IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

押印/捺印/押捺の違い・目的別の使い分け・シャチハタOKの書類

事務

身近にある印鑑ですが、どんなものがあるかご存知ですか。ビジネスマンの方、捺印・押印の意味や違いをご存知ですか。ここでは、意外と知られていないシャチハタの実態など、印鑑の知識をご紹介しています。今からでも知っておきたいことや今更聞けないことも解決致します。

更新日時:

押印・捺印・押捺の違いとは?

社会人になればよく聞く押印と捺印ですが、みなさんは違いをご存知ですか。さらに押捺といったものもあります。まず始めに、この3種類について違いをご紹介します。意味を知って正しく理解しましょう。

捺印

捺印とは「署名捺印」の略名で、日常会話でよく使うのが捺印です。署名捺印は、鉛筆などの筆記用具を用いて自分自身で氏名を手書きした横に印を押すことです。印として判を押すことという意味です。自分で氏名を手書きした上に印鑑を押している書類は、法的効力が最も高いものとなります。だだ署名したものより効力があるので、捺印する時は注意が必要です。

押印

押印とは「記名押印」の略名で、法律関係でよく使うのが押印です。記名押印は、ゴム印やパソコンなどで氏名を印刷したもの、代筆で書かれた氏名の横に印鑑を押すことです。捺印とさほど変わらず、印として判を押すことという意味になります。 氏名の印字や代筆と言ったところから、法的効力は署名捺印や署名より弱くなってしまいます。ちなみに、記名押印ではなく記名のみになると、正式な効力は認められないようなので合わせて覚えておきましょう。

押捺

押捺とは捺印・押印と似ていて印を押すことという意味になります。あまり目立った特徴はなく、使われる場面も少ないです。強いて言えば、拇印や自分の指紋を押すときに用いられる言葉となっています。押印と捺印との違いと言えば呼び方くらいになるでしょう。

目的別!捺印・押印の使い分け方とは?

「押印と捺印の意味は理解できたけど使い分けが難しい」という方もいるのではないでしょうか。国や地方公共団体の機関の作成する書類から、ビジネス上作成する書類まで身近な押印と捺印の使い分けについてご紹介します。

公文書

国や地方公共団体の機関または公務員が、その職務上作成する文書。⇔私文書。

公文書とは、公証人認証書や納税証明書、住民票などを指します。押印・捺印ともに使用されます。公文書の場合には、所属長の氏名の最後の文字に掛かるような形で公用印を押します。

公用文

国や公共団体が法令や公用の文書などに用いる文章。

公用文には、漢字と平仮名の使い方が細かく決められています。常用漢字表に沿った使い方や、送りがなのつけ方にも決まりがあります。そのような中で、捺印は用いず押印を用いるとされています。

契約書

契約書(けいやくしょ)とは、契約を締結する際に作成される当該契約の内容を表示する文書をいう。

契約書は、不動産の売買契約や賃貸借契約などに利用されるものです。署名や押印が使用されますが、通常は押印が多いです。契約書の場合には、名前の最後の文字に掛かるように判子を押します。

ビジネス

少額な見積書や請求書などは、ビジネス上で押印が多いと言われています。なお、押印する印鑑も社内文書であればデジタルの印鑑でも問題ありません。捺印や押印などは、先方にビジネス文書をお願いする場合が多く、敬語などを使って表現する知識が必要となってきます。そのような場合、捺印と押印どちらを使用するか迷うのではないでしょうか。 考えてみれば意外と簡単です。先方の判子だけが必要なのか、サインと判子が必要なのかによって捺印か押印変わってきます。判子だけ必要な場合は「押印」、サインと判子が必要な場合は「捺印」となります。

印鑑の種類はどれくらいあるの?

いろんな場面で使用することの多い印鑑ですが、実際どのような種類があるかご存知ですか。基本的には3種類に区別されていて、生活する上で必ず必要となってきます。中には重要な印鑑もあるので、取り扱いには十分注意しましょう。

実印

婚姻届けを提出する際に必要なものとしてよく耳にします。自分の住民登録をしている役場や市役所に自身の姓名の判子を申請し、受理されたものを指します。社会上の権利・義務の発生を伴い法的な効力を持つので、印鑑の中で最も大切な判子になります。 実印を彫刻する場合は、姓名ともに彫刻した方が安全です。また、大量生産された印鑑での登録は避け、市販のものではなくオリジナルのものを選びましょう。もちろんゴム印(シャチハタ)での印鑑登録はできません。更に安全性を守る為に、他の判子との併用はやめましょう。 通常使用されている印鑑のサイズは8~25ミリとなっています。小さすぎず大きすぎないものを選びましょう。

銀行印

自分の口座を開設する為に必ず必要となります。積み立てやローンを組むのにも使われ、銀行で取引印として届け出たものを指します。銀行印がないとお金の移動や入出金ができない場合もあります。無くしてしまったり紛失してしまうと、誰かにお金をおろされてしまうことになりかねないので、取り扱いには十分注意しましょう。 実印と同じく重要な判子になりますので、大量生産されたものではなく銀行印として作られたものを選びましょう。ゴム印での登録は不可です。銀行印として扱われる一般的な判子のサイズは男性が13.5㎜~15㎜、女性が12㎜~15㎜となっています。

認印

認印とはどこにも届け出を出していない印鑑全般を指します。実印ではない全ての印鑑とも言えます。一般的な書類や契約書などに、確認・承認といった意味で使用します。日常的に使われるもので、よく荷物の受け取りなどに使います。正式な文書でも利用したりするこもあります。

シャチハタってなに?

ほとんどの人が使ったことのあるシャチハタですが、具体的にシャチハタとは何なのか、シャチハタの意味や使用できる書類をご紹介します。なぜシャチハタが使用できない理由があるのか、きちんと理解して使用場面に注意しましょう。

シャチハタの実態

よく耳にするシャチハタとはどんなものかご存知ですか。実は、判子の名前ではなく「シヤチハタ株式会社」という企業の代表商品となった判子です。そこから広まってゴム印をシャチハタと呼ぶ人が多くなりました。 本体にインクが入っており、朱肉が必要のない印鑑を指します。通称「浸透印」と呼ばれ、認印の1つとして該当するものです。ただし、認印=シャチハタではなく、あくまでも認印の中の1つとして扱われるものになります。 大量生産されているものが多く、よく100均一などで販売されているものが一般的です。その為、重要な場面では使用ができません。なぜなら、ゴム部分の印面の劣化から判子の形が変形したり、長期保管が必要な書類に使用すると、インクが滲んで判子の識別ができなくなるからです。認印の中でも利用する場面が限られ、登録が必要な判子としては使用不可能となっています。 捺印・押印にも使用可能とされていますが、念のために前もって使用できるかを確認をしておきましょう。

シャチハタOKの書類

シャチハタが使用できる書類はかなり限られます。例えば回覧板や新聞購読契約は、会社によっては年末調整の書類にも使えることがあります。役場や役所で住民票などを貰うのにも認印として使えたりしますが、最近は署名でも良くなってきています。そうなると、シャチハタが使える場面自体が少なくなってきているということです。

シャチハタNGの書類

シャチハタが使用できない書類はたくさんあります。例えば、保険の契約書類や銀行に提出する書類や税務署へ提出する書類など様々です。 先ほど説明したように、印面の変形やインクの滲みよってトラブルになる可能性があります。浸透印がダメということではなく、変形することのない登録された判子を使用して下さいということの意味になります。

意外と知られていない印鑑の知識

印鑑についてたくさんのことをご紹介しました。押印と捺印の意味や違いがあまりないこと、印鑑の種類、シャチハタの実態や使用できない理由など身近なものですが、あまり知られていないことが多くあります。これから社会人になる方や、長年生きてきて今更聞けないという方は、ぜひこの記事を参考にしてこれからのビジネスに活用して下さい。

関連タグ

アクセスランキング