IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

契約社員の志望動機の書き方|職種別例・正社員からなる場合

更新日:2022年12月04日

書類の書き方

残業が発生せず、正社員より人間関係のしがらみが無い「契約社員」として、働く事を選ぶ人もいます。けれども志望動機の内容で迷っている人も、いるのではないでしょうか。そこで今回は、「契約社員」の志望動機の書き方を志望動機例文付きでご紹介します。

医療事務で要介護状態の親がいる場合

患者様の笑顔を増やせる事務員になりたいと思って希望しました。私は今まで、医療事務の仕事に15年携わってきました。医療事務員は医療行為はしませんが病院の窓口に立ち、患者様をお出迎えする役割にあります。診療報酬の改定などの度に覚えることが多くあり大変な面もありますが、患者が落ち着いて診察に臨めるよう対応する医療事務員の仕事に、とても遣り甲斐を感じていました。 しかしながら私自身の親が要介護状態で同居となり、今まで勤めていた病院は距離も遠かったために、退職する事になりました。貴院は我が家からもほど近く、私も子どもが病気をした際に何度も受診したことがありますが、どの職員の方も「患者様第一」の理念通り丁寧に対応して下さりました。 自分が遣り甲斐を感じていた医療事務の仕事を継続するならば、貴院のような患者様に対して誠心誠意込めた対応をする病院で働きたいと思い、希望しました。

契約社員の志望動機で見られるポイント

契約社員は正社員よりも採用にコストもかからないから、簡単に採用に漕ぎつけるだろうと考えている人がいたら、それは誤った考えであることをお伝えしておきます。 契約社員は正社員のように会社側も育てる必要が無く、打ち切りたいと思ったら正社員よりも少ないリスクで採用を打ち切る事ができます。そのため採用する時にも「本当に即戦力として役に立ってくれそうか?」というところを重視して見ています。採用されたら即戦力として機能しなければならないという点で、求められる水準も高い水準が求められます。 契約社員の志望動機の中で見られているポイントとしては、自分のキャリアパスがきちんと描けているかということと、自分がなぜ契約社員という働き方を選んだのか分析し、自分の言葉で表現する力があるかということです。 キャリアパスが描けていることは、客観的に物事を見通して考える力の高さとつながります。また深い分析力と言葉による表現力は、職場内で円滑に他の同僚とやりとりし、業務遂行できると判断されます。契約社員の場合は正社員と違い、雇用の契約に期間が定まっている人も多いです。「いつの日か育つまで長い目で見て」ということが通用せず、できるだけ早く同僚と打ち解け、現場の一員として機能することが求められます。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

契約社員として働こう

今回は契約社員として働きたい人のために、契約社員として働くことのメリット・デメリット、契約社員として働こうと思った理由や、契約社員として採用されるための志望動機の書き方を、志望動機例とともにご紹介してきました。いかがだったでしょうか。 色々な働き方が選択できるようになった時代だからこそ、あなたらしい働き方を追求することができます。今回の記事を参考に、契約社員としてあなたの力をぜひ社会のために発揮してください。

初回公開日:2017年07月20日

記載されている内容は2017年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング