IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

歓迎会の挨拶の例文・立場別の例文・挨拶の順番の決め方

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

歓迎会での挨拶は突然やってきます。自らに与えられた時間にうろたえて何も言えなかったとなると恥ずかしいですしこれからの生活がしにくくなります。そのようなことにならないように事前に何を言うかしっかり決めておきましょう。ここでは歓迎会で使える例を紹介します。

失礼はないか?立場別の歓迎会の一言挨拶集

会社ぐるみの歓迎会となると、もちろん気になるのは立場。普段の仕事とはまた違った一面を見せるチャンスでもありますが、逆に信用を失ってしまう可能性もあります。せっかくの歓迎会でそのようなことにならないようにここからは一言挨拶を紹介していきます。それぞれの項目のキーワードを頭に入れ、この人は出来ると思ってもらえるように、しっかり把握しておきましょう。

意気込みを添えて!異動の一言挨拶

どのような理由であろうと異動になり新しい土地へ行くと不安になります。それは送る側も送られる側も同じです。そんな不安を取り除くための歓迎会です。そしてこの歓迎会で印象が決まる可能性もありますのでしっかり挨拶しましょう。この際に大切なのは「どのような仕事をしてきたか」と「これから抱負」の二点です。笑顔も忘れずに、自分の思いを伝えましょう。 《例》株式会社ABCから異動してまいりました田中花子と申します。以前は接客業をしており、トーク力には自信があります。この力を生かせるように頑張りたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

心機一転!転職の一言挨拶

異動とは違い、転職となると全く違う職種のものになる可能性が高くなります。そのため周りの人との差が出来てしまい不安でしょう。そのような思いは見せてはいけないと思いがちですがそうではありません。むしろどんどん見せていくべきなのです。せっかくの歓迎会ですので肩の力を抜いて、自分をさらけ出すつもりで話してみましょう。キーワードは「前職について」、「転職した理由」です。 《例》田中花子と申します。前職では事務のお仕事をしていました。そのためなかなか人と接する機会がなく、もっと関わる機会が欲しいと思い株式会社ABCにまいりました。接客はほとんど経験がなく、不慣れですが精いっぱい頑張りたいと思っております。よろしくお願いいたします。

期待に応えて!新人の一言挨拶

新人の挨拶も、たった一言で印象が変わってしまう大切なものです。歓迎会の挨拶では「硬すぎず崩しすぎず」を心がけましょう。また複数の人が同時期に入ってくる場合がありますので「インパクト」も必要となってきますね。自分の好きなことや強みを簡潔に挨拶に組み込みましょう。 《例》田中花子と申します、この度はこのような会を開いてくださりありがとうございます。私は身体を動かすことが好きで、趣味はテニスです。また一緒にしましょう!これから全力で頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

これからよろしく!迎える側の一言挨拶

歓迎会の目的は、相手に楽しんでもらうことですが迎える側も楽しくなければやってられませんよね。挨拶のポイントは「場の空気を和ませる」ことです。簡単な自己紹介、ジョークなどを交えながら話すと柔らかい雰囲気になります。 《例》人事部の田中花子です。普段は本社にいることが多く、会う機会が少ないとは思いますが顔だけでも覚えて帰ってくださいね。今日は楽しみましょう、よろしくお願いします。

この日のために頑張った!幹事の一言挨拶

歓迎会だけでなくイベントごとになると必ず必要となってくる幹事。お店の予約をしたり日程調整をしたり連絡をしたりと準備を進めてきました。そんな幹事の挨拶のキーワードは「喜び」と「謙虚」です。まずは無事開催出来たことを喜び、今まで準備してきた自慢にならないように文章を作成しましょう。 《例》歓迎会の幹事を担当させていただきました田中花子と申します。 今日を迎えられたことをとても嬉しく思っております。何ヶ月も前から準備をし、本日を迎えることが出来ました。皆さまの思い出となるように楽しみましょう。

早く馴染みたい!中途の一言挨拶

中途の場合も、ほとんど転職と変わりません。「これまでどのようなことをしていたのか」をまず伝える必要があります。もう既に人間関係が出来上がってしまい入りにくい雰囲気になっていると気分が下がりがちですが、歓迎会を開いている以上周りもあなたと早く仲良くなりたいと思っているでしょう。 そのチャンスを逃さないようにしましょう。挨拶の際は味気のないものではなく、その後の会話につながるような面白ネタを入れるとより良いです。 《例》田中花子と申します。本を読むのが好きで、好きな作家は山田太郎です。最近は読むだけでなく執筆をするようにもなりました。もしよろしければ読んでください。これからよろしくお願いします。

緊張の一瞬!新人の挨拶

新入社員の歓迎会は、内定式や入社式より前に行われることがよくあります。その場合、これから同じ仕事仲間となる面々が揃っているわけです。人が多くて覚えられない、それは誰も同じです。会社の先輩たちにとっては尚更です。そのためにもこの挨拶でをしっかりをこなさなければなりません。新入社員の歓迎会において大切なのは「簡潔に自分を表現する」ことです。 《例》AB大学からやってまいりました田中花子と申します。音楽が好きで、プロの演奏を聞いたりピアノの実践演習をしたりしていました。好きなアーティストは◯◯です、よろしくお願いいたします。

短期でも頑張ります!派遣の挨拶

初回公開日:2017年10月10日

記載されている内容は2017年10月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング