IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車内清掃の方法|自分でやる場合のコツ・清掃サービスの比較

車&バイク

洗車はしているものの車内清掃は何をすればいいのか、どこから手を付けていいのか分からず、何もしていないという人は少なくありません。しかし車内清掃をきちんとしないと、衛生面でも臭いでも常に悩まされることになります。そこで、自分でできる車内清掃の方法をご紹介します。

更新日時:

車内清掃グッズのおすすめはどんなもの?

車内清掃グッズのおすすめはどんなもの?

車の車内清掃をしていない人は、少なくありません。「車はいつもきれいに洗車しているけど、車内はどう手を付けていいのか分からない・・・」とマット掃除だけしかしていないということはありませんか。 普段の乗り降りでどうしても入り込んでしまうホコリや砂、車内でたばこを吸うなら灰だけでなく臭いも気になります。それにお菓子などの食べこぼしや髪の毛など、車のシートにも細かな汚れが入り込んでいます。 さらに、毎日触っているハンドルやドアも手の脂が染みこんで汚れになっていることがあります。できれば毎日きれいにしたいところですが難しいです。車がきれいでも、車内が汚くて乗せた人に引かれてしまうような事態を回避するするためにも、今回はすぐできる車内清掃のコツをご紹介します。

家にあるグッズで車内清掃は可能

わざわざ道具を買いそろえなくても、家にあるグッズでも十分車内清掃は可能です。 用意するものとしては、以下のものがあれば十分です。 ・掃除機 ・コロコロ ・雑巾 ・ゴミ袋 ・歯ブラシ(使い古しのもの) ・綿棒 ただし車内は砂がかなり多いため、家で使っている掃除機をそのまま使うと中がかなり汚れてしまいます。できれば、ハンドクリーナーを車用に別に購入するといいでしょう。車内清掃にはコードレスの掃除機、車専用のシガーソケットに差し込むタイプならコンセントを気にせず使うことができます。 ダッシュボードやハンドルのなどに付いた手の脂程度なら、台所の中性洗剤を水に溶かして、その水で雑巾拭きをする方法もあります。ただし、この方法だと水拭きをして洗剤をしっかり取る必要があります。

あると便利なおすすめのグッズ

基本的には、車内清掃をする際掃除機で大きなゴミを吸い取り車内を雑巾で水拭きすれば、ほとんどの汚れは取ることができます。ただし、たばこのヤニ汚れや食べ物の油などは水だけでは汚れも臭いも十分には落とせません。 車のシートや内装には、布のクリーナーを使うと便利です。スプレーして拭き取るだけなので、古い雑巾やボロ布を用意しておけば特別な道具も必要ありません。 他にもあると便利な道具としては、以下のものが挙げられます。 ・ウェットティッシュ ・車内清掃用クロス 特にハンドルやコンソールなど手で触ることの多いところは、手の脂が付きやすいのでクロスで仕上げ拭きをするのがおすすめです。

車内清掃の方法とコツは?

洗車をしたときに、ついでに車内清掃もすればいいとは分かってはいるものの、いざとなるとどこから手を付ければいいのか悩むものです。車内清掃にはルールはありませんので、自分の好きなようにしてもいいのですが、初めてでも無駄なくスムーズに車内清掃をおこなうコツをご紹介します。

車内清掃を簡単にする方法

車内清掃を始める前に、まずは車の中にあるものを片付けましょう。車のシートカバーやシートの下、ボンネットの中も一緒に整理しておきましょう。マットは全部取り外し、はたくだけでなくできればきちんと洗っておきましょう。しっかり乾かすためにも、晴れた日にするのがおすすめです。 車内清掃のコツとしては、上から下、下から外、が基本です。ダッシュボードの上、シートの上から下に向かってゴミやホコリを落としていきます。 掃除機がある場合は、ある程度吸い込める大きさならゴミはそのままでもいいですが、掃除機がない場合はコロコロやガムテープでゴミやホコリを取りますので、手で取れる大きさのものはあらかじめ拾っておきます。 歯ブラシで細かい部分のホコリをかきだし、綿棒でエアコンの吹き出し口など細かい部分をきれいにしていきます。下に落ちたゴミやホコリを全部きれいに取り除いたら、最後は濡れ雑巾で内側の窓とダッシュボードやハンドルやドアをきれいに拭いて終了です。

きれいに仕上げるコツ

きれいにしたいと思っても意外と車の中は広いので、1度の車内清掃で完璧にきれいにするのは難しいのが現実です。まずは完璧にこだわらず、一通り車内を拭いて回りどんな汚れがついているのかよく観察してみましょう。 普通に運転していても、ハンドルやドアは汚れますので、そこだけ洗剤拭きにするという方法もあります。またたばこを吸う場合には、車の前部分が汚れが強いので、ソファーなど布地用の掃除に使うスプレーで天井をきれいに拭くと、染みついたヤニが取れて明るくなります。 最初に道具をそろえても使いこなせないことも多いので、まずは無理をせずシートや足下など、目立つ部分をきっちりきれいにするのがコツです。

車内清掃でチェックするべき5つのポイント

車内清掃をする際、自分で掃除ができるのは以下の5ヶ所です。 ・天井 ・窓(内側)、内側のドア ・シート ・ダッシュボード、ポケットなどの内装 ・フロア部分、マット 車の部品は取り外しができませんし、シートも濡らしてしまうとシミの原因にもなりますので、中性洗剤を薄めた水を雑巾で絞り拭くだけにしておきます。基本的には水拭きで取れる範囲だけにしておきましょう。これらの車内清掃の方法でも取れない汚れやシミになったものは、プロにお願いする方が確実です。

どれぐらいの頻度で車内清掃するべきか

できれば洗車の度に中も車内清掃をするのが一番ですが、丁寧にきれいに仕上げようとすると難しいことが多いです。目安としては、車内でたばこを吸い飲食をよくするといった場合は、1ヶ月に1回は天井からフロアまで、しっかり雑巾がけと掃除機を使った徹底掃除をしましょう。 普段は2週間に1回、マットをはたいてホコリや砂をしっかり落とし、窓やハンドルやドアなど汚れやすい場所を掃除し、レジャーなどで遠出をした時には徹底的に車内清掃をおこなうといった形でも構いません。 ただしお子さんが小さい場合には、汚れる頻度も多くなりますので、そういったときにはフロアを重点的に掃除するなどして、汚れやすい場所を優先して車内清掃するようにしましょう。

掃除機で清掃する場合

車内清掃では、シートや足下など広範囲を掃除する時には掃除機を使うと便利です。ただし、家で使っている掃除機をそのまま車用にするのは、内側に小石で細かな傷ができるだけでなく、結構汚れてしまうのでおすすめできません。車用の掃除機がない場合は、安価なもので構わないので、掃除機を買う方がいいでしょう。

家用の掃除機と車用の掃除機の違い

車内清掃用には、車用の掃除機もたくさん販売されています。もちろん家で使っている掃除機のようなタイプでも車内清掃用として使うことは可能ですが、どのような違いがあるのかご紹介します。 ・家用掃除機にはタイプがある 掃除機といえば、おなじみのコードがついたキャニスタータイプが比較的安価なものも多くあります。最近ではコードレスタイプのものも出てきています。さらに場所を取らないスティックタイプ、狭い範囲や机の上などにも使えるハンディタイプの掃除機もあります。車用の掃除機としては、ハンディタイプのものが一般的です。 ・吸い込むパワーは家用の方が強い ハンディクリーナーの掃除機は、一般的には家用のものの方が吸い込む力も強く、パワフルです。ただしコードレスの場合は、有線のものよりパワーが落ちるため、比べると車用と変わりがないこともあります。 ・車用の掃除機は電源の心配がいらない 車用の掃除機の場合は、コードレスかシガーソケットに差し込んで使うので、電源の心配がありません。

車で使う掃除機を選ぶポイント

家で使っているスティックタイプのものでも、短くしてハンディタイプとして使うこともできます。ただし汚れることを考えると、家の掃除機とは別にするのがいいでしょう。ただしコードレスタイプのものなら、バッテリー用の電池やゴミパックを共用することができるメリットがあるので、同じメーカーの掃除機を新しく購入するのも一つの方法です。 車用の掃除機を買う場合には、吸引力やゴミの容量だけでなく、音の大きさなどもしっかりチェックしておきましょう。また、排気の臭いについても、車内に臭いがこもることがあるので、性能を確認しておくといいでしょう。

車内清掃を自分でするときに注意することは?

車内清掃をする時には、涼しい時間帯やできるだけ日差しのきつくない曇りの日に行うようにすると、車内のこもった熱で体調を崩すことを避けられます。 ただし、マットを洗う場合は晴れた時にしっかり乾かさないと、カビや臭いの原因となります。さらに中でスプレーを使った場合、シートもしっかり乾かす必要がありますので、窓を開けて乾くまでそのままにしておきましょう。 ダッシュボードは、日差しが当たるため劣化しやすい場所です。それを防ぐためのつや出し剤なども販売されていますが、滑りやすいという特徴があるため、使う場所によっては手が滑って怪我をすることもあるので、日焼けが気になる場合には車を購入したメーカーさんに聞いてみてから使うようにしましょう。

普段から車内を清潔に保つためには?

やってみると意外に細かな場所まで汚れていることが多く、車内清掃を徹底的にするのは大変です。できれば汚さないよう普段から注意することが大切です。 ・車に汚れを持ち込まない 靴の泥は落としてから車に乗る、汚れた服は着替えるなど、車の中に汚れを持ち込まないようにするのが車内清掃を楽にするコツです。 ・子供を乗せる時には足下にシートを敷く 子供は汚れを持ち込む機会も多く、車酔いで嘔吐することもあるので、事前にフロアにシートを敷き詰めておくのも汚れ防止になります。 ・車の中での飲食はしない 大人でも、車の中での飲食は汚したり飲み物をこぼす確率が高くなります。特に砂糖の入ったジュースなどはべたつきの元になりますので、飲食はできるだけ車外でするようにしましょう。 さらに車内での喫煙をやめることや、ペットを連れて乗る時にはゲージに入れるといったことでも汚れを最小限にし、車内清掃の手間が減ります。

車内清掃サービスの価格比較

プロに車内清掃をお願いするメリットは、業務用の掃除機や洗剤など、個人ではなかなか購入できない道具を使い、徹底的に謝意をクリーニングしてもらえることがあげられます。ただしその分費用もかかるので、普段はできるだけ自分で車内清掃をおこない、どうしても取ることができないシミや汚れをプロにお願いするという使い分ける方法もあります。 ではプロにお願いする場合、どこにお願いすればいいのでしょうか。車内清掃サービスをおこなっているお店ごとに、そのサービスや価格をご紹介します。

エネオス

ガソリンスタンドでは洗車サービスとは別に、車内清掃サービスも行っています。エネオスではスーパースチームを使ったシート洗浄を行っています。車全体のクリーニングの場合、普通車だと17,000円、シートだけのクリーニングなら普通車で10,000円からになりますが、シート単体でのクリーニングもお願いできます。 1シートとフロアマットのクリーニングなら、普通車でも3,000円からです。シートと車内清掃をセットでお願いして、徹底的にきれいにしてもらうこともできます。フルセットでお願いすれば、消臭や除菌のサービスも合わせてしてもらえるので、自分では落としきれない汚れがあるならお願いしてみましょう。

オートバックス

カー用品店のオートバックスは、全国にお店があるので、思い立ったらすぐに行くことができるメリットがあります。また車内清掃はもちろん、エアコンのクリーニングも行っているので、最近エアコンの臭いが気になる、よく冷えないといった時には合わせて見てもらえるのが嬉しいです。 オートバックスでは、車内清掃は税込み2,700円でしてもらえます。20分程度の作業時間なので、お出掛け前にお願いするということも可能です。別料金で消臭や除菌もお願いできます。 エアコンの消臭除菌は1台税込み4,093円で、30分ほどの作業時間でお願いできます。フィルターやエアコンガスの交換や注入は、車によっても料金や作業時間が異なります。エアコンは個人で掃除をすることは故障の原因にもなりますので、プロにお願いした方が安全です。

イエローハット

イエローハットもカー用品店として全国にお店があります。ピットサービスでオイル交換やリペアと共に車内清掃のサービスも行っています。 車内清掃サービスに関しては、店舗ごとに値段設定があり、均一の料金ではありませんが、車内清掃で掃除機をかけるなど基本的な清掃に関しては、3,000円からが平均の料金です。ただし車内の消臭に関しては、車の大きさなどによっても違いがありますが、相場は20,000円から30,000円ぐらいからになります。 イエローハットでもエアコンの消臭サービスがありますし、ガラスのコーティングなどもおこなっているので、車の中と外を徹底的にきれいにし、車の塗装の傷なども直すならお願いした方がお得だといえます。

カーディーラー

車を購入したカーディーラーでも車内清掃のサービスを行っています。通常はオイル交換や定期点検の際にサービスで行っていることがほとんどですが、シートのシミなど気になる場所がある場合は、お願いしてもいいでしょう。 料金はメーカーによっても違いはありますが、5,000円程度が相場となっています。カーディーラーでは代車の用意もありますので、シートなど徹底的にクリーニングをお願いしたい時には、代車を借りて車を預けて車内清掃サービスを受けるといった方法も選べます。

サービスをお願いするときに注意することは?

サービスをお願いするときに注意することは?

車内清掃サービスをお願いする際、値段はもちろん気にしたいところですが、どういったクリーニングをして欲しいのか気になる汚れや困っていることなど、事前に車内清掃サービスを受けたいお店に問い合わせてみましょう。 大抵のお店では電話でも見積もりを作ってくれますので、いくつかのお店で見積もりを作ってもらって比較検討してみてもいいでしょう。高い料金を支払うことになりますので、納得できる車内清掃サービスを選ぶことが必要です。 また、長期休暇や年末年始などは、特に車内清掃サービス以外にも修理や点検でお店が混み合います。じっくりきれいにしてもらうためには、できるだけお店が空いている時期を狙いましょう。特にタイヤ交換の時期になる春先や冬前は、どこのお店も混み合うので注意が必要です。

こんな汚れでも対処してもらえる?

こんな汚れでも対処してもらえる?

車内清掃をした際、自分で落としきれない汚れもありますが、特にシミになりやすいものとしては、以下のような汚れもあります。 ・赤ちゃんやペットの排泄物 ・血液の汚れ ・吐いたもの ・灯油 ・排気ガス ・牛乳やアイスクリーム ・チョコレート 特に砂糖やタンパク質を含む食べ物は、シミになりやすく臭いの原因にもなります。こういった汚れは自分でも処置はできるのでしょうか。

時間が経っていないものなら自分で応急処置をする

車内清掃で困ってしまう汚れの中でも、特に多いのが食べ物や飲み物の食べこぼし、酔って吐いてしまった吐瀉物の臭いなど、拭いただけではすぐにシミになってしまいます。できるだけ早く表面の汚れを取り除き、拭き掃除をする必要があります。 ・食べ物汚れ 基本的には中性洗剤を使うことで、汚れを落とすことができます。先に油などをティッシュで拭き取り、歯ブラシに洗剤を含ませて、布地を叩くようにして汚れを取ります。ただしチョコレートは中性洗剤では落とせないので、メイク落としに使うクレンジングを使いましょう。この時も表面の汚れを取ってから、歯ブラシにオイルを付け、叩いて落とします。 無理にこすると汚れが広がるのでやめましょう。 ・排泄物や吐瀉物 これらの汚れには、重曹が効果的です。大きな汚れはティッシュやキッチンペーパーで拭き取り、上から重曹をかけてそのままにしておきます。時間をおいてから掃除機を使って吸い込めば、臭いも取ることができます。

ペットの臭いやたばこの臭いはシートに残りやすい

家族同然のペットを連れて、旅行に出掛けるということも多いでしょう。しかしペットも生き物なので、抜け毛だけでなく汗や皮脂が車のシートについてしまいます。さらに外で散歩させた後に車に乗せると、砂やホコリ、他のペットの排泄物を足につけてしまっていた、ということもあります。 ペットの臭い消しにも重曹が使えますが、抜け毛などはシートに絡みついて、ガムテープなどを使っても取れなくなってしまうこともあります。ペットを車に乗せる時には、シートにビニールを敷くなどして対策をするようにしましょう。 また、たばこを車内で吸う習慣があるという人は、車にも臭いやヤニがついています。さらにこのヤニが空気中のホコリやゴミを集めてしまうので、できれば禁煙するか車内では吸わないようにして、徹底的に車内清掃をおこないましょう。

時間が経ったものはプロにお願いする

応急処置をしても、やはり臭いは蓄積するものなので、自分で車内清掃するだけでなく早めにプロのクリーニングをお願いしましょう。特に赤ちゃんやペットの排泄物は、臭いだけでなく衛生面でもそのままにしておかない方が良いです。 市販でも布シートクリーニングができるスプレーなどが販売されていますが、汚れが残った状態で使うと、逆に汚れがとどまってしまい取れにくくなってしまいます。応急処置だけをして、プロに徹底的な車内清掃とクリーニングをお願いしましょう。 また、ベビーシートなども汚れやすいものの一つです。日常的には簡単な車内清掃と同じく、中性洗剤で拭き、定期的にプロにクリーニングをお願いするようにしましょう。

快適なドライブのために車内清掃をしよう

快適なドライブのために車内清掃をしよう

見た目はきれいにしているけど、車の中の掃除までは手が回らない、またどこから掃除をすればいいのか分からないという人は多く、気がつけば汚れや臭いが染みついて大変なことになっていたということも少なくありません。 車内清掃は家にある簡単な道具でもすぐにできます。走るリビングともいわれている場所ですから、基本的には家の掃除をするのとあまり違いはありません。ただし砂やホコリがかなりたまる場所でもありますので、掃除をする際には近所にご迷惑にならないよう気をつけながらする必要があります。 運転するあなたも、一緒に乗ってくれる人や家族の健康のためにも、車内清掃で清潔な空間を作るようにしたいです。

関連タグ

アクセスランキング