IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レポートの書き出しの例|看護実習/考察/本論/結論/まとめ

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

今回はレポートの書き出しについてお伝えさせていただきました。ビジネスシーンでも提出が求められることが多々あるレポート、その書き出しは多種多様です。ここでは一般的なレポートから専門的なレポート、看護実習や工場見学のレポートの書き出しの例をご紹介しています。

レポートの書き出しに迷ったらこれで解決!

学生でも社会人になってもレポートの提出が求められることはよくあります。しかし、いざ机に向かってレポートを書くときになって必ず悩むことがあります。それが「書き出し」です。この「レポートの書き出し」ひとつで、その後のレポートの内容が大きく変化します。 今回はこのレポートの書き出しについてどのようにすればうまく書くことができるかお伝えさせていただきます。まずはレポートの書き出しポイント、そして、シーン別のレポートの書き出しの例などをお伝えしていきます。

レポートの書き出しの例

それではレポートの書き出しの例についてまずいくつかご紹介しましょう。その前にみなさんはレポートとはいったいどのようなものかご存知でしょうか。レポートは作文や小論文とは違います。レポートには調べたものを報告するものと、実験結果などを報告するものとに大別されます。看護実習と工場見学においてもその書き方は一定ではありません。また、レポートの「場所」においても書き方は違ってきます。 それでは、レポートの書き出しの例をお伝えする前にどのようなことに注意して書いていけばよいかポイントをお伝えしましょう。

レポートの書き出しポイント

レポートはただ漠然に自分の考えを述べたらよいというものではありません。レポートで求められるものは問題提起と回答の提示です。レポートの書き出しの例についてお伝えする前に、レポートをどのように書けばよいか迷ったときのお助けアイテムとしてすぐに活用していただけるものをご紹介します。 皆さんも一度は聞いたことある5W+1Hすなわち、①Why(なぜ)②When(いつ)③Who(だれが)④What(なにを)⑤Where(どこで)そして⑥How(どのように)です。レポートの書き出しの手順で必要なのは実はこの5W+1Hが関係しています。

書き出しに迷ったら5W+1H

では実際に書き出しに迷ったらどのように5W+1Hを活用すればよいのでしょうか。小論文に求められるのは問題提起と回答であることは前述したとおりです。回答の部分は置いておいて問題提起に焦点を当てます。テーマと最初の書き出しは実は密接なかかわりを持っています。例を挙げてみましょう。例えば医療事故を話題にしたい時どのような問題提起ができるかを考えます。

レポートの書き出しの具体的な例について

レポート書き出しの具体的な例についてお伝えさせていただきます。例えば医療事故をテーマにしたとき、『医療事故を回避する方法について実例をもとに考察する』という書き出しにします。「〇〇に考察する」「〇〇を考察する」という書き出しを用いることで、何に対してのレポートなのかを伝えることができます。

具体的な書き出し例のパターン

それでは、医療事故をテーマにした具体的な書き出し例についていくつかご紹介しましょう。「医療事故を回避する方法について実例をもとに考察する」「医療事故がなぜ無くならないかを検証する」「医療事故はどうして起きてしまうのかを考察する」などがあげられます。

レポートの場所別書き出しの例

それでは次にどのようにレポートを構成していけばよいのかについてお伝えしていきます。レポートの構成にはいくつかパターンがあります。今回のテーマではレポートの場所別書き出しの例に「場所」という言葉を入れていますが、そもそもこの「場所」とは何を指すのかについてお伝えさせていただきます。

レポートの「場所」ってなに?

レポートにおける「場所」とは何を意味するのでしょうか。レポートにおける場所とはレポートそのものの構成を表しています。一般的にレポートは考察、本論そして結論の3つの構成でできています。書くものによっては例外もあります。

考察

初回公開日:2018年04月23日

記載されている内容は2018年04月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング