IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

世帯人数で見る生活費の内訳・手取り金額で見る生活費の内訳

暮らしの知恵

ご自身の生活費の内訳をご存知ですか?きちんと管理していないと、急にはわかりません。どのような項目がどのくらいの割合を占めているのか、主婦の方や独身の方にはご存知の方は多いと思いますが、これまで関心がなかった方のために、生活費の内訳についておおまかに紹介します。

更新日時:

世帯数で見た生活費の内訳とは

世帯数で見た生活費の内訳とは

4人家族の場合

4人家族の生活費の総額の平均は約150,000円です。この金額はどの家庭でも必要となる「食費、光熱費、通信費、雑費」のみの内訳に着目してみました。 内訳 ・食費 70,000円 ・光熱費 25,000円 ・通信費 25,000円 ・雑費 30,000 となります。生活費は内訳はやはり子供の年齢によって大きく違ってきます。後、住宅がローンなのか賃貸なのか、はたまた無料なのかで大きく変わってきてしまいますが上記4つはだいたいの家族に必ず必要な生活費です。 自分の家庭と比べてどうですか。使いすぎてるかもと感じた人は今日から節約の意識を持ってみましょう。そして、我が家は安心だと感じた人もこれは平均なのでこの金額以下で生活している人も沢山います。使いすぎないように気をつけましょう。

夫婦で二人暮らしの場合

夫婦だけの二人家族の生活費の総額の平均は約95,000円です。この金額はどの家庭でも必要となる「食費、光熱費、通信費、雑費」のみの内訳に着目してみました。 内訳 ・食費 30,000円 ・光熱費 20,000円 ・通信費 25,000円 ・雑費 20,000 となります。どうでしょうか?夫婦二人の場合、家族形態によって生活費の内訳は大きく変わってきます。子供がいない分自由に過ごせるので外食が増えたり娯楽費にお金をかけたりと上記の内訳にない所がそれぞれ夫婦によって全然違うことでしょう。 使いすぎてるかもと感じた人は簡単に見直せるとことがたくさんあるかもしれないので、夫婦二人だからと油断しないで一度よく話し合ってみても良いです。

3人家族の場合

夫婦二人と子供一人の三人家族の生活費の総額の平均は約100,000円です。この金額はどの家庭でも必要となる「食費、光熱費、通信費、雑費」のみの内訳に着目してみました。 内訳 ・食費 35,000円 ・光熱費 25,000円 ・通信費 20,000円 ・雑費 20,000円 どうでしょうか。やはり子供の年齢によってかかる生活費は大きく変わってきます。子供一人だと習い事や塾なども行かせやすくなり上記以外にも子供に対するお金がかかっている家庭もあるでしょう。子供に対してお金をかけるべき所、かけなくても良いところ検討し直す良い機会でしょう。

一人暮らしの場合

一人暮らしの生活費の総額の平均は約65,000円です。この金額はどの家庭でも必要となる「食費、光熱費、通信費、雑費」のみの内訳に着目してみました。 内訳 ・食費 25,000円 ・光熱費 15,000円 ・通信費 10,000円 ・雑費 15,000円 一人暮らしだと他の家族に気を使わず自由に過ごせることができるので、生活費は自分自身の気の持ち方で大きく変わってきます。毎日外食だと食費は50,000円をこえることもあるでしょう。 上記は悪魔で平均なのでもっと少ない人もいれば生活費がもっとかかっている人もいます。自分の収入に見合った生活水準を理解し気持ちを入れ替えて頑張ってみましょう。

手取りで見た生活費の内訳とは

手取りで見た生活費の内訳とは

手取40万円の場合

ここでは手取400,000円の夫婦二人家族の生活費の内訳を紹介します。 ・家賃(駐車場込み) 100,000円 ・光熱費 15,000円 ・食費(外食込み) 40,000円 ・通信費(携帯2台、家電、ネット) 10,000円 ・小遣い(夫) 45,000円 ・小遣い(妻) 30,000円 ・保険  20,000円 ・雑費 10,000円 ・奨学金返済(無利息) 13,000円 ・服飾代等  10,000円 合計 293,000円 107,000円プラスになります。この夫婦は自分にあった生活水準で生活できているようにみえます。400,000円の収入がある人で貯金ができないという人は内訳を出してみましょう。子供いるいないで変わってきますが、十分貯金できます。食費・光熱費・雑費などはどこの家庭にもかかってくるので参考にしてみて下さい。

手取30万円の場合

ここでは手取300,000円の家族4人の家庭の場合の生活費の内訳を紹介します。 ・住宅ローン 52,000円 ・食費 35,000円 ・日用品 5,000円 ・光熱費 25,000円 ・通信費 20,000円 ・生命保険 16,000 ・学資保険 20,000円 ・ガソリン代 15,000円 ・学校集金関係  30,000円 ・積立貯金 60,000円 合計 278,000円 22,000円プラスになります。積立貯金として年間の決まった支払いなどが生活費の内訳として組み込まれているのでこの22,000円は純粋な貯金になります。積立貯金を下ろして大丈夫な口座に入金しこの220,000円を引き下ろせない口座に入れていくのも良いでしょう。

手取20万円の場合

ここでは手取200,000円三人家族の生活費の内訳を紹介します。 ・家賃 50,000円 ・車2台所持ローン等 20,000円 ・光熱費 18,000円 ・保険 10,000円 ・学資保険 10000円 ・通信費 15000円 ・食費 40000円 ・雑費 10,000円 ・子供医療費 1000円 ・ガソリン代(夫のだけで) 25,000円 ・夫の昼ごはん 20,000 合計 219,000円 収入より19,000円マイナスになってしまっています。削れる所は食費と夫の昼ご飯でしょう。食費は生活費の中でも自分の努力次第で節約しやすい部分です。昼ご飯は弁当を作っていくなどしましょう。 マイナスになっている家庭は内訳をきちんと把握しとりあえず、片っ端から固定費の見直しをしましょう。毎月決まった金額が減るようになれば大分違ってきます。家賃がかかりすぎていたら引っ越しも検討してみましょう。

ゆとりのある老後を送るには?

気になる年金の受給額

国民年金の平均受給額は55,157円、厚生年金の平均受給額が145,305円となっています。厚生年金として90,000円も上乗せされています。 年金受給額や年金受給開始年齢も毎年、改正されたり見直されています。高齢化社会で年金が足りないのが現実です。この数字から増えることはあまり期待できないでしょう。上記の金額も平均なので支払ってきた額や年数によって変わってきます。 安心した老後を送る為には社会保険に加入し働ける間はしっかり働いたほうが後々安心です。公的年金だけではやはり不安なので民間の個人年金保険に加入するのもお勧めです。個人年金保険は全額、年末調整のときの控除対象になるので税金対策にも良い保険でしょう。

夫婦二人で必要な生活費の内訳

無職65歳以上夫婦二人の生活費の内訳の平均です。 ・食費 60,000円 ・光熱費 18,000円 ・住居費 20,000円 ・雑費 10,000円 ・交通・通信費 20,000円 ・洋服 5,000円 ・保健医療 15,000円 ・娯楽・交際費 50,000円 ・その他 25,000円 合計 223,000円 平均的な厚生年金を貰えたとしても80,000円ほど足りません。働くか貯金で賄うしかありません。簡単に見繕っても65歳で退職し85歳まで生きるとして夫婦で20,000,000円の貯金が必要になってくるという計算です。上記の内訳も家庭によって変わってくるので自身の内訳を上記を参考に出してみましょう。

一人暮らしで必要な生活費の内訳

無職65歳以上一人暮らしの生活費の内訳の平均です。 ・食費 36,000円 ・光熱費 12,000円 ・住居費 12,000円 ・雑費 5,000円 ・交通・通信費 12,000円 ・洋服 5,000円 ・保健医療 15,000円 ・娯楽・交際費 40,000円 ・その他 15,000円 合計 152,000円 平均的な厚生年金を貰えたとしてもこの内訳では10,000円足りません。この場合もやはりたりない生活費を補うために貯金が必要になってきます。65歳で退職し85歳まで生きるとして300万は必要です。ですが厚生年金も必ずこの金額貰えるとは限りませんので貯金は働けるうちにしっかりしておくべきでしょう。

始めやすい節約方法は何がある?

