IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接とは嘘つき大会?よくある嘘の内容

就活ノウハウ

みなさんは、面接とは嘘つき大会という言葉を聞いたことがありますか。実はこれは、あるキャラクターのある動画がきっかけで生まれた言葉です。面接とは嘘が上手な人が内定をもらうことができる嘘つき大会とは思っていませんか。就職活動に悩んでいる方は是非参考にしてください。

更新日時:

面接とは嘘つき大会?

「面接という名の嘘つき大会」という名言をご存知でしょうか。現在就職活動中の方、面接は嘘つき大会だと思っている方もいるでしょう。面接中に自分自身をよく見せようと思って、本音で話さずに嘘をついていれば採用されると思っていませんか。それは大きな勘違いです。 面接では、嘘をつかずに本音で面接官と会話しない限り採用は難しいです。もし、嘘をついて面接では嘘がバレずに採用されたとしても、入社後こんなはずではなかった。と自分自身も会社も後悔してしまうでしょう。面接では嘘つき大会はせずに、自分の本音でぶつかりましょう。 また、現在就職活動中でなかなか内定をもらうことができないという方も、是非この記事を読んで参考にしてください。

就職活動での面接

就職活動中のみなさんは本番の面接の前に面接の練習をしていますか。面接は、練習も緊張しますし本番でも緊張してしまう方も多いでしょう。面接のあの緊張感からくる空気に押しつぶされそうになり、自分の本音で面接官に話すことができなくて、嘘つき大会のようになってしまう方もいることでしょう。 そんな事にならないために、面接の前にリラックスして落ち着くことが大事です。面接で緊張はするとは思いますが、逆にその緊張を楽しむことができたら理想です。ある程度の緊張感を持ちながら、本番の面接では嘘つき大会にはならずに、面接官と会話できるようにリラックスしましょう。 嘘つき大会という言葉のように、自分のやってきたことなどの嘘はつかずに本当のいつも通りの力を出せるように落ち着いて話しましょう。面接官の目を見て話すのは苦手だという方は、面接官の首の辺りをみると良いでしょう。

名言

「面接という名の嘘つき大会」という名言があります。この名言を残したのは、あのドラゴンボールに出てくる悟空のセリフです。 悟空が面接会場で、チチに「面接っちゅうのは嘘つき大会なのか」と聞くセリフがあります。このセリフが就職活動中の方に話題となり名言となりました。確かに、自分をよく知ってもらう点では間違ってはいませんが、面接は嘘つく大会ではありません。

ある動画がきっかけ

この「面接っちゅうのは嘘つき大会なのか」というセリフが話題になったとお伝えしましたが、本当の悟空のセリフは「面接とかっちゅーんは嘘吐き大会なんか?」です。なぜ、「嘘つき大会」となってしまったのかというと、ある動画から生まれたセリフです。 ある動画から生まれたセリフではありますが、面接を控えている就職活動生や、就職活動経験者に「面接とは嘘つき大会」という言葉が共感を呼んで、名言となりました。

名言が生まれた理由

「面接という名の嘘つき大会」という名言は、多くの方の共感を呼んで名言となりましたが、なぜ名言となったのでしょうか。疑問に思う方も多いことでしょう。 確かに、面接とは面接官に自分の良い所を見てもらいたいという思いから嘘をついて嘘つき大会になっている方もいます。それは、就職活動をしている方だけではなく、面接官をしている企業の方も嘘をついて嘘つき大会をしているかもしれません。 面接官が嘘をついているとすれば、休みは土日と面接の時は聞いていたのに、入社してからは部署によっては土日休みではなかった。という方も多いでしょう。面接を受ける人はこの企業に入社したいと思って嘘をつき、面接官はこの企業にいい人材が欲しいから嘘をつく。そんな日本の面接が、「面接という名の嘘つき大会」という名言を生んだのでしょう。

よくある嘘の内容例

みなさんの中で実際に集団面接行かれた方や、面接の練習を集団で行ったことがあるという方は多いでしょう。個人面接と違って、集団面接はいろんな人の話が聞けますので、自分と比べることができます。そして、今後の勉強にもなります。 その中で、この人の言っていることは本当なのか、ネットでよく見るテンプレートを読んでいるのではないか、と疑問に思うような方などに遭遇した人もいるでしょう。 先程ご紹介した、悟空の名言ごとく、「面接という名の嘘つき大会」という名言のように見栄を張り続けてはいけません。しっかり自分の気持ちを自分の言葉で面接官に話しましょう。面接官もしっかり聞いてくれることでしょう。

志望動機

よくある志望動機の例として、最も多いのは面接に行く企業の会社理念などを丸暗記してそれを読んでいるような志望動機です。一見、その企業のことをよく知っているように見えますが、それだけでは足りません。こんなものを自分は持っているなど自分の意思をしっかりアピールし、面接官に伝えましょう。 面接に行く前に企業のことをよく調べるのは当たり前のことです。緊張はしますが、強い意志を持っていれば上手くいきます。面接の練習は当然大切なことですが、あまりガチガチに面接で言おうと思っていることを固めてしまうと、かえって逆効果になります。大切なことは、リラックスして笑顔で面接に臨むことです。

ボランティア

そして、よくある嘘の例としてボランティアの経験がないのに嘘をついて嘘のボランティアの経験を面接官に話す人がいます。その後、詳しく面接官にボランティアの内容について突っ込まれたとしたら、面接官は表情をとてもよく見ています。話している内容より、表情を見ていることも多くあります。 面接官は自分より、何年も多く生きてきていろんな経験をした人でありますから、嘘をついている表情はすぐに分かります。

嘘つき大会をすれば面接は上手くいく?

トピック1009431/要素1531518

面接を受ける上で自分を偽って面接官に話し、嘘つき大会をした場合、上手くいくのでしょうか。実際に、嘘つき大会をして最終面接まで行ったというかたも多いでしょう。結局、嘘をついて嘘つき大会で上手く行った人が内定をもらえるのではと思っていませんか。 もし、本当に行きたい企業の面接に行って嘘つき大会が上手くいって内定をもらった場合、入社後も面接で話していた内容は面接官も覚えています。入社後も自分の会社に嘘をつきながら就業するのは辛いことでしょう。 そうなる前に、今就職活動中の方にお伝えしたいのは、いつも常に本音で面接にぶつかっていきましょう。今頑張れば苦労したことが報われて入社後の糧になること間違いないです。

面接の本番では

面接とは緊張はあまりしないでおこうと思ってもしてしまう方が多いと思います。いつもの自分を超えた何かを表現しようとしがちですが、気負いすることはありません。ただ、面接官との会話を楽しめば十分です。 最近は、圧迫面接といった面接を受ける人を説教したり困惑させる質問をして反応を伺う面接もあります。その場合、「面接という名の嘘つき大会」という名言を思い出してみましょう。面接官にひどいことを言われても間に受けず、この人は嘘をついて嘘つき大会をしているのだと見極める力も大事です。

面接とは嘘つき大会ではなく本音大会

トピック1009431/要素1531529

いかがでしたか。面接とは嘘つき大会ではなく、本音でぶつかる本音大会です。中盤にお伝えしように面接官も嘘をついてくるかもしれません。それは、企業によっては分かりませんが、自分がここに入社したい。という気持ちを面接官にしっかり自分の言葉でぶつければ、見ている人は見てくれています。 面接は人と人との会話ですので、話すことが苦手な人も話さなければなりませんが、話すことが下手でも表情や態度を見てくれている面接官もいます。嘘をつき大会が上手な人が内定をもらえる訳ではないので、自信をなくしている就職活動をしている方はもっと堂々と自分の気持ちや言葉を面接官にしっかり本音で伝えてみましょう。

アクセスランキング