IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【PC/スマホ】ブルーライトカット効果・種類別

更新日:2020年11月13日

自己啓発

PCやスマホ画面から出るとされる「ブルーライト」。その健康被害が心配という方も多いのではないでしょうか。今回は、ブルーライトカットの効果やその方法、各デバイスに合った効果的なブルーライトカット方法を紹介します。ブルーライトが心配な方はぜひご覧ください。

健康への害はブルーライトの効果だとは言えない

PCやスマホを長時間使用することによる健康被害が指摘されていますが、これらはブルーライトの効果だとは言えません。PCやスマホからはブルーライト以外にもたくさんの光が出ています。また、目の疲れや痛みなども、まばたきの回数や作業する姿勢の悪さなど、ブルーライト以外にも考えられる原因があります。

青空を見ることの健康被害は指摘されていない

PCやスマホだけでなく、青空もブルーライトの宝庫です。「青空を見てリラックスした」とは言いますが、「青空を見て具合が悪くなった」という声は殆ど聞かれません。本当にブルーライトが有害であるのなら、青空を見るのも有害であるはずです。青空を見るのが有害でないのなら、ブルーライトもまた有害ではないと言えます。

結局ブルーライトカットはするべきなの?

ブルーライトカットに効果があるとする人の根拠、効果がないとする人の根拠を紹介しましたが、結局ブルーライトカットはするべきなのでしょうか。【効果なし派】の意見で紹介したように、確かにブルーライトだけが健康被害の原因ではないという指摘には頷けます。ただ、医師など専門家の多くは、「過剰なブルーライトが健康に悪い」ということを認めています。 青空を始め、自然界にも多くのブルーライトが存在しており、ブルーライトがすべて悪いとは言えません。ただし、過剰にブルーライトを受けてしまうことは、目や概日リズムに確かに悪い効果を与えてしまうのです。 「ブルーライトが原因かわからないが、PC やスマホの作業で目が疲れる・寝付きが悪い」などの支障がある場合、ブルーライトカットを試してみるのはです。

ブルーライトカットにはどんな効果的な方法がある?

では実際に、ブルーライトカットにはどんな効果的な方法があるのでしょうか。ここではブルーライトカットに効果的とされる代表的な方法を紹介します。

効果的な方法その1:眼鏡

ブルーライトカットの効果的な方法としてよく知られているのが、ブルーライトカットメガネ(PCメガネ)の使用です。市販のブルーライトカットメガネには、30%〜50%のブルーライトをカットする効果があります。色が自然に見えるものほどブルーライトカット効果が低く、濃い色の付いているものほどブルーライトカット効果が高い傾向があります。ただ眼鏡をかけるだけでブルーライトカットができるので、手軽で効果的な方法です。

効果的な方法その2:フィルム

デバイスのディスプレイにブルーライトカットのフィルムを貼る方法も効果的です。PCやスマホ、タブレット用など様々なブルーライトカットフィルムが販売されています。眼鏡をかけるのが煩わしかったり抵抗がある人にです。画面に一度貼ってしまえば約40%のブルーライトをカットする効果があるので、お手軽で便利な方法です。

効果的な方法その3:ブルーライトカット・モードを使う

実はPCやMac、スマホやタブレットなどでには、ブルーライトカットの効果をもたらす設定があります。設定をいじるのが面倒という人には向きませんが、眼鏡やフィルムなどと違い、道具を購入することなくブルーライトをカットする効果があります。

効果的な方法その4:色反転モードを使う

PCやMac、スマホやタブレットなどで、色反転モードを使用する方法です。通常モードでは多くの画面が白地・黒文字となっているため、画面が明るく、ブルーライトも多いです。そこで、白黒反転させることで眩しさを抑え、ブルーライトを減らす効果を得ることができます。プログラミングの仕事をしている人などで、この方法を使用している方がいます。

効果的な方法その5:アントシアニンやルティンを摂る

意外な方法かもしれませんが、ブルーライト対策に効果的な栄養素を摂ることで、体内からブルーライト対策を行う方法です。ブルーライトから体を守る栄養素とされているのが、アントシアニンとルティンです。 アントシアニンはブルーベリーに、ルティンはほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。

次のページ:【デバイス別】効果的なブルーライトカット方法のは?
初回公開日:2017年09月01日

記載されている内容は2017年09月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング