IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

箸についての豆知識|数え方/単位・英語で箸を数えるときは

社会人常識

毎日のように使用する「箸」の数え方をご存知ですか?実は箸の種類によって数え方は変わります。箸の数え方、その由来、英語での数え方などを紹介します。昔から大切にされてきた箸のことを知ると、知識を得るだけでなく、毎日の食事が一層楽しめるかもしれません!

更新日時:

箸の数え方の違い

箸の数え方の違い

毎日使うお箸ですが、お弁当などを買った際に「お箸いくつ付けますか?」と聞かれて皆さんはどのように答えていますか?「1膳」という数え方で答える方が多いかと思います。実は箸には様々な数え方があります。箸の数え方から、数え方の由来、箸はいつから日本で使われてきたのかなどを紹介していきます。

お箸の数え方

お箸の数え方には様々数え方があります。それはお箸の種類でも変わってきます。お箸は「膳」という単位があるのは知られていますが、お箸の種類によっては「膳」の単位を使わない数え方もあります。お箸の数え方にはどのような単位があるのか、使い分けも合わせて紹介します。

単位には何がある?

お箸の単位には「本」「膳」「組」「揃い」「具」があります。それぞれ一本(いっぽん)、一膳(いちぜん)、一組(ひとくみ)、一揃い(ひとそろい)、一具(いちぐ)と呼びます。

「膳」や「揃い」を使う時

「膳」の数え方を使う箸は、食事を行う時に使用する箸です。箸2本で「一膳」です。または「一揃え」とも言います。「箸一本」は、箸一本だけを表します。しかし、購入し袋に入った状態の未使用の箸に対しては、「一本」と数えます。

「組」や「具」を使う時

「組」や「具」の数え方を使う箸は、火箸や菜箸など、食事に使用するのではなく、「道具としての箸」です。また割り箸の場合は、割る前は1本なので、「一組」という意味の「膳」はおかしいのではないかという説もあります。 そうすると、コンビにやスーパーでお弁当などを買った際に「お箸はいくつつけますか?」と聞かれて際に「一膳」と答えるのを少し躊躇してしまいます。しかし食事をする箸としてなので、「一膳」と答えるのでも問題はありません。 また「揃い」に関しては、食事用の箸だけでなく、道具としての端の数え方としても使用する単位です。

箸の数え方の由来

箸の数え方の由来

食事の箸は「膳」の単位を用いた数え方が一般的ですが、この箸の数え方には由来があります。鎌倉時代に食事の形は一人用の「膳」になり、一つの膳に一つの箸が添えられるようになった事から、食事に使用する箸の数え方は「膳」を使うようになったと言われています。 それ以前は一具、一隻、一双、一株、一囲などの単位を用いた数え方がされていました。

「箸」はいつから使われている?名前の由来は?

「箸」はいつから使われている?名前の由来は?

現在では毎日のように使用する箸ですが、箸は飛鳥時代の頃に、仏教と共に中国から伝わり、一般の食事に使われたといわれています。中国では約2400~2500年前から使われ始めたといわれています。 また食事として使用する前は、「折箸」という細く削った一本の竹を、ピンセットのように折り曲げた形で弥生時代の末期に、日本に登場しています。この「折箸」は一般の人が使うものではなく、神様が使う神器であり、また天皇だけが使うことを許されていました。 「箸」という名前の由来にはいくつかの説があります。一つは、2本の棒の間に挟んで使用することから「はし」とも読む「間」から「箸」となった説。二つ目は棒の先端、端で物をつまむことからという説。三つ目は、箸を「日本の柱」に例えて「柱」から「箸」となった説。四つ目は、箸は元々1本の棒を折り曲げて使用しており、その姿が鳥のくちばしに似ていたところから「箸」となった説があります。

割り箸はいつからある?

「箸」は中国から日本に伝わったものですが、割り箸は日本人が生み出したものです。箸が日本に登場した飛鳥時代から暫く後、大坂・京都に飲食店が流行した江戸時代半ば頃に割り端は登場したといわれています。 割り箸はお祝い事や、神様の行事の際に用いられ、「割り箸を割る」というのは「事を始める」という意味をもたせていたといわれています。

割り箸は国産?

また割り端は資源の有効活用とされており、日本産の割り箸は建築用の材料などで切り取った時に出てくる、余った木材で作られています。 さらに山に木を植えたあと、成長した木は隣同士の枝がぶつかると、木の成長に悪影響を与える為、そうならないために間引きをします。その間引きで切られた木を「間伐木」といいます。間伐木も割り箸として有効活用されています。 しかし、割り箸の需要が増えるにつれて、余った木材や間伐木では、割り箸の生産が間に合わなくなり、現在では9割以上が輸入されています。主に中国などの他国からの輸入に依存している為、中国や他国では割り箸用に沢山の木が切られているといわれています。 このことから割り箸を過剰に使用しないように、自分の箸を外出先でも使用出来るように「マイ箸」の持ち歩きが生まれました。

割り箸の「おてもと」の意味は?

割り箸の袋には「おてもと」という文字をよく見かけます。この「おてもと」は、「手もと箸」を丁寧に呼んだ言葉です。日本料理の盛り鉢には、取り箸が添えられています。この取り箸に対して、各自が食事を口に運ぶ箸を手元にに置いておくことから「手もと箸」といわれだしました。

英語の箸の数え方

英語の箸の数え方

日本語でのお箸の数え方は。箸の種類によって変わりますが、「本」「膳」「組」「揃い」「具」と様々あります。しかし英語でのお箸の数え方はとてもシンプルです。英語では「a pair of chopsticks 」で、お箸1膳を意味します。箸のことを「a chopstick」と言いますが、これだけでは、お箸一本を示すので、二つで一組の場合は「a pair of 」を付けます。

箸を巧みに使う日本

現代の日本では、お料理によってお箸、フォーク、ナイフ、スプーンと様々なもので食事をしていますが、食事のメインの道具として現代でも箸を使用しています。 生活の中で箸を使用する国は特にアジアの国に多く見られますが、様々な動作を箸一本で行う国は日本だけです。盛り付けを行う際などの器用で繊細な箸使いは、日本ならではの趣です。 今では欧米でも日本料理店などでは、箸を使うことに馴染みが出てきており、日本のお土産としても箸は人気です。これから一層、他国でも箸を巧みに使う光景が見られるようになるのでしょう。

箸のいろいろな使い方

箸には食事際に使う動作、料理に使う動作を合わせると、「つまむ」「はさむ」だけでなく、「押さえる」「すくう」「裂く」「のせる」「はがす」「支える」「くるむ」「切る」「運ぶ」「混ぜる」といった、多くの動作を箸一膳で行うことが出来ます。 ここまでの動作を使いこなしているのは日本だけであり、箸づかいの美しさが料理や食事の美しさともいわれています。 また、食事をする際に、箸を一度休める時に使用する箸置きも、箸を使う国の中で、現在のように、季節の箸置きや、様々なモチーフをほどこした箸置きを楽しんでいるのも日本だけといわれています。ちなみに、箸置きがない場合は仕方がないとして、箸置きがある場合は、箸休めとして皿やテーブルに箸を置くのはマナー違反とされています。

箸は日本人にとって神聖なもの

箸は日本人にとって神聖なもの

日本では箸の数え方に様々なものがありました。これは箸が神具として使われてきたためであり、また箸ひとつで様々な使い方をするためでもあります。 箸の起源から箸は現代でも食物の神様に感謝を表す儀式の中などでも使用されており、日本人にとって神聖なものとして使用されています。毎日のように使うお箸、かけていたりしていませんか?箸の先が折れていたり、かけている事は縁起が良くありません。 もしも今使っているお箸がそのようになっていれば、今まで沢山使ってきた証拠でもあります。今までありがとうという気持ちで新しいお箸に替えて、また大切に使ってください。 箸の材質も様々ものがあり、それによって食べ心地も変わります。木製であれば、杉、柳、ヒノキ、松、桑、ナンテンなどがあります。木製以外には、竹、象牙もあり、韓国料理の際にはよく見かける金属製であれば金、銀、銅、鉄、ステンレス、アルミニウムなどです。他にはプラスチック製です。 口に運ぶお箸ですので、お気に入りのものを大切に扱うと、食事をする時の気持ちも変わってきます。

アクセスランキング