造に定評があります。 東日製のトルクレンチの使い方も、先述と同じく従来のトルクレンチの使い方にしがたい、規定サイズのボルトを所定の位置に打ち込む際に、あらかじめ決められたトルクレンチを回す力量によって取り付ける・取り外すという使い方になります。 またトルクレンチの先端部分(レンチの部分)を簡単に取り外しできる点も魅力であり、一般的にSHやRHの呼び方で知られるインチサイズのレンチを接続したり、あるいはボルトサイズに合わせた特注のヘッド(レンチ)と交換することも可能です。

トルクレンチの使い方におけるスナップオン

トルクレンチの使い方におけるスナップオンというのは、数多あるトルクレンチの中でも「バイブレーション機能を搭載したトルクレンチ」を意味し、先述しました「デジタル式トルクレンチ」の場合と同じく、「いまどれくらいの力量によってボルトを締め付けているか」ということをリアルタイムで伝えてくれる指標を伝えます。 このスナップオン搭載のトルクレンチの特徴としては、各種メーカーによって異なるため、前もってメーカー別でトルクレンチの使い方をマスターしておくことが大切です。このスナップオントルクレンチの大きな特徴は、左右のどちらに回してもトルクレンチの力量を伝える機能がついている点で、さらにトルク値を示す測定度がより正確なところでしょう。

大橋産業製品のトルクレンチの使い方

大橋産業製品のトルクレンチの使い方を把握する際にも、まず大橋産業製のトルクレンチにどんな種類の物が目立っているかを前もって覚えておくことが大切です。大橋産業製のトルクレンチの特徴は「プリセット型トルクレンチの生産・性能の向上」がはっきり目立っている点で、さらに十字レンチやデジタル式トルクレンチの性能も非常に良いことです。 つまり、トルクレンチの使い方としては「非常に広い分野でトルクレンチを扱うことができる」という分野の広さが特徴としてあり、自動車のホイール交換から机のネジ付けの場合も含め、トルク値を設定する際でも非常に詳細な値設定が簡単にできてしまうという利点があります。 トルクレンチそのものの使い方は先述しました従来の使い方と同じく、「既定サイズのボルトを決められたトルクレンチの力量(回転数)に応じて所定位置に打ち込む・取り外す」という形になります。

トルクレンチの使い方の注意点

トルクレンチを使用する場合は、必ずトルクレンチの種別によってその注意点を把握しておくことが大切です。 トルクレンチを使用する最大の目的は、まず「安全性を高めること・維持すること」、「日用品や交響の建造物の利用に際してさらに利便性を持たせること」などで、その目的に際してトルクレンチを使用する場合には「トルクレンチを使う側の安全性」にも配慮しなければなりません。

二度締めはダメ

トルクレンチの使い方を覚える際によく言われる注意点の1つですが、トルクレンチを使用してボルトを所定の位置に打ち込む・取り外す場合、トルク値によって設定された力量点に達した際に「カチッ」と鳴った際を起点として、なおそのボルトを締め付けたり緩めたりしないことが大切です。 一度「カチッ」と鳴って適切なトルク値で締め付けられたボルトを、「もう少し締めておこう」や「いや、まだきちんと締め付けられていない」などと主観的に判断し、さらに締め付けたり逆に緩めてしまったりする人が中にはいます。 これは主に「二度締め」と言われ、せっかく正確な(規定の)ボルト値で取り付けられたボルトをあえて規定値の力量から離れさせてしまったり、あるいは緩めすぎる結果となって、正確にボルトを所定位置に取り付けられなくしてしまう場合がよくあります。

トルクレンチの回転方向を確認すること

一般的に使用されているトルクレンチには「ラチェットヘッド」が主に使用されているため、左右のどちらの芳香でも回転させることができるようになっています。 しかし稀にこのラチェットヘッドが取り付けられていないトルクレンチもあり、その場合のトルクレンチの使い方では必ず「規定の方法(あらかじめ決められている方向)にトルクレンチを回すこと」が自然な使い方になります。

トルクレンチの使い方での緩める方法

トルクレンチの使い方というのは「ボルトを取り付ける・取り外す際に用いる工具」であるため、基本的に「ボルト・ナットを所定の位置から取り外すこと」は可能です。 しかしトルクレンチの本来の使い方は「ボルトを所定の位置に取り付ける際に、決められたトルク値によって正確に打ち込むこと」であるため、頻繁にボルトを緩める使い方だけに頼ってしまうと、それだけでトルクレンチの設定がスレてしまい、正しいトルク値の設定ができなくなることもあるので注意しましょう。正確な使い方を覚えることが大切です。

トルクレンチの使い方と安全性

どんな工具の使い方でもそうですが、特定の工具を使用する際には必ず「安全性」に注意しなければなりません。これは「その工具を使う人にとっての安全な使い方」と、「その工具によって設計された物の安全性を考慮した使い方」への2つの配慮が含まれます。 トルクレンチを安全に使用する際の最重要項目として、まず「そのトルクレンチを使う際の取扱説明書を正確に読み取ること・把握すること」があげられます。取扱説明書に記載されてあるとおりにトルクレンチの使い方を覚えることによって、ほとんどの危険性は回避できます。 問題は「取扱説明書の記載法が、果たしてその使用者にわかりやすいかどうか」という点です。可能であれば、市販されているトルクレンチを購入する際に、その商品箱の中にある取扱説明書を前もって確認しておき、その記載法がはっきりと「トルクレンチの正しい使い方を伝えてくれているかどうか」を確認することが大切です。

トルクレンチの持ち方と力点

トルクレンチの使い方として大事な点は、まずトルクレンチの持ち方と、その持ち方によって変わる「手からトルクレンチに伝わる力点の変化」の把握です。この「力点の変化」はプリセット型トルクレンチ、デジタル式トルクレンチ、ビーム式トルクレンチのすべてに共通して言えることで、すべてのトルクレンチはこの「力点」によって使われます。 主に「てこの原理」を利用した使用法がここでも見られ、まず柄(グリップ)の部分に明記された基準線(この基準線はない場合もあります)に利き手の中指を合わせて持ち、あまり力いっぱいに握らず、正しいトルク値に設定した後は「トルクレンチが回転する範囲の力」を込めて回転させて使います。 あまりトルクを短く持ちすぎると力が込められ過ぎるため、柄の後ろの方を持ったりしながら力を調節する使い方をしましょう。

トルクレンチの適切な管理方法

トルクレンチを使い終わったらまずトルクレンチを工具箱に片付け、その上で適切な場所に保管しておくことが大切です。この場合、まず「湿気が多い場所」は避けましょう。湿気はすべての機器類・工具類にとってやはり敵であり、水分を含むことによって表面や備品が錆びてしまい、特にトルクレンチの場合は「正確なトルク値を設定すること」ができなくなります。

湿気に注意

先でご紹介しましたが、工具類を保管する場合は必ず「湿気がない場所」に保管するようにしましょう。トルクレンチの場合はこの湿気によって、トルク値の設定に直接的に影響するコイルスプリングが錆びついてしまう場合があり、そうなるとプリセット型トルクレンチでもデジタル式トルクレンチでも、正確なトルク値が設定できなくなる場合があります。 トルクレンチのような「測量や計測に使う工具」の種類は主に、「工具の機能の正確性」が顕著に問われるため、湿気によって表面や部品が錆びついてしまうと、それだけで工具の持ち前の機能の発揮ができなくなることがほとんどです。 もしどうしても湿気が強い場所に保管せざるを得なくなった場合は、乾燥剤をケースに入れておくか、乾いた布で1つ1つの工具を巻いておくとよいでしょう。

不安定な場所に工具箱は置かないこと

またトルクレンチのような「測量・計測を行なう工具」を保管する場合、不安定な場所には置かないように注意しましょう。たとえば、脚の部分がぐらぐらしている棚の上や、周囲の環境(振動や、何かがぶつかってしまう場所など)によってすぐに落下してしまわない場所は、保管場所に適当とは言えません。

トルクレンチの正しい使い方をマスターしましょう

いかがでしたか。今回は「トルクレンチの使い方|車/自転車/バイク・メーカー別の使い方」と題して、「トルクレンチの使い方」に関するさまざまな状況や環境での使い分け、またそれぞれの用途についてご紹介しました。 トルクレンチというのは「規定サイズのボルトを、あらかじめ決められた力量によって正確に打ち込むための工具」を指し、工具の中でも精巧品に含まれます。特に工業用・産業用などの分野で扱われるトルクレンチの使い方は非常に多くあり、その分野で特定のトルクレンチを使用する際にはあらかじめ使い方を覚えておくことが大切です。 ボルト・ネジを所定の位置に取り付ける際には、そのボルト・ネジを「どのていどの力量で取り付けるべきか」という一般的に決められた規定の力量があります。正確に仕事をするためにも、しっかりとトルクレンチの使い方をマスターしておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング