IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

書き方・例文

今回はレポートの書き出しについてお伝えさせていただきました。ビジネスシーンでも提出が求められることが多々あるレポート、その書き出しは多種多様です。ここでは一般的なレポートから専門的なレポート、看護実習や工場見学のレポートの書き出しの例をご紹介しています。

更新日時:

レポートの書き出しに迷ったらこれで解決!

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

学生でも社会人になってもレポートの提出が求められることはよくあります。しかし、いざ机に向かってレポートを書くときになって必ず悩むことがあります。それが「書き出し」です。この「レポートの書き出し」ひとつで、その後のレポートの内容が大きく変化します。 今回はこのレポートの書き出しについてどのようにすればうまく書くことができるかお伝えさせていただきます。まずはレポートの書き出しポイント、そして、シーン別のレポートの書き出しの例などをお伝えしていきます。

レポートの書き出しの例

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

それではレポートの書き出しの例についてまずいくつかご紹介しましょう。その前にみなさんはレポートとはいったいどのようなものかご存知でしょうか。レポートは作文や小論文とは違います。レポートには調べたものを報告するものと、実験結果などを報告するものとに大別されます。看護実習と工場見学においてもその書き方は一定ではありません。また、レポートの「場所」においても書き方は違ってきます。 それでは、レポートの書き出しの例をお伝えする前にどのようなことに注意して書いていけばよいかポイントをお伝えしましょう。

レポートの書き出しポイント

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

レポートはただ漠然に自分の考えを述べたらよいというものではありません。レポートで求められるものは問題提起と回答の提示です。レポートの書き出しの例についてお伝えする前に、レポートをどのように書けばよいか迷ったときのお助けアイテムとしてすぐに活用していただけるものをご紹介します。 皆さんも一度は聞いたことある5W+1Hすなわち、①Why(なぜ)②When(いつ)③Who(だれが)④What(なにを)⑤Where(どこで)そして⑥How(どのように)です。レポートの書き出しの手順で必要なのは実はこの5W+1Hが関係しています。

書き出しに迷ったら5W+1H

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

では実際に書き出しに迷ったらどのように5W+1Hを活用すればよいのでしょうか。小論文に求められるのは問題提起と回答であることは前述したとおりです。回答の部分は置いておいて問題提起に焦点を当てます。テーマと最初の書き出しは実は密接なかかわりを持っています。例を挙げてみましょう。例えば医療事故を話題にしたい時どのような問題提起ができるかを考えます。

レポートの書き出しの具体的な例について

レポート書き出しの具体的な例についてお伝えさせていただきます。例えば医療事故をテーマにしたとき、『医療事故を回避する方法について実例をもとに考察する』という書き出しにします。「〇〇に考察する」「〇〇を考察する」という書き出しを用いることで、何に対してのレポートなのかを伝えることができます。

具体的な書き出し例のパターン

それでは、医療事故をテーマにした具体的な書き出し例についていくつかご紹介しましょう。「医療事故を回避する方法について実例をもとに考察する」「医療事故がなぜ無くならないかを検証する」「医療事故はどうして起きてしまうのかを考察する」などがあげられます。

レポートの場所別書き出しの例

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

それでは次にどのようにレポートを構成していけばよいのかについてお伝えしていきます。レポートの構成にはいくつかパターンがあります。今回のテーマではレポートの場所別書き出しの例に「場所」という言葉を入れていますが、そもそもこの「場所」とは何を指すのかについてお伝えさせていただきます。

レポートの「場所」ってなに?

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

レポートにおける「場所」とは何を意味するのでしょうか。レポートにおける場所とはレポートそのものの構成を表しています。一般的にレポートは考察、本論そして結論の3つの構成でできています。書くものによっては例外もあります。

考察

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

レポートにおける場所の一つである考察について解説しましょう。考察では読み手がなぜこのテーマを選んだのかに興味を持ってもらえるような内容にします。ここで注意しなければいけないポイントとして、自身の感想や反省を混入させないことが挙げられます。

考察はどのように書けばよいの?

それでは実際に考察はどのように書いていけばよいのでしょうか。文頭に来る頭文字さえ決まれば、すんなりと文章を書いていくこともできるでしょう。書き出しとしては『医療事故を回避する方法について実例をもとに考察する』というように始めていきます。

考察の中身を構成していく手順

考察の役割を果たすにはそこに必要となる情報の肉付けが必要となります。考察の中身を構成していくのに、私たちは考察をどのように構築していけばよいかわかりません。しかし、ある一定の手順があれば自分の考えや調べたことをその手順に当てはめていくことで立派な考察が完成します。それでは実際にどのよう考察を構成していけばよいかをお話をさせていただきます。

どうやって考察を作ればいいの?

レポートの3要素の一つである考察を作るポイントをご紹介します。①テーマを決める②問題提起を掲げる③読者が共感できる問いかけを作る④このレポートで掘り下げていきたい内容を明示するの以上4点です。この4点を基本にまずは例を挙げて考察を構成していきましょう。

考察の例文

医療事故をテーマにした時の書き出しの例を挙げますのでご参考にしてください。 ①医療現場での医療事故を未然に防ぐ方法について考察する ②なぜ医療事故は無くならないのか ③安心して医療を受けることができるために私たちができることは何か ④医療事故を未然に防ぐために私たちはどのようにすればよいか 以上のように書き出しをしていきます。

本論

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

レポート構成の中の中心的な存在でもある本論が、どのようなものかをお伝えさせていただきましょう。本論で書く内容は、調べた内容や考察そして理由などを書きます。長い文章をつなげて書くよりは句読点を使って簡潔にまとめて書いていくのがポイントとなります。簡潔にまとめて書くというのが難しい場合は箇条書きを繰り返し行えばよいと覚えておくとよいでしょう。

本論の始まりはどのように書けばよいの?

それでは実際にどのように書き出してていけばよいかをお伝えさせていただきましょう。本論を書くポイントは調べた内容や考察そして理由などを書くことです。そこで、今回も考察で用いた例をもとに文章を作っていきます。例をご紹介しますのでご参考にしてください。

本論の例文

本論の書き出しの例を4つ挙げますのでご参考にしてください。 ①医療事故を未然に防ぐためにはどのようにすればよいのだろうか ②確認事項を怠らないためには何が必要だろうか ③医師やそのほかのスタッフとのコミュニケーションを密にとるためにはどのようにすればいいだろうか ④医療安全にかかわる情報をすべての医療従事者に行き渡せるためにはどうすればいいだろうか。

本論を構築するポイント

いかがでしたでしょうか。本論の書き出しは考察の最後に用いた文章を起用します。なぜ起用するかということ、なぜ考察するに至ったのかという内容を証明する部分になるからです。本論を構成していく中で一つだけ注意しなければいけないポイントについてお伝えさせていただきます。 箇条書きはただ単に思いつくままに書き連ねればよいというわけではありません。結論につなげていく部分になりますので、必要な情報だけを書き出していくことを心がけてください。

結論

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

いよいよ結論ですが、考察での問題提起から本論での調べた内容の提示そして次は本論で述べたことに対する内容の要約から始まります。そしてこのレポートを通して自分が伝えたい考えを書き出していきます。そして忘れてならないのが、今後の課題や展望です。それでは実際にどのように書き出してていけばよいのかお伝えさせていただきましょう。

結論に使える書き出しの例

ここでは結論に使える書き出しの例をいくつかご紹介します。書き出しやすい言葉として挙げられるのは、①以上のことから②したがって③これまでの考察から以下のように結論を導き出すことができるの3つです。それでは実際にそれぞれの書き出しと結論の内容をどのように作っていけばよいかをお話させていただきます。

「以上のことから」を使った書き出しとその役割

この部分が結論であるということを読み手に表示するには結論の書き出しが必要です。「以上のことから」はその後に続く内容にていてどのような働きがあるのでしょうか。「以上のことから」を使うことでその後に来る内容の問題提起を証明する形に導いてくれます。

「したがって」を使った書き出しとその役割

「したがって」という言葉を結論の部分の書き出しに使った場合はどのような効果が期待できるのでしょうか。結論に結びやすくすることができます。数学の証明のように、医療事故を無くすためには医療従事者による確認を怠ってはいけないというように証明していきやすくなります。

「これまでの考察から」を使った書き出しとその役割

「これまでの考察から」という結論の書き出しは実習で経験したことと、そこで得た自分自身の意見を主張できる内容を表現できます。考察の部分に戻って自分自身が何を考察したかったかを再確認することで、すんなりと内容を表現できやすい書き出しとなります。

看護実習と工場見学のレポートの書き出しについて

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

レポートの書き出しの例やレポートの場所別書き出しの方法をご紹介してきました。ここからは実際によくレポートの提出が求められる2つのレポートについてその書き出しの方法についてお伝えさせていただきます。一つ目は看護実習のレポートの書き出しの例についてです。二つ目は工場見学のレポートの書き出しの例についてご紹介させていただきます。

「1」看護実習のレポートの書き出しの例

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

それではここからは看護実習のレポートの書き出しについてご紹介させていただきます。看護実習のレポートの書き出しに対していくつかの例を挙げさせていただき、書き出しのポイントなるものをご紹介します。看護実習のレポートは一般のレポートとは異なります。看護実習なので、自分が経験したことをレポートの内容として盛り込むことが必須となります。

看護実習で求められるレポートのポイントとは

看護実習をした後は必ずと言っていいほどレポートの提出が求められます。レポートは感想文とは異なりますので、書き方のテクニックが必要となります。看護実習のレポートの構成は次のとおりです。①看護観②経験もしくは事例③具体的な看護観④今後の試みとなります。

看護観ってどういうものを書けばいいの?

「看護観」と言われてもどのようなものを書けばよいかわかりません。「看護観」とはそもそも何なのでしょうか。看護観は自分がどのような看護をしたいかという考えです。例えば、「その人らしさを生かした看護を行うことが私の看護観である」というような文章だと、読み手にも伝わりやすいです。

経験や事例はどのようにまとめればいいの?

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

みなさんが看護実習に参加して一番戸惑うことは、自分が経験したことや事例をどのようにまとめていけばよいかということではないでしょうか。経験あるいは事例では、単なる看護実習で経験したことを感想文のように書いていけばよいわけではありません。先に自分の看護観について述べているので、その看護観について書いた内容を裏付けるものでなければなりません。

自分の想いと経験はどのように書いていけばいいの?

ある「看護観」についてどのように書いていけばよいかそのモデル例をお伝えします。ご参考にしてください。

「看護観」についてのモデル例

「看護観」についてのモデルとなる例をご紹介させていただきます。例のように書いていけばよいということを感じてください。

『私の看護観は、対象がどのような状況であっても、その人らしく生きていられるようにサポートし、その人らしさを生かした看護を行うことである。私がこの看護観を抱くようになったのは、実習で受け持ったA氏との関りからである。』

経験や事例はどのように書き出したらいいの?

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

自分が経験してきたことを述べるときの書き出しの一般的な手法についてお伝えします。看護観についてのモデル例をご覧ください。「この看護観を抱くようになったのは」という部分です。このように経験や実例を書き出すための前置きとして「この看護観を抱くようになったのは」と書くことには、自分の経験や実例を続けやすくするというメリットがあります。

どうしたら説得力ある文章を作れるの?

レポートは自分が何を伝えたいかというところが大切です。今回の例でいうならば、なぜそのような看護観を持つようになったのかということを伝えなければなりません。そこで、自分が体験もしくは経験したことを紹介していきます。すなわち読み手が納得するような書き方をしていくことが重要なポイントとなります。

具体的な看護観は情報整理から始めましょう

さらに看護観についてなぜそのように考えたかをさらに深く掘り下げていくことが必要となります。「その人らしさ」とは何かということを伝えなければなりません。そのために必要な情報を整理する必要があります。何が必要で何が必要でないかを見極める必要性があります。こういう背景があっての「その人らしさ」であることを理由づけなければなりません。例を挙げていますのでご参考にしてください。

経験から何を得たかについての書き方

ある看護観の続きになります。どのような経験から何を得たかについて書いていけばよいかを表現していますので、ご参考にしてください。

『ある朝、訪室するとA氏はベッドに座っていた。「今日は遠くまで洗面に行ったのですか」と聞くと「そうだな、そろそろ行くか、頭でも洗いに」と点滴スタンドを押し洗面所へ行き、固定石鹸で頭を豪快に洗っていた。「夏場はよく公園の水道でこうやって頭を洗っていたよ」と言い、「さっぱりした」という発言が聞かれた。その姿や表情、発言はまさにA氏本来の姿だと感じた。そこでA氏はベッド上での洗髪よりも、A氏らしさを考え、自分で洗髪できるようにサポートする方法を計画した。』

経験から得た気づきのポイントを書く

ただ単に、どのような経験をしたかについて書けばよいというものではありません。例のようにA氏についてどのような人かについて述べることは大切です。その経験の中で何に気付いたかというのが3つ目のポイントとなります。例をご紹介しますのでご参考にしてください。

経験から得た気づきの例

次にご紹介している例は、ある看護観の中の経験から得た気づきの例の部分です。どのように書かれてあるかなど、書き方についてご参考にしてください。

『後日、A氏に洗髪を促すと「こんな寒い日に洗わないよ」ときっぱり言われた。私は、清潔保持とA氏にさっぱりしてもらいたいと考えていた。しかし、その日は朝から曇り空で天候まで考えていなかった。私は援助が単なる自己満足の押し付けになってしまったと気づいた。』

看護実習における結論の書き出し方について

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

看護実習における結論の書き出しはどのように書いていけばよいのでしょうか。1つ目は経験を通して感じたことや気づいたこと2つ目はそこから学んだことなどをどのように生かしていくかという目標設定を掲げることがポイントとなります。

どのような書き出しで始めればいいの?

看護実習における結論の書き出しは、自分はこのような体験をしてきました。そしてこのような見解を持つことができました。結論で書くことは具体的な展望を示す書き出しが必要になります。なので、「今後は」や「これから」といった書き出しで始めればよいでしょう。

「2」工場見学のレポートの書き出しの例

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

看護実習のレポートの書き出しについてご紹介してきました。自らが体験したことをレポートにするのは看護実習だけではありません。次にご紹介させていただくのは工場見学についてです。工場見学は看護実習のように自らが体験してという体験事例がありません。工場見学のほとんどが見ることで得られる情報がシェアを占めています。 ここからは工場見学のレポートを提出しなければならないとき、どのようなことに注意してレポートを作成していけばよいかについてお話をさせていただきます。

工場見学のレポートの書き出しについて

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

工場見学にもさまざまな分野があります。工場見学は実際に自分が体験ものであったり、見学するだけのものであったりとさまざまです。工場見学に参加したときのレポートはどのように書き始めればよいかその書き出しについてご紹介します。

工場見学の構成と書き出しのポイント

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

工場見学に行ったけれども、実際にレポートを書くときになってどのような書き出しで始めればよいのかわかりません。工場見学のレポートにも一般のレポートと同じように考察があり、本論、結論の3部構成で書きます。工場見学のレポートではどのようにレポートを書いていけばよいかお話させていただきます。

工場見学のレポートの書き出し方について

工場見学のレポートの考察では実際になぜその工場見学を選んだのかについて書きます。本論では、工場見学で見学した内容を書きます。そして、結論では工場見学を通して何を得たかそして学んだことを書きます。それではそれぞれの構成をどのような書き方で進めていけばよいのかお伝えさせていただきましょう。

工場見学の考察の書き出しはこれで決まり

工場見学に行ったけれども実際レポートを書くという段階になって書きたいことはまとまったけれども、どのような書き出しで始めればよいのかと考えてしまいます。そこでここでは工場見学の考察の書き出しについてお伝えさせていただきます。 書き出しの例として、チョコボールを例に挙げてご紹介します。「なぜ、チョコボールを転がしながらチョコレートをかけるのかについて考察する」というように書き出しします。

考察の書き出しのキーワードに迷ったらこれ!

結論や本論の書き出しはスムーズにいくけれども、レポートの最初の書き出しで躓(つまず)く人も中にはいます。考察の書き出しのキーワードに迷ったら、その時は工場見学に参加したときにご自身がなるほどと感じたこと、感動したことをテーマにするとよいでしょう。

工場見学の考察の書き出し方の例

疑問に思ったことをそのまま考察の書き出しにすることでレポートの内容が生きてきます。例えば、チョコボールの例をご紹介します。 ①なぜチョコボールを転がしながらチョコレートをかけるの ②液状化したチョコレートの温度はどれくらいに管理されているの ③ベルトコンベアに付着したチョコレートは固まらないの という具合に書き出していきます。

本論の書き出しに迷ったらこれで解決!

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

ここでは本論の書き出し方についてお伝えさせていただきます。本論では工場見学で学んだことを述べる部分です。先のチョコレートボールの例にならって書き出しの例をご紹介します。「〇〇の工場見学では」と書き出す方法もしくは、「ピーナッツボールを転がしながらチョコレートを書ける理由は」というように理由を証明する書き出し方を選択するの方法があります。

書き出し例1

「〇〇の工場見学では」と書き出した場合、自身が工場見学で何を経験もしくは体験したのかを書きます。チョコボールが作られる工場を見学したならば、どのような製造過程につながる書き出しが必要です。

書き出し例2

どのように本論を書きだ出していけばよいか例を挙げてお伝えさせていただきます。 「チョコボールの工場見学では、チョコボールができる製造過程を見学した。その過程の中でなぜチョコレートをかけるのにピーナッツボールを転がさなければならないのかを考察る。」 というようにに文章をつなげていくことができます。

工場見学結論の書き出しの例

今度は工場見学の結論の書き出しの例をご紹介させていただきます。「今回の〇〇の工場見学から学んだことは」と工場見学を通しての切り口にします。また、考察を引用して「なぜピーナッツボーを転がしながらチョコレートをかけているのか」と疑問形式で結論を導いていく書き出し方もあります。

レポートの書き出しはこれで解決!

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はレポートの書き出しの例について、一般の書き出しの例ならびに今後実習や工場見学といった体験レポートの書き出し方についてお伝えさせていただきました。レポートの提出は社会時になってもさまざまな分野であります。レポートの難しさは何といっても考察もしくは本論の書き出しです。書く内容はまとまっているにもかかわらずどのように書き出していけばよいのかわからないことが多いです。 レポートの書き出しに悩んだときはテーマに5W+1Hのいずれかを付けることで書き出しがスムーズにいくことでしょう。これであなたもレポートの達人になることでしょう。

アクセスランキング