IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リクルートスーツとビジネススーツの6つの違い|選ぶポイント

就活マナー

リクルートスーツとビジネススーツの違い、同じスーツでも着ていく場所が違ったり、色合いや作りが違ったりと意外にも知られていない情報をたくさんご紹介しています。実際にスーツを購入しようか悩んでいる人は、ぜひスーツの作りの違いや選ぶポイントを参考にしてみてください。

更新日時:

リクルートスーツとは

リクルートスーツとは

リクルートスーツは、リーズナブルに販売されているもので、就活生などの学生向けに作られたスーツです。スーツ専門店だけでなく、いろいろな場所でリクルートスーツを取り扱っているので、手軽に購入することが可能です。

なぜリクルートスーツが好まれるのか

リクルートスーツは新入社員の期間や会社を辞めてしまったあとの就職活動にも利用できることから、人気を集めています。スーツの色合いも落ち着いているので、いろんな場面で着まわせるということも魅力的の1つです。

リクルートスーツとビジネススーツの違い

リクルートスーツとビジネススーツの違い

同じスーツでも若干異なるリクルートスーツとビジネススーツの違いについてご紹介していきます。着ていく場所ごとでスーツを使い分けられるように、しっかりと覚えておくと役に立つでしょう。

生地

生地は、リクルートスーツの方が薄く仕上げられており、ビジネススーツはしっかりと作られているため、耐久性も優れています。長年使い続けることを考えた場合は、ビジネススーツの方がおすすめです。

色・柄

色や柄は、リクルートスーツは黒や紺、無地など落ち着いたものが多いですが、ビジネススーツは茶色や明るめの青、ストライプやチェックなどお洒落なデザインのものも作られています。着ていく場面に応じてさまざまな色合いや柄を選べるのは、ビジネススーツでしょう。

値段

値段は、リクルートスーツはリーズナブルで1万円から購入できますが、ビジネススーツは少し高額で2万円以上はかかるでしょう。リーズナブルに買いそろえたい方にはリクルートスーツがおすすめです。

着用するタイミング

着用するタイミングは、リクルートスーツもビジネススーツもビジネスの場、もしくは黒であれば冠婚葬祭などの場所でも着まわすことができます。ただ、新入社員はリクルートスーツの延長のようなスーツでもかまいませんが、会社へ入社してそれぞれの仕事に就いたら、ビジネススーツを着用するようにしましょう。

ネクタイ

ネクタイですが、スーツの色や着ていく場面によって落ち着いた色合いなのか、少しお洒落なネクタイなのか選ぶ必要があります。リクルートスーツの場合は落ち着いた色のスーツが多いのであまり目立たないネクタイを選び、ビジネススーツはスーツの色合いも柄も豊富なのでネクタイもその色に合ったものにするといいでしょう。

シューズ

シューズは王道のストレートチップのビジネスシューズを履くとリクルートスーツでもビジネススーツでも合わせられるでしょう。就活生がよく着るリクルートスーツの場合は、Uチップのビジネススーツも似合うので実際に履いてみて選びましょう。

大人の男の服装術 プロが教える本物のスーツの選び方から着こなしまで
大人の男の服装術 プロが教える本物のスーツの選び方から着こなしまで

好印象を与えるために知っておくべき情報が満載の「大人の男の服装術 プロが教える本物のスーツの選び方から着こなしまで」は、おすすめの一冊です。大人としての身だしなみの基本を知るためにも、ぜひ一度目を通してみてください。

スーツの歴史からディテールに至るまでを分かりやすく記載しているのが特徴。その背景を理解して、ドレスコードを重視した切り口で書かれていて、本当にスーツに情熱を持っている方だというのが分かります。基礎的なことを理解しなくてもスーツを選べますが、オーダーで購入する前に読んでおけば良かった、と思った本の内の一冊です。

リクルートスーツを購入する際のポイント

リクルートスーツを購入する際のポイント

リクルートスーツを購入する際のポイント4つについてご紹介していきます。購入する際はお店のプロにお任せするのが一番ですが、自分のこだわりも持っておくことも大切です。

リクルートスーツの場合は就活や面接に着ていく人が多いので、濃い紺や黒などを選ぶといいでしょう。黒色のスーツであれば、さまざまな場面で着回しできるのでおすすめです。

サイズ

サイズは実際に着て選ぶ必要がありますが、ある程度ぴったりサイズのものを選ぶとスマートで好印象を与えられます。少し大きめのものを選んでしまいがちですが、リクルートスーツの場合はぴったりサイズにしましょう。

Vゾーン

Vゾーンとは、ジャケットを羽織ったときに見える上半身のことをいいます。リクルートスーツであれば、シャツは白なのでジャケットとネクタイの色合いを上手に組み合わせて、Vゾーンを爽やかな印象に仕上げる必要があります。暗めの色のジャケットが多いので、濃いめの青や紺などのネクタイを身に付けましょう。

就活が終わっても使える

就活が終わっても使える色合いを選ぶことは非常に大切です。黒のリクルートスーツであれば、就活以外の場面でも着まわせるので、黒を選ぶといいでしょう。他の色合いでも落ち着いた色合いであれば結婚式などに着ていくことも可能です。

スーツごとの違いを理解しよう

スーツごとの違いを理解しよう

リクルートスーツは色や形がスタンダードなため、他の行事で使うスーツの違いが一番少ないスーツといえます。冠婚葬祭などにも活用できますし、リクルートスーツは社会人になるために必要な通過儀礼的なスーツです。

礼服との違い

関連タグ

アクセスランキング