IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

戸籍謄本・抄本でわかること・使用先別必要書類・取得方法

社会人常識

戸籍謄本と戸籍抄本では、記載されている事項に違いがあります。戸籍謄本と戸籍抄本の違いを知ることで、どの時にどちらが必要になるかが明確になり、手続きも円滑に進めることができます。また、申請手続きなども覚えておくと、よりスムーズに手続きを進めることができます。

更新日時:

戸籍謄本・抄本とは

日本国籍を持っている人の、出生や死亡の事実、親子関係や婚姻関係などの事実を登録し、公証するものになります。戸籍には、戸籍謄本(こせきとうほん)と戸籍抄本(こせきしょうほん)の二種類があり、本籍地・氏名・生年月日・父母・続柄・配偶者・子・養子縁組などの個人を証明する事項が記載されています。 一組の夫婦とその子(婚姻している子は含まれない)をひとつの単位として構成されています。戸籍謄本と戸籍抄本の原本は、本籍地を置いている役所で管理をされている為、戸籍に記載されている本人であっても原本は入手できません。 私たちが取り寄せることができるのは、原本の写し(コピー)となります。この原本の写しが何を写すのかによって、戸籍謄本か戸籍抄本のどちらかに分かれます。

戸籍謄本の記載内容

戸籍謄本は、原本の内容を全て写している書面です。その戸籍に入っている全員の事項を写し、証明しています。戸籍全部事項証明とも呼びます。前述したように、一組の夫婦とその子についての事項が記載されています。本籍地・戸籍筆頭者の名前とその戸籍に記載されている人全ての生年月日・生まれた場所・続柄・亡くなった日などの事項が具体的に記載されています。

戸籍抄本は、戸籍に書かれている一個人の事項のみを抜粋して写している書面となり、原本の内容を一部抜粋して写しています。個人事項証明とも呼ばれます。そのため、指定された人以外の事項は省かれてしまいますので、注意が必要となります。本籍地・戸籍筆頭者の名前・生年月日・生まれた場所・続柄などが記載されています。

親子関係

原則として、父親か母親を筆頭者とする戸籍に子の事項が記載がされます。戸籍は、身分を証明する書面になるので、子が既婚・未婚に関係なく、実父及び実母の名前が記載されます。子が婚姻し、新しく戸籍を編成しても親子関係には変化がないので、新しい戸籍謄本・戸籍抄本にも実父と実母の名前が記載されます。

離婚歴

男性の場合、結婚し自身が筆頭者になる際に「婚姻により」といった内容で自身の戸籍に入った理由が記載されます。離婚した際に、自身の戸籍は自身のままなので、戸籍筆頭者である本人の事項は何も記載されませんが、離婚をし除籍された元配偶者は記載がされます。 除籍された元配偶者の事項欄は、バツ印で消されます。女性の場合、結婚して旦那の戸籍に入ると婚姻によりといった内容で、旦那の戸籍に入った理由が記載されます。離婚をする際に、自身が筆頭者の戸籍を新たに作るか、実家の両親の戸籍に戻るかの二つを選択できます。どちらを選択しても、離婚によりという内容で今の戸籍に入った理由が記載されます。

戸籍謄本と抄本の違い

戸籍謄本と戸籍抄本では細かい部分で違いがあります。どの時にどんな内容で謄本及び抄本が必要になるのかを知っておくと良いでしょう。謄本と抄本の違いを把握しておくことで、役所での手続きもスムーズに行え、提出書類の不備なども防ぐことができます。 戸籍謄本の「謄」の字には原本通りに移すという意味があります。そのため、戸籍謄本は戸籍に入っている全員の写しになります。戸籍抄本の「抄」の字には、抜き書きするという意味があります。そのため、戸籍抄本は戸籍の一部の人(通常一人分)の写しになります。

見分け方

前述したように、その戸籍の全ての事項を証明しているものであれば戸籍謄本となり、一部の方の事項を証明しているものであれば、戸籍抄本となります。戸籍に入っている全員の事項が証明されているのか、一部の人だけなのかによって見分けることができます。 戸籍謄本は、全部事項証明書とも呼ばれ、写しの始めに記載されています。また、写しの最後に「これは、戸籍に登録されている事項の全部を証明した正面である」と記載がされています。戸籍抄本は個人事項証明とも呼ばれ、写しの始めに記載されています。 こちらも写しの最後には「これは、戸籍中の一部の者について記録されている事項の全部を証明した書面である」と記載がされています。記録されている事項での把握が難しい場合、全部事項証明と書かれているのか、個人事項証明書と書かれているのかで見分けることができます。

使用先別でどちらが必要か

婚姻届け

結婚をすると親の戸籍から離れ、新たに夫婦での新戸籍を作ります。この新戸籍を編製する為、今までの戸籍の内容を新しい戸籍に移して記載する必要があります。婚姻届けを提出する役所が本籍地ではない場合は、戸籍謄本を提出しないと婚姻届自体は受理はされても、その後の事務作業である新しい戸籍の編製が滞ってしまいます。 そのため、親の戸籍に記載されている本籍地にて、婚姻届けを提出するのであれば必要はありませんが、違う地区町村の場合には、婚姻届けと一緒に戸籍謄本を提出しましょう。戸籍抄本でも手続きはできますが、上記のことから戸籍謄本の方が手続きがスムーズです。

国際結婚

日本で外国籍の方と結婚する場合、手続きには二通りの方法があります。はじめに日本の役所で婚姻届を提出し、その後相手の国(在日大使館・領事館)に届出をする。もしくは、はじめに相手国の在日大使館、または領事館で届出をし、その後日本の役所で提出をする。この際に添付が必要な書類となるのが戸籍謄本となります。

パスポート

住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で手続きを行います。この際に戸籍謄本と戸籍抄本のどちらでも申請はできます。パスポートは、作成する方の事項を把握することができれば問題はないので、戸籍抄本を提出することが一般的です。

附表

戸籍の附票(こせきのふひょう)は日本において住民基本台帳法に基づき市町村と特別区で作成される、該当市区町村に本籍がある者の住所履歴に関する記録である。 住民票が住所の異動や世帯の構成、戸籍が出生・死亡・結婚などの身分事項を記録したものだが、この2つをつなぐものとして戸籍の附票がある。

主に、不動産での相続手続きで必要となるのが戸籍の附表です。住民票と同じ効力を持ちます。戸籍の附表があれば、住民票を複数取らなくとも、移転の履歴を把握することができます。

戸籍謄本・戸籍抄本の取得方法

どこで申請するか

市役所・区役所・町役場などの役所での発行手続きが一般的です。戸籍謄本もしくは戸籍抄本に記載されている本籍地での役所で申請手続きを行います。現在住んでいる場所と本籍地の市区町村が同じであれば、その住まいの役所で申請手続きができます。 逆に、現在の住まいと本籍地の市区町村が違う場合には、本籍地の市区町村の役所まで出向くか、遠方であれば郵送で申請することが可能です。

申請手数料

戸籍全部事項証明(戸籍謄本)、戸籍個人事項証明(戸籍抄本)の申請手数料は、一通450円程度になります。戸籍の附表は一通200円程度です。各市区町村によって申請手数料が異なることもあるので、戸籍を置いている本籍地の役所で確認をしましょう。

委任状

一般的には、戸籍謄本及び戸籍抄本は、使用する本人が役所の窓口で手続きを行います。何らかの事情で本人が直接申請できない場合に、戸籍に記載されていない親戚や知人などの本人以外の人が申請することも可能です。その際に必要となるのが委任状となり、正当な理由も必要です。

郵送での申請

郵送で戸籍謄本、もしくは戸籍抄本を取り寄せる場合、各市区町村での請求用紙に必要な事項を記入をします。パソコンなどのインターネット環境がある方は、役所のホームページで請求用紙を印刷して使用することができます。手元に請求用紙がない場合は、自身で用意した便せんなどに、必要事項を記入し申請することも可能です。 郵送での手続きで準備しておくものは、戸籍謄本または戸籍抄本の請求書・請求者の住所と氏名を記入し切手を貼った返信用の封筒・手数料(郵便局で購入した定額小為替を用紙する)・運転免許証や保険証など身分を証明できる本人確認書類のコピー・請求者が本人ではない場合は委任状が必要となります。 郵送での申請は、管外の役所に連絡を入れて確認をするか、役所のホームページを見ると間違いなくスムーズに申請手続きができます。

コンビニでの発行手続き

平日に仕事があり、役所へ向かうことが難しい方のために、戸籍謄本や戸籍抄本などの各証明書をコンビニで発行することができます。本籍のある市区町村がコンビニと契約している場合に限られます。 戸籍を取りたい本人の住基カードや、個人番号カードで暗証番号の設定をしていることが前提となります。暗証番号の設定をしている場合、機械がカードを読み込めば発行が可能となります。

申請手続きは不備なく正確さがポイントに

戸籍謄本や戸籍抄本は、個人やその戸籍に記載されている人物との続柄や、個人の情報が正確に記載がされています。そのため、請求書類の記載ミスのないようにしましょう。大切な写しを申請する手続きなので、用意する書類の不備や印鑑忘れなどのないようにすることで、円滑に手続きが行えます。 手続き上、戸籍謄本と戸籍抄本のどちらが必要なのかを明確に把握しておくことも大切なことです。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)