始めやすい節約方法は何がある?

固定費を見直そう

まずは生活費の中で必ず毎月決まった引き落としや支払いがあります。それを見直してみましょう。スマホをキャリアをやめて格安simなどにかえるなどすると生活費が毎月5,000円程度浮く場合もあります。 見直すポイントは保険料など、そのままずっと同じのに入っていませんか。必要のない保険は外しましょう。個人年金なども年末調整のときの控除対象になるので外すべきかどうかはしっかり検討してみましょう。ローンと借り換えなども検討してみても良いかもしれません。 固定費を安く抑えることで毎月の家計にゆとりがでます。生活水準はかえずに浮いた分は貯金にまわすようにしたら自然と貯金は増えていきます。

毎月の光熱費を知ろう

毎月の光熱費把握していますか。一番、生活費の内訳項目の中では比較的節約しやすい部分なので一度見直してみるのも良いでしょう。夏と冬は少しあがってしまうのは仕方が無いです。体調を崩す節約は意味がありませんが出来る範囲で無理なく家族と協力しあいながら頑張ってみましょう。 光熱費の節約ポイントをいくつかあげてみます。 ・シャワーヘッドを節水用に変える ・エアコンの温度を見直す ・エアコンと扇風機を併用しよう ・水道の出しっ放し・電気の付けっぱなしに気をつける ・冷蔵庫を温度を冬場は弱に変える ・お風呂は続けて入ろう 今すぐ出来ることばかりなので試してみて下さい。

食費を把握しよう

毎月の食費把握できていますか。何気なく使っていて買い物の内訳を把握していない人も多いのではないでしょうか。食費は生活費の中でも節約しすぎると生活の質に変わってくるもので難しいところです。 でもきちんと把握するだけで節約できる事もあるので、何もしていないという人に試してほしいこといくつかあげます。 ・一ヶ月の予算を考え一週間ずつに振り替える ※5週計算にすると1年後には1ヶ月分の予算が余ります。 ・レシートをノートなどに貼り何を買っているか把握する ・夕方や雨の日は安くなっている場合もあるので公告のチェックしておく。 ・もやしやとうふなど安い食材でかさまし出来るレシピを考える 出来そうなものばかりではないですか?節約したいと思ったその時から節約していきましょう。

先取り貯金を始めよう

毎月貯金ができなくて困っている人はいませんか。毎月貯金ができないのなら、お金があるときに先に貯金しておきます。基本はお給料を貰ったら先取貯金分だけ入金するのが好ましいです。そして、余った残りのお金を一ヶ月の生活費として過ごしましょう。 貯金は定期に入れておくなど簡単に引き下ろせない方法にしておきましょう。利息も普通預金に入れておくよりかは多くつきます。 ネットバンキングの利息はより多くつくので一度調べてみても良いです。ネットバンクだとアプリなどでいつでも残高確認ができたりモチベーションアップにも繋がります。

無理なく節約して充実した毎日を

無理なく節約して充実した毎日を

いかだでしたでしょうか。しっかり自分の生活費の内訳を知ることから始めて、節約を少しでも意識し貯金を増やしていきましょう。 今しか楽しめないこともありますが少しでも貯金しながら楽しまなければ老後が楽しくなくなります。充実した老後を送るためにも働いた収入がある今だからこそ貯金を頑張りましょう。 老後の生活費を若いうちから貯めておくことで自分自身安定した人生を送れることでしょう。

関連タグ

アクセスランキング