IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師派遣サイトの紹介と派遣会社ランキング|メリット・デメリット

転職サービス・サイト

看護師の場合も、正規又はパート、派遣として働くという方法があります。看護師としての経験を活かすために、さらにキャリアを磨いていきたい方など、様々な理由で派遣会社に登録する方がいることでしょう。派遣看護師として働くメリットや、派遣会社の特徴などご紹介します。

更新日時:

派遣看護師はどういった仕組みで働くのだろうか

働き方というのは様々ありますが、看護師の場合も医療機関の正規職員として働く方法もありますが、派遣会社に登録して自分の希望する勤務先に派遣されて働くという方法もあります。期間限定の場合がほとんどのようですが、希望すれば継続して働くことも可能な場合があります。 勤務時間や業務範囲なども決まっていることが多いので、自分のペースで働くことができるでしょう。

看護師として派遣会社に登録して働く

特定の医療機関で正規職員としてではなく、派遣会社の従業員として働くことになります。派遣先は様々ですが、病院やクリニック、介護施設などへ派遣社員として出向して勤務するわけです。つまり派遣看護師は、看護師の資格を持っているご自身が派遣会社と雇用契約を結ぶことによって派遣会社の派遣看護師となって、派遣先となる各種医療機関で勤務するということで、派遣スタッフ・派遣会社・派遣先の三者間での契約となるワケです。

医療機関への勤務となりますが、派遣会社のルールに従って、勤務時間や休日、給料などが決まってきます。仕事内容の指示は派遣先である職場で受けるのですが、給料、社会保険、各種待遇やサービスなどは、派遣スタッフとして登録した派遣会社から提供されるようになっています。

派遣看護師が派遣される期間はどのくらいなのか

派遣会社に登録して、派遣看護師として同じ医療機関で働く期間はある程度決められています。超最短では1日からスタートすることが可能ですが、自分に合った派遣先であれば、数か月ごとに契約更新して最長で3年まで同じ医療機関で働けるようになっています。派遣法では、最長3年の最長期限日のことを抵触日と呼んでいます。この最長3年までの間であれば、自分で最初に決めた期間だけ働くことが可能となっています。

派遣会社の派遣看護師として契約更新をせずに、最長3年の抵触日を越えてしまうようであれば、派遣会社でまた他の派遣先を探して勤務継続をしていくことができます。正規職員として同じ職場でステップアップしていくのも一つの勤務方法ですが、派遣という働き方で様々な職場で経験を積みスキルを伸ばしていけるのも魅力ではないでしょうか。

同じ職場が同じ会社ではない?

派遣会社の派遣看護師として働く場合の同じ職場というのは、同じ会社という意味とは違ってきます。 一般的に同じ職場というのは、勤怠や労務の管理、業務配分の責任者が同じであるという意味になります。しかし、看護師の場合は少し事情が違ってきます。例えば、派遣先が大病院の病棟であれば、フロアごとに看護師長と呼ばれる責任者によってシフト管理や仕事の割り振りなどが行われているため、同じ病院での勤務であっても派遣先のフロアが変われば別の職場となります。そのため、派遣会社に登録して派遣先との契約が結べた場合、抵触日である3年を超えたとしても同じ病院内で働き続けることができるというワケです。

派遣会社に登録!でも看護師の派遣は違法になる?

労働者派遣法において、看護師などの医療に携わる者が派遣として働くのを禁止する旨が記載されていますが、全てが禁止となっているわけではありません。ある条件が満たされていれば、例外として派遣会社の派遣看護師として働くことができます。 ・紹介予定派遣として半年以内に直接雇用されることが前提の場合 ・社会福祉施設などでの業務の場合 ・産休産後休業など職員の代替による業務の場合 この3点の条件が満たされていれば、派遣会社の派遣看護師として働くことができます。

派遣会社登録すれば看護師でもこんな働き方が可能

転職して新たな職場で働くのにまだ3か月ほど間が空いてしまった、数か月後に長期で海外留学することが決まったが、その数ヶ月しか働けなくなった、または、今までとは違う介護施設への転職を考えているけれど大丈夫だろうかなど、様々な理由でぽっかりと数ヶ月仕事が空いてしまう場合がありませんか。こうした、短期間だけでも自分の持っているスキルで働きたいという方、転職を考えている方には派遣会社の派遣看護師として働くということも可能となりました。

看護師含む医療業務の派遣が可能です

看護師の派遣は、平成18年に解禁となっています。派遣法が改正されていて、看護協会のホームページにも記載されています。

一定条件を満たした派遣会社登録の看護師の働き方

看護師を含む医療業務の派遣は、これまでに2度法改正が行われました。その結果、派遣会社に登録して派遣として働く看護師は増えてきています。しかし、全面解禁となったわけではなく、ある一定条件を満たした場合のみとなっているのが現状です。

産休代替・離島や僻地・紹介予定派遣は認可されている

・産休や育休中のスタッフ代替の場合 ・離島や僻地での医療不足による業務の場合 ・紹介予定派遣の場合 派遣先の医療機関側が上記に該当していれば、派遣会社の派遣看護師を雇用できるようになっています。

一部の医療施設に限り派遣が認められている

下記に該当しない場所でのみ、派遣会社の派遣看護師が認められています。 ・病院など ・訪問入浴介護及び訪問予防入浴介護を除く、介護老人保健施設 ・助産所 ・患者さんの居宅

派遣会社に登録して働くことが向いている看護師とは?

決められた勤務期間

派遣会社の派遣看護師として働く場合、ある程度の勤務期間というものが決まっています。勤務期間は最短で1ヶ月、最大で約3年ほどになります。そのため、3か月だけ働きたい、1年だけ働きたいなど、自分の予定に合わせて働きたいという方には、派遣会社に登録しての勤務はピッタリなのではないでしょうか。

また、派遣先が自分に合っていて長期で勤務したいということであれば、継続や更新手続きすることも可能となる場合もあります。どういった職場が自分の希望と合っているか知るためにも、まずは派遣会社に登録してみるといいでしょう。

パートやアルバイトより高待遇

派遣会社の派遣看護師として働く場合、同じ派遣先で継続や更新が可能であっても、やはり常勤の看護師とはお給料の面では違いがあるかと思います。しかし、パートやアルバイトで働いた場合と同じ時給換算ではあっても、給与の相場としては高収入になります。少しでも高待遇で働きたいと考えているようであれば、派遣看護師として働いてみることを検討してみてはいかがでしょうか。

様々な職場を体験できる

看護師であっても、派遣で短期間働いて転職をしたとしても不利になることはありません。一つの職場で自分のスキルを磨いていくのもいいと思います。しかし、いろいろな職場を経験し、働きやすい環境、興味のある職場、自分の希望が叶えられて合っていると感じる職場を探すには、派遣会社の派遣看護師として働くという選択もいいのではないでしょうか。

なじみのない職場環境でも興味があって転職をしたいと考えていても、常勤で働くとなると自分には合っていないと感じてからまたすぐ転職するというわけにはいきません。派遣の場合であれば、次の職場へ行く場合退職扱いではなく契約満了という扱いになるため、安心して様々な職場を経験して自分に合った勤務先を派遣会社で探すことができます。

派遣会社のスタッフとして働く看護師には4タイプに分かれる

様々な理由で派遣看護師として働くことを希望する人には、派遣先の勤務期間や本人の希望によって4つのタイプに分けられます。 1日からの超短期間の派遣や2~3ヶ月の短期、自分の希望に合う派遣先を長期で働く、または正規職員として雇用されることを前提とした紹介予定派遣といった、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方を選んでみてはいかがでしょうか。派遣会社の派遣看護師としての働き方のメリットやデメリットも含めて、4つのタイプの特徴を紹介していきます。

超短期間の単発派遣

この単発派遣とは最も短い超短期間の派遣で、派遣会社によって定義は異なるのですが、1日から1週間ほどの期間を1か所の派遣先で働くことになります。日雇い派遣と呼ばれるものがこの単発派遣に含まれます。 単発派遣は、一時的な人材不足の場合に派遣されます。主に健診業務や常勤看護師の助っ人としてなど、臨時の看護師不足解消を補うために求人募集がされます。 時間や日数制限はありますが自分の都合に合わせやすいので、ダブルワークで働きたいと考えている方には向いています。また、配偶者の扶養範囲内や時間に制約がある人も単発派遣は向いているのではないでしょうか。時給も良く、登録する派遣会社によって給料がすぐ支払われる場合もあります。

しかし、求人数が少なく社会保険に加入が難しいという特徴があります。また、同じ派遣先で働くことができず、交通費支給がない場合もあります。そのため、安定した働き方ができません。また、60歳未満の方でまだ元気で働きたいと望んでいて、世帯年収が500万円未満であったとしても、週に20時間以上働けないのであれば単発での派遣は難しいかもしれません。副業で派遣会社に登録して派遣看護師として働きたい考えていても、現在勤めている職場が副業禁止をしている場合も同様となります。

更新なしの短期派遣

派遣会社によって派遣期間は多少違ってきますが、短期派遣は基本的に更新なしでの2~3ヶ月程度の派遣期間となります。但し、同じ派遣先で派遣期間をあらかじめ更新して延長する場合は、長期派遣という形になります。 派遣看護師としての短期派遣の求人は、他のタイプよりも求人数が多く、介護施設や病院、クリニックなど多様にあります。そのため、自分の条件に合った派遣先が見つけやすくなっています。

この短期派遣はパートやアルバイトよりも高時給であるため、短期間で効率的に働いて収入を得ることができるのが特徴です。条件によっては社会保険に加入ができるので、自分のライフワークを充実させたいと考えている方には、派遣会社に登録し看護師としての短期派遣は魅力的な働き方ではないでしょうか。 わずらわしい人間関係に振り回されることなく、様々な看護現場を体験して自身のスキルを伸ばしていけるのもメリットとなっています。職場が変わったとしても、正規職員のような転職を繰り返すマイナス印象を派遣先へ与えることがないのも利点といえます。 転職をする際のつなぎとして短期派遣で働きたい、スキルアップのための海外留学や新婚旅行などによる長期休暇を取るため、出発までの間だけ働きたいなど、働きたい期間が明確にわかっているのであれば、派遣会社に登録し看護師としての短期派遣での働き方は向いているのではないでしょうか。 派遣会社の派遣看護師で働いていても、派遣先の職場が自分に合っているようであれば、お互いの合意の元、正規職員として次へのステップアップを望むことができます。またその反対に、自分のライフスタイルに合わせて、自由に働ける短期の派遣形態を選んでもいいかもしれません。

派遣会社に登録して派遣看護師として働くことを決めても、同じ派遣先で長く働きたいと考えている方にはこの形態は向いていないかと思われます。自分は看護師としてどういった働き方をしたいのか、事前に明確にしておくといいかもしれません。

更新ありの長期派遣

派遣期間が3ヶ月以上からで、更新をして数年間同じ派遣先で働く形態を長期派遣といいます。1ヶ月間は試用期間で、3ヶ月もしくは半年おきに契約を更新して、最長3年後の抵触日までは同じ派遣先で勤務することができるのが特徴です。 長期派遣の求人として多いのは、産休育休代替や介護休業代替、社会福祉施設や僻地などへの派遣になります。ここで注意する点は、産休育休代替の場合1年から1年3ヶ月ほどで終了となってしまいます。但し、別の勤務先の部署で産休取得者が出て代替になれれば、長期派遣での勤務は可能となります。

派遣看護師として働きながらも社会保険に加入ができ、収入面においてもある程度安定しています。正規職員と同じように責任のある仕事を任せてもらえて、派遣先の職場と深くかかわりながらも、自分と合わなければ契約満了扱いで別の派遣先へ移ることができます。最長3年後の抵触日があるとはいっても、安定して働くことができて、転職時に不利となることがないので働きやすい形態ではないでしょうか。 正規職員として働くことを望んでいるが、ブランクがあるため復職するのが不安な場合や育児などで時間制約がある、なるべくなら同じ職場で長期で働きたいと望んでいる方には長期派遣は向いています。派遣会社としては、それぞれ柔軟な対応をしながら派遣看護師として働く方たちのサポートをしてくれます。 派遣会社の派遣看護師の求人には、福祉施設や僻地などといった特殊な環境での勤務となる場合もあるため、キャリアプランをある程度立てておくといいかもしれません。 派遣であっても長期で働けるのが利点ではありますが、正規職員として働ける看護師の方にとっては、派遣看護師としての長期派遣の形態はメリットがないといえるでしょう。いずれは正規職員として働くことを望んでいるのであれば紹介予定派遣での働き方をおすすめします。

直接雇用が前提の紹介予定派遣

派遣会社に登録する際に、超短期、短期、長期の他に、直接雇用が前提として働く紹介予定派遣というものがあります。派遣看護師の求人で正規職員の登用がある旨が記載されている場合に、いずれ正職員として働きたいと望むのであれば、派遣期間を試用期間として働いてみるのもいいのではないでしょうか。但し、医療機関によっては正職員ではなく契約職員やパートなどへの登用になる場合があるので、事前にどのような雇用形態となっているのか知っておくようにしてください。 正規職員となるには、派遣終了時までに双方の合意が必要となります。派遣期間は最大6ヶ月で終了する1ヶ月前に話し合いの場が設けられます。履歴書や面接以外に、派遣会社に登録後、派遣看護師として勤務先での半年間の働きぶりを見てもらって、正規雇用となれるようにしましょう。 紹介予定派遣の求人では、双方とも慎重に見極めて決断したい場合がほとんどであるため、介護施設や訪問看護ステーションなどといった、看護師としてはあまり馴染みのない医療機関が多いのが特徴です。

転職を考えていてもいざとなると、転職先で上手く働き続けることができるだろうかと不安になることでしょう。紹介予定派遣という派遣形態であれば、まずは派遣会社に登録して、派遣看護師として試しに働いてみてから転職を決めることができます。働きたいと思っていても医療機関によっては転職が難しい場合があります。そのような場合、派遣看護師としての実務を見てもらって自身をアピールすることができます。また、実際に働いてみないと分からない職場の働きやすさ、人間関係、病院とクリニックの違いなど、転職するうえで判断しやすいのではないでしょうか。今までとは違う医療機関や施設への転職を考えている方にとっては、派遣会社に登録してのこの働き方はおすすめの派遣形態といえます。 転職を考える際、最初から正規職員での雇用を望んでいるのであれば、派遣会社に登録しての働き方は向いていないかもしれません。また、双方の合意が得られなければ正規職員として雇用の切り替えはできません。

このように派遣会社に登録すると、超短期派遣、短期派遣、長期派遣、紹介予定派遣の4タイプの派遣形態での働き方ができます。それぞれのライフスタイルやキャリアプランなどに合わせて、派遣会社の派遣看護師としてどのタイプで働くのが自分に合っているのか見極めるようにしてください。

派遣会社スタッフとして働く看護師の給料事情

派遣看護師は、パートやアルバイトと同様に時給制となっています。実際の派遣看護師の時給としては、平成28年の時点で1,700円以上であったということです。一般職の時給の場合だと1,000円以上であると言われているので、派遣看護師の給与は高いことが分かります。 単発の派遣の場合では時給で1,800円以上で、訪問入浴の求人の場合は時給ではなく日給として提示されているのがほとんどになります。 専門職である看護師の資格を活かして、派遣会社に登録して充実した派遣看護師のお仕事を始めてみるのもいいのではないでしょうか。

派遣会社の看護師スタッフでも扶養範囲内で働けるのか?

派遣看護師は勤務日数どれくらいだと扶養範囲内なのか

看護師が派遣会社に登録する場合、扶養範囲内で働くためには勤務日数がどれくらいだと大丈夫なのかも気になる点ではないでしょうか。これはあくまでも目安になりますが、扶養範囲内となると103万円以下ということになります。この103万円以下であることを踏まえると、時給1,800円以上で毎月85,000絵に科に抑える必要があります。となると、週に3日勤務で1日4時間勤務であれば大丈夫であると言えるでしょう。しかし、夫が自営業であると多少変わってくるため、それぞれのご家庭ではどうなるのか決めておくのがいいでしょう。

副業で派遣会社に登録して働く看護師の場合の確定申告

派遣会社に登録して派遣看護師としてだけで働く以外に、副業として派遣看護師として働くことを希望されている方も多いのではないでしょうか。その場合、確定申告を忘れないようにしなければいけません。

派遣会社の派遣看護師として副業をする場合、月に17,000円以上の収入があって、年収が20万円以上あるのであれば必ず確定申告をしてください。また、平成28年度からはマイナンバー制度が開始されています。そのため、様々な事柄が全てマイナンバーで管理されることになっているため、義務だからだけではなく損のない納税対策を行うためにも必要な申請となります。

派遣会社スタッフの看護師のシフトと有給休暇はもらえる?

派遣会社の派遣看護師として単発で働く場合は除きますが、その他のほとんどの派遣形態では、週に何日もしくはシフト制などになっていて、必ずしも土日がお休みになるとは限らないのが特徴です。派遣看護師として働き始める前に、派遣会社を通してシフトをきちんと確認することも大切ですが、自分自身の希望する働き方の条件を明確にしておくようにしましょう。

必ずしも土日が休めるとは限らない派遣のお仕事では、有給休暇がもらえるのだろうかと疑問に思われる方もいることでしょう。 労働基準法では、雇用契約を結び半年間継続勤務し、8割以上出勤した者には10日の年次有給休暇が与えられる旨が記載されています。したがって、派遣会社に登録して派遣看護師として働いても、正規職員と同様に有給休暇が適応されるので、6ヶ月以上働くのであれば、派遣会社に有給取得の有無を確認するようにしてください。

福利厚生は派遣会社の派遣看護師スタッフでも可能か?

今では福利厚生が充実している勤務先は増えてきていますが、派遣会社の派遣看護師としてだと福利厚生が受けられるのかどうか気になるところではないでしょうか。派遣看護師の場合は、単発や短期といった勤務形態であると勤務先の福利厚生は受けられませんが、勤務が半年以上となる長期派遣や紹介予定派遣であれば、そのほとんどが福利厚生を受けることができます。

また、派遣会社によっては派遣看護師として登録する人向けに福利厚生が備わっている所もあるので、派遣会社を選ぶ際のポイントとなるので、自分が登録したいと考えている派遣会社ではサービスやサポート面にも注目して決めるといいでしょう。

派遣会社の派遣看護師スタッフの年金や保険はどうなっているの?

正規職員ではなく派遣会社の派遣看護師として働く場合、一番気にかかる点は社会保険や年金関連はどのようになっているのかではないだろうか。

半年以上の長期派遣では、勤務先にて加入することができます。しかし、単発派遣や短期派遣では、派遣会社の条件に当てはまっている、条件に当てはまっていないもしくは条件に掲げていなければ自己負担で加入しなければなりません。 同じ派遣看護師として働いてはいても、それぞれ働き方の条件などは違っていて、社会保険や年金内容も異なっています。派遣会社の派遣看護師として自分がどのような形態で働くことを望んでいるのか、その働き方によって社会保険や年金はどのようになるのか、派遣会社と勤務先それぞれにきちんと確認しておく必要があります。

派遣看護師は結婚後や産休などからの復職がしやすいのか?

ブランクがあっても家庭と仕事の両立が派遣看護師は可能

派遣会社の派遣看護師として働くメリットは、ある程度時間の融通が利くため働きやすい点にあります。正規職員として働くとなると、定時での帰宅が難しくなることがほとんどとなります。派遣会社の派遣看護師としての働き方は、ブランクのある方にとっては仕事と家庭の両立のみならず、看護師としての仕事のコツを取り戻すためにも一番良い勤務体系ではないでしょうか。

子育てしながらの勤務もしやすいのが派遣看護師である

看護師として働く場合の正規職員となると、急病や保育園などの送り迎え、学校の帰宅時間などにいることが難しくなります。こうしたことを考慮したうえで、勤務時間の短縮が可能な派遣会社の派遣看護師としての仕事を、復職する際の選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。 但し、派遣会社の派遣看護師として働く際に勤務時間は決められています。その勤務時間内をさらに短くするのは契約違反となるので注意が必要です。契約違反とならないように、前もって自分のライフスタイルに合わせた希望勤務時間を、派遣会社及び派遣先にも伝えるようにしましょう。

お子様がまだ小さいと保育園をどうするか、どこへ通わせたらよいのか悩み迷うところではないでしょうか。勤務先によっては院内保育園が設けられている医療機関もありますが、正規職員やパートの看護師の方たちのための福利厚生として用意されているため、派遣会社の派遣看護師は利用することができません。 単発派遣や短期派遣として働くことになると、派遣会社で契約した仕事はキャンセルすることができないため、たとえ緊急であってもペナルティーとなって契約中止を申し渡されてしまうので注意が必要です。

派遣看護師は産休や育休は取得できるのか

産休する場合 ・契約期間終了間近の産休は、契約更新終了となるので取得は難しい。 育休の場合 ・1年以上勤務している ・子供が1歳未満である ・元の職場へ育休後も雇用されることが条件である

産休、育休それぞれの条件を踏まえると、この制度を利用できるのはごく限られた派遣看護師のみとなるように思われます。しかし、これらの条件がクリアできているようであれば、無理をせず産休、育休を取得するといいでしょう。

看護師経験が浅くても派遣会社への登録は可能か?

看護師の資格を持っていて働いた経験があるのであれば、派遣会社への登録は可能です。働いた経験が浅くて不安であっても、ご自身ができる範囲の業務内容によって派遣会社は勤務先を紹介していきます。現在の職場が自分には合わなかったなどの理由で転職をお考えであれば、派遣会社へ登録してお試しとして派遣で働いてみてください。

派遣会社に登録する看護師はなぜ優遇されるのか?

先にも述べたように、派遣会社の派遣看護師はパートやアルバイトと同様の時給制となっています。しかし、派遣として働く方が高待遇であるのはなぜでしょうか。 それは、派遣として働く看護師は、正規職員の看護師たち同様の仕事内容が求められるからです。パートやアルバイトの方たちよりも専門的知識を持ち合わせていて、即戦力として働いてくれることが条件として根底にあるため高待遇となるワケです。派遣という働き方であっても、常にスキルアップを続けていきたいという方にとっては、派遣会社の派遣看護師スタッフとしての働き方は魅力的となっています。

看護師として派遣会社登録で働くメリットやデメリットとは

上記までに述べてきたように、派遣会社の派遣看護師の働く形態によってメリットやデメリットがそれぞれあるようです。しかし、派遣会社の派遣看護師として働くには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

派遣看護師として働くメリット

・派遣看護師は、病院の常勤スタッフという働き方ではないため、土日は固定休で連休が取得できるなど、自分のライフスタイルに合う働き方ができます。つまり、柔軟な働き方が可能であるということになります。 ・給料面においてもパートやアルバイトの時給よりも高待遇で、効率よく働くことができるようになっています。つまり、常勤の看護師とあまり変わらない収入を得られるということです。 ・サービス残業がなく、もし残業が発生する場合には、時給がある程度アップされて支給されるようになっています。 ・また、残業をするかしないかは自分自身で決断することができます。 ・そして何より、職場内での複雑な人間関係に巻き込まれにくいという利点があるため、精神面においてもかなり負担を減らすことができるのではないでしょうか。 ・派遣先が変わると仕事内容も変化してくるため、いろいろな経験ができます。 ・派遣職員であるため、会議や委員会に出席しなくてもいいです。 ・自分のライフスタイルに合わせて、時期や期間を選ぶことができます。

ガッツリと働くことは望まず、扶養の範囲内で働きたいという看護師の方には、派遣会社に登録して派遣看護師としての働き方は望ましいのではないでしょうか。 仕事と家庭、育児との両立、夜勤専従看護師として週に1日は働きたい、趣味やスキルアップのための資格取得、充実したプライベートを送りたいと考えている看護師さんに、派遣という働き方はおすすめです。

例えば、健診派遣として働いている方だと、早めにシフトが決まるため予定が立てやすい、単発派遣の場合だと掛け持ちで効率よく働いて稼ぐことができるので良いということです。また、しっかりと稼ぐことができる夜勤専従派遣も魅力のようです。

派遣看護師として働くデメリット

派遣会社に登録して働く場合、希望すれば継続や更新をして同じ派遣先にて働くことはできますが、長い年月同じ勤務先で働き続けることができません。先にも述べているように、派遣期間は最短で1ヶ月、最大で3年と決められてしまっています。他の職場へ転職せずに、自分に合った今の派遣先でこれからも働き続けて、スキルを伸ばしていきたいと考える人もいることでしょう。そのよう場合は、派遣期間が終了するのに合わせて、正職員や正社員となれることを踏まえた紹介予定派遣という形での勤務をおすすめします。 この紹介予定派遣を検討している方は、派遣先の職場環境の見学、勤務条件やその職場での仕事状況など事前にしっかりと打ち合わせを行ってから、派遣看護師としての就業を始めていくので、不安なことや疑問点など把握しておくことができます。

派遣期間が最長3年という抵触日が設けられているわけですが、派遣先の医療機関によっては3年未満でその抵触日が訪れてしまう場合があります。なぜそのようなことが起こるのかというと、派遣看護師側として最長3年という抵触日が設けられているように、派遣先の医療機関においても派遣看護師同様に抵触日というものが定められているからです。派遣先の抵触日も3年間という期間が設けられていて、同じ派遣会社の他の派遣看護師が先に同じ派遣先に出向いていれば、先に派遣されたスタッフの入職日から3年後がそのまま自分の抵触日となってしまいます。

派遣先にすでに妄動スタッフが働いているか、抵触日はどのようになっているのか事前に知るには、派遣スタッフの雇用契約書に明示されているので確認をするようにしてください。派遣先の抵触日は、3年ごとに意見聴取といって、今後も派遣を受け入れるかどうかの意見の聞き取りを行います。その内容によって抵触日が延長され、派遣先で働き続けることができるようになります。 ただまれに意見聴取で異議ありで延長されない、意見聴取を行わないといったことで抵触日が延長されない場合があるので注意する必要があります。

派遣会社の派遣看護師として働き続け、心機一転正規職員となるべく就職活動をしようとすると、派遣会社のスタッフとして働いてきても、ノンキャリアの扱いを受けてしまう場合があります。

その他にも、派遣会社の派遣看護師としてでは、万が一にも自身が病気などで長期休養を余儀なくされた場合、年金や保険といった福利厚生に関する保証の受け取りが難しいということを考慮してください。

夜勤での派遣会社の派遣看護師について

看護師が夜勤で認められている時間は、職場環境改善によって決められています。月で全看護師の夜勤時間合計72時間から、全や金看護師の人数を割った時間となっています。但し、月に夜勤が8時間未満の場合は含まないとされています。 しかし、医療の現場では夜間は常に人手不足とされていて、夜勤専従での求人が出てきています。個の夜勤専従では、72時間を気にすることなく働けるのですが、医療施設での体制や昼夜逆転の働き方をするため、自身の体力と精神力次第であると言えるでしょう。

夜勤看護師としての働き方

派遣会社の派遣看護師として、夜勤専従での働き方にはどのような特徴があるでしょうか。

・夜勤専従とは言っても、連続勤務をすることはありません。1週間のうち3~4日ほど勤務して残りは休日となります。夜勤明けは十分な休養をする必要がありますが、その他の日中は有効活用することができます。 ・夜勤専従の給料としては、日勤の派遣看護師よりも勤務時間が長いため高収入を得ることができるでしょう。少ない勤務日数で効率よく収入を得たいのであれば、夜勤専従での働き方をしてみてください。 ・夜勤の主な仕事は、有料老人ホームなどでの病棟勤務といって、患者さんの体位を変えたりトイレの介助などの他、病院での救急外来で救急患者の対応などがあります。救急外来では夜勤の看護師が一人という場合もあるため、知識と技術に優れていなければなりません。

こうしたことを踏まえると、夜勤専従として働くことを望むのであれば、自身の体力をつけることはもちろんです。しかし、医療ミスを事前に防止するためにも、体調管理と健康維持には人一倍気を付けなければなりません。

夜勤看護師のメリット

・医療機関や施設での条件によって違ってきますが、日勤よりも高収入を得ることができます。 ・勤務日数が少なく、まとまって休みを取ることができます。 ・充実したプライベートを過ごせます。 ・夜勤専従であるため昼間の勤務はなく、昼夜逆転でもリズムよく生活を送ることができます。

夜勤看護師のデメリット

・当直制の施設で働く場合は、1回の夜勤が16時間という働き方をすることもあるので、気力と体力の回復方法を工夫して勤務しなければなりません。 ・正規職員とは様々な点が異なります。給与形態やシフトは2交代制なのか3交代制なのかなどによって、収入も勤務時間もかなり変わってきます。また、充実した保証を得たいと考えるのであれば、求人チェックをしっかり行い確認をしておく必要があります。不安や心配なことがあるのであれば、質問して不安を解消しておきましょう。

おすすめの派遣会社に登録して派遣看護師として働こう!

自分のライフスタイルに合わせた派遣看護師として働くには、派遣会社に登録することになりますが、どのような派遣会社に登録すればいいのでしょうか。以下に記したものが、派遣看護師におすすめの派遣会社に登録するための抑えるべき点となります。

面接や見学の同伴もしてくれる

派遣会社に登録をすれば、自分の希望する求人を紹介してくれるのはもちろんですが、その他にもとても心強い存在でもあります。希望通りの求人が見つかったとしても、新たな職場への面接や見学などを一人で出向くのに不安を感じることもあるでしょう。そうした場合、派遣会社側が同伴してくれることが多いのでご安心ください。

派遣会社に登録したのであれば、すべての登録者がこれらのサービスを無料で受けられるので、派遣としての働き方を検討してみてはいかがでしょうか。

病院や医療施設とも交渉してくれる

派遣会社に登録すると、面接や見学の時に同伴をしてくれますが、その他にも自分が希望する条件について、派遣先の医療機関と交渉もしてくれます。自分だけでは上手く伝えられない要望などありましたら、派遣会社側を通じて交渉をしてもらうことも可能なので、上手に派遣会社を利用してみてください。

看護師おすすめの派遣会社の3つのポイント

看護師が選びおすすめする派遣会社には、大きく分けて3つのポイントがあります。 ・関東以外の方にとって、自分が希望する地域に対応しているどうか。 ・自分が希望する条件に合う派遣求人が多くあるかどうか。 ・福利厚生やサポートなどが整った大手の派遣会社であるかどうか。

上記のように、自分が希望する条件を満たす派遣会社であるか、加えてよい派遣先を見つけるためには、2か所以上の派遣会社に登録しておくようにしてください。派遣会社によっては求人先が異なる場合や、派遣会社1つだけでは複数の派遣先を同時進行で先行することができません。また、派遣会社に登録したからといって、すぐに希望する派遣先が見つかるわけではないからです。そして、人気の派遣先はすぐに決まってしまいます。 こうした点に注意しながら派遣会社複数に登録して、自分のライフスタイルに合わせて希望する派遣先を見つけてみてください。

看護師の派遣会社ランキング

MC-ナースネット

「MC-ナースネット」は、全国に対応している看護師と助産師の派遣会社で、運営はメディカル・コンシェルジュが行っております。 派遣の他に正看護師や准看護師、常勤、非常勤での求人も扱っていて、派遣求人数としては約3,000件ほどになります。また、短期や長期としての派遣、転職など幅広く求人を取り扱っているのが特徴です。

利用者の95%以上が満足していると答えています。自分が希望する条件や派遣先での悩みなどを、「MC-ナースネット」専任アドバイザーがしっかりと対応してくれるので、相談しやすい環境を整えてくれています。 非公開の求人も多数用意されていて、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方ができる派遣先を紹介してくれます。

看護roo!派遣サービス

看護師の派遣会社としては国内最大級の「看護roo!派遣サービス」で、東証一部上場をしているクイックが運営している看護師派遣会社で安心です。対応地域は東京、神奈川、埼玉、千葉の関東のみとなります。

上場企業で看護師派遣を行っているのはこちらだけで、非公開求人ではありますが求人数や質も良く、社会保険や有給休暇、無料の看護賠償保険といった福利厚生も充実ししっかりとしているのが特徴です。関東ではトップクラスということもあって、高時給となる派遣求人の紹介ネットワークが構築されています。 派遣看護師として働くのが初めてという方でも安心していただけるように、事前に派遣先についても詳しく教えてくれます。自分の希望に合う派遣先であるのか気軽に問い合わせることができるので、登録しておくといいでしょう。

看護のお仕事 派遣

レバレジーズが運営する「看護のお仕事派遣」の会社になります。対応地域は、東京、神奈川、埼玉、千葉の関東のみとなっています。求人は非公開となっているため、看護師として自分のライフスタイルに合う好条件の派遣先を見つけることができます。 但し、単発などの派遣求人は扱わず、短期や紹介予定派遣の求人紹介になります。

地域に密着した求人の提案ができるようにと、その地域ごとに専任のコンサルタントを設けているのが特徴です。素早く丁寧な対応を心がけていることから、地域のことがよく解っているのと、求人数および好条件となる求人紹介をしてもらえます。 家庭と仕事の両立できる働き方、充実したプライベートを確保したい方におすすめの派遣会社になります。

ナースジョブ

派遣看護師の求人サイト「ナースジョブ」は、日勤のみや扶養範囲内、院内24時間託児所ありなど、派遣看護師として様々な働き方に対応してくれて、好条件な求人が多数用意されています。

全国に対応していて、派遣だけではなく、正看護師や准看護師、常勤、非常勤といった働き方にも対応しています。求人数は多く、派遣求人数としても薬1,000件ほどあります。「ナースジョブ」の特徴としては、年収650万以上や年間休日が135日などといった好条件となる求人の他に、求人に記載されていない有給消化率、残業時間、離職率などというようなことなども教えてくれるので、派遣先を選ぶ際の参考になります。 自分の希望に合った派遣先を紹介してくれるのはもちろんですが、面接対策のサポートもしっかり行ってくれるので安心です。

スタッフサービス・メディカル

大手の派遣会社として、看護や介護、医療の派遣を行っているのが「スタッフサービス・メディカル」の派遣会社になります。 関東を中心に、北海道から沖縄までと全国に拠点が設けられています。派遣としての働き方だけではなく、正看護師などといった働き方を希望する人も利用することができます。求人は非公開となっているものもあって、派遣の求人数としては約1,000件ほどあります。

介護や看護、医療事務専門となる求人情報サイトであるということが特徴で、医療に関するのお仕事が未経験、もしくは医療系の資格がなくても大丈夫な求人も多数取り扱っています。専任スタッフが、登録後に悩みや疑問点などの相談も可能となっているので、安心して派遣先を探すことができます。 「スタッフサービス・メディカル」に登録後、疑問や質問など直接かおおみながら相談するもよし、電話で話を聞きながら派遣先を紹介してもらうことも可能なので、一度登録をしてみてはいかがでしょうか。最初はだれもが初めてなので、話だけでも聞いてみないなという方でも、気軽に電話で相談してみるといいでしょう。

派遣看護師として働こう!

派遣会社の派遣看護師として働く場合のしくみや、働き方には様々あって、超短期間の単発派遣や更新なしの単発派遣、更新ありの長期派遣、または、いずれは直接雇用されることが前提での紹介予定派遣といった、4つのタイプの働き方があります。その他にも、夜勤専従派遣として高収入を得ることができる働き方もあります。 自分が派遣看護師としてどのような条件で働いていきたいのか、自分が目標とするライフスタイルを送るためには、具体的なその条件を派遣会社にしっかりと伝えておくことが大切です。その他にも、社会保険や年金関連などといった福利厚生に関することも、派遣会社と勤務先それぞれに確認をして、公私ともに充実した派遣看護師としての日々を送れるようにしていきましょう。

派遣会社によっては、タイミングを見計らって非公開となっている求人をスタッフから紹介してもらうことができるのも魅力となっています。 選択肢を広げて派遣先を選びたいと考えているのであれば、2社以上の派遣会社に登録しておくことをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング