IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

派遣・バイト・パート・日雇い・社員の違い

社会人常識

終身雇用が崩壊して価値観の多様化、時代時代の流れによる様々な雇用形態が生まれました。バイト、パート、日雇い、契約社員、派遣社員、正社員にはそれぞれ責任の大きさや給与の違いがありますが、仕事をするということに関しては平等です。自分に合わせた働き方を探しましょう。

更新日時:

会社では様々な働き方があるそれぞれの働き方について

日本の高度経済成長が終わり、バブル期を迎えてバブル期も終わった頃、就職氷河期があり、その後規制緩和や請負、マネーゲーム、母子家庭、父子家庭が増え、グローバル化が急速に加速して時代は大きく変わりました。 一人の人間が一つの会社に定年まで勤める終身雇用は完全に崩壊して、正社員であってもリストラ、会社の業績不振で倒産したり、様々なリスクを伴って働かなければならなくなりました。

アルバイト、パートタイマー、日雇い、派遣社員、契約社員、正社員という多彩な雇用が生まれプライベートや家族構成に合わせて働き方を選べる時代になりましたが、生活の価値観が多様になった現代ではテクノロジーの進化や年齢などを考慮した働き方が難しくなり、貧富の差が大きくなりました。ここではそれぞれの働き方にスポットを当てていきましょう。

派遣・バイト・パート・社員・日雇いそれぞの働き方

時代やその時々の社会情勢に合わせて様々な働き方が出来る反面、仕方なく自分の望む働き方が見つけられずアルバイトやパートタイマーで働きながら正社員への道を探す人も多くなりました。 企業側は人件費が一番かかるのでどうしても派遣社員や契約社員という働き方を好む企業が増えてきました。それぞれの働き方の特徴や利点、デメリットなどを含めて紹介していきましょう。

派遣社員という働き方

元々欧米での働き方でした。それが日本にも取り入れられて初めは才能のある人が自由に会社で働ける様にする為に派遣社員という制度は作られましたが、1999年頃か2000年頃の当時の政権が規制緩和や請負と一緒に派遣社員という働き方を公に人材派遣会社、アウトソーシングという会社を法的に認め、様々な企業が参入してきました。

*契約期間について 最近通過した法案では3年を越える勤務がある場合、派遣先でその派遣先で正社員として雇うという法案ができましたが、当初、1999年、2000年に派遣社員という働き方が出来た時点で3年で正社員への登用が決められていました。 それが曖昧になっており、最近3年で正社員と法案を通して企業に強く正社員化を勧めるとともに、年金受給世代を支える現役世代の負担を減らす為でもあったのです。通常派遣社員というのは派遣先には強く自分の意見を言えません。自分の仕事を認めてもらうことで正社員への道を拓くしかありません。

アルバイトという働き方

若い世代、学生、主婦、会社を事情があり辞めてしまった人、通常仕事をする能力と気力が認められれば採用され働く事が出来ます。派遣社員、契約社員、正社員と違う点はまったく福利厚生がつかないことです。企業によっては厚生年金や失業保険、怪我の際の保険などがつく場合もありますが会社でまちまちです。 *アルバイトいう働き方 将来への夢、ミュージシャンや俳優、女優、モデルや画家の卵、漫画家など将来の夢がある人がとりあえずの収入の為にアルバイトという働き方を選ぶ場合があります。

その人達は将来の自分のビジョンがはっきりしており、したいことが決まっているのでアルバイトでもかまいませんが、正社員、契約社員、派遣社員として働く人にとってはアルバイトという働き方は不安定という概念があります。 あくまで学生や夢を追う人、自由な時間を求める人の為の働き方なので自分のライフスタイルや将来のビジョンに合わせてそれぞれの働き方で働く様にしましょう。

バイト派遣と違う社員という働き方

社員にも様々です。臨時職員や契約社員、非常勤職員などにも分かれます。臨時職員や非常勤職員は役所や学校、警察などでの働き方で定年後の限られた時間などに働く場合を指します。通常の企業の社員は契約社員、派遣社員、正社員と分かれますが、それぞれに待遇や給与、賞与などが違ってきます。 *派遣社員と正社員の待遇の違い 結婚、出産の際の手当などは派遣社員と正社員では雲泥の差があります。派遣社員ではまったくもらえなかったり、もらえても1万円ととても当てにできる金額ではないです。この当たりも社会問題となっており、少子化に拍車をかけている要因でしょう。

日雇いという働き方

東京の三谷などは日雇いの人が住む日雇い街ともいわれ、戦後から不安定な仕事をしなければいけない人が集まってきてお互いに助け合いながら暮らしてる地区が有名でその雇用形態が現在まで続いており、渋谷などの日雇いの事務所があり、若い人が自分を登録してその日稼いだ分をその日に給与として会社からもらうので日雇いと呼ばれます。 日雇いで働く人は住まいもままならないので社員寮を備えてより多くの人材に働いてもらうために住まいをオプションとして契約に取り入れる会社も増えてきました。

パートタイマーという働き方

主に女性の主婦の方のアルバイト形態をパートタイマーと呼びますが、会社により男性もパートタイマーとして働く場合もあります。アルバイトとパートタイマーはそんなに差がありません。呼び名を変えてるぐらいです。 パートタイマーもアルバイトもほとんど時給で給与が支払われます。働く時間もそれぞれ決められており、時間ごとに時給が違います。 主婦の場合、夫が会社でしっかり仕事をしている場合はアルバイトやパートタイマーでわずかな金額を稼ぐ方が育児や家事をすることができるので自由な働き方といえます。

*アルバイトとパートタイマーは共通点が多い 男性でもパートタイマーとして働く事も多いので、社会人の男性が事情がありパートタイマーやアルバイトで働く事もあります。企業がアルバイトと呼ぶかパートタイマーと呼ぶかは企業によって決まってきます。また派遣社員や契約社員とは待遇などが違ってきます。

それぞれの働き方の待遇など

住宅手当、結婚手当、出産手当、社会保険や厚生年金などの福利厚生などは正社員が一番備わっています。派遣社員、契約社員、アルバイト、パートタイマーにもこれらの手当が支払われたり、それぞれの福利厚生にも入れる場合もありますが、明らかに正社員の方が待遇は優遇されます。 それは勤務形態にもよりますし、昇進なども正社員はありますが、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートタイマー、日雇いにはありません。

*正社員以外の雇用形態で働く人の福利厚生などの対策 貯蓄をしたり、生命保険に加入をしたり生命保険会社の個人で入れる年金などに加入して将来の為の対策をしたりやむを得ず正社員以外の雇用形態で働く場合はその期間だけでも自分でできる対策をしておくべきです。特に日雇いの場合次の仕事へのつなぎの仕事と割り切り、福利厚生の整った雇用形態の仕事に就く様にしましょう。

それぞれの働き方の福利厚生など

アルバイトやパートタイマー、派遣社員、契約社員も失業保険や社会保険、厚生年金にも加入できる場合があります。日雇いについてはその日働いた賃金を払うことが唯一の利点です。 他の雇用形態の場合は通常勤務時間が8時間の場合これらの福利厚生は受けられるようになっていますが日雇いは福利厚生はほとんど期待せず覚悟して働く必要があります。 たとえアルバイトや派遣社員になってもできるだけ長い時間会社で働く様に企業側に交渉してこれらの手当をうけましょう。お祝い事の手当は8時間を越える勤務をしていてももらえないことが多いです。もし支払われても微々たる金額だと覚悟をしておいた方がよいです。

*福利厚生の重要さ 今の現役世代が年金世代になった時に色々と問題になってくるので、政府は契約社員や派遣社員の期限を決め、正社員への登用などを促しています。しかし企業は正社員が足りないと困っているのが現状です。根本的な雇用の形態を変えないとこの問題は解決しないでしょう。 自分自身や自分の家族が後々苦労しない様に福利厚生のきちんとした会社の正社員になることが一番良いですが、アルバイトや派遣社員、契約社員でも待遇のしっかりした会社を選ぶべきです。

それぞれの働き方の給与など

正社員が一番給与が支払われますが、それなりに責任のある仕事を求められます。アルバイト、パートタイマー、派遣社員、契約社員の要となる人物であることも正社員の条件ですが、正社員となる人は会社の将来を考えて行動をしています。 パートタイマー、アルバイト、派遣社員、契約社員、日雇いの人とは違い会社を大きくして皆が働きやすく、どれだけ社会貢献ができるのか限られた資源を上手く使う事も視野に入れなければなりません。

*正社員と他の雇用形態の給与 どの会社でも正社員が一番支払われますが、派遣社員、契約社員、パートタイマー、アルバイト、日雇いとは責任の大きさや仕事に対する取り組み方が違います。 アルバイト、パートタイマー、日雇いは時間制限がある場合が多いので満足な福利厚生が受けられない場合が多く給与も少ないですが、派遣社員、契約社員は正社員と同じ仕事をしていても支払われる額や福利厚生もまるで違ってきます。

契約期間がある働き方や他の働き方の契約など

主に会社が人を採用する際に交わされる契約に基づいて契約期間が決められます。会社ごとに契約期間は決まっており、半年ごとに契約を更新する会社もあれば3年という期限を決めても その後も働ける場合もありますが、非正規社員として雇い入れた人に退職金を支払いたくない為に契約更新の度に解約をしてまた契約をする会社も増えています。 その点は採用された時点でよく確認をしましょう。特に日雇いは雇用期間をよく確認しておきましょう。三谷などの場所で日雇いの仕事を探す場合、悪質な業者もいるので気をつけて雇い主を探しましょう。

自分に合わせた働き方を選ぼう!

価値観の多様化、家族構成の多様化に伴い自分に合わせた色々な働き方ができる世の中になりました。将来の夢を叶えるために契約社員、派遣社員、アルバイト、日雇い、パートタイマーで働く人もいれば自分のライフスタイルに合わせてそれぞれの働き方を選ぶ人も増えています。 大切な事は、どの雇用形態になっても自分を見失うしなずにポジティブに仕事できる様に自分自身の気持ちや体をリフレッシュさせてメンテナンスしながら働く事が大切です。 どの雇用形態もそれぞれの利点があるので利点を最大限に発揮させて働く事を念頭に入れて行動していけば、次のステージへ必ず上がれます。どの雇用形態でも自分に自信を持って仕事をしましょう。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング